ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937162 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

三ノ沢岳 〜 千畳敷から極楽平経由でピストン 〜

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
◇自家用車を菅ノ台の有料駐車場に駐車。
・600円後払い。
・5時少し前には到着したのですが9割近く埋まっていました。
◇千畳敷までは往復、バスとロープウェイを利用。
・往復3,900円。
・菅ノ台でバスの待ち時間は1時間強。しらび平では少し待たされましたが、記憶があいまいですが、15分ほどだったでしょうか。
・帰りは、ロープウェイの待ち時間は約30分。しらび平でのバスはすぐに乗れました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
17分
合計
3時間41分
S千畳敷駅07:1007:33極楽平07:40サギダルの頭07:44三ノ沢分岐09:01三ノ沢岳09:1810:26三ノ沢分岐10:32サギダルの頭10:37極楽平10:51千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【千畳敷⇔極楽平】
◆石畳の階段の道です。よく整備されているため、不安定な石はほとんどありませんが、石の上を歩くので、足裏には優しくはありません。
【極楽平⇔三ノ沢分岐】
◆よく整備された歩きやすい登山道です。
【三ノ沢分岐⇔三ノ沢岳山頂】
◆尾根筋に付けられた道を歩きます。
◆ちょっとした岩場の登り下りをするところが数ヶ所あるので、最低限の注意は必要です。
◆ハイマツが引っかかる所があり、マツヤニで服が汚れます。
その他周辺情報☆こまくさの湯で入浴。
・大人610円。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

文明の利器を使い、あっという間に千畳敷に到着。
宝剣岳が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文明の利器を使い、あっという間に千畳敷に到着。
宝剣岳が綺麗です。
5
乗越浄土方面に向かう方がほとんどで、こちらは閑散としていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土方面に向かう方がほとんどで、こちらは閑散としていました。
2
南アルプスのシルエットが綺麗です。
甲斐駒ヶ岳から赤石岳まで見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスのシルエットが綺麗です。
甲斐駒ヶ岳から赤石岳まで見えています。
4
宝剣岳を見やる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳を見やる。
2
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
2
熱中症の後遺症も収まったようで、快調に登れています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熱中症の後遺症も収まったようで、快調に登れています。
1
ロープウェイの千畳敷駅と伊那前岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの千畳敷駅と伊那前岳
2
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
1
青空に向かって、登っていく♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に向かって、登っていく♪
3
南アルプスの向こうには富士山も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの向こうには富士山も見えています。
3
極楽平に到着。
奥に三ノ沢岳が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平に到着。
奥に三ノ沢岳が見えています。
9
三ノ沢分岐に向かいます。
南アルプスや御嶽山などの周囲の山々を見ながら、楽しく歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢分岐に向かいます。
南アルプスや御嶽山などの周囲の山々を見ながら、楽しく歩きました。
5
悪沢岳、荒川岳、赤石岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳、荒川岳、赤石岳
4
富士山と塩見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と塩見岳
8
鋸岳と甲斐駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳と甲斐駒ヶ岳
7
あっという間に三ノ沢分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に三ノ沢分岐に到着。
3
三ノ沢分岐から宝剣岳を見やる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢分岐から宝剣岳を見やる。
4
向かう先は三ノ沢岳です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かう先は三ノ沢岳です。
3
いざ、三ノ沢岳へ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、三ノ沢岳へ!
3
中央アルプス主稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス主稜線
3
遠くに恵那山が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに恵那山が見えます。
1
まずは下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは下っていきます。
1
ピラミダルな三ノ沢岳が何ともカッコイイですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピラミダルな三ノ沢岳が何ともカッコイイですね!
8
木曽駒ヶ岳山頂方面。
木曽前岳と木曽駒ヶ岳本峰の間の奥に乗鞍岳も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳山頂方面。
木曽前岳と木曽駒ヶ岳本峰の間の奥に乗鞍岳も見えています。
1
御嶽山と木曽前岳。
10日ほど前に登った上松Aルートの走る尾根が印象的です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山と木曽前岳。
10日ほど前に登った上松Aルートの走る尾根が印象的です。
4
この写真から見ても分かるように、三ノ沢岳までは二つ三つほどの小ピークを越えていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真から見ても分かるように、三ノ沢岳までは二つ三つほどの小ピークを越えていきます。
10
極楽平から熊沢岳までの中央アルプス主稜線。
空木岳まで再び縦走してみたくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平から熊沢岳までの中央アルプス主稜線。
空木岳まで再び縦走してみたくなりました。
2
ハイマツが邪魔になる所もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツが邪魔になる所もあります。
檜尾岳。
避難小屋も見えていますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳。
避難小屋も見えていますね。
4
お助けロープが架けられた岩場もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープが架けられた岩場もあります。
1
歩いてきた道を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。
1
ゴゼンタチバナ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
2
ミヤマキンバイ。
すっかり元気がなくなってしまっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ。
すっかり元気がなくなってしまっています。
1
この岩場が、このコースの最大の難所です。
最低限の注意さえ払えば、問題なく通過できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩場が、このコースの最大の難所です。
最低限の注意さえ払えば、問題なく通過できます。
4
このあたりはゆったりとしたトレイルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはゆったりとしたトレイルです。
1
麦草岳の左に笠ヶ岳から抜戸岳への稜線がみえています。その右の穂高連峰方面は霞んでしまって見えません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草岳の左に笠ヶ岳から抜戸岳への稜線がみえています。その右の穂高連峰方面は霞んでしまって見えません。
青空が近いな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が近いな〜。
2
この写真でトレイルが二手に分岐していますがどちらからでも山頂に辿り着けます。
左手のトラバースルートのほうが、ほんの少し楽ができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真でトレイルが二手に分岐していますがどちらからでも山頂に辿り着けます。
左手のトラバースルートのほうが、ほんの少し楽ができます。
4
右手に進むと稜線に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に進むと稜線に出ます。
2
稜線ルートを進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線ルートを進んでいきます。
2
中央アルプスの向こうにはドドーンと南アルプス。
甲斐駒ヶ岳から池口岳まで見えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの向こうにはドドーンと南アルプス。
甲斐駒ヶ岳から池口岳まで見えますね。
4
山頂まで、あと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで、あと少し。
1
最高点に到達してから、数メートルほど下ると、三角点があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点に到達してから、数メートルほど下ると、三角点があります。
12
三角点設置地点から木曽谷を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点設置地点から木曽谷を望む。
1
最高点付近に登り返して、休憩としました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点付近に登り返して、休憩としました。
休憩地点から三角点をみると、こんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩地点から三角点をみると、こんな感じです。
3
奥のシルエットは、悪沢岳、荒川岳、赤石岳、聖岳、上河内岳です。
手前は檜尾岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥のシルエットは、悪沢岳、荒川岳、赤石岳、聖岳、上河内岳です。
手前は檜尾岳。
4
木曽駒ヶ岳本峰を中心として、麦草岳から宝剣岳まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳本峰を中心として、麦草岳から宝剣岳まで。
1
それでは、千畳敷まで戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは、千畳敷まで戻ります。
1
さよなら三ノ沢岳。
また来るよ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さよなら三ノ沢岳。
また来るよ〜。
1
帰路はトラバースルートを使います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路はトラバースルートを使います。
2
このルート、稜線好きにはたまりませんね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルート、稜線好きにはたまりませんね!
6
あと一登りで三ノ沢分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一登りで三ノ沢分岐です。
1
三ノ沢分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢分岐に到着。
1
三ノ沢岳を見納め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ沢岳を見納め。
3
極楽平に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平に向かいます。
極楽平からは淡々と下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
極楽平からは淡々と下ります。
1
ゴールが見えて来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールが見えて来ました。
4

感想/記録

前々から登りたかった三ノ沢岳に登ってきました。
6月末に三ノ沢岳まで辿り着けなかった時から、天気が良ければ、山の日に登ろうと計画していました。
天気も良く、無事に84座目の百高山に登頂することができました。
風邪→熱中症と崩していた体調もどうやら元に戻ったようです。
三ノ沢岳を楽しめたからでしょうか。

このルートは、中央アルプスの楽しさをギュギュっと詰め込んだようなコースです。
まず、三ノ沢分岐から三ノ沢岳まで、ちょっとした稜線歩きが楽しめます。
ハイマツに邪魔されたり、ちょっとした岩場の登り下りがあったりと、中央アルプスを歩く感じを掴むことができます。
そして、その稜線歩きでは、左右にずっと木曽駒ヶ岳本峰から南駒ヶ岳に到る中央アルプスの主稜線が見えてます。
個々のピークの造形は美しく、各ピークを繋ぐ稜線の妙も山好きならきっと感じることができるでしょう。
その主稜線が未踏であっても既踏であっても、近いうちに歩いてみたくなるはずです。
このルートを歩けば、中央アルプスが好きになること請け合いです。
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/21
投稿数: 907
2016/8/15 12:04
 三ノ沢岳♪
usofuyuさん、こんにちは!

体調が戻られたようで良かったですね
私もあまり水分を摂らない方ですが、熱中症が怖いので凍らせたペットボトルを数本持っていくようにしています。
冷えた水の方が、直ぐに胃を通過して早く腸から吸収されるそうですよ

ところで三ノ沢岳、とっても気になっています。
主稜線から外れたピラミダルな山容
#57なんてヨダレもんですよ

出来れば桂小場から辿り着きたいですが、遠いな〜
やっぱりRWですかね
登録日: 2012/8/21
投稿数: 142
2016/8/15 20:12
 Re: 三ノ沢岳♪
vino_rossoさん、こんばんは。

凍らせたペットボトルですね
暑い時期に標高低い山に行く際は、持っていくことにします。

RWを利用してしまうと、確かに歩き応えはないかもしれませんね。
でも、眺めが良いので、十分に満足できると思いますよ。
時間が限られている時や体調がイマイチの時に登ってみてはいかがでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ