ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936424 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

荒川三山〜赤石岳

日程 2016年08月08日(月) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー Hiro-Kato
天候晴れ、午後になるとガスってきました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
畑薙ダムからのバスは始発7:30ですが、7:00頃にもバスが出ました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間0分
休憩
0分
合計
5時間0分
S椹島ロッジ08:1513:15千枚小屋
2日目
山行
8時間20分
休憩
1時間10分
合計
9時間30分
千枚小屋05:0005:40千枚岳06:50悪沢岳07:0008:00中岳08:10前岳08:2009:10荒川小屋09:3011:10小赤石岳11:40赤石岳12:1014:30赤石小屋
3日目
山行
2時間40分
休憩
0分
合計
2時間40分
赤石小屋06:0008:40椹島ロッジG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
椹島→千枚小屋
だらだらと、ひたすら登る登山道です。清水平の水は冷たく、水量豊富です。
千枚小屋→荒川東岳
千枚岳から丸山の間は一度下り登りますが、千枚岩というだけもろい岩なので慎重に下りましょう。丸山からはなだらかな登りです。荒川東岳直下は、岩がごろごろの、ガレ場です。
荒川東岳→荒川中岳
荒川東岳から一度下りますが、なかなか高度感があり、きゅっと下ります。慎重に下りましょう。荒川中岳への登り返しは、そんなに急登というわけではありません。
荒川中岳→荒川小屋
単調に下りますが、お花畑がきれいです。
荒川小屋→赤石岳
大聖平寺まではだらだら登りです。大聖平寺を超えると、急登が始まります。小赤石岳の肩まで登れば、赤石岳はもうすぐです。
赤石岳→赤石小屋
稜線から砲台型休憩所までは、急で、ザレ場ですべりやすく、いやらしい下りです。疲れた足にはきつい下りです。
赤石小屋→椹島
椹島→千枚小屋に比べると、急な坂が多いです。

携帯の電波(ドコモ)ですが、椹島はつながりません。樹林帯も基本的にはつながらなく、千枚小屋に来るとつながります。稜線は基本的につながりました。赤石小屋は、近くの三角点(小屋から10分ぐらい)に行かないとつながりません。

高山植物は、タカネマツムシソウが満開、もう秋ですね。
その他周辺情報登山後の温泉は、白樺山荘で。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール

写真

訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ