ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936582 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

雲ノ平・高天原温泉・黒部源流の山

日程 2016年08月04日(木) 〜 2016年08月07日(日)
メンバー yama154, その他メンバー4人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
折立駐車場(臨時エリアに駐車)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
6時間13分
休憩
1時間32分
合計
7時間45分
薬師沢小屋05:5307:30アラスカ庭園07:4308:05奥日本庭園08:1308:24祖母岳08:4008:54雲ノ平山荘08:5509:11スイス庭園09:1210:04祖父岳分岐10:1310:33祖父岳10:5311:23岩苔乗越11:3911:44岩苔小谷水場11:4712:50水晶池分岐12:5112:56水晶池13:0013:31高天原分岐13:38高天原山荘
3日目
山行
7時間50分
休憩
2時間20分
合計
10時間10分
高天原山荘05:5306:08高天原温泉06:0908:46温泉沢ノ頭09:0309:47水晶岳10:2310:53水晶小屋10:5411:22ワリモ北分岐11:40ワリモ岳11:5612:23鷲羽岳12:4213:21三俣山荘13:4614:23三俣峠14:2814:39三俣蓮華岳14:5415:15三俣蓮華岳巻道分岐15:2016:03黒部五郎小舎
4日目
山行
7時間2分
休憩
1時間52分
合計
8時間54分
黒部五郎小舎05:0706:49黒部五郎の肩06:59黒部五郎岳07:2907:37黒部五郎の肩08:32中俣乗越08:4409:29赤木岳09:55北ノ俣岳10:1910:25神岡新道分岐11:16太郎山11:2011:27太郎平小屋11:5712:13太郎兵衛平12:1412:27五光岩ベンチ13:00積雪深計測ポール13:06青淵三角点(青淵山)13:1613:33太郎坂(アラレちゃん)13:58十三重之塔 慰霊碑13:5914:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高天原山荘〜高天原温泉はGPS電源入れ忘れのため直線で結んでいます。
コース状況/
危険箇所等
特になし。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

折立から出発です。
通常の駐車場が満車だったので少し離れた臨時エリアに駐車しました。
2016年08月04日 09:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立から出発です。
通常の駐車場が満車だったので少し離れた臨時エリアに駐車しました。
初日の宿、薬師沢小屋。黒部川と薬師沢の合流地点に建っています。
水が冷たくておいしい。
2016年08月04日 15:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日の宿、薬師沢小屋。黒部川と薬師沢の合流地点に建っています。
水が冷たくておいしい。
1
憧れの雲ノ平を歩きます。チングルマ(綿毛)がいっぱいです。当たり年だったみたい。
2016年08月05日 08:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
憧れの雲ノ平を歩きます。チングルマ(綿毛)がいっぱいです。当たり年だったみたい。
3
雲ノ平山荘と青い空と黒部五郎岳。憧れの景色を見られて幸せ。
2016年08月05日 08:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘と青い空と黒部五郎岳。憧れの景色を見られて幸せ。
2
赤牛岳の向こうには五色ヶ原と立山。
2016年08月05日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳の向こうには五色ヶ原と立山。
3
スイス庭園。圧巻の展望です。
手にはお昼ごはんのラスク。
2016年08月05日 09:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイス庭園。圧巻の展望です。
手にはお昼ごはんのラスク。
2
祖父岳。広々とした山頂から水晶岳を望む。
2016年08月05日 10:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳。広々とした山頂から水晶岳を望む。
2
岩苔乗越から高天原へ下る道沿いには、お花畑が残っていました。
2016年08月05日 11:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩苔乗越から高天原へ下る道沿いには、お花畑が残っていました。
2泊目の宿、高天原山荘。神秘的な高天原の秘境にあるランプの宿です。
なかなかココまでは来れません。
2016年08月05日 13:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2泊目の宿、高天原山荘。神秘的な高天原の秘境にあるランプの宿です。
なかなかココまでは来れません。
1
楽しみにしていた高天原温泉。山荘から徒歩15分くらい。
湯の花たっぷり、熱めの湯で疲れが取れます。
2016年08月05日 14:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しみにしていた高天原温泉。山荘から徒歩15分くらい。
湯の花たっぷり、熱めの湯で疲れが取れます。
5
星空撮影に挑戦してみました。
目で見るより、たくさんの星が撮れました。
2016年08月05日 20:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星空撮影に挑戦してみました。
目で見るより、たくさんの星が撮れました。
2
3日目。高天原温泉から温泉沢を登って水晶岳を目指します。
温泉沢ルートはマップ上では難路ですが、赤丸印があり増水もなかったので問題無く歩けました。
2016年08月06日 06:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。高天原温泉から温泉沢を登って水晶岳を目指します。
温泉沢ルートはマップ上では難路ですが、赤丸印があり増水もなかったので問題無く歩けました。
1
水晶岳の北稜線(温泉沢の頭)まで登ってきました。
結構疲れましたが、薬師岳を正面に見る景色は最高です。
2016年08月06日 08:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳の北稜線(温泉沢の頭)まで登ってきました。
結構疲れましたが、薬師岳を正面に見る景色は最高です。
2
ついについに水晶岳山頂到着です。
素晴らしい360°展望です。ご飯も食べすに見とれていました。
2016年08月06日 10:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついについに水晶岳山頂到着です。
素晴らしい360°展望です。ご飯も食べすに見とれていました。
2
水晶小屋から野口五郎岳の展望。
2016年08月06日 10:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋から野口五郎岳の展望。
3
ワリモ岳と鷲羽岳へ続く壮大で気持ち良いトレイル。
2016年08月06日 10:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳と鷲羽岳へ続く壮大で気持ち良いトレイル。
2
鷲羽池と槍穂高。こんな景色があることを知らずにここまで来たので、池が見えた時に思わず声をあげてしまいました。
2016年08月06日 12:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽池と槍穂高。こんな景色があることを知らずにここまで来たので、池が見えた時に思わず声をあげてしまいました。
3
鷲羽岳の山頂。
2016年08月06日 12:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳の山頂。
1
三俣山荘で一服。鷲羽の白い尾根道と赤い屋根のコントラストが綺麗です。
だいぶ疲れてきましたが、本日最後のピーク、三俣蓮華岳を目指します。
2016年08月06日 13:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘で一服。鷲羽の白い尾根道と赤い屋根のコントラストが綺麗です。
だいぶ疲れてきましたが、本日最後のピーク、三俣蓮華岳を目指します。
1
三俣蓮華岳に到着。
思わず万歳三唱してしまいました。疲れ過ぎで逆にハイになっていたみたいです。
2016年08月06日 14:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳に到着。
思わず万歳三唱してしまいました。疲れ過ぎで逆にハイになっていたみたいです。
2
三俣蓮華、丸山、双六の3山の連なりを横目に見ながら歩きます。
2016年08月06日 15:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華、丸山、双六の3山の連なりを横目に見ながら歩きます。
3泊目の宿、黒部五郎小舎に到着。
急降下が長くて足に来ました。夕食が食べられないくらい疲れていました。
2016年08月06日 16:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3泊目の宿、黒部五郎小舎に到着。
急降下が長くて足に来ました。夕食が食べられないくらい疲れていました。
1
最終日。カールを登って黒部五郎岳山頂に到着。
これまで歩いてきた雲ノ平や黒部源流の山々の長い道のりを一望し、歩き通せたことに達成感を感じました。
2016年08月07日 07:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日。カールを登って黒部五郎岳山頂に到着。
これまで歩いてきた雲ノ平や黒部源流の山々の長い道のりを一望し、歩き通せたことに達成感を感じました。
2
北ノ股岳から太郎小屋へ向けて歩を進める。平坦で歩きやすい道が広がります。
2016年08月07日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ股岳から太郎小屋へ向けて歩を進める。平坦で歩きやすい道が広がります。
1
太郎山の手前。
今回の山旅との別れを演出するかのように、水晶岳がガスに包まれていきます。
2016年08月07日 11:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎山の手前。
今回の山旅との別れを演出するかのように、水晶岳がガスに包まれていきます。
2
撮影機材:

感想/記録

黒部源流を巡る旅は、これまでの経験したことのない山小屋3泊4日の長旅でした。奇跡的に4日間とも晴天で、見晴らしも良く、これまでの経験の中でも最高の山旅でした。
憧れだった雲ノ平でいくつもの庭園を巡り歩き、秘境高天原では気持ち良い秘湯につかり、水晶岳からは黒部源流の山々を全て見渡せる絶景を楽しむことができました。
特に3日目はこの山行で最もハードな一日でした。疲れがたまった体で高天原温泉から温泉沢を遡上し、温泉沢の頭までザレた急尾根を登るのは大変でした。水晶岳を登り切り、鷲羽岳、三俣蓮華岳へと縦走し、黒部五郎小舎まで素晴らしいパノラマを見ながら歩き通した10時間は、自分の山人生の中でも最高に達成感のある素晴らしい時間でした。苦楽を分かちあった山仲間の皆様、そして奇跡的な天気を恵んで下さった山の神様に感謝します。
訪問者数:289人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ