ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934156 全員に公開 ハイキング甲信越

御座山(栗生コース)

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー Kitara
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道長坂インターから栗生登山口まで流れの良い下道を約50キロ走ります。カーナビ入力時の良い目印となるおぐら山荘を過ぎた後、最後の約2キロはダートになりますが、それほど荒れてはいません。駐車場には10台ほど駐車可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間9分
休憩
3時間9分
合計
6時間18分
S栗生登山口07:0507:39不動の滝07:4208:53御座山11:5612:49不動の滝12:5213:23栗生登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:05 栗生登山口
7:42 不動の滝
11:54 御座山
コース状況/
危険箇所等
登山道は明瞭で歩きやすく、案内標識も要所に設けられているので、道迷いの心配はありません。
特記すべき危険箇所はありませんが、山頂手前の小ピークから短い鎖場を下る部分の傾斜が強いことと、山頂の西側がすっぱり切れ落ちていることには注意が必要です。
山頂直下に比較的新しい避難小屋が設けられているので、悪天候時には頼りになるかもしれません(ただし、雨戸も全部がっちり閉まっていたので、常時利用可能なのかどうかは不明です)。

登山口には登山ポストはありません。
トイレは道中にありませんので、途中のコンビニ等で済ませておきます(登山口手前のおぐら山荘の屋外にトイレが設置されているのかどうかは未確認です)。
携帯電話(au)はつながる場所が多いです。
その他周辺情報登山口手前のおぐら山荘は、宿泊も可能な施設のようです。
http://www.minamiaiki.com/ogurasanso.html

写真

栗生登山口からスタートします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗生登山口からスタートします。
樹林帯を黙々と登っていくと、不動の滝が見えてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を黙々と登っていくと、不動の滝が見えてきます。
コース中、唯一の距離感が分かる標識でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース中、唯一の距離感が分かる標識でした。
この標識の辺りから急に岩山っぽくなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識の辺りから急に岩山っぽくなってきます。
なかなか傾斜の強い鎖場ですが、足場はしっかりしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか傾斜の強い鎖場ですが、足場はしっかりしています。
岩場に出ると、ようやく南西方面の展望が開けました。南に奥秩父の稜線がくっきり浮かんでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に出ると、ようやく南西方面の展望が開けました。南に奥秩父の稜線がくっきり浮かんでいます。
八ヶ岳連山も一望できます。この時が最もガスに邪魔されずにすっきりした稜線が望めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連山も一望できます。この時が最もガスに邪魔されずにすっきりした稜線が望めました。
下を見下ろすと、なかなか谷が深いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下を見下ろすと、なかなか谷が深いです。
この小ピークからいったん下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小ピークからいったん下ります。
樹枝の向こうに山頂部が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹枝の向こうに山頂部が見えてきました。
この鎖場の下りは、短いですが傾斜が強いので、注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鎖場の下りは、短いですが傾斜が強いので、注意が必要です。
コルの地面に案内標識がありますが、北相木村方面への道は廃道の気配です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルの地面に案内標識がありますが、北相木村方面への道は廃道の気配です。
山頂直下の避難小屋まで来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の避難小屋まで来ました。
比較的新しい建物のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的新しい建物のようです。
入口も雨戸が閉まっていたので、中の様子は確認できていません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入口も雨戸が閉まっていたので、中の様子は確認できていません。
山頂部は細長い岩稜帯となっており、足元に注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は細長い岩稜帯となっており、足元に注意が必要です。
山頂に着きました。反対コースからの人も含め、誰にも会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。反対コースからの人も含め、誰にも会いませんでした。
1
バックは八ヶ岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バックは八ヶ岳です。
3
北側から時計回りにぐるっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側から時計回りにぐるっと。
1
まだ八ヶ岳が見えていますが、この後はガスに隠れる時間が多くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ八ヶ岳が見えていますが、この後はガスに隠れる時間が多くなります。
落ちたら真っ逆さまな深い谷です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたら真っ逆さまな深い谷です。
雲に隠れていた奥秩父方面の高い峰々も徐々に見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に隠れていた奥秩父方面の高い峰々も徐々に見えてきました。
山頂部の高度感が伝わるでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の高度感が伝わるでしょうか。
2

感想/記録
by Kitara

今日は午後の山の天気が怪しそうだったのと、疲労が蓄積気味であったことを考慮し、本格的な登山は翌日に回して久々のハイキング気分で、佐久奥地の御座山に目標を定めました。
独立峰的な位置の山だけあって、山頂からの眺めはほぼ全方位で素晴らしく、空気の澄んだ日であれば、さぞかし絶景が広がっていたであろうにと、ガスに邪魔された方角の景色に想像をめぐらせました。
日本二百名山であり、もっと多くの人が登っているのではと思いきや、かなり長居していた山頂で出合ったのはわずか3組だけで、意外にも不人気でしたが、今日は八ヶ岳などを目指す人達が多かったということでしょうか。
お手軽に登れる好展望の山ですので、ハードな登山明けの好天の日などにサクッとピークを踏みたい向きには、手頃な選択肢になるかと思われます。
訪問者数:532人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ