ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936341 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

軽量化の代償事故!常念乗越⇒大天井⇒燕 〜心の結び目〜

日程 2016年08月09日(火) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー beloved_sky
天候Day1
AMは快晴。昼〜夕刻は基本的に晴れだけどガスの流れが速く、夜間は快晴。
Day2
朝まで快晴だけど超強風。AMは快晴で昼頃から少し雲が出てくる。
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク
一ノ沢登山口より入山。
下山は中房温泉。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間23分
休憩
5時間34分
合計
10時間57分
Sスタート地点08:3008:39一ノ沢登山口08:4108:47山ノ神09:20王滝ベンチ09:2309:42烏帽子沢10:06笠原沢10:1411:01最終水場11:1611:47常念小屋12:3714:02東天井岳14:57大天荘18:5919:05大天井岳19:1919:27大天荘
2日目
山行
4時間28分
休憩
2時間37分
合計
7時間5分
大天荘06:0906:21槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐06:2906:30小林喜作レリーフ06:3107:48大下りの頭07:5908:09蛙岩08:1108:36燕山荘09:0409:08いるか岩09:18めがね岩09:2009:21燕岳09:3309:35めがね岩09:3709:46いるか岩09:51燕山荘10:2310:47合戦山(合戦沢ノ頭)10:5310:59合戦小屋11:1311:28富士見ベンチ11:3911:50第3ベンチ11:5512:14第2ベンチ12:2212:34第1ベンチ12:4513:09中房温泉登山口13:1313:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
データはGPSで採取した正確なものです。
標準コースタイムだけでは何も計画できないと思うので今回少しまじめに書きます。

※まず、山頂往復登山者と稜線縦走者とではその歩速が全く異なります。
私は縦走を伴わないピストンの山では先を譲っていただくことが多々あり、逆に抜かれることはほぼゼロのペースで歩きます。
おそらく相当速い方ですが、それでも縦走登山者の中では明らかに遅い部類に入ります。
こういうのを十分に理解されてから登山計画を立てられることを強くお勧めします。

今回の私の場合、、、
●一ノ沢⇒常念乗越
・かなり多くの方に先を譲っていただいたので平均よりも相当早いペースだと思います。
●常念乗越⇒大天井
・明らかに縦走装備の縦走者と比較すると少し遅いペースです。
・山頂往復組の登山者がここに来たと仮定するとザックが軽くても着いていくのはかなり厳しいペースだと思います。
●大天井⇒燕山荘
・明らかに縦走装備の縦走登山者からどんどん抜かれていくペースです。
・山頂往復組の登山者がここに来たと仮定するとザックが軽くても着いていくのは大変なペースだと思います。
●燕山荘⇒中房温泉
・明らかに縦走装備の登山者からはどんどん抜かれていくペースです。
・山頂往復登山者と比較すると平均的なペースだと思います。
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。一ノ沢からの登山道は水没箇所が多々ある。防水性の高い靴でないとまちがいなく濡れる。
その他周辺情報しゃくなげの湯に立ち寄る。
ついでに安曇野のモンベルショップも!
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

一ノ沢登山口から入ります。
2016年08月09日 08:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口から入ります。
序盤は普通の里山みたいな道が永遠と続く。
2016年08月09日 08:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は普通の里山みたいな道が永遠と続く。
途中登山道が水没している箇所がいくつもある。
ゴアなど防水性の高い靴でないと確実に浸水する。
2016年08月09日 09:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中登山道が水没している箇所がいくつもある。
ゴアなど防水性の高い靴でないと確実に浸水する。
途中、開けた場所から常念が姿を見せる。
2016年08月09日 10:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、開けた場所から常念が姿を見せる。
ずっとガスに追われて登ってきている。
スタートがあと15分遅かったら視界ゼロの登山だった。
2016年08月09日 10:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとガスに追われて登ってきている。
スタートがあと15分遅かったら視界ゼロの登山だった。
こういった水場がたくさんあって、助かる。冷たくて気持ちい。
汗をかいては水場で流しまた乾いて汗をかく。
2016年08月09日 10:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こういった水場がたくさんあって、助かる。冷たくて気持ちい。
汗をかいては水場で流しまた乾いて汗をかく。
胸突八丁にてガスに追い付かれる。
視界が奪われたが、急に涼しくなって、これはこれでアリかも・・・。
2016年08月09日 10:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胸突八丁にてガスに追い付かれる。
視界が奪われたが、急に涼しくなって、これはこれでアリかも・・・。
最終水場。飲み水を汲み、頭、帽子、タオルを洗う。
すっきり!さっぱり!気分爽快!
2016年08月09日 11:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場。飲み水を汲み、頭、帽子、タオルを洗う。
すっきり!さっぱり!気分爽快!
いよいよ近づいてきた。
2016年08月09日 11:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ近づいてきた。
常念!!
しかしピークハンターではない自分はここに登る気は無し!
2016年08月09日 11:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念!!
しかしピークハンターではない自分はここに登る気は無し!
常念乗越着。ここまで180分。イイ感じのペースだ!
2016年08月09日 11:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念乗越着。ここまで180分。イイ感じのペースだ!
これから向かう横通岳。風が気持ちいい。
2016年08月09日 11:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう横通岳。風が気持ちいい。
常念小屋と北アルプス南部の主峰郡。ちょうど3,000m付近にガスがかかっていて主峰郡のピークがチラチラ見える程度。
2016年08月09日 12:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋と北アルプス南部の主峰郡。ちょうど3,000m付近にガスがかかっていて主峰郡のピークがチラチラ見える程度。
こちらは常念。プラン犬播个襪里悩Fはこっちは行かない。ザックを置けば目測で往復1.5時間ってとこか。
2016年08月09日 12:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは常念。プラン犬播个襪里悩Fはこっちは行かない。ザックを置けば目測で往復1.5時間ってとこか。
常念のテント場。小屋前のテント場が狭いと思ったけど、横通岳側に広いのがあるんだね。大天井よりも広いかも。人通りも少ないし。
2016年08月09日 12:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念のテント場。小屋前のテント場が狭いと思ったけど、横通岳側に広いのがあるんだね。大天井よりも広いかも。人通りも少ないし。
横通岳への登山道。
2016年08月09日 12:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳への登山道。
常念小屋を振り返る!
2016年08月09日 12:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋を振り返る!
涸沢カール発見!穂高は曇っていそうだね。
2016年08月09日 13:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カール発見!穂高は曇っていそうだね。
出てきたぞ〜!!
君に会いたかったよ!やっと出てきてくれたね。
2016年08月09日 13:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出てきたぞ〜!!
君に会いたかったよ!やっと出てきてくれたね。
こんな道がひたすら続く。
2016年08月09日 13:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな道がひたすら続く。
しかも暑い。
2016年08月09日 13:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかも暑い。
画面右に見えるのは廃道。
2016年08月09日 13:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面右に見えるのは廃道。
常念山脈を境に雲が切れる。
2016年08月09日 14:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈を境に雲が切れる。
あれは多分ヒュッテ西岳。結構幕が多いなぁ。さすが北アルプスの主道。
2016年08月09日 14:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは多分ヒュッテ西岳。結構幕が多いなぁ。さすが北アルプスの主道。
越えても越えても大天壮は見えてこない。
2016年08月09日 14:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えても越えても大天壮は見えてこない。
そしてやっと見えた大天壮!
2016年08月09日 14:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてやっと見えた大天壮!
大天壮着!疲れた〜!
2016年08月09日 14:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天壮着!疲れた〜!
1
今日の幕を張り、ビールを飲んで一休み。
そしたら寒気と気持ち悪さに襲われしばし耐える。
2016年08月09日 16:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の幕を張り、ビールを飲んで一休み。
そしたら寒気と気持ち悪さに襲われしばし耐える。
日没間際外に出てみる。
2016年08月09日 18:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没間際外に出てみる。
夕日を拝みに大天井登頂!
2016年08月09日 19:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日を拝みに大天井登頂!
大天井のピーク。夕日を待つ人々。
2016年08月09日 19:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井のピーク。夕日を待つ人々。
槍ヶ岳にシルエットを残しながら、あんな強烈だった太陽が今はもうその力を弱め沈んでいく。
2016年08月09日 19:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳にシルエットを残しながら、あんな強烈だった太陽が今はもうその力を弱め沈んでいく。
きれいさが伝わらないよね。ばかちょんカメラのレンズ越しでは。
2016年08月09日 19:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいさが伝わらないよね。ばかちょんカメラのレンズ越しでは。
今日は疲れたけどとってもいい山歩きだった!
2016年08月09日 19:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は疲れたけどとってもいい山歩きだった!
明日下る表銀座の峰々。雲がかかっている。
2016年08月09日 19:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日下る表銀座の峰々。雲がかかっている。
月も出て感動的な夜が始まる。
2016年08月09日 19:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月も出て感動的な夜が始まる。
大天壮の朝食部屋はムーディに見えたなぁ・・・(笑)
ここで朝陽を見ながら朝食が取れるっぽい。
ちなみに夕食は西側の部屋で食べていた。
2016年08月09日 19:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天壮の朝食部屋はムーディに見えたなぁ・・・(笑)
ここで朝陽を見ながら朝食が取れるっぽい。
ちなみに夕食は西側の部屋で食べていた。
1
コーヒー飲めます!300円だったかな。
2016年08月09日 19:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒー飲めます!300円だったかな。
さぁ、先ほど寒気に襲われたがあれは高山病だったと決めつけてリベンジ。
2016年08月09日 19:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、先ほど寒気に襲われたがあれは高山病だったと決めつけてリベンジ。
深夜、天の川がはっきりと見える最高のプラネタリウム。
写真撮ったけど夏の大三角形しか取れない・・・ダメだなこのカメラ。
2016年08月09日 21:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深夜、天の川がはっきりと見える最高のプラネタリウム。
写真撮ったけど夏の大三角形しか取れない・・・ダメだなこのカメラ。
翌朝、明るくなり始める。写真からは伝わらないけどこのとき危険レベルの超強風。5時半までに撤営を言われているので強風に耐えながらテントをたたむ。
2016年08月10日 04:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、明るくなり始める。写真からは伝わらないけどこのとき危険レベルの超強風。5時半までに撤営を言われているので強風に耐えながらテントをたたむ。
朝陽を迎えに再び大天井のピークに立つ。
間もなく出てくるぞ!
2016年08月10日 04:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽を迎えに再び大天井のピークに立つ。
間もなく出てくるぞ!
出た!力強い光線!
2016年08月10日 05:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出た!力強い光線!
槍ヶ岳連峰のアルペングリューエン!!
2016年08月10日 05:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳連峰のアルペングリューエン!!
1
太陽と地平線のコラボが山肌に描く天然の等高線!
2016年08月10日 05:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽と地平線のコラボが山肌に描く天然の等高線!
エネルギーをもらい一気に目が覚める。
2016年08月10日 05:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エネルギーをもらい一気に目が覚める。
予想通り信州側は雲海。朝陽に輝く。
2016年08月10日 05:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想通り信州側は雲海。朝陽に輝く。
槍穂も超快晴だね。
2016年08月10日 05:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂も超快晴だね。
天候は予定通り。最高の登山日和だ。
2016年08月10日 05:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候は予定通り。最高の登山日和だ。
画像では伝わらない感動。
2016年08月10日 05:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像では伝わらない感動。
画像なんかでは伝えたくない感動。
2016年08月10日 05:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画像なんかでは伝えたくない感動。
1
朝陽に包まれる大天壮。
2016年08月10日 05:21撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽に包まれる大天壮。
テント場から見る朝陽。
2016年08月10日 05:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から見る朝陽。
今日は雲海を見ながらの山行だな。
2016年08月10日 05:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は雲海を見ながらの山行だな。
6時00分、荷揚げのヘリが来た。こいつのせいで幕営組は5時半撤収を命じられていたのだ。まぁ、山小屋営業のために欠かせない資材なんだろうけど。
2016年08月10日 06:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時00分、荷揚げのヘリが来た。こいつのせいで幕営組は5時半撤収を命じられていたのだ。まぁ、山小屋営業のために欠かせない資材なんだろうけど。
それにしてもこの強風の中でビタ止めのホバリングとはさすがプロだ!自分はこんなのできない。(まぁ自分のヘリはラジコンだけど・・・)
2016年08月10日 06:01撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしてもこの強風の中でビタ止めのホバリングとはさすがプロだ!自分はこんなのできない。(まぁ自分のヘリはラジコンだけど・・・)
1
さあ行きます!表銀座!
2016年08月10日 06:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ行きます!表銀座!
さらば大天井!お世話になりました。大天壮。
2016年08月10日 06:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば大天井!お世話になりました。大天壮。
ここでトラブル発生!!ステッキが折れた!
これ1本11,000円也。
でも一本単位で売ってくれないので22,000円の計画外出費が確定する。
2016年08月10日 06:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでトラブル発生!!ステッキが折れた!
これ1本11,000円也。
でも一本単位で売ってくれないので22,000円の計画外出費が確定する。
予定通りの超快晴!
仕事を投げ出して来た価値がある!
2016年08月10日 06:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通りの超快晴!
仕事を投げ出して来た価値がある!
これから進む表銀座。
イージーに見えて結構大変なんだな。これが!
2016年08月10日 06:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む表銀座。
イージーに見えて結構大変なんだな。これが!
途中梯子もあったり。
軽い岩場もあったり。
2016年08月10日 06:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中梯子もあったり。
軽い岩場もあったり。
大天井は快晴だ!
2016年08月10日 06:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井は快晴だ!
いや、北アルプス全域快晴だ!
2016年08月10日 06:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、北アルプス全域快晴だ!
南銀座の峰々。
2016年08月10日 06:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南銀座の峰々。
常念からの下りが見える。この下り線のちょうど真ん中あたりでステッキが折れた。
2016年08月10日 07:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念からの下りが見える。この下り線のちょうど真ん中あたりでステッキが折れた。
一部稜線の東側に道が作られているが、こちら側は風が当たらないため暑い。
2016年08月10日 07:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部稜線の東側に道が作られているが、こちら側は風が当たらないため暑い。
信州の平地は曇りか。山の上はヤバいくらい快晴なのに。
2016年08月10日 07:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信州の平地は曇りか。山の上はヤバいくらい快晴なのに。
この辺はね、ムンムンしてるよ。湿気が多い。でも気温は低いから不快度は低い。
2016年08月10日 07:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺はね、ムンムンしてるよ。湿気が多い。でも気温は低いから不快度は低い。
来た道を振り返る。
2016年08月10日 07:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
平らな稜線に見えてこういう急登がいくつもある。
2016年08月10日 07:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平らな稜線に見えてこういう急登がいくつもある。
名も無い開けたピークに出る。
風が最高に気持ちいぜ!!
2016年08月10日 07:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名も無い開けたピークに出る。
風が最高に気持ちいぜ!!
中間地点突破!
あと3辧⇒祥気世福
2016年08月10日 07:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間地点突破!
あと3辧⇒祥気世福
燕岳に近づくと岩が増えてくる。
2016年08月10日 08:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳に近づくと岩が増えてくる。
ヤマレコでよく見るこの写真。
この間を通ります。体格に恵まれた方はお気をつけてお通りください。私は余裕でした。。。
2016年08月10日 08:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコでよく見るこの写真。
この間を通ります。体格に恵まれた方はお気をつけてお通りください。私は余裕でした。。。
1
見えたー!燕山荘。
2016年08月10日 08:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えたー!燕山荘。
8時半頃、燕山荘着。人気のスポットなハズだけどガラガラ
2016年08月10日 08:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8時半頃、燕山荘着。人気のスポットなハズだけどガラガラ
しばし休憩、トイレと給水を済ませて燕岳を目指そう。
2016年08月10日 08:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩、トイレと給水を済ませて燕岳を目指そう。
燕山荘からの眺め。
2016年08月10日 08:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘からの眺め。
燕山荘前もガラガラ。これには驚きだなぁ。もっと混んでると思った。
2016年08月10日 08:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘前もガラガラ。これには驚きだなぁ。もっと混んでると思った。
双六岳とか野口五郎岳とか水晶岳とか。どれがどれかは知らん!でもそっちの方向。
2016年08月10日 08:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳とか野口五郎岳とか水晶岳とか。どれがどれかは知らん!でもそっちの方向。
燕山荘からは槍も丸見え!
2016年08月10日 08:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘からは槍も丸見え!
燕山荘はかなり巨大な小屋だったなぁ。
2016年08月10日 08:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘はかなり巨大な小屋だったなぁ。
みんなこの写真撮ってるからお約束なのかと思い、一応撮っておいた。
2016年08月10日 09:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなこの写真撮ってるからお約束なのかと思い、一応撮っておいた。
そして今回の最後。燕岳登頂!
2016年08月10日 09:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして今回の最後。燕岳登頂!
先日登頂した浄土山と一昨年前に歩いた立山の主峰。
2016年08月10日 09:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先日登頂した浄土山と一昨年前に歩いた立山の主峰。
槍も穂も今日は快晴だなぁ。
2016年08月10日 09:28撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も穂も今日は快晴だなぁ。
北燕岳方向。険しそう。
2016年08月10日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕岳方向。険しそう。
今回の山行で歩いた道を振り返る。
2016年08月10日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の山行で歩いた道を振り返る。
燕山荘も荷揚げ中。
2016年08月10日 09:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘も荷揚げ中。
なんか不思議な感じがするなぁ。燕岳って。
2016年08月10日 09:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんか不思議な感じがするなぁ。燕岳って。
1
大と小と極小のアルプス一万尺の槍トリオ。
2016年08月10日 09:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大と小と極小のアルプス一万尺の槍トリオ。
もう一度燕岳を振り返る。
2016年08月10日 09:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度燕岳を振り返る。
名残惜しいけど、、、もう下りなきゃ。
2016年08月10日 10:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど、、、もう下りなきゃ。
朝10時にしてすでに今夜の宿泊組が続々と到着している。
山の日をめがけて来た方々だろう。
2016年08月10日 10:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝10時にしてすでに今夜の宿泊組が続々と到着している。
山の日をめがけて来た方々だろう。
名残惜しのショット!
2016年08月10日 10:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しのショット!
名残り惜しのショット2!
2016年08月10日 10:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残り惜しのショット2!
下山は途中からガスかな・・・その方が涼しくていいかも。
2016年08月10日 10:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は途中からガスかな・・・その方が涼しくていいかも。
さらば燕岳!
2016年08月10日 10:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば燕岳!
さらば燕山荘。
2016年08月10日 10:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば燕山荘。
何度も振り返る。
2016年08月10日 10:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返る。
結構最後まで槍はその姿を臨ませていた。
2016年08月10日 10:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構最後まで槍はその姿を臨ませていた。
縦走してきた脚には合戦尾根の急登が響く。
しかもステッキが片方ないし。
2016年08月10日 11:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走してきた脚には合戦尾根の急登が響く。
しかもステッキが片方ないし。
大天井が見えるのもこの辺で最後かな。
2016年08月10日 11:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井が見えるのもこの辺で最後かな。
この下りはかなり長く感じるなぁ。でももう少しだ!
2016年08月10日 12:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下りはかなり長く感じるなぁ。でももう少しだ!
中房温泉着!
疲れたぞい!!結局ガスの中には一度も入らなかった。
2016年08月10日 13:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉着!
疲れたぞい!!結局ガスの中には一度も入らなかった。

感想/記録

今回から夏キャンシーズンイン!

常念山脈を歩いてきた。

当初、薬師で計画していたが前日の天気予報が日本海側の悪天候を伝えていたため、プラン7を始動。

常に登山計画を10個持つように心がけているがその7番目が繰り上げ当選したわけだ。
一ノ沢から入り、常念山脈を北上して中房に下りる計画。

平日ともあって駐車場は空いており1Pに止めることができた。

常念乗越は良く晴れていて北アルプスの南部主峰郡がその雄姿を臨ませていた。
たいていの人はここで常念岳に登るだろう。
自分も誰かいれば登ってもよかったが別のプランで登ることになっているし、ピークハンターでもないので、常念に背を向け横通に向かって歩く。

大天井までは永遠と歩く感じ。
2時間ちょっとしか歩いていないのに随分長く感じたなぁ。

大天井でテントを張った後、夕方までのんびり過ごす。

夕暮れ少し前、夕日を眺めに大天井のピークに立つ。
5人くらいしかいなくて驚いた。

夜は、天の川がきれいに見えていた。
いつも通りすごい数の星だったけど、コンデジのレンズには収めることができなかった。
しばし眺めてまた眠りに就く。

うっすらと意識があるような浅い睡眠状態が続き、夜中に風の音で目が覚める。
テントが弾性域で大きな変形を繰り返すほどの強風が朝まで続いた。

夜明けとともにテントをたたみ朝陽を見に再び大天井に登る。
どこまでも永遠と拡がる雲海の彼方から太陽が姿を見せた。
雲海が茜色に染まって美しい。
槍穂連峰のアルペングリューエンは美しく、誰もが黙り込みその絶景に見入っていた。
風の音の中にシャッター音しかなく、みんな思い思いの時を過ごしていたことだろう。

テント場に戻り、装備を整えて燕岳に向けて表銀座を行く。
ここもまた永遠と続く尾根道。明らかに対向者の方が多く、待ちも大きかった。
120分程度で燕山荘着。

ここだけを目当てに登ってくる人が多いって思っていたけど、8時半時点では燕山荘はガラガラだった。
東の雲海と西の山岳を眺め、いつまでもここで過ごしていたかったけど明朝から仕事なので燕山荘にザックをデポり燕岳をピストン。
燕山荘に戻っておでんを食べて下山開始。

中房までの合戦尾根はなかなか急で縦走後の足にはテントザックの重量が響いてくる。
結構疲れたけど、感動がたくさんの山だった。

でもね、感動も多い中で昨年つけた心の結び目がまだ自分の中でほどけきれていないことに気付いた。
まだ自分の足音が良く聞こえないけど、三歩か四歩いつも後ろだけど、確かなペースで進み始めている。
もう夏も半分終わりだけど、今年は楽しみにしているからね〜。
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ