ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935959 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

伯耆大山、灼熱の山歩き

日程 2016年08月07日(日) [日帰り]
メンバー kuwayare, その他メンバー3人
天候曇のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
下山駐車場に車を停めました。9時頃となりましたが、なんとか駐車することができました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
14分
合計
4時間33分
S夏山登山口10:0410:40三合目11:00五合目11:12行者谷分かれ11:1311:24六合目避難小屋11:2511:56八合目11:5712:11石室方面との分岐12:1212:24大山頂上碑12:2513:10石室13:1113:14石室方面との分岐13:1513:20八合目13:2213:41六合目避難小屋13:50行者谷分かれ13:5113:53五合目13:5414:06三合目14:0814:33夏山登山口14:3414:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は明瞭で、迷うことはないと思いますが、斜度は急です。暑い日に登るとへばります。また、足下の石に針金をかけて補強されている箇所があります。その針金が破れたりして、石が崩れている所も少しあり。ちょいと注意です。
その他周辺情報関東からはるばる参上しましたので、出雲大社、足立美術館、鳥取砂丘を観光いたしました。

写真

車が通れる道路沿いに登山口があり、下山駐車場からの我々は、ここから登山を開始です。
2016年08月07日 10:17撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車が通れる道路沿いに登山口があり、下山駐車場からの我々は、ここから登山を開始です。
2
二合目の道標。ご丁寧に一合目から九合目までの道しるべが立てられております。その中で一本だけを、ご紹介です。一番のハンサムです。
2016年08月07日 10:43撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目の道標。ご丁寧に一合目から九合目までの道しるべが立てられております。その中で一本だけを、ご紹介です。一番のハンサムです。
頂上に登頂。最高峰である剣ヶ峰までは縦走路が禁止されておりますので、第二峰である弥生山が大山の頂上とのこと。天気が良いことはこの上ないですが、太陽の直射が身体を貫きます。
2016年08月07日 12:41撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に登頂。最高峰である剣ヶ峰までは縦走路が禁止されておりますので、第二峰である弥生山が大山の頂上とのこと。天気が良いことはこの上ないですが、太陽の直射が身体を貫きます。
4
剣ヶ峰が見えますが、立入禁止の看板がとうせんぼう。最高峰に立てないのは少々残念。向こうで頭を出しているのは、天狗ヶ峰。
2016年08月07日 12:43撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰が見えますが、立入禁止の看板がとうせんぼう。最高峰に立てないのは少々残念。向こうで頭を出しているのは、天狗ヶ峰。
9
頂上近くの登山道は木道を利用します。高山植物の保護や登山道のオーバユースに対応するために、設置されたようですが、関係者の努力に感謝致します。
2016年08月07日 13:16撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上近くの登山道は木道を利用します。高山植物の保護や登山道のオーバユースに対応するために、設置されたようですが、関係者の努力に感謝致します。
8
昔の避難小屋は石でできていたようです。今は使われておりませんが、石室は趣があります。
2016年08月07日 13:24撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の避難小屋は石でできていたようです。今は使われておりませんが、石室は趣があります。
1
下山途中に頂上を振り返ります。影が天上の雲の形を山肌に映します。よーく見ると、頂上の避難小屋が分ります。
2016年08月07日 13:32撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に頂上を振り返ります。影が天上の雲の形を山肌に映します。よーく見ると、頂上の避難小屋が分ります。
6
後日、車で走っていると、大山が雲かぶり。夕日で赤くなった雲が大山の頂上を隠します。
2016年08月08日 19:07撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後日、車で走っていると、大山が雲かぶり。夕日で赤くなった雲が大山の頂上を隠します。
4

感想/記録

眺めれば素晴らしい造形の大山に、夏の暑い日に登りました。折しも日本列島は暑い夏にほっこり覆われ、ここも例外ではなく、暑い日になりました。登山道は整備されていましたが、傾斜は急で、歩いていると汗が噴き出します。
暑い夏の日にはご褒美がありました。晴れ渡る空に美しい大山の眺望です。それは、登山途中に一息つく我々に元気を与えてくれました。他方、斜面の崩落が進んでいるのも一目で分ります。この素晴らしき大山が永続し、登り続けられることを祈るばかりです。
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

避難小屋 崩落 一本立てる 道標 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ