ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937739 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍ヶ岳(北鎌尾根)

日程 2016年08月09日(火) 〜 2016年08月11日(木)
メンバー k_shimag
天候8/9:晴のち曇
8/10:晴
8/11:晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房温泉駐車場は、朝5:00時点でほぼ満車 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間14分
休憩
33分
合計
6時間47分
Sスタート地点04:4204:54中房温泉登山口06:52合戦小屋06:5907:49燕山荘08:0009:58槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐10:0310:27大天荘10:37大天井岳10:4210:50大天荘10:5511:29大天井ヒュッテ
2日目
山行
12時間13分
休憩
1時間45分
合計
13時間58分
大天井ヒュッテ03:2603:49ビックリ平03:5106:35北鎌沢出合06:3908:25北鎌のコル08:5211:16北鎌独標11:3116:04槍ヶ岳17:0117:24槍ヶ岳山荘
3日目
山行
10時間0分
休憩
24分
合計
10時間24分
槍ヶ岳山荘05:4706:18ヒュッテ大槍06:1907:23水俣乗越07:3108:17ヒュッテ西岳10:18大天井ヒュッテ10:2011:01槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐11:0413:05燕山荘13:1214:02合戦小屋14:0515:56中房温泉登山口16:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※北鎌尾根はバリエーションルートです。
貧乏沢の下降:概ね踏み跡は明瞭。
北鎌沢の登り:登り始めの目印のケルンは、石が数段積まれた程度の小さいものなので、見逃さないように。登りは分岐を右側に進んでいくが、実際は右側をほぼ道なりに登っていく感じで最後は草付きの登り。
北鎌尾根:基本は稜線通しだが、一旦降りて、巻道から稜線に登り返すところも多く、そこで迷わないように。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

5時前、スタート
2016年08月09日 04:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時前、スタート
合戦小屋まで登ってきました。いい天気です。
2016年08月09日 06:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋まで登ってきました。いい天気です。
合戦尾根の頭まで登ると、槍の穂先がちらり。ちょっとガスがかかってますね。
2016年08月09日 07:10撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦尾根の頭まで登ると、槍の穂先がちらり。ちょっとガスがかかってますね。
燕山荘が見えてきます。
2016年08月09日 07:33撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えてきます。
燕山荘に到着。
2016年08月09日 07:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘に到着。
燕岳はパスして、
2016年08月09日 07:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳はパスして、
大天井方面に進みます。
2016年08月09日 07:56撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井方面に進みます。
蛙岩
2016年08月09日 08:19撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩
気持ちのいい稜線歩き
2016年08月09日 08:25撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩き
このあたりの砂礫には、
2016年08月09日 09:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりの砂礫には、
コマクサがいっぱい咲いてました。
2016年08月09日 09:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサがいっぱい咲いてました。
常念分岐から、
2016年08月09日 09:53撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念分岐から、
大天井岳をめざします
2016年08月09日 10:13撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳をめざします
大天荘に到着。
2016年08月09日 10:21撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘に到着。
山頂に登りましたが、すっかりガス
2016年08月09日 10:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に登りましたが、すっかりガス
記念写真
2016年08月09日 10:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真
1
大天井ヒュッテに下っていきます。
2016年08月09日 10:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテに下っていきます。
ヒュッテが見えてきました。
2016年08月09日 11:20撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテが見えてきました。
本日はここで終了。
2016年08月09日 11:26撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はここで終了。
昼食後、貧乏沢下降点を偵察に行きます。
2016年08月09日 12:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後、貧乏沢下降点を偵察に行きます。
西岳方面に20分ほど行くと、小さい標識があります。
2016年08月09日 12:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳方面に20分ほど行くと、小さい標識があります。
下り始めは藪こぎですね。
2016年08月09日 12:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めは藪こぎですね。
夕食後、牛首展望台に登ります。
2016年08月09日 17:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後、牛首展望台に登ります。
1
展望台という名前ですが、○○山という名前を付けたほうがいい感じのしっかりした山です。
2016年08月09日 18:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台という名前ですが、○○山という名前を付けたほうがいい感じのしっかりした山です。
山頂に到着
2016年08月09日 18:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着
少し待っていると、ガスが少し晴れました。翌日登る北鎌沢が見えます。
2016年08月09日 18:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し待っていると、ガスが少し晴れました。翌日登る北鎌沢が見えます。
大天井岳はきれいに見えました。
2016年08月09日 18:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳はきれいに見えました。
さて、いよいよ北鎌に挑戦。
2016年08月10日 03:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、いよいよ北鎌に挑戦。
貧乏沢を下降します。
2016年08月10日 04:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貧乏沢を下降します。
1
ガレ場の急斜面を1時間強降りていくと、右側から滝が流れ込んできます。
2016年08月10日 05:00撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の急斜面を1時間強降りていくと、右側から滝が流れ込んできます。
1
ここからは、左岸の踏み跡を辿っていきます。
2016年08月10日 05:07撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、左岸の踏み跡を辿っていきます。
途中、濡れた大きな岩にフィックスロープが掛かっていて助かります。
2016年08月10日 05:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、濡れた大きな岩にフィックスロープが掛かっていて助かります。
天上沢出会いまで降りてきました。
2016年08月10日 06:10撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天上沢出会いまで降りてきました。
チョット上流側に進むと、水量が少なくなり、どこでも渡れるようになります。
2016年08月10日 06:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョット上流側に進むと、水量が少なくなり、どこでも渡れるようになります。
1
20分程度河原を歩いていくと、
2016年08月10日 06:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程度河原を歩いていくと、
右手にケルンを発見。
2016年08月10日 06:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にケルンを発見。
1
ここから、北鎌沢を登っていきます。
2016年08月10日 06:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、北鎌沢を登っていきます。
ここで、日が差してきて、
2016年08月10日 06:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、日が差してきて、
一気に暑くなります。
2016年08月10日 06:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に暑くなります。
大きな岩もあります。
2016年08月10日 07:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩もあります。
最後は草付きの登り
2016年08月10日 08:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は草付きの登り
チョット踏み跡を見失いましたが、
2016年08月10日 08:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョット踏み跡を見失いましたが、
なんとかコルに到着。
2016年08月10日 08:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかコルに到着。
表銀座の稜線が見えます。
2016年08月10日 08:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座の稜線が見えます。
ここから、北鎌の縦走スタート。踏み跡を辿って行きます。
2016年08月10日 08:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、北鎌の縦走スタート。踏み跡を辿って行きます。
ところどころ、テントが張れそうなところがあります。
2016年08月10日 09:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ、テントが張れそうなところがあります。
登ってきた道。
2016年08月10日 09:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道。
とことどころ、残置ロープがありますが、だいたいはこれに頼らなくても登れます。
2016年08月10日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とことどころ、残置ロープがありますが、だいたいはこれに頼らなくても登れます。
1
ここからは、独標が大迫力。
2016年08月10日 09:42撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは、独標が大迫力。
だんだん、
2016年08月10日 09:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん、
近づいていきます。
2016年08月10日 09:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいていきます。
この岩は右側から巻けました。
2016年08月10日 10:10撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩は右側から巻けました。
基部に到着。
2016年08月10日 10:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基部に到着。
1
お助けロープがあります。これは助かります。
2016年08月10日 10:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープがあります。これは助かります。
1
落ちたら、下まで一直線。
2016年08月10日 10:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたら、下まで一直線。
1
しばらく、
2016年08月10日 10:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく、
トラバースしていきます。
2016年08月10日 10:55撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースしていきます。
3
ここは、ザックがひっかかりそうなところ。一段下に足場があります。
2016年08月10日 10:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、ザックがひっかかりそうなところ。一段下に足場があります。
1
ここで、槍ヶ岳が見えてきました。
2016年08月10日 11:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、槍ヶ岳が見えてきました。
登れそうなところを適当に登っていくと。
2016年08月10日 11:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登れそうなところを適当に登っていくと。
独標の山頂に到着。
2016年08月10日 11:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標の山頂に到着。
1
360度の大展望です。
2016年08月10日 11:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の大展望です。
さて、先に進みますか。
2016年08月10日 11:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、先に進みますか。
槍ヶ岳を見ながら、
2016年08月10日 11:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳を見ながら、
小ピークを越えていきます。
2016年08月10日 11:34撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを越えていきます。
1
一旦下りるところも。ザレているところは要注意。
2016年08月10日 11:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下りるところも。ザレているところは要注意。
稜線に復帰するとほっとします。
2016年08月10日 12:09撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に復帰するとほっとします。
1
どこから登ろうかな。
2016年08月10日 13:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこから登ろうかな。
2
垂直の岩壁に見えますが、ホールドがしっかりしていたので、ここを登ります。
2016年08月10日 13:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直の岩壁に見えますが、ホールドがしっかりしていたので、ここを登ります。
3
ここを登って、
2016年08月10日 13:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登って、
2
稜線に復帰
2016年08月10日 13:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に復帰
大槍もだいぶ近くなってきました。
2016年08月10日 14:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大槍もだいぶ近くなってきました。
諸君頑張れのプレート
2016年08月10日 14:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諸君頑張れのプレート
1
ここは高度感あり、左右どっちに落ちてもアウトです。
2016年08月10日 14:30撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは高度感あり、左右どっちに落ちてもアウトです。
2
バテバテで、なかなか近づきません。
2016年08月10日 16:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バテバテで、なかなか近づきません。
1
謎の「実工」標識
2016年08月10日 16:17撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎の「実工」標識
1
ようやく、山頂近くまで来ました。
2016年08月10日 16:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、山頂近くまで来ました。
1
チムニーを登っていきます。
2016年08月10日 16:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チムニーを登っていきます。
2
ここを登れば山頂かな
2016年08月10日 16:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登れば山頂かな
2
右下に、槍ヶ岳山荘が見えます。
2016年08月10日 16:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下に、槍ヶ岳山荘が見えます。
山頂直下。(一旦登ってから、山頂にいた人に撮ってもらいました)
2016年08月10日 16:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。(一旦登ってから、山頂にいた人に撮ってもらいました)
1
記念写真。
2016年08月10日 16:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念写真。
3
穂高方面。
2016年08月10日 16:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面。
最後はバテバテでしたが、無事山荘まで到着できて良かったです。
2016年08月10日 17:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はバテバテでしたが、無事山荘まで到着できて良かったです。
1
三日目もいい天気。
2016年08月11日 05:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目もいい天気。
朝食後、東鎌尾根から下山します。
2016年08月11日 05:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食後、東鎌尾根から下山します。
振り返ると、槍ヶ岳
2016年08月11日 06:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、槍ヶ岳
どんどん降ります
2016年08月11日 06:43撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん降ります
右下には槍沢
2016年08月11日 07:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右下には槍沢
水俣乗越まで降りてきました。標識の裏側には、天上沢へ下降するルートがあります。
2016年08月11日 07:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣乗越まで降りてきました。標識の裏側には、天上沢へ下降するルートがあります。
1
このあたり、前日に登った北鎌の全貌が見えてきます。
2016年08月11日 07:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、前日に登った北鎌の全貌が見えてきます。
ヒュッテ西岳まであとチョット
2016年08月11日 08:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ西岳まであとチョット
ここは穂高を見る最適地ですね。
2016年08月11日 08:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは穂高を見る最適地ですね。
西岳はパス
2016年08月11日 08:14撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳はパス
なだらかな縦走路をのんびり歩きます
2016年08月11日 08:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな縦走路をのんびり歩きます
1
ビックリ平まできました。
2016年08月11日 09:27撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビックリ平まできました。
大天井ヒュッテで昼食後、喜作新道を進みます。
2016年08月11日 10:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテで昼食後、喜作新道を進みます。
気持ちのいい稜線歩き
2016年08月11日 10:56撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線歩き
燕岳
2016年08月11日 12:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳
1
燕山荘まで戻ってきました。
2016年08月11日 12:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘まで戻ってきました。
1
さて、下りますか。
2016年08月11日 13:06撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下りますか。
無事下山できて良かったです。
2016年08月11日 15:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山できて良かったです。
1

感想/記録

登山始めて8年、いよいよ目標にしてきた憧れのルート、北鎌尾根に挑戦。
大天井ヒュッテに泊まり、貧乏沢下降からのルートで挑戦。

槍ヶ岳山荘まで12時間を目標に、下降の途中で明るくなるよう、大天井ヒュッテを3時半にスタート。
天上沢まで下ってから、北鎌沢の急登を登り、5時間ほどで、北鎌のコルに到着。
ここから、楽しい北鎌の縦走。次々と現れる岩登りの課題をクリアしていくような感じで、楽しみながら独標に到着。
ここまでは快調で、独標まで登れば、標高も2900mを超えているし、あとは小ピークを越えていくだけと思っていたら、これが大違いで、ここからが核心。
P14あたりで、トラバースを行き過ぎてチョット迷ったりしてバテバテ。目標を2時間くらいオーバしたが、なんとか山頂に到達。

憧れの北鎌、無事登れて良かったです。
訪問者数:375人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/30
投稿数: 19
2016/8/15 10:13
 天国地獄同居の北鎌
北鎌縦走まずはおめでとう。
要所々を踏破できてよかったですね。
3時頃貧乏沢降下ですか。
色々あったと思いますね、暗いので。
北鎌は天気良ければ天国ですが
悪天になれば地獄ですからね。
今後も安全第一でお願いします。
登録日: 2009/8/31
投稿数: 321
2016/8/16 4:03
 Re: 天国地獄同居の北鎌
mamedeさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

念願の北鎌、最高に楽しいコースですね。
ただ、チョット間違えただけで、恐ろしく難しくなる怖さも体験しました。
まさに天国と地獄ですね。
これからも、安全第一で慎重に、登山を楽しみたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ