ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936766 全員に公開 ハイキング甲信越

折立〜太郎小屋〜黒部五郎小屋〜 水晶小屋〜高天原温泉〜大東新道経由カベッケ〜太郎平〜折立

日程 2016年08月01日(月) 〜 2016年08月05日(金)
メンバー shaichan, その他メンバー2人
天候8月4日、5日以外、午後は雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間14分
休憩
41分
合計
5時間55分
S折立08:0308:05十三重之塔 慰霊碑08:0809:23太郎坂(アラレちゃん)10:13青淵三角点(青淵山)10:4010:55積雪深計測ポール12:39五光岩ベンチ12:5013:15太郎兵衛平13:58太郎平小屋
2日目
山行
8時間44分
休憩
42分
合計
9時間26分
太郎平小屋05:4805:57太郎山05:5807:37神岡新道分岐08:00北ノ俣岳08:0408:40赤木岳08:4209:44中俣乗越12:04黒部五郎の肩12:1012:30黒部五郎岳12:3212:43黒部五郎の肩13:1015:14黒部五郎小舎
3日目
山行
8時間29分
休憩
1時間27分
合計
9時間56分
黒部五郎小舎05:3707:20三俣蓮華岳巻道分岐07:2508:08三俣蓮華岳08:2008:30三俣峠08:3109:12三俣山荘09:3711:17鷲羽岳11:3212:05ワリモ岳12:1712:35ワリモ北分岐12:4613:58水晶小屋14:46水晶岳14:5215:33水晶小屋
4日目
山行
10時間27分
休憩
37分
合計
11時間4分
宿泊地05:4906:23ワリモ北分岐06:3106:39岩苔乗越06:4206:46岩苔小谷水場08:17水晶池分岐08:2208:27水晶池08:3408:40水晶池分岐08:4309:37高天原分岐09:3809:48高天原山荘09:5010:03高天原温泉10:1011:02高天原山荘11:0311:10高天原分岐12:07高天原峠16:53薬師沢小屋
5日目
山行
6時間14分
休憩
50分
合計
7時間4分
宿泊地06:1509:19太郎平小屋10:0110:22太郎兵衛平10:39五光岩ベンチ11:41積雪深計測ポール11:50青淵三角点(青淵山)12:28太郎坂(アラレちゃん)13:10十三重之塔 慰霊碑13:1413:15折立13:1913:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報高天原温泉、ひらゆの森
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
共同装備 非常用コンロ

写真

午前6時迄通行止め、トンネル前北ノ股だけ登山口広場で仮眠する。
2016年08月01日 05:44撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前6時迄通行止め、トンネル前北ノ股だけ登山口広場で仮眠する。
折立キャンプ地前で記念撮影。
2016年08月01日 08:02撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折立キャンプ地前で記念撮影。
1963年(昭和38年)1月15日 - サンパチ豪雪の山中で、愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。


























































地図データ





利用規約






















地図


航空写真

36.482° N, 137.4753° E


























































1963年(昭和38年)1月15日 - サンパチ豪雪の山中で、愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。


























































地図データ





利用規約






















地図


航空写真

36.482° N, 137.4753° E






























































2016年08月01日 08:09撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1963年(昭和38年)1月15日 - サンパチ豪雪の山中で、愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。


























































地図データ





利用規約






















地図


航空写真

36.482° N, 137.4753° E


























































1963年(昭和38年)1月15日 - サンパチ豪雪の山中で、愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。


























































地図データ





利用規約






















地図


航空写真

36.482° N, 137.4753° E






























































木道が現れ道が平たんになる。
2016年08月01日 10:52撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が現れ道が平たんになる。
雨が降り出す。
2016年08月01日 13:58撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降り出す。
太郎小屋にて、鈴木さん、石井さん。
2016年08月01日 16:09撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎小屋にて、鈴木さん、石井さん。
雨が上がり薬師岳方面虹がでた。
2016年08月01日 16:28撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が上がり薬師岳方面虹がでた。
8月2日朝、太郎小屋にて記念撮影。
2016年08月02日 05:50撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月2日朝、太郎小屋にて記念撮影。
太郎小屋を出ての木道歩き。
2016年08月02日 06:12撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎小屋を出ての木道歩き。
休憩。
2016年08月02日 06:53撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩。
薬師岳をバックに石井さんと記念撮影。
2016年08月02日 06:55撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳をバックに石井さんと記念撮影。
北ノ俣岳(2661.3m)頂上にて。
2016年08月02日 07:53撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳(2661.3m)頂上にて。
雨が降りだした。
2016年08月02日 11:19撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降りだした。
黒部五郎岳直下に雷鳥。
2016年08月02日 12:21撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳直下に雷鳥。
黒部五郎岳(2839.7m)にて。
2016年08月02日 12:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳(2839.7m)にて。
8月3日天気時々雨、黒部五郎小屋発。
2016年08月03日 05:40撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月3日天気時々雨、黒部五郎小屋発。
三俣蓮華岳。
2016年08月03日 08:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳。
三俣峠。
2016年08月03日 08:35撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣峠。
三俣山荘。
2016年08月03日 09:39撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘。
鷲羽岳(2924.4)にて。
2016年08月03日 11:22撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳(2924.4)にて。
ワリモ岳を見る。
2016年08月03日 11:44撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ岳を見る。
オコジョ。
2016年08月03日 13:05撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オコジョ。
水晶岳(2986m)にて。水晶小屋への下りは ドシャ降りとなる。
2016年08月03日 14:49撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳(2986m)にて。水晶小屋への下りは ドシャ降りとなる。
8月4日天気晴れ、一時小雨、水晶小屋にてご来光。
2016年08月04日 05:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月4日天気晴れ、一時小雨、水晶小屋にてご来光。
水晶小屋から槍ヶ岳望遠。
2016年08月04日 05:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶小屋から槍ヶ岳望遠。
雲ノ平山荘望遠。
2016年08月04日 06:33撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘望遠。
ワリモ沢北分岐岩苔小谷を下る。 素晴らしいお花畑でした。
2016年08月04日 07:00撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワリモ沢北分岐岩苔小谷を下る。 素晴らしいお花畑でした。
水晶池。
2016年08月04日 08:34撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶池。
水晶岳が池に映る。
2016年08月04日 08:34撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳が池に映る。
高天原温泉に浸かる。
2016年08月04日 10:14撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原温泉に浸かる。
1
高天原峠。
ここから黒部川方面は立石の奇岩。
ここからの大東新道は厳しい下り。
2016年08月04日 12:28撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原峠。
ここから黒部川方面は立石の奇岩。
ここからの大東新道は厳しい下り。
D沢。
2016年08月04日 13:32撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
D沢。
B沢、ここは一度黒部川に下りる。
2016年08月04日 14:33撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
B沢、ここは一度黒部川に下りる。
黒部川上ノ廊下に下りる。
2016年08月04日 14:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川上ノ廊下に下りる。
8月5日天気晴れ、発薬師沢小屋を出発。
2016年08月05日 06:05撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月5日天気晴れ、発薬師沢小屋を出発。
カベッケヶ原を行く。
2016年08月05日 06:20撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カベッケヶ原を行く。
太郎小屋近し。
2016年08月05日 08:58撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎小屋近し。
太郎小屋に到着。
2016年08月05日 10:04撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎小屋に到着。
高天原山荘に運搬か。
2016年08月05日 10:19撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原山荘に運搬か。
ハート形の石があった。
2016年08月05日 11:05撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハート形の石があった。
愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。
2016年08月05日 13:16撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛知大学山岳部13人全員の大量遭難死事故の慰霊碑に黙祷。
無事折立に到着。
2016年08月05日 13:47撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事折立に到着。
ひらゆ森でお風呂と食事して帰路につく。
鈴木さん、石井さんお疲れ様でした。
2016年08月05日 17:25撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひらゆ森でお風呂と食事して帰路につく。
鈴木さん、石井さんお疲れ様でした。

感想/記録

亜細亜大学体育会山岳部OB会では一昨年、昨年につずき2016年度も北アルプス黒部五郎岳周辺で夏山合宿を行い無事終了しました。
今回の目的は現役時代の縦走で巻道を通り山頂をエスケープした山の頂上を踏むをテーマにし、北アルプスの集大成と言ったところです。

津田、石井の実績
8/1(月):折立〜太郎小屋
8/2(火):太郎小屋〜黒部五郎小屋
8/3(水):黒部五郎小屋〜水晶小屋〜水晶岳〜水晶小屋
8/4(木):水晶小屋〜高天原温泉に浸かる〜大東新道経由カベッケへ、薬師沢小屋泊
8/5(金):薬師沢小屋〜太郎平〜折立

全般的に天気が悪く2日と3日は午後から大雨で難儀しました。
高天原温泉の湯は素晴らしかったがその後の大東新道経由薬師沢小屋は大変でした。
大東新道を黒部川上ノ廊下上部を下に見ながら梯子ロープの道をの道を下りB沢出合で上ノ廊下上部に出るが、当時立石の奇岩付近で最終キャンプの後の沢筋を思い出すと記憶が戻りません。ここから先大東新道は河原を歩いたり梯子に登り山裾の道を通り薬師沢小屋にたどり着くが、当時からこの道があったのか不明。

お花畑は満開でワリモ沢北分岐から高天原温泉にに下る際の見えるお花畑はそれは素晴らしいものでした。

鈴木の実績
1日目  津田、石井さんと東京にて待ち合わせ一路 安房峠を越え

2日目  有峰湖へ 折立より太郎小屋へ 泊

3日目  北俣岳への道は 花一面の素晴らしい景色黒部五郎岳にて2人と別れ尾根ルートにて黒部五郎小屋 山頂付近より雨続くも三俣蓮華小屋を目指す、びしょ濡れ 小屋は満室 乾燥室に泊

4日目  三俣蓮華は3度目だが 今迄の記憶が薄い。4時15分出発 槍が時々顔を出す天気。双六岳、抜戸岳、笠ヶ岳山荘泊。10時間近くのコースタイムには疲れ果ててしまう。

5日目  クリヤ谷を下るも はい松、笹薮の雨露で 体中びしょ濡れ。荒れた谷を登る登山者は少なく2名に会っただけ。昼前に槍見温泉着、高山経由 名古屋泊 

数年越しの思いの山行がやっとかないました。昔の様には行きませんでしたが、なんとか計画を終える事が出来ました。津田 石井さんありがとうございます。

鈴木さん、石井さん、ありがとうございました。石井さんのサポート感謝です。
石井さん、運転お疲れ様でした。

ありがとうございました。


















    









                    ありがとうございました。
訪問者数:122人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ