ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937536 全員に公開 ハイキング道東・知床

素晴らしい眺望が待っていた雌阿寒岳

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー yuppoko(CL), futo(記録)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雌阿寒岳温泉(野中温泉)そばの公共駐車場を利用
無料ですが、停め方が難しかったです(笑)
雌阿寒岳温泉までは、阿寒湖温泉から車で20分ぐらいです

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
19分
合計
4時間28分
S雌阿寒温泉登山口05:3608:00雌阿寒岳08:1910:02雌阿寒温泉登山口10:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

5:35 雌阿寒岳登山口発
8:00 雌阿寒岳山頂(約20分休憩)
10:00 雌阿寒岳登山口着
コース状況/
危険箇所等
【雌阿寒岳温泉登山口〜雌阿寒岳山頂】
二合目までは樹林帯の中をゆるやかに登り上げる
一部複線化しているところもあるので、ピンクテープのチェックは必須

七合目まではハイマツ帯の岩場とザレ歩き
五合目までは比較的斜度がゆるいが、五合目付近からは斜度が増す
ハイマツがコースにはみ出ている箇所もあるので注意が必要

七合目から九合目まではザレのつづら折りコース
九合目まで上がると噴火口のザレた稜線歩きとなる
風向きによっては噴気を浴びるかも?ですね
その他周辺情報【登山届】
登山口に登山届及び下山届を記入する用紙あり

【トイレ】
雌阿寒岳温泉駐車場に水洗トイレあり
他、コース上にはトイレなし

【コンビニ】
阿寒湖温泉のコンビニが最終コンビニ

【入浴施設】
雌阿寒岳温泉は泉質は素晴らしいらしいが、洗い場がないとのことであきらめた
少し移動して足寄の足寄温泉に立ち寄った
ここもワイルドな温泉で、泉質は良かったが、洗い場はあまり使い勝手がよくなかった
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

雌阿寒岳温泉に到着
2016年08月12日 05:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳温泉に到着
公共駐車場の無料トイレ
新しくてキレイなようです
2016年08月12日 05:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公共駐車場の無料トイレ
新しくてキレイなようです
雌阿寒岳温泉登山口です
駐車場から200mほど歩きます
2016年08月12日 05:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌阿寒岳温泉登山口です
駐車場から200mほど歩きます
登山届を出して出発です
2016年08月12日 05:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を出して出発です
最初はエゾマツの樹林帯の中を歩きます
2016年08月12日 05:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はエゾマツの樹林帯の中を歩きます
一合目の標識
このまま各合目毎に標識がありました
長い短い色々ありますが(笑)
2016年08月12日 05:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一合目の標識
このまま各合目毎に標識がありました
長い短い色々ありますが(笑)
木の根段差をヨジヨジ
2016年08月12日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根段差をヨジヨジ
三合目到着
ここからはハイマツ帯の中を進みます
2016年08月12日 06:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目到着
ここからはハイマツ帯の中を進みます
ハイマツ帯の間から眺望を得られます
十勝地方は雲海の下
2016年08月12日 06:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯の間から眺望を得られます
十勝地方は雲海の下
イワブクロ(岩袋)でしょうか?
中腹部から上はこれからピークなようです
2016年08月12日 06:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワブクロ(岩袋)でしょうか?
中腹部から上はこれからピークなようです
1
五合目到着
ここまではいいペースで登れました
2016年08月12日 06:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目到着
ここまではいいペースで登れました
ザレザレのつづら折りに
2016年08月12日 07:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレザレのつづら折りに
噴火監視装置?
サイレン?
2016年08月12日 07:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火監視装置?
サイレン?
稜線を眺めます
あれがゴールかと思いきや...
2016年08月12日 07:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を眺めます
あれがゴールかと思いきや...
稜線が九合目でした
ここからお鉢巡りで山頂へ
2016年08月12日 07:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が九合目でした
ここからお鉢巡りで山頂へ
これは何でしょうか?
2016年08月12日 07:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは何でしょうか?
火口が見えてきました
火口の中に新噴気口
奥に大きな噴気口が
2016年08月12日 07:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口が見えてきました
火口の中に新噴気口
奥に大きな噴気口が
2
新噴気口をアップで
シューシューいってました
2016年08月12日 07:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新噴気口をアップで
シューシューいってました
阿寒湖と雄阿寒岳がどばーんと
奥に斜里岳と羅臼も...素晴らしい!
2016年08月12日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒湖と雄阿寒岳がどばーんと
奥に斜里岳と羅臼も...素晴らしい!
1
お鉢の姿
現役(?)の火山は荒々しい!
2016年08月12日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢の姿
現役(?)の火山は荒々しい!
1
山頂とうちゃこ
素晴らしい景色をバックに
2016年08月12日 08:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂とうちゃこ
素晴らしい景色をバックに
2
阿寒富士と噴気口
あれが雄阿寒岳と思ってました(f)
2016年08月12日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒富士と噴気口
あれが雄阿寒岳と思ってました(f)
メアカンフスマ(雌阿寒衾)があちこちに咲いていました
2016年08月12日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メアカンフスマ(雌阿寒衾)があちこちに咲いていました
素晴らしい景色
名残惜しいですが...
2016年08月12日 08:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色
名残惜しいですが...
マルバシモツケでしょうか?
2016年08月12日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバシモツケでしょうか?
オンネトーのアップ
この時間帯は青く見えました
2016年08月12日 08:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンネトーのアップ
この時間帯は青く見えました
1
なんかポーズを
2016年08月12日 08:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかポーズを
いつも通り、下りは省略気味(笑)
2016年08月12日 09:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも通り、下りは省略気味(笑)
あっさり下ってきました
2016年08月12日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっさり下ってきました
登山届に下山時刻を記入
2016年08月12日 10:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届に下山時刻を記入
無事に下山しました
余裕のポーズ
2016年08月12日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山しました
余裕のポーズ

感想/記録

道東遠征最終日は雌阿寒岳へ。
5日間の滞在中、雨や風の日もありましたが、この日も晴天に恵まれ、風も少なく穏やかな登山を楽しめました。

昨年は頂上まで登れなかった時期もあったそうですが、火口からはガスも上がり、確かにいつ何があってもおかしくない山だなぁと実感しました。

1合目から目印もあり、登りやすい山かと思います。私は前日の羅臼岳疲労が残り、最初は足が全然動きませんでした。。。途中からは何とか動けるようになりましたが、ザレは滑りやすく疲れた足には結構厳しかったです。

最初はオンネトーまで周回予定でしたが、頂上で相談してピストンにしました。健脚と思われるかたは周回されてました。火口付近も通るようなので、迫力ありそうです。

この日の夜フェリーで帰りましたが、道東百名山を三つ登り、とても満足できる夏休みでした。北海道にはまだまだ手ごわい山がたくさんありますので、いつになるかわかりませんが、また…。

感想/記録
by futo


雌阿寒岳は活火山、昨年は噴火レベルが上って登れなかったようですが、今年は大丈夫とのこと
とりあえず、雌阿寒温泉ルートから登りオンネトールートへの周回ルートを考えていました
しかし、山頂に登って体調面とかこの後のスケジュールとか考えて、結局は雌阿寒温泉ルートのピストンにしました

雌阿寒温泉コースは山頂までは最短で直登のコース
序盤は樹林帯を緩やかに登り、途中からはハイマツ帯、中腹部からザレたつづら折り、山頂部は火口の稜線歩きと様々に変化するコースを歩きます

素晴らしいのは眺望です
コース途中からは雄大な北海道の景色が、山頂部は噴煙とさらに阿寒湖や雄阿寒岳、阿寒富士が一望できて圧倒されます

今回は時間の制約があって周回を諦めましたが、次回は周回したり阿寒富士を登ったりしたいですね
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ