ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 936873 全員に公開 ハイキング京都・北摂

八木町から三頭山、地蔵山、愛宕山そして清滝へ

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
地下鉄 市役所前から二条駅
JR  二条駅からJR八木駅
京阪京都バス 八木駅からどんどん橋
帰り
京都バス 清滝から太秦天神川
地下鉄  太秦天神川から市役所前

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
29分
合計
6時間51分
Sスタート地点07:5008:11星峠09:39三頭山09:4010:07芦見峠10:1411:25地蔵山11:3012:17890.1m峰(愛宕山三角点)12:2712:44愛宕山12:4512:57大杉谷分岐13:15月輪寺13:1913:47月輪寺登山口13:57空也滝14:23東海自然歩道分岐14:33愛宕神社二の鳥居14:39清滝バス停14:4014:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所は無い。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

今日はここから出発する。下調べした時から忘れない変わった名前のバス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここから出発する。下調べした時から忘れない変わった名前のバス停。
用意した地図ではこの辺から取り付くはずだ。ここから入ったのは正解だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用意した地図ではこの辺から取り付くはずだ。ここから入ったのは正解だった。
お寺の前を通って更に続く林道を辿る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺の前を通って更に続く林道を辿る。
地形図では途中から破線だったが舗装された林道が更に先に続いていた。山仕事のためか何台もの軽トラックに追い抜かれてここまで着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図では途中から破線だったが舗装された林道が更に先に続いていた。山仕事のためか何台もの軽トラックに追い抜かれてここまで着いた。
峠からの山道。はっきりした山道はほぼ尾根伝いに伸びていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠からの山道。はっきりした山道はほぼ尾根伝いに伸びていた。
今日初めての案内標識に出会う。初めての道なので出会うまでが不安になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めての案内標識に出会う。初めての道なので出会うまでが不安になる。
P569に寄ってみたがそれらしい標識は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P569に寄ってみたがそれらしい標識は無かった。
しつこいほど倒木があった。中には越えられない程の高さのものもある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこいほど倒木があった。中には越えられない程の高さのものもある。
二つ目の標識。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二つ目の標識。
山頂への最後の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への最後の分岐。
これを見落として真っ直ぐ進んでしまった。勿論先にピークは無く気付いて戻った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを見落として真っ直ぐ進んでしまった。勿論先にピークは無く気付いて戻った。
山頂部は開けていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部は開けていた。
少し離れた場所にこれがあった。見落とす所だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し離れた場所にこれがあった。見落とす所だった。
3
ここは各所への分岐点みたいで色々行き先が書かれていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは各所への分岐点みたいで色々行き先が書かれていた。
P590の山頂。ここも標高を示すプレートは見つけられなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P590の山頂。ここも標高を示すプレートは見つけられなかった。
芦見峠。地蔵山への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦見峠。地蔵山への分岐。
1
朽ちた標識が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ちた標識が残っていた。
峠からの登り口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠からの登り口。
道端にあったミツバチの巣。すぐ近くを通ったが刺す気配は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端にあったミツバチの巣。すぐ近くを通ったが刺す気配は無かった。
今日見た花はこれだけだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日見た花はこれだけだった
P856辺り。なだらかな斜面でピークと見える所は無かった。勿論表示は無かった。この辺りは標識の空白地帯なのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P856辺り。なだらかな斜面でピークと見える所は無かった。勿論表示は無かった。この辺りは標識の空白地帯なのか?
地蔵山山頂。芦見峠から連続での登り、疲れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山山頂。芦見峠から連続での登り、疲れた。
一等三角点なんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点なんだ。
1
芦見峠と同じ京都愛宕研究会のプレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦見峠と同じ京都愛宕研究会のプレート。
1
地蔵山は京都府で5番目に高い山らしい。これで今年、5番目まで全て登った事になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵山は京都府で5番目に高い山らしい。これで今年、5番目まで全て登った事になる
3
P917の山頂にある反射板。回りを探したがプレートは無かった。そこで裏側を確認する事にした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P917の山頂にある反射板。回りを探したがプレートは無かった。そこで裏側を確認する事にした。
裏に回り込むとここにはP917のプレートがあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏に回り込むとここにはP917のプレートがあった。
4
P900の山頂辺り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P900の山頂辺り。
一番高いと思われる所にも表示は無かった。これで五ヶ所中四ヶ所見つけられなかった事になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番高いと思われる所にも表示は無かった。これで五ヶ所中四ヶ所見つけられなかった事になる。
前回、牛松山からここに来た時と同じコースを進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回、牛松山からここに来た時と同じコースを進む。
前回も寄らなかったが今回もパスする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回も寄らなかったが今回もパスする。
いつか竜ヶ岳へも行ってみよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか竜ヶ岳へも行ってみよう。
スキー場跡から三角点までは前回と同じコース。今日はここに誰もいなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場跡から三角点までは前回と同じコース。今日はここに誰もいなかった。
1
三角点から市内の眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から市内の眺め。
京都御苑から山科まで見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都御苑から山科まで見える。
2
京都タワー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京都タワー。
ここから愛宕山山頂まで初めて登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから愛宕山山頂まで初めて登る。
白髭社。さらにここから山頂を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白髭社。さらにここから山頂を目指す。
愛宕神社。ここは初めて訪れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社。ここは初めて訪れた。
愛宕神社の右側は立入禁止の看板があった。左側はモノレールが設置されていて看板は無かったが入るのははばかられた。横から写真だけ撮った。地形図にあるP924はこの辺りか建物の裏かもしれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕神社の右側は立入禁止の看板があった。左側はモノレールが設置されていて看板は無かったが入るのははばかられた。横から写真だけ撮った。地形図にあるP924はこの辺りか建物の裏かもしれない。
今日はこれまた初めての月輪寺コースで清滝に下山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこれまた初めての月輪寺コースで清滝に下山する。
最初は優しい傾斜だったがそうは問屋は卸さなかった。しかし思った程厳しくも無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は優しい傾斜だったがそうは問屋は卸さなかった。しかし思った程厳しくも無かった。
ついでに空也滝へも回ってみた。なかなか見応えのある滝だった。谷沿いの遊歩道は尾根道より随分涼しかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついでに空也滝へも回ってみた。なかなか見応えのある滝だった。谷沿いの遊歩道は尾根道より随分涼しかった。
1
舗装道路をテクテク歩いてやっと清滝に着いた。河原からは子供の歓声が響いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装道路をテクテク歩いてやっと清滝に着いた。河原からは子供の歓声が響いていた。
道沿いにも何やら涼しそうな滝らしいものがあった。太陽の光を受けて飛沫が光って見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道沿いにも何やら涼しそうな滝らしいものがあった。太陽の光を受けて飛沫が光って見える。
今日、最初で最後の北山トレイルは94番だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日、最初で最後の北山トレイルは94番だった。

感想/記録
by yjin

愛宕山はなぜか今まで足が向かなかった地域だった。ここは一つ心を入れ替えてこの山域も歩いてみようといくつかのコースを検討した。丁度、八木駅からのバスも登山口のすぐ近くまで走っているらしい。清滝まで歩いてもそれほど大した距離でもない。少し暑さを我慢すれば余裕を持って歩き通せそうだ。

結果は十分余裕を持って歩く事が出来た。八木から三頭山までは誰一人出会わなかったが、三頭山から地蔵山までまでは数組と、愛宕から清滝へは結構沢山の方と出会った。ヤマレコにアップされる方も多いみたいだしここは人気の山なんだ。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ