ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934165 全員に公開 ハイキング京都・北摂

奥の院〜中山最高峰〜桜台コース

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー inakabus
天候はれ

最寄のアメダス観測点『豊中』当日の気温
朝の最低気温  25.5℃ (05:09)
日中の最高気温 37.0℃ (14:53)
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間14分
休憩
6分
合計
2時間20分
S中山寺08:0808:46中山寺奥ノ院08:5209:15中山連山最高峰10:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山間部は奥の院までの参道を含めてよく踏まれた歩き易い山道が続きます。道標、目印の類も多く、安心して歩けます。
【下りの苦手な方向き?】
右膝を痛め下りの山道に不安があるため、下りは早々に住宅街へエスケープ、舗装路を下りました。足元の不安定な下りが苦手な方、あるいは膝等の故障で下り坂の負担を軽減したい方にはお勧めです。但し、舗装路です。。
中山桜台、五月台には阪急中山観音駅や山本駅、JR中山寺方面へのバス便があり、途中よりバスでの下山も可能。
※阪急バス路線図
https://www.hankyubus.co.jp/rosen/route/2126_takaduka.html

■中山観音駅〜奥の院
距離は2.5卍度ですが標高差約300m、江戸時代の丁石が残る趣ある参道です。踏み跡は至って明瞭、平坦に近い区間と石段のある急登区間が混在するルートです。
石段の整備は古く、一部はガレ場のように歩き難い状況です。良く言えば、整備された階段の単調さは全く感じない山道っぽい、歩き易さを感じます。
要所に道標もあり、平日でも利用者が多く安心して歩けるルートですが、降雨時は河川化、雨後数日は足元が悪く、石段部分は滑りやすく特に下り時は注意が必要です。

■奥の院〜中山最高峰〜桜台7丁目
よく踏まれており安心して歩ける遊歩道のような山道が続きます。天空塚分岐より奥の院側は、要所に道標が設置されているものの、それより東側の中山最高峰側には道標がありません。
今回利用した桜台7丁目へのルートが中山最高峰より最も近いエスケープルート、
標高約400m地点で舗装路となります。ルートは明瞭な踏み跡がありますが、一部が滑りやすい急な岩肌等、歩き難い区間となっています。

■桜台7丁目〜中山観音駅
全て舗装路、宅地内以外は概ね歩道整備されており、安心して歩けます。桜台エリアにもバス路線はありますが、五月台5丁目まで降りるとバス便も多く、自動販売機やミニスーパーも利用可能です。

【主な過去の記録】
■中山 バリエーション探索検2016年03月18日(金)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-829091.html
■中山観音星下り お参りナイトハイキング 2015 2015年08月09日(日)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-694308.html
■中山 雨の足洗川ルート〜奥の院 2015年07月22日(水)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-682152.html
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

平日の中山寺。
この時間は人影も疎らです。
2016年08月07日 08:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日の中山寺。
この時間は人影も疎らです。
3
この時期は蓮の花が飾られていました。
そろそろ見頃です☆
2016年08月07日 08:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期は蓮の花が飾られていました。
そろそろ見頃です☆
5
そろそろ、五重塔も完成が近いようで。。
中山に居を移して10年と少しですが、多宝塔に続いて2棟目の新築ですね^^;
2016年08月07日 08:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ、五重塔も完成が近いようで。。
中山に居を移して10年と少しですが、多宝塔に続いて2棟目の新築ですね^^;
3
奥の院へ。丁石道のスタートです。
ちなみに、地図上の直線距離でも約2辧F残だと2.5匱緜度でしょうか?標高差は約300mです。
2016年08月07日 08:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院へ。丁石道のスタートです。
ちなみに、地図上の直線距離でも約2辧F残だと2.5匱緜度でしょうか?標高差は約300mです。
1
7丁。平坦な良路。
2016年08月07日 08:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7丁。平坦な良路。
2
9丁。急な石段が続く区間。
2016年08月07日 08:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9丁。急な石段が続く区間。
1
夫婦岩。
『夫婦岩園地』は少し中山寺寄りの東側辺り。
2016年08月07日 08:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦岩。
『夫婦岩園地』は少し中山寺寄りの東側辺り。
3
15丁付近も平坦路。この先、少々足元が悪い区間が続く。
2016年08月07日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15丁付近も平坦路。この先、少々足元が悪い区間が続く。
2
17丁。あと少し。。
2016年08月07日 08:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17丁。あと少し。。
1
久し振りにスタンプゲット!
…実は、大会で転倒した5日後にも足慣らしに登っていた訳でして。。下山に苦労しましたが;;
2016年08月07日 08:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りにスタンプゲット!
…実は、大会で転倒した5日後にも足慣らしに登っていた訳でして。。下山に苦労しましたが;;
3
最高峰方面へも良路が続きますが、足元はよく踏まれた山道レベル。
2016年08月07日 08:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰方面へも良路が続きますが、足元はよく踏まれた山道レベル。
2
天宮塚への分岐を記す道標。
実質的に、最高峰方面へはこの道標が最期です。
2016年08月07日 09:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天宮塚への分岐を記す道標。
実質的に、最高峰方面へはこの道標が最期です。
2
最高峰方面へ向かうとこの看板を右が桜台方面。
冬場ならフェンスの切れ目で解りやすい分岐ですが、夏場は少々解り辛い;;
2016年08月07日 09:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰方面へ向かうとこの看板を右が桜台方面。
冬場ならフェンスの切れ目で解りやすい分岐ですが、夏場は少々解り辛い;;
1
最高峰着。先客1名様でした。
2016年08月07日 09:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰着。先客1名様でした。
2
北側。肉眼では御嶽も確認できました。
2016年08月07日 09:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側。肉眼では御嶽も確認できました。
4
少し西へ移動して六甲山。
2016年08月07日 09:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し西へ移動して六甲山。
7
大峰山方面への分岐。
今日は直進にて、中山縦走路へ戻ります。
2016年08月07日 09:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰山方面への分岐。
今日は直進にて、中山縦走路へ戻ります。
1
縦走路出合。
2016年08月07日 09:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路出合。
2
奥の院へ向かう際は、この看板を左へ。
2016年08月07日 09:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院へ向かう際は、この看板を左へ。
1
縦走路より幅は狭まりますが、よく踏まれた山道が続く。
2016年08月07日 09:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路より幅は狭まりますが、よく踏まれた山道が続く。
2
少々岩混じり。。
2016年08月07日 09:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々岩混じり。。
2
分岐後、5分程度で舗装路に到着。
2016年08月07日 09:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐後、5分程度で舗装路に到着。
2
標高300mを超える住宅街より下界へ。
2016年08月07日 09:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高300mを超える住宅街より下界へ。
4
自動販売機、ミニスーパー有。
2016年08月07日 09:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自動販売機、ミニスーパー有。
2
坂の街です。
2016年08月07日 09:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂の街です。
2
…結構、急坂です;;
2016年08月07日 10:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…結構、急坂です;;
2
巡礼街道の古い道標、移設されたものでしょうか?
2016年08月07日 10:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡礼街道の古い道標、移設されたものでしょうか?
4
巡礼街道を経て、中山寺へ戻る。
2016年08月07日 10:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巡礼街道を経て、中山寺へ戻る。
3
撮影機材:

感想/記録

鯖街道マラソンでの転倒より約2か月半。右膝半月板損傷が判明してから約1か月半。
『重症』のリハビリ期間としては十分とはいえない期間ですが…
医師より『痛みを感じない程度に?積極的に運動してください!?』との指示を頂いたこともあり、久し振りに自宅の裏山である中山に登ってみました。

結果として、後を引くようなダメージではないようですが、翌日に軽い膝の痛みが残る有様。標高差500m足らずとはいえ久し振りの山登り。翌日、階段を登る際に少々足取りが重く感じるような疲労が残りました。
この距離、この高低差を登った程度でこの疲労感;; 11月の六甲縦走を目指すには少々不安を感じるものの、焦りは禁物です♪

今更ながら…いい裏山?に恵まれました☆
中山寺より奥の院へは高低差約300m。最高峰まで足を延ばすと、累積標高差は500m弱でしょうか?足元がしっかりした良路が続く区間としては、中々歩き応えのある登坂です☆
膝にに不安のある状態に付、自重した足洗川ルートを選択すると、更にメリハリのある急登区間もあり、その気になれば?沢登り気分も味わえる谷もある。。
何より、好天に恵まれた休日でさえも、枝道を選べば貸し切り状態で国有林の自然を楽しめる☆しかも自宅より徒歩30分足らず☆☆
…この夏から秋、リハビリの場に活用させていただきます♪
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ