ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938159 全員に公開 ハイキング大雪山

ユニ石狩岳〜音更山〜石狩岳

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー ucchann
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十六の沢林道との分岐を曲がり6km走るとユニ石狩岳・音更山登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間58分
休憩
46分
合計
10時間44分
S十勝三股コース登山口05:4106:44水場06:4507:40十石峠07:4508:17ユニ石狩岳08:1908:46十石峠08:5609:43ブヨ沼11:03音更山11:2512:12シュナイダーコース分岐12:44石狩岳北峰13:02石狩岳13:0513:16石狩岳北峰13:1813:42シュナイダーコース分岐15:55音更川二十一ノ沢出合登山口15:5616:23十勝三股コース登山口16:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは国道から林道に入ってすぐ。
コースは概ね良好。シュナイダーコースはなかなかハード。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

林道入口はガスってた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道入口はガスってた
やっと来た新車で登場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと来た新車で登場
4
ユニ石狩岳登山口の駐車帯は4〜5台かな?
2016年08月12日 05:40撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユニ石狩岳登山口の駐車帯は4〜5台かな?
出発してすぐに倒木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発してすぐに倒木
なだらかな作業道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな作業道を行く
水場を越えたら、本格的勾配に。青空も見えだした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場を越えたら、本格的勾配に。青空も見えだした。
開けたところからニぺが見えた。この時が1番よく見えたことにこのときは気付かない・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたところからニぺが見えた。この時が1番よく見えたことにこのときは気付かない・・・
1
十石峠到着!ユニ石狩岳がド〜ンと目の前に。
2016年08月12日 07:42撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十石峠到着!ユニ石狩岳がド〜ンと目の前に。
1
十石峠から少し降りて標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十石峠から少し降りて標識
まずは1つ目のピーク、「ユニ石狩岳 1,756m」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは1つ目のピーク、「ユニ石狩岳 1,756m」
3
オッパイ山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オッパイ山方面
これから向かう音更山、石狩岳方面
遠いな〜 大丈夫か俺???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう音更山、石狩岳方面
遠いな〜 大丈夫か俺???
1
ユニ石狩岳の下りで今年初めて見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユニ石狩岳の下りで今年初めて見ました。
十石峠からは稜線歩き、起伏を2つ越えて「ブヨ沼」に降りる。
その名の通り虫が多くて、ちょっと不快・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十石峠からは稜線歩き、起伏を2つ越えて「ブヨ沼」に降りる。
その名の通り虫が多くて、ちょっと不快・・・
ブヨ沼から急な起伏を越えて、ダケカンバのいい感じの尾根を進むと高度差250mの音更山への登りだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブヨ沼から急な起伏を越えて、ダケカンバのいい感じの尾根を進むと高度差250mの音更山への登りだ。
1
周りの見えない辛い登りを過ぎると大地状になり、その奥が音更山のピークだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの見えない辛い登りを過ぎると大地状になり、その奥が音更山のピークだ。
「音更山 1932m」ピーク到着!
2つ目のピーク
2016年08月12日 11:03撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「音更山 1932m」ピーク到着!
2つ目のピーク
2
表大雪をバックに
ここで長めの休憩、軽食を取る。
この時点でヘロヘロならシュナイダーから降りるつもりだったが、大丈夫!行けそうだ!「がんばれ!俺!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表大雪をバックに
ここで長めの休憩、軽食を取る。
この時点でヘロヘロならシュナイダーから降りるつもりだったが、大丈夫!行けそうだ!「がんばれ!俺!」
2
音更山からの下りは岩れき地帯だ。天気の悪い日には迷いそうだ。注意を。
2016年08月12日 11:05撮影 by SC-02H, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音更山からの下りは岩れき地帯だ。天気の悪い日には迷いそうだ。注意を。
振り返ると音更山は岩れきの山だったが、その山容は穏やかだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると音更山は岩れきの山だったが、その山容は穏やかだった。
音更山に比べて、石狩岳は荒々しい迫力のある山だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
音更山に比べて、石狩岳は荒々しい迫力のある山だ。
石狩岳への登りの途中から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩岳への登りの途中から
ハイマツを越え狭い岩場の稜線を行くとピークが見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツを越え狭い岩場の稜線を行くとピークが見えてきた。
「石狩岳 北峰 1966m」到着!
3つ目のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「石狩岳 北峰 1966m」到着!
3つ目のピーク
2
表大雪をバックに。でも雲で見えない。楽しみにしてたニぺも見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表大雪をバックに。でも雲で見えない。楽しみにしてたニぺも見えない。
2
せっかくなので最高地点へも行く。
ここが「石狩岳 南峰 1967m」
ケルンがあるだけ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので最高地点へも行く。
ここが「石狩岳 南峰 1967m」
ケルンがあるだけ・・・
2
最高地点より先。自分には遥かなる頂だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高地点より先。自分には遥かなる頂だ。
南峰より北峰を眺める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰より北峰を眺める。
北峰から来た稜線を眺める。ずいぶん歩いてきたもんだ・・・
さあ〜帰ろう!この先もまだまだ遠いぞ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰から来た稜線を眺める。ずいぶん歩いてきたもんだ・・・
さあ〜帰ろう!この先もまだまだ遠いぞ!
1
シュナイダーコースから下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シュナイダーコースから下山
想像以上の急斜度、手、足をフルに使い、時には後ろ向きで降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
想像以上の急斜度、手、足をフルに使い、時には後ろ向きで降りる。
1
ロープもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープもあります
気の早いお方も・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気の早いお方も・・・
すごい登山道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい登山道です
石狩岳登山口駐車帯。こちらはかなり広いです。
簡易トイレもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石狩岳登山口駐車帯。こちらはかなり広いです。
簡易トイレもありました。
ユニ石狩岳登山口駐車帯までトボトボ歩く。
もうヘロヘロです。もうひとがんばり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユニ石狩岳登山口駐車帯までトボトボ歩く。
もうヘロヘロです。もうひとがんばり!
ようやく到着!ほんとにお疲れで〜す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく到着!ほんとにお疲れで〜す。
1

感想/記録

夏山2年生の自分には、これまでの中間テストのようなものと考え、初の20km超えの登山に挑戦した。おそらくは自分との戦いになるので、他人に抜かされてもいいので、とにかく焦らずゆっくりゆっくりを心がけて、完歩を最大の目標にした。

十石峠よりユニ石狩岳を目指す途中、先行者にピークから東方面に熊を確認したので、ピークで長居はしないほうがいいと忠告される。びびってしまい、ザックから熊鈴を取り外しこれでもかというほど鳴らしながら歩いた。登山道には片足だけのうさぎの死骸があった。

十石峠からの稜線歩きは風もあたり快適だったが、音更山への登りはむちゃむちゃ暑かった。汗だくになった体には音更山のピークの風が心地よかった。がっ、ちょっと寒くなってジャケットを着こんでしまった。

十石峠からは周りは雲に隠れ出し、ニぺもトムも大雪もいまひとつの眺望になってしまったのが唯一残念・・・

穏やかな山容の音更山に対して石狩岳の荒々しい山容が印象的だった。岩場の狭い稜線もちょっとアドベンチャーだった。石狩岳から続く稜線も魅力的だった。いつかは行けるだろうか?

帰りのシュナイダーコースは聞きしに勝るアドベンチャーコースだった。最上級のアスレチックって感じだった。今回は下りだが登りはどうなるのだろう?

無事に日帰りで完歩できたが、もっと晴れた日なら最高の稜線歩きになるだろう。そんな日にまた来たいと思った。いいコースです。今度は逆回りかな?




訪問者数:253人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ