ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935138 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南北八ヶ岳縦走 日帰り

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー ne_mo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
観音平、蓼科登山口とも夜間でも駐車多いが停められないほどではなし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間44分
休憩
51分
合計
15時間35分
S観音平03:5004:20雲海04:42押手川05:27編笠山05:39青年小屋05:4806:06のろし場06:18西ギボシ06:26東ギボシ06:2706:32権現小屋06:35縦走路分岐06:3806:49旭岳07:05ツルネ07:0607:20キレット小屋08:20真教寺尾根分岐08:23竜頭峰08:2408:29赤岳08:3008:33赤岳頂上山荘08:50赤岳天望荘08:5108:55地蔵の頭09:00二十三夜峰09:09日ノ岳09:1109:13鉾岳09:1609:18石尊峰09:23横岳(三叉峰)09:28無名峰09:2909:33横岳(奥ノ院)09:43台座ノ頭10:08硫黄岳山荘10:1010:25硫黄岳10:2610:49ヒュッテ夏沢11:11箕冠山11:18根石岳11:24白砂新道入口11:36東天狗岳11:4111:43天狗の鼻11:4512:08中山峠12:0912:12見晴らし台12:25中山12:56高見石小屋13:08丸山13:37麦草ヒュッテ13:4113:57茶水の池13:5814:05大石峠14:12中小場14:52縞枯山15:05雨池峠15:14雨池山15:47三ッ岳16:01三ツ岳分岐16:05北横岳ヒュッテ16:13北横岳(南峰)16:1416:15北横岳16:2016:49亀甲池16:5317:05天祥寺原17:56蓼科山荘18:13蓼科山頂ヒュッテ18:1418:17蓼科山18:1818:46幸徳平18:53標高2110m標識19:25女ノ神茶屋・蓼科山登山口19:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山後、観音平入り口のゲートまで自転車で2.5h。そこから観音平まで徒歩1h。
コース状況/
危険箇所等
数日は雨降っていなかったはずなのでぬかるみも少なく全体に歩きやすい。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 ハイドレーション ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ
備考 水は1.5L持って行ったが要所で補給できるので過不足なし。食料は3500kcal持って行ったが700kcal余った。

写真

感想/記録
by ne_mo

いつか必ず、と思っていた八ヶ岳の日帰り縦走。過去2回挑戦していたものの、1回は体調不良、1回は天候不良でいずれも麦草峠で断念したので3度目の正直でようやく達成。雨の後は岩が滑る(青年小屋付近、麦草峠への下り)、道が池になる(中山峠付近)等でペースが上がらないことが分かったので、過去数日晴れが続いた日を狙っていたらずいぶん時間が経ってしまいました。

できるかできないか、くらいの緊張感が好きなので普段は意図的に余裕を削った工程を組むのですが、今回は完走を優先して段取りました。毎日アルペン号とかはやめて前日車中泊で夜のうちに出発、下山後も終バスを当てにするのはやめてあらかじめ自転車を下山地点に配置。夜行を覚悟してしまえば急がなくていいのでペースもゆっくりでよし。

工程は観音平から赤岳、赤岳から麦草峠、麦草峠から蓼科登山口までがそれぞれ3分の1ずつでしたが、偶然にも気持ちの区切りも同じタイミングです。北上ルートだと赤岳近辺の岩場が前半に来るので、そこを過ぎた時点で精神的に楽になり、麦草峠では縦走続行で腹をくくると覚悟が決まります(麦草峠の時点で予定時間や体力が3分の1残っていない場合はあきらめた方がよいかもしれません)。

山歩き自体は時間が長いのでどうしても淡々と距離をこなすようになってしまいましたが、北横から下ったあとの誰もいない亀甲池の静けさと、蓼科山頂での残照が印象に残りました。今回大岳と双子山をパスしたので次は北八ヶ岳をゆっくりと回りたいです。

余談ですが、今回のルートは帰りの足をどうするかが悩ましいです。車と運転手が2セットあれば解決なのですが、そうでない場合で終バスに乗れない時間だとタクシーしかありません。案としては蓼科登山口から茅野までタクシー、そこから小淵沢まで電車、さらに観音平までタクシー。タクシーと電車賃で1万円+迎車と電車待ちの時間次第ですがたぶん2h以上。直接観音平までなら1.5〜2万円で1hくらいでしょうか?
考えた末、毒を食らわば皿まで、の心境になり先人に倣って自転車で観音平まで戻ることにしました。距離は道のりで約40kmです。MAX 3hを見込んでいましたが観音平入り口のゲートまで2.5h+観音平まで徒歩1hかかってしまいました。車で試走した際「この上り坂は疲れてたら無理」と思った3〜4kmの区間があったのですが案の定気持ちがくじけました。お勧めしません・・・。
訪問者数:331人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

車中泊
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ