ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936354 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕・餓鬼日帰り 中房in・白沢out

日程 2016年08月10日(水) [日帰り]
メンバー yayaya
天候快晴→晴れ→曇り 昇温とともに雲量
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
*中房温泉の駐車場は混雑のため早めに到着した方がよいでしょうか。
*最終水場でタクシーを呼びました(ドコモ電波OK)。白沢→中房:10080円でした。
 アルプス第一交通:0261-22-2121
 アルピコタクシー:0261-23-2323
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間52分
休憩
1時間45分
合計
12時間37分
S中房温泉04:4005:07第1ベンチ05:27第2ベンチ05:50第3ベンチ05:5206:13富士見ベンチ06:1506:44合戦小屋06:5507:30燕山荘07:5608:16燕岳08:1808:42北燕岳08:4409:1009:47東沢乗越09:5410:40東沢岳10:4512:55餓鬼岳小屋13:0513:09餓鬼岳13:1213:16餓鬼岳小屋13:4014:45大凪山15:50最終水場16:0117:17白沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*中房→燕岳:とても歩きやすい道。深夜でもOKですね。
*燕岳→東沢岳:危険箇所無ですが、急激に登山者が減ります。
*東沢岳→餓鬼岳:岩場を登ったり巻いたり梯子があったりと距離の割に大変です。ケンズリは大きく巻くのでピークは踏みません。
*餓鬼岳→大凪山:土の道で膝にやさしい道です。下りだと快適。
*大凪山→最終水場:結構な急登でザレ場もあり結構難路です。
*最終水場→白沢登山口:沢沿いだったり巻いたり梯子があったりと小さなアップダウンが多い道です。沢沿なので大雨後は危険そうですね。
その他周辺情報下山後、山のたこ平で入浴。 http://yamanotakohei.com/
中房温泉は夕方で日帰り入浴終了ですが、ここは最終受付2030です(料金500円)。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

今日はいい天気!
2016年08月10日 05:27撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はいい天気!
2
2時間程で合戦小屋。スイカは食べず。
2016年08月10日 06:35撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間程で合戦小屋。スイカは食べず。
合戦小屋付近から餓鬼岳。結構近くに見えるのですが・・・。
2016年08月10日 07:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋付近から餓鬼岳。結構近くに見えるのですが・・・。
3
有明山と雲海。
2016年08月10日 07:07撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有明山と雲海。
4
反対に目を向ければ大天井と槍。やっぱりこっちの山に目が行ってしまいます。
2016年08月10日 07:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対に目を向ければ大天井と槍。やっぱりこっちの山に目が行ってしまいます。
3
さらに登ると奥に爺・鹿島槍も見えてきました。
2016年08月10日 07:23撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登ると奥に爺・鹿島槍も見えてきました。
4
燕山荘下のお花畑。
2016年08月10日 07:30撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘下のお花畑。
燕山荘から燕岳。
2016年08月10日 07:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘から燕岳。
5
燕山荘から槍・穂高。素晴らし過ぎますね。餓鬼岳やめてあっちに登りたくなります。
2016年08月10日 07:38撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘から槍・穂高。素晴らし過ぎますね。餓鬼岳やめてあっちに登りたくなります。
4
槍アップ。
2016年08月10日 07:42撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍アップ。
4
大天井アップ。
2016年08月10日 07:40撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井アップ。
3
30分程休憩・補給して出発。
2016年08月10日 07:58撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分程休憩・補給して出発。
2
いるか岩。
2016年08月10日 08:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いるか岩。
4
雲と燕岳。
2016年08月10日 08:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲と燕岳。
3
燕岳山頂。27年振りです。
2016年08月10日 08:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳山頂。27年振りです。
7
北燕方面。奥には立山・剣・針ノ木・蓮華。
2016年08月10日 08:25撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕方面。奥には立山・剣・針ノ木・蓮華。
5
燕岳から大天井・穂高・槍。絶景を目に焼け付けます。
2016年08月10日 08:29撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳から大天井・穂高・槍。絶景を目に焼け付けます。
3
コマクサアップ。
2016年08月10日 08:36撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサアップ。
5
燕〜北燕岳間にコマクサ沢山咲いてます。
2016年08月10日 08:41撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕〜北燕岳間にコマクサ沢山咲いてます。
2
燕岳を過ぎると急にひっそり。
2016年08月10日 09:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳を過ぎると急にひっそり。
右下の東沢乗越まで大きく下って登り返しです。後で正面のガレを横断します。
2016年08月10日 09:07撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下の東沢乗越まで大きく下って登り返しです。後で正面のガレを横断します。
チングルマの綿毛が沢山。
2016年08月10日 09:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛が沢山。
倒木。一度森林限界下に。
2016年08月10日 09:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木。一度森林限界下に。
東沢乗越。
2016年08月10日 09:49撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越。
登り返して燕岳を望む。
2016年08月10日 10:27撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して燕岳を望む。
1
東沢岳からケンズリ・餓鬼岳。東沢乗越から餓鬼岳小屋まで誰にも会わず。
2016年08月10日 10:35撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢岳からケンズリ・餓鬼岳。東沢乗越から餓鬼岳小屋まで誰にも会わず。
2
岩峰。
2016年08月10日 10:53撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰。
2
ケンズリが近づきました。
2016年08月10日 11:23撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケンズリが近づきました。
1
ケンズリ直下。西側を大きく巻きます。
2016年08月10日 11:32撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケンズリ直下。西側を大きく巻きます。
ガレのトラバース。
2016年08月10日 11:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレのトラバース。
岩の隙間に咲くお花。
2016年08月10日 11:47撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の隙間に咲くお花。
2
そろそろ稜線。
2016年08月10日 12:11撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ稜線。
まだまだ岩場が多い。
2016年08月10日 12:16撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ岩場が多い。
梯子・桟道のある巻道が続きます。
2016年08月10日 12:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子・桟道のある巻道が続きます。
桟道が沢山あります。スリップしないように。
2016年08月10日 12:26撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道が沢山あります。スリップしないように。
餓鬼岳が近くに。直下の樹林の中に小屋があります。
2016年08月10日 12:55撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳が近くに。直下の樹林の中に小屋があります。
出発して8時間50分、餓鬼岳山頂到着♪ 
2016年08月10日 13:11撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して8時間50分、餓鬼岳山頂到着♪ 
7
祠があります。後ろは野口五郎岳。
2016年08月10日 13:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠があります。後ろは野口五郎岳。
3
東側の安曇野側は雲に覆われる。
2016年08月10日 13:13撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の安曇野側は雲に覆われる。
2
三角点は山頂外れにあります。
2016年08月10日 13:13撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は山頂外れにあります。
餓鬼岳小屋でカレーを頂き、下山のエネルギーチャージ。
2016年08月10日 13:28撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋でカレーを頂き、下山のエネルギーチャージ。
3
餓鬼岳小屋。
2016年08月10日 13:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳小屋。
1
下山開始。
2016年08月10日 13:35撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
百曲り。
2016年08月10日 13:48撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百曲り。
ガレ脇の穴。横に道が付け替えられています。
2016年08月10日 14:28撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ脇の穴。横に道が付け替えられています。
大凪山の道標は地形図の2079ピークから東に大分離れたところにあります。
2016年08月10日 14:53撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山の道標は地形図の2079ピークから東に大分離れたところにあります。
大凪山から最終水場まで激下り。ここはガレガレで何度も尻もち。
2016年08月10日 15:21撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凪山から最終水場まで激下り。ここはガレガレで何度も尻もち。
ようやく最終水場。ここでタクシーを呼びました。沢水も冷たくてうまい。
2016年08月10日 15:53撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく最終水場。ここでタクシーを呼びました。沢水も冷たくてうまい。
1
沢沿いの道なんですが、何度も高巻があって結構神経使います。
2016年08月10日 16:13撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道なんですが、何度も高巻があって結構神経使います。
魚止ノ滝。
2016年08月10日 16:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止ノ滝。
ずっとこういう道ではないです。
2016年08月10日 16:23撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとこういう道ではないです。
鎖場もあります。スリップしたら危険です。
2016年08月10日 16:33撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もあります。スリップしたら危険です。
手前の桟道はグラグラして危険です。
2016年08月10日 16:54撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の桟道はグラグラして危険です。
最終梯子。
2016年08月10日 17:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終梯子。
林道に到着。未舗装部分は車両通行止。
2016年08月10日 17:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に到着。未舗装部分は車両通行止。
舗装路に出たところにタクシーが来ます。ポストあり。
2016年08月10日 17:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路に出たところにタクシーが来ます。ポストあり。
トイレもありました。
2016年08月10日 17:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレもありました。
1
その後タクシーで中房温泉に戻りました。
2016年08月10日 18:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後タクシーで中房温泉に戻りました。
1

感想/記録
by yayaya

白沢往復だと途中展望は今一なので、展望に恵まれた合戦尾根→燕岳経由の周回コースで餓鬼岳に登ってきました。当初は餓鬼岳小屋宿泊予定としていたのですが、しっかり水分・カロリーを摂取した結果思いの外サクサク歩けてしまい日帰りとなりました。有人山小屋の有難さ感じた次第です。
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ