ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934627 全員に公開 ハイキング甲信越

蓼科山

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー 子連れ登山ameotoko, その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
S女神峠07:3009:20蓼科山南西2110m11:30蓼科山頂ヒュッテ
2日目
山行
4時間10分
休憩
1時間25分
合計
5時間35分
蓼科山頂ヒュッテ07:0507:10蓼科山頂07:1507:30蓼科山頂ヒュッテ07:4008:10蓼科山荘08:4008:50佐久市最高地点09:50大河原峠10:3011:10天祥寺原12:10竜源橋12:40女神峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険なところはありません
その他周辺情報下山後、蓼科温泉に行きました。(大人500円)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

登り始めはこんな感じ
2016年08月06日 08:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはこんな感じ
2
南八ヶ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳方面
1
木が低くなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木が低くなってきました
山小屋到着(後からの写真)
2016年08月06日 15:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋到着(後からの写真)
夕景2(ameotoko)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕景2(ameotoko)
4
翌朝はこんな感じ
2016年08月07日 05:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝はこんな感じ
1
北アルプス方面
2016年08月07日 07:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方面
1
浅間山方面
2016年08月07日 07:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山方面
蓼科山荘への下りを見上げる
2016年08月07日 07:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘への下りを見上げる
1
蓼科山荘
2016年08月07日 08:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘
大河原峠
2016年08月07日 09:54撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大河原峠
竜源橋に向かっての笹道
2016年08月07日 10:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜源橋に向かっての笹道
蓼科山荘からの合流付近で蓼科山を見上げる
2016年08月07日 11:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山荘からの合流付近で蓼科山を見上げる
3
見事な苔
2016年08月07日 11:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な苔

感想/記録

初めての北八ヶ岳でした。
登り始めは緩やかに始まりました。木立の中を歩きます。吹く風が爽やか過ぎでした。
少し行くと急な坂が現れました。汗を拭いつつ行くとまた、穏やかになりました。
岩がゴロゴロしてきました。坂が急になりました。
今度は延々と続き、ゆっくりと登ります。振り返ると高原の町が見下ろせました。南の赤岳方面もガスに覆われる手前で見えていました。甲斐駒ケ岳方面は残念ながらうっすら見えるか見えない感じでした。
木立が低くなってくると山頂が見えました。
ゴロゴロ岩がそのまま向きだしで面白そうに見えます。
岩の上で小休止します。

岩を巻くと小屋でした。山頂も目の前で、沢山の人で賑わっていました。

先に小屋の受付を済まします。
今日は満員と告げられました。
夏の土日やからと覚悟して来ていましたが、やっぱり、と思いました。

一部メンバーは昼寝して他は山頂に行きました。
遅めのお昼を食べながら景色を満喫しました。

夕食後もう一度山頂に行きました。夕景は見られましたが、沈む夕日は雲に遮られ残念ながら見る事が出来ませんでした。
小屋に戻ると待ってたかのようにガスに覆われました。

翌朝もガスの中に朝日を見る光景でした。
6時の朝食後外に出ると明るくなってきました。
全員で山頂に行き、記念撮影をして下山開始です。
今日は大河原峠に周りこみながらの下山です。

相変わらずのゴロゴロ岩を転がさないように下ると蓼科山荘(将軍平)が現れました。
小休止して大河原峠に向かいます。
先ほどとは少し岩も少なくなって歩きやすい下りです。
進むにつれ、急な坂を下っていました。
登って来る人がしんどそうです。

車の反射が眩しく見えてからも少しかかって大河原峠に到着しました。
ここで大休止しました。

休憩の後、竜源橋に向かいます。
笹の間を確かな道が続きます。

木が疎らなために木陰が少ない道が続きます。
最初は見えなかった蓼科山が見えてくると天祥寺平、将軍平分岐です。
蓼科山荘からここまで直で下りる道と合流しました。

進むと苔むした樹林がありました。
僅かな区間でしたが綺麗な苔は屋久島級でした。

少し登ったらいきなり下りが始まりました。横について来ていた川がいきなりはるか下に見えるようになっていました。

ここで二人だけ先に下山して女神峠の車を取って竜源橋に来る事になりました。
選抜メンバーに名乗り出てドンドンと下りました。

竜源橋から車道を登ること約15分、スタート地点に到着しました。
訪問者数:158人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 高原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ