ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935028 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山

日程 2016年07月30日(土) 〜 2016年07月31日(日)
メンバー kjar
天候1日目 曇のち雨 2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
金沢駅→別当出合(バス/2時間30分/2,200円)
途中でトイレ休憩ありました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
0分
休憩
4時間0分
合計
4時間0分
S別当出合12:0012:00甚之助避難小屋13:0013:00南竜道・エコーライン分岐14:0014:00南竜山荘15:0015:00白山室堂16:0016:00白山
2日目
山行
0分
休憩
0分
合計
0分
12:00別当出合12:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
その他周辺情報公共交通機関の場合は温泉へのアクセスあまりよくないです
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 テント 寝具一式 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 南馬場の小屋はあまり販売物が充実していなかったので、おやつをもうすこし持っていけばよかったと反省しました

写真

スタートからぽつぽつ雨が降り始める。
2016年07月30日 11:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートからぽつぽつ雨が降り始める。
登りはざーざー雨すぎて記録はほぼ残せず。
テント場ついても雨。
2016年07月30日 16:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはざーざー雨すぎて記録はほぼ残せず。
テント場ついても雨。
ようやく雨あがる。
2016年07月30日 16:54撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく雨あがる。
ウィスキー呑んで初日終了。
2016年07月30日 17:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウィスキー呑んで初日終了。
2日目は美しい朝。
2016年07月31日 05:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は美しい朝。
山頂着いた時はガス。
2016年07月31日 08:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着いた時はガス。
風でガスが晴れていく。
2016年07月31日 08:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風でガスが晴れていく。
御池めぐり
2016年07月31日 09:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池めぐり
撮影機材:

感想/記録
by kjar

初日は雨、2日目は素晴らしい天気。
スタートから連れがバスギリギリで金沢駅着、コンビニに行く時間もなかったとのことでメシの準備なし。
さらには現金も3,000円しかないということで自分の泣けなしの10,000円から二人分のバス代8,800円を出すことに。
この時点でほぼ残金なく、不安しかない山登りになりました。テント泊だからと油断して10,000円しか持ってこないのが悪かったのですが、山では現金大事ですね。
別当出合の登山口に着いた時点で雨がぽつぽつ。雨雲レーダーを見る限りでは通り雨がかすめるだけだったようなので、強行スタート。
この判断は後で思えば間違ってはいませんでした(ずっと振り続けたので、、)
登りながらどんどん雨が強くなり、レインウェアを通して染みこんでくる水でだいぶ寒さを感じるほどでした。
それでも何とか南馬場のキャンプ場に。とりあえずテントを広げたものの、貼るのに手間取り中もぐっしょりに。
寒さと濡れでかなり辛かったです。
それでもしばらく昼寝をしていると晴れてきて、すっきり爽快な夕方になりました。晴れるまで小屋で待っておけばよかった。。
翌日は快晴、トンビ岩ルートで室堂へ。そのまま山頂にあがりました。
山頂は多少ガスがかかったりでしたが、それもまた雰囲気よし。御池めぐりをしてご機嫌で山を下りました。
最後の難関は、バスの時間。間に合うかかなり微妙なタイミングで結局最後の1時間はほとんど駆け下りることに。
クタクタに疲れましたが、なんとかバス発車5分前にゴール。
色々反省の残る山登りでしたが、さすが北陸の名峰。最高の山登りでした。
訪問者数:33人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ