ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936000 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

夏の南アルプス大縦走〜黒戸尾根から畑薙までテント泊11日間

日程 2016年07月28日(木) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー Yaku
天候7月28日 曇り
7月29日 晴れのち曇り
7月30日 晴れ
7月31日 晴れ
8月1日 晴れのち雨、雷
8月2日 曇りのち雨、雷
8月3日 晴れのち雨、雷
8月4日 晴れのち雨
8月5日 晴れのち曇り、小雨
8月6日 晴れ
8月7日 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き 21:20大阪阿倍野発クリスタルライナー 韮崎駅下車 電車で長坂駅まで行き、タクシーで尾白まで。
帰り 畑薙第一ダムからしずてつジャストラインで静岡駅へ。静岡駅から新幹線ひかりで新大阪へ。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間20分
休憩
20分
合計
8時間40分
S尾白08:0010:50笹の平分岐11:0014:50五合目15:0016:40七丈第一小屋テント場
2日目
山行
7時間0分
休憩
2時間10分
合計
9時間10分
七丈第一小屋06:2009:20甲斐駒ケ岳10:5012:20駒津峰12:5014:10仙水峠14:2015:30長衛小屋テント場
3日目
山行
12時間40分
休憩
20分
合計
13時間0分
長衛小屋テント場04:3008:10小仙丈ケ岳08:2009:50仙丈ケ岳10:0013:40伊那荒倉岳16:00野呂川越17:30両俣小屋テント場
4日目
山行
7時間40分
休憩
40分
合計
8時間20分
両俣小屋テント場05:5007:00野呂川越11:30三峰岳12:1014:10熊ノ平小屋テント場
5日目
山行
11時間50分
休憩
40分
合計
12時間30分
熊ノ平小屋テント場04:2005:40竜尾見晴04:2007:10北荒川岳07:2010:10東峰10:2011:10塩見小屋11:3015:30三伏峠小屋
6日目
山行
6時間10分
休憩
20分
合計
6時間30分
三伏峠小屋05:3006:30烏帽子岳07:20前河内岳08:20小河内岳08:4011:00板谷岳12:00高山裏避難小屋テント場
7日目
山行
7時間10分
休憩
10分
合計
7時間20分
高山裏避難小屋テント場05:0008:40前岳09:00中岳10:10悪沢岳11:10荒川小屋への分岐11:2012:20荒川小屋テント場
8日目
山行
10時間10分
休憩
40分
合計
10時間50分
荒川小屋テント場04:4005:20大聖寺平05:4006:40小赤石岳の肩06:5007:50赤石岳09:10大斜面下コル10:00百諒10:1011:10百瞭胸海硫12:50中盛丸山14:00小兎岳15:10兎岳15:30兎岳避難小屋
9日目
山行
9時間20分
休憩
1時間0分
合計
10時間20分
兎岳避難小屋04:1005:10兎聖のコル07:00聖岳07:2008:30小聖岳08:4010:00聖平小屋10:2012:30南岳12:4013:10上河内岳の肩14:30茶臼小屋テント場
10日目
山行
11時間40分
休憩
30分
合計
12時間10分
茶臼小屋テント場04:2005:00茶臼岳05:20仁田池05:30希望峰06:50易老岳07:0007:50三吉平07:0008:50静高平09:30光岳09:50光石10:40光小屋11:0011:50三吉平13:00易老岳13:50鞍部14:20希望峰15:10茶臼岳15:40茶臼小屋テント場
11日目
山行
5時間30分
休憩
20分
合計
5時間50分
茶臼小屋テント場04:3005:10中樺05:30水飲み場05:4005:50展望ベンチ06:30横窪沢小屋06:4007:10中の段08:00うそっこ沢小屋09:20やれやれ峠09:50畑薙大吊橋10:20畑薙第一ダムG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]
2016年08月の天気図 [pdf]

写真

黒戸尾根登山口から20堋の荷物を持ってスタート!!
2016年07月28日 07:56撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒戸尾根登山口から20堋の荷物を持ってスタート!!
1
駒ヶ岳神社で旅の無事をお願いしてから吊り橋を渡ります。
2016年07月28日 08:09撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社で旅の無事をお願いしてから吊り橋を渡ります。
刃渡り。ここは全然危なくないです。
ガスガスで何も見えませんでした。
2016年07月28日 13:06撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡り。ここは全然危なくないです。
ガスガスで何も見えませんでした。
垂直のはしご。こことその次の写真のところが一番怖かったかな。
2016年07月28日 16:05撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直のはしご。こことその次の写真のところが一番怖かったかな。
足場はしっかりしてるけど、もし落ちたら...
2016年07月28日 16:09撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場はしっかりしてるけど、もし落ちたら...
7丈小屋を出発して甲斐駒ケ岳を目指します。
2016年07月29日 07:49撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7丈小屋を出発して甲斐駒ケ岳を目指します。
北沢峠テント場
2016年07月30日 04:35撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢峠テント場
ガスガスでしたが、時々ガスが取れてきれいな景色が見えました。
2016年07月30日 08:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスでしたが、時々ガスが取れてきれいな景色が見えました。
仙丈ケ岳の頂上が見えてきました。
2016年07月30日 09:36撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳の頂上が見えてきました。
1
大仙丈ケ岳方面。
2016年07月30日 11:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大仙丈ケ岳方面。
伊那荒倉岳。山の中にあって、あんまり山頂の感じがしなかったです。
2016年07月30日 14:02撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那荒倉岳。山の中にあって、あんまり山頂の感じがしなかったです。
両俣小屋。
遠かった...
2016年07月30日 17:39撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋。
遠かった...
両俣小屋テント場
2016年07月31日 05:54撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋テント場
両俣小屋から野呂川越までの上り返し
2016年07月31日 06:25撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両俣小屋から野呂川越までの上り返し
北荒川岳からみた塩見岳
2016年08月01日 07:10撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北荒川岳からみた塩見岳
1
どんどん塩見岳が近づいてきました。
このときはすごいいい天気
2016年08月01日 08:29撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん塩見岳が近づいてきました。
このときはすごいいい天気
2
山頂からの下り。
パラパラ雨が降り出してきた。一応、岩場を降りてからの土砂降りだったからラッキーでした。
テント泊の荷物ではここは怖かったです。
2016年08月01日 10:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの下り。
パラパラ雨が降り出してきた。一応、岩場を降りてからの土砂降りだったからラッキーでした。
テント泊の荷物ではここは怖かったです。
土砂降りになって雷もなって、テント場も水浸しだったので三伏峠小屋に逃げ込みました。
2016年08月01日 16:30撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂降りになって雷もなって、テント場も水浸しだったので三伏峠小屋に逃げ込みました。
1
高山裏避難小屋テント場
2016年08月03日 04:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山裏避難小屋テント場
ひたすら上ります。
2016年08月03日 07:36撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら上ります。
前岳。道が崩れてるところが結構多くて怖いところがたくさんありました。
2016年08月03日 08:46撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前岳。道が崩れてるところが結構多くて怖いところがたくさんありました。
2
悪沢岳方面。
2016年08月03日 09:21撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳方面。
赤石岳への上り
2016年08月04日 07:27撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳への上り
1
山頂に着いたら急にガスが上がってきた。
2016年08月04日 07:52撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着いたら急にガスが上がってきた。
2
百瞭胸海硫箸離謄鵐半譟
2016年08月04日 11:00撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百瞭胸海硫箸離謄鵐半譟
中盛丸山への上り
2016年08月04日 12:27撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盛丸山への上り
1
兎岳。
この日は土砂降り
2016年08月04日 15:18撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳。
この日は土砂降り
兎岳避難小屋。
この日は聖平小屋までは行けないのでここで一晩過ごしました。
ほかには来られる方もおらず、少し怖い一晩でした。
2016年08月04日 15:29撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋。
この日は聖平小屋までは行けないのでここで一晩過ごしました。
ほかには来られる方もおらず、少し怖い一晩でした。
2
兎岳避難小屋の内部
2016年08月04日 17:06撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兎岳避難小屋の内部
1
聖岳到着。
2016年08月05日 07:03撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳到着。
2
光小屋見えてきた
2016年08月06日 09:09撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光小屋見えてきた
1
光岳ついた〜
2016年08月06日 09:34撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光岳ついた〜
1
最後の朝。
2016年08月07日 04:37撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の朝。
うそっこ沢避難小屋
2016年08月07日 08:04撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うそっこ沢避難小屋
ヤレヤレ峠。本当にやれやれ。
2016年08月07日 09:17撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤレヤレ峠。本当にやれやれ。
畑薙大吊橋。
長かった〜
この橋を過ぎた後にクマに遭遇...
2016年08月07日 09:47撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑薙大吊橋。
長かった〜
この橋を過ぎた後にクマに遭遇...
白樺荘でさっぱり。
2016年08月07日 12:43撮影 by PENTAX K-S1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺荘でさっぱり。
1

感想/記録
by Yaku

去年は北アルプスへ行ったので今年は南アルプスへ。南アルプス全部を縦走したかったので黒戸尾根から畑薙まで。交通機関の都合上、黒戸尾根から登ることにしました。
天気はあまりよくなく、早朝から10時くらいまでが勝負の日が続きました。雨に降られることも多く、塩見岳の下りでは雨がぽつぽつし始めてきて少し焦りました。本降りになったのが岩場を過ぎた直後だったというのは本当にラッキーだったと思います。土砂降りの中でテント泊装備で越えてきたという男性にお会いしましたが「死ぬかと思った」とおっしゃられていました。
荒川小屋から聖平小屋までは本当に長く、兎岳避難小屋で一晩過ごしました。誰もほかに来られる方はおらず、夜中中かさかさという音が聞こえ、また入口の扉が閉まらないので怖かったです。後で聞くと、そのかさかさという音はネズミだったようです。小屋内は寒くなく、改修されているのできれいでした。緊急避難用のためか寝袋が一つ置いてありました。百瞭曲面から向かう方は兎岳の手前で水場がありますが、聖平方面からは水場はありません。水場は10分ほど登山道から下ったところにありますが、少しわかりにくいかもしれません。私は水場に向かう途中で土砂降りの雨に降られずぶぬれになってしまいました。小屋自体は狭いので最初から宿泊予定にしていいものか...私は兎岳手前で足が痛くてくだれなくなり、聖平まで無理なら使わせていただこうと思っており、雷もなっていたので前進することは中止としました。
聖岳は聖平からと百瞭兇らの登山道の違いが印象的でした。体力と時間のある方にはぜひ縦走していただきたいコースです。百瞭兇らは岩場をよじ登りたどり着く聖岳だったのでうれしかったです。
聖平小屋あたりからガスが濃くなってきたので上河内岳はスキップしてテント場に急ぎました。
光岳へはテント装備は置いてのピストンでした。荷物が軽いため爽快に登れましたが、やはり遠かったです。10日目という疲れも出てきていることもあるのか帰り道ではずいぶんばててしまいました。
最終日は畑薙の大吊橋を越えて5分ほどしたころにクマに遭遇しました。山を越えて一息ついてさあ温泉!!と思っていたときだったので余計にびっくりしました。
道路を歩いていると聞いたことのない鳴き声が聞こえてきてその方向を
見ると真黒なものが動きました。回れ右して離れ少し待っても一向に鳴き声はおさまらず...後ろを歩いていた方とご一緒させてもらいましたが2人そろって引き返さなければならずどうしようと思っていたところで観光センターのバスに拾っていただきました。そのおじさま曰く、とてもクマの多いところで環境被害もとても大きい、昨日はこんなじゃなかったのにクマにやられたなどとおっしゃられていました。
全体を通して、お天気はいまいちでしたが、朝は天気の良い日が多く、きれいな景色をたくさん見ることができ、また南北縦走も果たすことができました。できれば、すべてテント泊で行きたかったのですが、安全第一なので1泊の小屋避難はいい勉強になったと思います。
訪問者数:213人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

KIY
登録日: 2009/8/1
投稿数: 1
2016/8/13 20:48
 お世話になりました、またお会いしましょう。
無事光岳もピストンされたのですね。クマはビックリですね。何事も無くて良かったです。また機会があれば是非ご一緒しましょう。八ヶ岳、秩父、尾瀬他、関東方面に遠征の先はご連絡くださいませ。
登録日: 2012/2/27
投稿数: 991
2016/8/13 21:07
 相変わらず凄いですね(^^♪
去年北アルプス雲の平でお会いしましたネコです!
今年は南アルプスをテントで縦走ですか?
南アルプス赤石岳からさきは未知の領域です、前に光岳辺りはは藪漕ぎが凄いと聞いてたんですが、いかかがでしたか?
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ