ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 934705 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

奥日光(切込湖&刈込湖)♪繋がっているはずの湖が渇水で分断♪

日程 2016年08月06日(土) [日帰り]
メンバー sho0120, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○国道122号線を北上し、国道120号線に繋いで、第二いろは坂をぐいぐいのぼります。
○戦場ヶ原の三本松駐車場を過ぎたところを右折し、光徳駐車場に駐車しました。
<自宅から1時間50分>
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:00 光徳駐車場 発
10:25 戦場ヶ原入口
11:05 湯滝
11:15 湯ノ湖
11:35 湯元温泉
11:55 日光湯元ビジターセンター
12:05 湯元源泉
12:15 切込湖・刈込湖登山口
12:40 小峠 12:50
13:25 刈込湖(ランチタイム) 14:25
14:40 切込湖
15:05 涸沼
15:50 山王峠
16:30 光徳牧場
16:40 光徳駐車場 着
<6時間40分>
コース状況/
危険箇所等
○特別危険な箇所はありませんでした。
その他周辺情報○日光湯元ビジターセンター → http://www.nikkoyumoto-vc.com/
○奥日光の総合観光案内 → http://okunikko.web.fc2.com/
○奥日光湯元温泉旅館組合 → http://www.nikkoyumoto.com/
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

切込湖・刈込湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切込湖・刈込湖
アストリアホテルに隣接する光徳駐車場に駐車し、周回コースを時計回りにスタートします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アストリアホテルに隣接する光徳駐車場に駐車し、周回コースを時計回りにスタートします
牛たちは、遠くの方で草をむしばんでいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛たちは、遠くの方で草をむしばんでいました
これから山腹を周回する三ツ岳。ピークが3つ綺麗に並んでいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから山腹を周回する三ツ岳。ピークが3つ綺麗に並んでいます
川沿いの道を森林浴しながらゆっくり歩けば、ウォーミングアップになります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いの道を森林浴しながらゆっくり歩けば、ウォーミングアップになります
鹿避けのゲートが新設されていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿避けのゲートが新設されていました
国道を渡って、戦場ヶ原に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道を渡って、戦場ヶ原に入ります
シモツケソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
幅広の木道を進んでいくと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広の木道を進んでいくと、
視界が広がり、爽やかな高原の様相です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が広がり、爽やかな高原の様相です
戦場ヶ原の向こうに高山が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戦場ヶ原の向こうに高山が見えます
左のピークが金精山、右のピークが温泉ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のピークが金精山、右のピークが温泉ヶ岳
太郎山と山王帽子山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎山と山王帽子山
湯滝。これから、ハードな斜面を登って湯ノ湖に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯滝。これから、ハードな斜面を登って湯ノ湖に向かいます
1
湯ノ湖の向こうに外山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ湖の向こうに外山
1
コバギボウシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバギボウシ
湯ノ湖を半時計回りに進んで、湯元温泉に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ湖を半時計回りに進んで、湯元温泉に到着です
日光湯元ビジターセンターで山の情報をゲット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光湯元ビジターセンターで山の情報をゲット
湯元源泉を抜けて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元源泉を抜けて、
嬉しくない急登で登山口を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嬉しくない急登で登山口を目指します
2時間歩いて、やっとこさ登山口に到着しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間歩いて、やっとこさ登山口に到着しました
緩い登りでペースを安定させて歩けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い登りでペースを安定させて歩けます
小峠にあるベンチで10分程休憩します。暑さがピークの時間になりましたが、雲で日が陰り始めました。ラッキー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小峠にあるベンチで10分程休憩します。暑さがピークの時間になりましたが、雲で日が陰り始めました。ラッキー
幅広い登山道でトレイルランナーと出会いました。手前でスピードを落とし、挨拶をしながら安全にすれ違う姿に感心しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広い登山道でトレイルランナーと出会いました。手前でスピードを落とし、挨拶をしながら安全にすれ違う姿に感心しました。
1
刈込湖手前の階段です。標高差100mを一気に下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈込湖手前の階段です。標高差100mを一気に下ります
まずは刈込湖。湖畔でランチタイムといきましょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは刈込湖。湖畔でランチタイムといきましょう
於呂倶羅山をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
於呂倶羅山をバックに
1
渇水の影響で水位が低い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渇水の影響で水位が低い
湖面の水の色も冴えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖面の水の色も冴えません
カニコウモリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニコウモリ
いつもは繋がっている刈込湖と切込湖。初めて切れ目を見ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもは繋がっている刈込湖と切込湖。初めて切れ目を見ました
こちらは切込湖。湖というより、池や沼のサイズです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは切込湖。湖というより、池や沼のサイズです
涸沼にならなければいいのですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沼にならなければいいのですが…
緩い登りを登っていくと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩い登りを登っていくと、
本物の涸沼に到着。山王帽子山がバックに見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本物の涸沼に到着。山王帽子山がバックに見えます
マルバダケブキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
ヤマオダマキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマオダマキ
涸沼と於呂倶羅山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沼と於呂倶羅山
涸沼から山王林道までの急登150mをひいひい言いながら登りきり、山王峠目指して木道を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沼から山王林道までの急登150mをひいひい言いながら登りきり、山王峠目指して木道を歩きます
ベンチのある広場で小休止していると、熊笹がガサガサざわめき、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチのある広場で小休止していると、熊笹がガサガサざわめき、
小鹿の登場です。あまり警戒していましせん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鹿の登場です。あまり警戒していましせん
1
こんなに愛らしいのに、日光では有害鳥獣の筆頭ですから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに愛らしいのに、日光では有害鳥獣の筆頭ですから
1
今回はピークを踏まないので、ルート上で標高の一番高い山王峠で記念撮影です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はピークを踏まないので、ルート上で標高の一番高い山王峠で記念撮影です
1
身長よりも高い、笹藪の間をゴール目指して下っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身長よりも高い、笹藪の間をゴール目指して下っていきます
周回コースのゴール地点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周回コースのゴール地点
光徳牧場の売店で、いつものソフトクリームを買い、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光徳牧場の売店で、いつものソフトクリームを買い、
互いのがんばりを讃えて、戴きま〜す(^-^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
互いのがんばりを讃えて、戴きま〜す(^-^)/
2
夏の週末ですが、そんなに混んでいない駐車場に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の週末ですが、そんなに混んでいない駐車場に到着です
湯元温泉に都合の良い日帰り温泉がなかったので、金精トンネルを抜けて丸沼高原のある群馬県側に行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元温泉に都合の良い日帰り温泉がなかったので、金精トンネルを抜けて丸沼高原のある群馬県側に行きました。
2
片品渓谷の吹割の滝を観賞しましたが、ここでも渇水の影響があり、何ともダイナミックさに欠けたちょろ滝でした。残念!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片品渓谷の吹割の滝を観賞しましたが、ここでも渇水の影響があり、何ともダイナミックさに欠けたちょろ滝でした。残念!
1
人面岩は、いろいろな表情が見られ、面白かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人面岩は、いろいろな表情が見られ、面白かったです
1
更に、高山村の道の駅「中山盆地」まで足を延ばし、日没前ぎりぎりで「ぐんまちゃんと真田丸」の田んぼアートを拝見し、日帰り温泉に入ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に、高山村の道の駅「中山盆地」まで足を延ばし、日没前ぎりぎりで「ぐんまちゃんと真田丸」の田んぼアートを拝見し、日帰り温泉に入ってきました

感想/記録

ひと月半ぶりの山行だったので、標高差の少ない、山頂を踏まない切込湖&刈込湖の周回コースを歩いてきました。身体が普通人に戻ってしまい、大したことないアップダウンにもへろへろでした。また、足の裏の状態も柔々になってしまい、2箇所も水ぶくれができてしまいました。登山を継続するって本当に大切なことだと思いました。

切込湖&刈込湖は、エメラルドグリーンの神秘的な水の色が印象的な湖ですが、今年は渇水が標高1600mの湖にも影響しており、本来繋がっている切込湖と刈込湖が2つに分断されていました。ビックリです。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ