ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934621 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

前穂東面(4峰正面壁松高ルート)

日程 2016年08月05日(金) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー yy0419(CL), その他メンバー1人
天候3日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢渡駐車場利用(600円/日)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
15時間15分
休憩
0分
合計
15時間15分
奥又白池04:3019:45宿泊地
3日目
山行
8時間2分
休憩
3時間32分
合計
11時間34分
宿泊地04:5009:01奥又白池12:2613:44中畠新道分岐13:4514:30新村橋(パノラマ分岐)14:44徳澤園14:4715:28徳本口(徳本峠分岐)15:35明神館15:3616:15河童橋16:1616:22上高地バスターミナル16:2316:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
4峰から5・6のコル下までGPS電源入れ忘れで記録なし。
クライミング中はログがかなり乱れています。
コース状況/
危険箇所等
当初6日に前穂北壁−Aフェイス、7日に4峰正面壁松高ルートの計画でしたが、6日にC沢の1本右の沢を詰めてしまい、4峰正面壁取付に出てしまったので、予定を改め6日に4峰正面壁にトライすることに。またここでも松高ルートの取付が見つけられず、3P登って北条新村ルートを登っていると判明。行ける所まで行ってみることにしましたが、核心の青白ハングがやはり越えられず、ここから懸垂で取付まで下降。再度松高ルートを登り直しました。
<松高ルート>
1P:教蕁吉Dリード。草付きのルンゼ。ルート判然とせず。傾斜は緩く残置の中間支点はほとんどありません。壁近くまでルンゼを詰めて草の斜面を左にトラバース気味に行くと支点があったのでピッチを切りました。45mほど。
2P:卦蕁横T氏リード。少し左に行ってからバンドを右上。顕著というほど明確なバンドではありません。1P終了点の上部を抜けるところが悪い。
3P:卦蕁吉Dリード。正直印象にありません。松高ハングを目前にピッチを切ります。
4P:元蕁横T氏リード。難なく松高ハングを越え、凹角から最後終了点直前に核心有。やや右にトラバースして越えました。
5P:元蕁吉Dリード。垂壁は残置が多数あり、A0なら問題なく越えられます。25mほど行って明確な稜上の平坦地に出てピッチを切りましたが、ここがこのルートの終了点だったと思われます。
6P:吉Dリード。トポで元蕕砲覆辰討い泙靴燭、どうやら終わっていたようで、50m限界まで行って中途半端なところでピッチを切りました。
終了点から:時間が迫る中、北尾根縦走路を目指しますが、徐々に暗くなる中、トラバースで縦走路に安全に出れるようなルートを見つけられず、結局4峰頂上に出ました。4峰から下山をトライしましたが、もはや闇が迫りヘッデンに切り替えるもルーファイが困難で、途中やはりルートを外したようで、そこでビバーク決定。ロープで体とザックを固定し、着るものすべてを着込んで、ツェルトを被り1夜を過ごしました。
<その他の要所>
・中畠新道取付
登山道が松高ルンゼからの沢を最初に渡渉したところの大岩に「→カラサワ ↑オクマタ 」の赤ペンキ有。ここがわからなくても松高ルンゼが下から明確にわかるので、奥又白谷を渡らずに松高ルンゼ側に登って奥又白谷と松高ルンゼの間の尾根の取付を目指せばよい。取付くとすぐにある熊本登高会のレリーフが目印。
・奥又白池からC沢方面へ
時期によると思いますが、当日は5・6のコルへの道から奥又白谷を詰めるルートは、ガレがあまりに不安定で、奥又尾根から慰霊碑の上部からトラバースして取付く方が踏み跡もあり、安定していました。しかしA沢の横断は不安定であり、B・C沢出合手前は踏み跡がない草の生えたガレを下り、B・C沢出合の雪渓はアイゼン(6本歯以上必携)を着けて横断。私たちはこの時C沢を越えて1つ先の沢まで行ってしまいましたが、B沢を越え、次のチョックストンがあるC沢に取付きます。
・5・6のコルから奥又白池
コルからガレを下り、途中から右にトラバースして別のルンゼを下降します。ルンゼの下部は雪渓があり、下るにつれてガレがひどく不安定になっていきます。雪渓には乗らず、脇を通過しましたが、1か所スノーブリッジ下を通過しました。崩壊の危険性がありますし、雪渓近くはガレがものすごく不安定です。雪渓を越えたら早めに右岸の高台に乗り、奥又白谷のガレに出ると、対岸に池に登っていくルートの取付きがあり、赤布がついていますので、それを見つけて目指します。取付きから灌木帯の急な登りを20分ほど登って草原に出て、踏み跡に沿いトラバースしていくと中畠新道に合流します。
<奥又の水場>
中畠新道から登ってくると池の対岸に中又白谷に下っていく踏み跡があり、数分下ると冷たい水が湧いています。うまいです。

過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

河童橋にて
2016年08月05日 06:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋にて
1
徳沢の手前から
前穂が見えてきます。
2016年08月05日 07:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢の手前から
前穂が見えてきます。
1
新村橋
これを渡ると一気に人が少なくなります。
2016年08月05日 08:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋
これを渡ると一気に人が少なくなります。
1
パノラマ新道分岐付近
右が奥又白谷、左が松高ルンゼ、真ん中の尾根に中畠新道がついています。
2016年08月05日 09:50撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ新道分岐付近
右が奥又白谷、左が松高ルンゼ、真ん中の尾根に中畠新道がついています。
奥又白池手前のお花畑1
2016年08月05日 12:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池手前のお花畑1
奥又白池手前のお花畑2
2016年08月05日 12:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池手前のお花畑2
1
奥又白池に到着!別天地です。
2016年08月05日 12:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白池に到着!別天地です。
1
水場で水を汲む横T氏
2016年08月05日 13:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場で水を汲む横T氏
2
水場への道はこんな感じ
2016年08月05日 13:12撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場への道はこんな感じ
雲が取れて前穂までくっきり見えてきました。
2016年08月05日 13:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れて前穂までくっきり見えてきました。
1
池と北尾根
2016年08月05日 13:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池と北尾根
1
落ち着いたら偵察に行きます。
奥又尾根からC沢方面へのトラバース入口。赤布のついた石が置いてあり、右に踏み跡があります。左にそのまま行くのはA沢からガレ沢を下ってくる前穂からの下山路。
2016年08月05日 15:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いたら偵察に行きます。
奥又尾根からC沢方面へのトラバース入口。赤布のついた石が置いてあり、右に踏み跡があります。左にそのまま行くのはA沢からガレ沢を下ってくる前穂からの下山路。
B沢(左)とC沢(右)
2016年08月05日 15:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B沢(左)とC沢(右)
1
4峰正面壁とC沢
2016年08月05日 15:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰正面壁とC沢
1
奥又白谷から池への登路取付
2016年08月05日 16:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥又白谷から池への登路取付
取付から奥又白谷を見上げる
5・6のコルへの道は右側の台地からルンゼに入る道。
2016年08月05日 16:38撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付から奥又白谷を見上げる
5・6のコルへの道は右側の台地からルンゼに入る道。
2日目奥又尾根から見るご来光
2016年08月06日 05:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目奥又尾根から見るご来光
1
朝日に照らされる北尾根
2016年08月06日 05:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされる北尾根
1
C沢入口
ここから行けばよかったのですが、1つ先のルンゼまで行ってしまいました。
2016年08月06日 05:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
C沢入口
ここから行けばよかったのですが、1つ先のルンゼまで行ってしまいました。
ルンゼを登る
残置ハーケン等もいくつかあったので、4峰正面壁へはここから行っている人も多いようです。
2016年08月06日 06:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼを登る
残置ハーケン等もいくつかあったので、4峰正面壁へはここから行っている人も多いようです。
正面壁T1から
松高ルート取付と思っていたら、北条新村ルート取付でした。
2016年08月06日 07:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面壁T1から
松高ルート取付と思っていたら、北条新村ルート取付でした。
北条新村ルート1P目
2016年08月06日 08:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条新村ルート1P目
北条新村ルート2P目
2016年08月06日 08:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条新村ルート2P目
北条新村ルート3P目
ここで左に見える松高ハングに行けず、ルート間違いが決定的に。
2016年08月06日 08:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条新村ルート3P目
ここで左に見える松高ハングに行けず、ルート間違いが決定的に。
とりあえず3P目を登る。
2016年08月06日 10:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず3P目を登る。
核心4P目
小ハングは越えるも、持参のアブミなしで核心の大ハングを越えられず撤退。
2016年08月06日 10:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心4P目
小ハングは越えるも、持参のアブミなしで核心の大ハングを越えられず撤退。
松高ルート取付を発見
2016年08月06日 13:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松高ルート取付を発見
松高ルート取付から正面壁を見上げる
2016年08月06日 13:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松高ルート取付から正面壁を見上げる
松高ルート2P目
2016年08月06日 15:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松高ルート2P目
3P目終了点から松高ハングを望む
この後の凹角から松高テラス手前がより難しい。
2016年08月06日 15:33撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3P目終了点から松高ハングを望む
この後の凹角から松高テラス手前がより難しい。
1
5P目垂壁
2016年08月06日 17:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5P目垂壁
5P目終了点
たぶんここがルートの終了点
この上50mいっぱいまで行ったが終了点見つけられず。
2016年08月06日 17:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5P目終了点
たぶんここがルートの終了点
この上50mいっぱいまで行ったが終了点見つけられず。
終了点から4峰方面
2016年08月06日 17:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終了点から4峰方面
時間が迫る中、北尾根縦走路を目指す
2016年08月06日 18:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間が迫る中、北尾根縦走路を目指す
4峰山頂付近から
5峰山頂付近にはテントが見える。
2016年08月06日 19:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰山頂付近から
5峰山頂付近にはテントが見える。
敢え無く時間切れ、4峰山頂直下でビバーク
2016年08月06日 19:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
敢え無く時間切れ、4峰山頂直下でビバーク
1
3日目 ビバーク地点からの光景
2016年08月07日 04:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目 ビバーク地点からの光景
1
奥穂と涸沢岳
2016年08月07日 04:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂と涸沢岳
1
涸沢を見下ろしながら北尾根を下ります。
2016年08月07日 04:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢を見下ろしながら北尾根を下ります。
1
4峰を下降
2016年08月07日 05:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4峰を下降
槍穂の素晴らしい展望
2016年08月07日 05:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂の素晴らしい展望
5峰が見えてきました
2016年08月07日 05:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰が見えてきました
5峰(左)と4峰
2016年08月07日 06:03撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5峰(左)と4峰
5・6のコルから5峰
2016年08月07日 06:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5・6のコルから5峰
5・6のコルから奥穂
2016年08月07日 06:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5・6のコルから奥穂
5・6のコル
5張程度テント張れるかな。
2016年08月07日 06:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5・6のコル
5張程度テント張れるかな。
オクマタへの道の途中で
2016年08月07日 06:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オクマタへの道の途中で
1
雪渓登場
のどを潤せましたが、通貨はちょっとヒヤヒヤします。
2016年08月07日 07:47撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓登場
のどを潤せましたが、通貨はちょっとヒヤヒヤします。
スノーブリッジ
潜るしかない。
2016年08月07日 07:55撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーブリッジ
潜るしかない。
1
スノーブリッジを振り返る
崩壊の跡があります。
2016年08月07日 07:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーブリッジを振り返る
崩壊の跡があります。
オクマタに戻りました。
初日以上のいい天気です。
2016年08月07日 09:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オクマタに戻りました。
初日以上のいい天気です。
1
池と北尾根が青空に映えます。
2016年08月07日 09:02撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池と北尾根が青空に映えます。
1
別Pで北尾根に行く横T氏を残して下山します。
2016年08月07日 12:28撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別Pで北尾根に行く横T氏を残して下山します。
1
中畠新道取付きのリレーフ
2016年08月07日 13:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中畠新道取付きのリレーフ
中畠新道分岐の赤ペンキ
意外と気が付かないです。
2016年08月07日 13:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中畠新道分岐の赤ペンキ
意外と気が付かないです。
新村橋まで戻ってきました。
2016年08月07日 14:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋まで戻ってきました。
河童橋到着
結構下山も長いです。
2016年08月07日 16:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋到着
結構下山も長いです。

感想/記録
by yy0419

この夏のバリエーション第1弾、前穂東面。前評判通り取付き核心を痛感しました。北壁−Aフェースに行けず、次への課題です。オクマタの天場はとても良いところでしたので、何としてもリベンジしたいです。せっかく持って行ったアブミをテントに置いて行ってしまったのも失敗でした。今回の反省を次回以降に活かしたいと思います。
訪問者数:398人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ