ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935706 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山 御中道 

日程 2016年08月09日(火) [日帰り]
メンバー 子連れ登山wakan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
河口湖駅より富士急山梨バスで富士山五合目下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間47分
休憩
15分
合計
4時間2分
S富士山五合目09:2610:20御庭分岐付近11:25滑沢付近11:4013:28富士山五合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滑沢より先、崩落で通行止め。
御庭の先、大沢崩れの道標に通行止めの表示があるが分かりづらい、道にはトラロープが張ってあるが、説明文がどこへ行ったか、御庭への分岐も近くにあり、キチンとした道標が欲しい所。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 携帯 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 時計 カメラ

写真

5合目到着。涼しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目到着。涼しい!
4
御中道登山口の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御中道登山口の階段。
階段を上がった場所に説明板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を上がった場所に説明板。
3
御坂山塊方面の景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山塊方面の景色。
2
頂上を仰ぐ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上を仰ぐ。
3
御庭まではこんな感じの広い道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御庭まではこんな感じの広い道。
本当、素晴らしい景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当、素晴らしい景色。
2
道の真ん中には石が配置されている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の真ん中には石が配置されている。
1
寄生火山、火口だけから噴火するのではないのですね、勉強になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄生火山、火口だけから噴火するのではないのですね、勉強になりました。
4
立派な東屋。ゆっくり休憩させて頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な東屋。ゆっくり休憩させて頂きました。
大沢崩れへの道標。今までの道と違い、本当か疑い、しばし直進!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢崩れへの道標。今までの道と違い、本当か疑い、しばし直進!
1
はい、行き止まり。大沢崩れは300メートル後ろの表示。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい、行き止まり。大沢崩れは300メートル後ろの表示。
さっきの道とは変わり、樹林帯の中へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの道とは変わり、樹林帯の中へ。
1
あれ、道がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、道がない。
崩落場所、ここが、大沢崩れか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落場所、ここが、大沢崩れか?
1
取り合えず休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り合えず休憩。
3
向こうに道が!ここで会った年配の夫婦から、ここは大沢崩れでなく滑沢辺り、トラバースを探していたが、崩落がひどく先に進めないとの事、我々もここで撤退。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうに道が!ここで会った年配の夫婦から、ここは大沢崩れでなく滑沢辺り、トラバースを探していたが、崩落がひどく先に進めないとの事、我々もここで撤退。
1
帰りは近道の看板を発見、先程の通行止めの真裏に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは近道の看板を発見、先程の通行止めの真裏に出る。
1
分かりずらい場所に説明書きが!この道標自体、行きには気付かず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりずらい場所に説明書きが!この道標自体、行きには気付かず。
ゴール、再び5合目!
お疲れなので、ソフトクリーム。
それも独り占め^_^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール、再び5合目!
お疲れなので、ソフトクリーム。
それも独り占め^_^
6

感想/記録
by wakan

子供の夏休みの自然学習で、富士山山麓へ。

1日目は富士山御中道ハイキング。

登山口は五合目バス発着場のすぐ脇の階段。(できれば、ここに案内板が欲しい)
階段を上がった場所に古い説明板。御中道は全体的に道標が少ない。人も少ないせいか、余り力は入れていないのか?

御庭分岐付近、寄生火山の東屋がある休憩所までは問題なし。御庭分岐はスバルラインの表示か?御庭への明確な表示なし。
大沢崩れ方面に進むと、トラロープあり。

ここで、迷い、少し下へ見えた道へ。これは、途中で方角がおかしいと思い引き返し、同じように迷った人がいたのか、途中の踏み跡を辿るも、おかしいと思い、結局トラロープの場所まで戻り直進。少し先に古い手作りの道標があり、間違いなしと確信。

先へ進むと大沢崩れへの道標あり、ここから道が狭くなり、樹林帯の中へ。今までの道が広く、先に続いていたので、最初は直進、300メートル先に通行止め、大沢崩れは300メートル後ろの案内。

道を戻り、樹林帯を歩き続けると、大きな崩落地が、ここが大沢崩れかと。先に来ていた山岳グループに写真を頼まれ、ここが大沢崩れですかねと、お話しし、ちょい休憩。他、年配の夫婦が崩落地に沿って頂上へ歩いて、どこへ行くのかと。

ふと、崩落先を見ると道が、降りて来た年配夫婦にあの道は何ですかねと尋ねて見ると、ここは大沢崩れでなく、滑沢付近で道が崩落してると判明。恐らくトラロープに説明板が付いていて、通行止めの注意書きがあったのでは?トラバース出来るものでなく、みなさん、ここで反転。途中、近道の道標あり、先程の通行止めのすぐ裏にでる。

御庭分岐付近で、先程のグループに会い、大沢崩れへの道標と崩落の説明文を発見。(分かりづらい場所にあり、往路では気付かず)やはり、道に張ってあったトラロープには説明文はどこかへ行ったけど、この先崩落地ありとの事だったんだと納得。

それにしても、御中道入り口に崩落地ありとの注意書き位あってもおかしくないと思うのだが?

まあ、なにより、御中道は富士山頂上を仰ぎ、反対側は三つ峠から御坂山隗が連なる、壮大な景色で楽しいハイキングでした。

訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ