ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937341 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳 北鎌尾根

日程 2016年08月08日(月) 〜 2016年08月11日(木)
メンバー shenlin
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡から上高地入り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間10分
休憩
1時間20分
合計
10時間30分
S上高地バスターミナル05:0010:10赤沢岩小屋(ババ平)11:2013:20水俣乗越13:3015:30北鎌沢出合
2日目
山行
8時間40分
休憩
20分
合計
9時間0分
北鎌沢出合05:0007:30北鎌のコル07:5014:00ビバークポイント
3日目
山行
2時間0分
休憩
20分
合計
2時間20分
ビバークポイント05:3007:10槍ヶ岳07:3007:50槍ヶ岳山荘テン場
4日目
山行
8時間20分
休憩
0分
合計
8時間20分
槍ヶ岳山荘06:1014:30上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道ではないため道標・エスケープルートはなく、一般的に見れば大変危険。
途中まで行ってやっぱり無理だったという訳にはいかないので、安易に挑戦しない方がいいです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

北鎌沢右俣
地味に体力を削られます。
沢登りで出てくる詰めに慣れてないと、稜線へのルートが分かりづらいかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌沢右俣
地味に体力を削られます。
沢登りで出てくる詰めに慣れてないと、稜線へのルートが分かりづらいかもしれません。
独標の向こう、かすかに槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の向こう、かすかに槍
稜線通しにこだわると後悔しそうなので、巻けるとこは巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線通しにこだわると後悔しそうなので、巻けるとこは巻きます。
1
ここも巻いちゃいましたが、稜線行った方が安全だったかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも巻いちゃいましたが、稜線行った方が安全だったかも。
1
ビバークポイントから槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビバークポイントから槍。
4
北鎌平手前、巻き道途中のビバークポイント。
テント1張が十分張れる広さで快適でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌平手前、巻き道途中のビバークポイント。
テント1張が十分張れる広さで快適でした。
2
左側のチムニーを登りましたが、ここは止めた方がいいです。
もっと右側に王道ルートのチムニーがあり、そっちにはロープもあってより安全に登れるみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側のチムニーを登りましたが、ここは止めた方がいいです。
もっと右側に王道ルートのチムニーがあり、そっちにはロープもあってより安全に登れるみたい。
1
頂上直下から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下から
1
槍から見る日の入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍から見る日の入
5

感想/記録

久しぶりの北アルプス、北鎌に行ってきました。
沢渡に立派なバスターミナルができててびっくり。
水俣乗越→北鎌沢右俣→北鎌コル→槍ヶ岳

体力勝負のコース。
イメージとしては、涸沢→奥穂→西穂のコースから登山道・山小屋・エスケープルートをなくした感じ。

技術的には、ジャンダルム奥穂側の壁をロープ使わずに楽々上り下りできるくらいが最低条件な気がします。
ルート取りによっては更に難しい場所も。

今回は初挑戦で単独行のため、ビバーク前提でテン泊重装備。
念のためロープも持っていきましたが、重くて邪魔でした。
北鎌沢出合1泊、北鎌平手前で1泊。

独標は巻き、その他のピークは巻き・直登織り交ぜて、より安全そうなルートを選択。
ただ槍直下でルートミスし、王道チムニーの1つ隣を登ってしまい、久しぶりに恐怖を味わいました。
登攀グレードでいうとたぶん靴らいで守備範囲でしたが、重装備と高度感のため緊張。
今思えば、あそこは引き返して王道ルートを探すべきでした。

あと、独標手前のビバークポイントにゴミを焼いた跡があり、酒の空き缶が10個以上放置されていました。
酷いことをする人たちがいるものです。
アルミ缶は燃えないということを、その人たちに教えてあげたい。
ゴミを持って帰る体力がないなら、ここに来るなと言いたい。
ただ、そのゴミを回収する余裕がなかったことが悔やまれます。申し訳ない。

今回北鎌を登っている間は、1日1食、あとはウィダーインゼリーで乗り切り、下世話な話ですが大はしてません。
ゴミはもちろん持ち帰り。
小はすみませんが、何度かしました。
訪問者数:344人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ