ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934512 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走飯豊山

飯豊山 縦走

日程 2016年07月16日(土) 〜 2016年07月18日(月)
メンバー themonta141
天候濃霧・暴風
アクセス
利用交通機関
電車バス
米沢駅~小国駅(米坂線)
小国駅~飯豊山荘(バス)
*帰りは往復
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間50分
休憩
10分
合計
6時間0分
S飯豊山荘09:0011:00湯沢峰11:1013:47梶川峰15:00門内小屋
2日目
山行
6時間50分
休憩
10分
合計
7時間0分
門内小屋05:0006:00北股岳09:50御西小屋10:0011:30飯豊本山12:00本山小屋
3日目
山行
6時間50分
休憩
0分
合計
6時間50分
本山小屋04:2011:10飯豊山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回は天候が悪かったので、かなり早足の山行です。特に最終日のダイグラ尾根下山に関しては、帰りのバスに間に合わせる為一部走ったりしている為、コースタイムが短めです。コースタイムに関しては、ゆっくり歩きたい方には参考にはなりません。
コース状況/
危険箇所等
ダイグラ尾根の1870m付近?下山時の道迷い注意です。
7/16現在、烏帽子岳~御西岳の登山道に雪渓が残っており滑落の危険性があります。
その他周辺情報飯豊山荘で宿泊、温泉入浴可能です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

小国駅。駅を出て右手に進むと飯豊山荘行きのバス停があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小国駅。駅を出て右手に進むと飯豊山荘行きのバス停があります。
梶川尾根に咲いていた。オオサカモチかな?とても綺麗でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川尾根に咲いていた。オオサカモチかな?とても綺麗でした。
梶川尾根の麓から20分ほどの地点。この時点で天候が少し不調に...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川尾根の麓から20分ほどの地点。この時点で天候が少し不調に...
梶川峰を過ぎると、少しずつお花畑が姿を現し始めました。道端に咲いていたニッコウキスゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川峰を過ぎると、少しずつお花畑が姿を現し始めました。道端に咲いていたニッコウキスゲ。
身をつけたチングルマ。花が咲いた姿も綺麗ですが、身をつけたチングルマも好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身をつけたチングルマ。花が咲いた姿も綺麗ですが、身をつけたチングルマも好きです。
湯沢峰。この地点でまだ標高1000mほど。結構きつい...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢峰。この地点でまだ標高1000mほど。結構きつい...
梶川峰に到着です。ここに到着する20分前から、雨が降り出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川峰に到着です。ここに到着する20分前から、雨が降り出しました。
梶川峰を過ぎて尾根歩き。何にも見えねえ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梶川峰を過ぎて尾根歩き。何にも見えねえ...
ヒメサユリ。雨滴に濡れてとても美しい姿でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリ。雨滴に濡れてとても美しい姿でした。
門内小屋。写真は19:00頃のものですが、到着したのは15:00ちょうどです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内小屋。写真は19:00頃のものですが、到着したのは15:00ちょうどです。
門内小屋のテント場でテント設営。相変わらずの天気で何も見えないのだ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内小屋のテント場でテント設営。相変わらずの天気で何も見えないのだ...
夕方7:00頃、テントの外が騒がしい。気になって様子を見ようとテントから顔を出すと、霧が晴れてる!
飯豊本山方面が一望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方7:00頃、テントの外が騒がしい。気になって様子を見ようとテントから顔を出すと、霧が晴れてる!
飯豊本山方面が一望できました。
手ぶれが酷いですね。暗くなっていたので三脚使えばよかったかな?新潟方面の写真です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手ぶれが酷いですね。暗くなっていたので三脚使えばよかったかな?新潟方面の写真です。
翌日、門内岳の写真です。この日は風がとても強かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、門内岳の写真です。この日は風がとても強かったです。
門内岳から降りる途中、晴れ間が見えたのでパシャリ。石転び沢大雪渓です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門内岳から降りる途中、晴れ間が見えたのでパシャリ。石転び沢大雪渓です。
梅花皮小屋より梅花皮岳を一枚。この日一番の視界でした。ここから先は全く風景なしです...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮小屋より梅花皮岳を一枚。この日一番の視界でした。ここから先は全く風景なしです...
梅花皮岳に咲いていたヨツバシオガマ。ふつくしい...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅花皮岳に咲いていたヨツバシオガマ。ふつくしい...
ハクサンシャジン?花に関しては初心者なので良く分かりません。もっと勉強しなきゃ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン?花に関しては初心者なので良く分かりません。もっと勉強しなきゃ...
でっかいカエルくん。雨の日だからこそ見れるのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でっかいカエルくん。雨の日だからこそ見れるのだ。
御西小山に到着。他の登山者が何人か雨やどりしておりました。ここから大日岳ピストンの予定でしたが、天気がすこぶる悪かったので断念。次回こそ挑戦したいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御西小山に到着。他の登山者が何人か雨やどりしておりました。ここから大日岳ピストンの予定でしたが、天気がすこぶる悪かったので断念。次回こそ挑戦したいです。
飯豊本山手前でようやく発見!飯豊の固有種、イイデリンドウです。親指ほどの大きさしかありませんが、とても綺麗な花でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山手前でようやく発見!飯豊の固有種、イイデリンドウです。親指ほどの大きさしかありませんが、とても綺麗な花でした。
飯豊本山山頂へ到着。しかしここで吹き飛ばされそうな程の暴風に見舞われ...写真を撮るのが精一杯でそそくさと退散しました。
晴れていれば、磐梯山や蔵王連峰を始めとした素晴らしい景色が見られる...はずです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊本山山頂へ到着。しかしここで吹き飛ばされそうな程の暴風に見舞われ...写真を撮るのが精一杯でそそくさと退散しました。
晴れていれば、磐梯山や蔵王連峰を始めとした素晴らしい景色が見られる...はずです。
翌日、ダイグラ尾根を下山しました。
休憩途中に咲いていたイワインチン?かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、ダイグラ尾根を下山しました。
休憩途中に咲いていたイワインチン?かな
ダイグラ尾根の千本峰。ここにきて飯豊本山周辺が晴れてきました。
もっと早く晴れてくれよ...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイグラ尾根の千本峰。ここにきて飯豊本山周辺が晴れてきました。
もっと早く晴れてくれよ...
長坂清水より
ここの水は非常に美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長坂清水より
ここの水は非常に美味しかったです。
長かったダイグラ尾根の終点。飯豊本山からここまで5:30かかりました。お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長かったダイグラ尾根の終点。飯豊本山からここまで5:30かかりました。お疲れ様でした。

感想/記録

今回の飯豊連峰縦走は一か月前から予定を立て、吾妻連峰で何度も縦走トレーニングを重ねてきました。吾妻連峰から見る飯豊連峰はとても雄大で7月になっても雪を残し、見るたびに早く登りたいと思っていました。そして山行当日、曇り空でしたがせっかく休みを取っていたので決行することに。登山口に立つと、すでに上空は厚い雲で覆われており、標高が高いところには霧がかかり見えなくなっていました。案の定今回の山行で景色を楽しむことはほとんどできず...しかし飯豊の山には他の山を圧倒するお花畑があります。梶川尾根を登って稜線上に出ると、たくさんの花が迎えてくれました。天候には恵まれませんでしたが、他の山では味わうことができない世界を堪能することができました。またいつか、再チャレンジしてみたいです。
訪問者数:24人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ