ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934256 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー petegari827
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
56分
合計
8時間23分
S百宅口登山口04:1904:51大倉05:58屏風岩06:0606:32唐獅子平06:3308:15七高山08:1708:47鳥海山09:2509:41御室09:4411:14唐獅子平11:33屏風岩11:3612:18大倉12:41百宅口登山口12:4212:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
マイナーコース。この日は私も含めて車3台だけでした。コースは、整備されていた特に危険個所なし。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

日の出前に登りだす。
2016年08月07日 04:19撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出前に登りだす。
登山口。遠くに山頂が見える。
2016年08月07日 04:21撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。遠くに山頂が見える。
日の出
2016年08月07日 04:47撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出
1
五合目 大倉から滝が見えた。かなり大きい。
2016年08月07日 05:01撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 大倉から滝が見えた。かなり大きい。
屏風岩
2016年08月07日 05:59撮影 by SO-02F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩
唐獅子平
2016年08月07日 06:35撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐獅子平
1
山頂に出る。新山。
2016年08月07日 07:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に出る。新山。
2
山頂小屋
2016年08月07日 07:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋
七高山頂
2016年08月07日 08:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山頂
1
新山山頂から
2016年08月07日 09:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山山頂から
3
山頂小屋から日本海
2016年08月07日 09:43撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋から日本海
2
獅子。右奥にももう1匹。わかるかな?
2016年08月07日 11:18撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子。右奥にももう1匹。わかるかな?
4

感想/記録

6日夜に駐車場に到着。札幌ナンバーの車が止まっていた。奥にキャンプ場があるみたいだが、駐車場にテントを張って寝る。
3時30分目覚ましが鳴るが、まだ眠い。しばし仮眠。でも空は白みついてきた。頑張って起きよう。テントの中で朝食をしていると外は明るくなる。4時過ぎテントを撤収して出発。遠くに鳥海の山頂がみえる。ゆっくりゆっくり登り、ブナの原生林の中を登り出すと後方から、樹木の間の日の出に久しぶりの感動を得ることが出来た。
淡々と登り、時々振り返り奥羽山脈の山々が霞む。そして、山頂に近づくとお花畑が続いている。そして、山頂に立つと新山が見えた。
新山に登る途中に残雪で缶を冷やして、さらに残雪をビニールに詰めてザックに入れた。
そして、狭い新山山頂で一人至福のひと時を楽しんだ。
続々と小屋から登山者が登ってきたので山頂を後にした。
訪問者数:321人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

花畑
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ