ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935916 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

中村新道っていいですね

日程 2016年08月06日(土) 〜 2016年08月09日(火)
メンバー flyhalf
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間0分
休憩
0分
合計
3時間0分
S上高地11:3012:20白出沢出合14:30徳本峠
2日目
山行
7時間0分
休憩
20分
合計
7時間20分
徳本峠05:4006:40ジャンクションピーク06:5008:40K108:5009:20霞沢岳08:5012:30徳本峠
3日目
山行
7時間10分
休憩
20分
合計
7時間30分
徳本峠06:3008:20大滝槍見台08:3011:40大滝山11:5014:00蝶ヶ岳
4日目
山行
5時間20分
休憩
20分
合計
5時間40分
蝶ヶ岳05:5009:30徳澤09:5011:30上高地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット
備考 私としたことがお酒のおつまみを忘れてしまいました

写真

1日目はすっ飛ばし2日目のK1からの絶景です
2016年08月07日 08:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目はすっ飛ばし2日目のK1からの絶景です
1
笠ヶ岳って丸いイメージでしたが、こんなに尖がっているんですね。(笠ヶ岳ですよね?)
2016年08月07日 08:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳って丸いイメージでしたが、こんなに尖がっているんですね。(笠ヶ岳ですよね?)
2
こんなに近い焼岳は初めてです
2016年08月07日 08:44撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに近い焼岳は初めてです
3
3日目の中村新道です。ここに登ると・・・
2016年08月08日 09:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の中村新道です。ここに登ると・・・
この景色です。ここまでの疲れが吹っ飛びました。
2016年08月08日 09:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色です。ここまでの疲れが吹っ飛びました。
2
おやすみなさい、槍ヶ岳。
2016年08月08日 19:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやすみなさい、槍ヶ岳。
2
おはようございます、槍穂。さようなら、槍穂。
2016年08月09日 05:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはようございます、槍穂。さようなら、槍穂。
3

感想/記録

当初の予定は8/5(金)でしたが、天気が悪そうなので8/8(月)に変更。
すると、台風接近のニュースがあり、慌てて8/6(土)スタートに再変更。

今回は、マイナールート?のため人は少ないと思ってましたが、徳本峠に上がる道で何人もの人とすれ違ったので、『混んでましたか?』と聞いたところ、『小屋泊まりの人は断られたみたい』。
実際に上がってみると、10〜15張ほど張られており、残っている場所はほとんどありませんでした。(小屋泊が断られたかは聞きそびれました)また、新島々から上がってこられた人が多くおられました。
2日目は霞沢岳往復。ぬかるみと浮石とK1手前の急登に苦しめられましたが、苦労したかいあり絶景が待っていました。360度見えたのは、7月以降昨日が初めてだったそうです。下りは、休憩を長くとったこともありコースタイム以上の時間がかかってしまいました。
3日目は、中村新道から蝶ヶ岳。初日にテントが隣だった人が涸沢〜横尾〜蝶ヶ岳〜徳本峠という驚愕の経路を来たため話を聞くと、中村新道では快晴の土曜日にもかかわらず人っ子一人合わず猿しかいなかった!また、大滝槍見台の景色もイマイチだった、とのこと。前日まで相当警戒しましたが、朝準備をしていると、1人、2人(3人目はいませんでした)と中村新道へ向かい、途中でも中国人カップルやツアーとみられる数人の団体など10人弱とすれ違い、熊にも猿にも会いませんでした。また、大滝槍見台の景色は素晴らしく、大滝山直前の急登には閉口しましたが、全体的に樹林帯を歩く気持ちの良い道でした。
最終日は雲が多く、風も強かったので、そそくさと下りてきました。

1年ぶりのテント泊でしたが、2日目以降コースタイムから遅れること約30分、体力の衰えを感じました。来年以降はコースタイムから遅れることを前提に計画を立てねば、と寂しく感じた4日間でした。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テント 急登 テン 涸沢
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ