ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938270 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

南アルプス 広河原〜北岳・間ノ岳・農鳥岳〜奈良田

日程 2016年08月08日(月) 〜 2016年08月10日(水)
メンバー popoi11, その他メンバー1人
天候8/8 晴・夜〜明朝は強風
8/9 晴
8/10 晴 稜線は午後から曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市営芦安無料駐車場に駐車

広河原へ向かう夜叉神峠から先はマイカー規制の為、
登山口広河原へは、
山梨交通バス(¥1130・協力金込)/http://yamanashikotsu.co.jp もしくは、
乗り合いタクシー(¥1200・協力金込)を利用。

下山の奈良田から広河原へは、同じく山梨交通バス(¥1130・協力金込)を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【8/8・初日】
6:14 広河原・出発
6:28 広河原山荘
8:33 大樺沢二俣
11:33 池山吊尾根分岐
11:56 北岳 12:16
12:31 池山吊尾根分岐
13:14 北岳山荘・泊

【8/9・二日目】
5:44 北岳山荘・出発
息子が山荘へのトイレ・ピストンのため、35分ほどロス
6:43 中白峰
7:41 間ノ岳 8:06
8:59 農鳥小屋 9:20
9:59 西農鳥岳
10:45 農鳥岳 11:12
11:26 大門沢下降点 11:35
13:55 大門沢小屋・泊

【8/10・三日目】
6:53 大門沢小屋・出発
9:13 森山橋
9:52 第一発電所
10:23 奈良田・13:30発のバスにて広河原へ
コース状況/
危険箇所等
南アルプス北部 王道の縦走路ルート。案内板もあり安心。

八本歯のコル付近は、丸太作りの梯子と階段の連続。降雨時は滑るでしょう。

大門沢下降点から岩場とガレ・ザレ場、木の根が乱れ混じる荒れた長い下りの連続。
その他周辺情報下山地・農鳥登山口(第一発電所)には、自販機など何もない。
30分歩いた奈良田には、温泉浴や食事・自販機(缶ビール&ジュース)など、
下山後には大変ありがたい充実した施設『奈良田の里温泉』があります。
バス停も直ぐ近くにアリ。

写真

芦安駐車場から乗り合いタクシー(¥1200)にて広河原。
2016年08月08日 06:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦安駐車場から乗り合いタクシー(¥1200)にて広河原。
吊り橋を渡り・・・
2016年08月08日 06:16撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡り・・・
1
広河原山荘脇の登山口から、
楽しい3日間が始まります。
2016年08月08日 06:28撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原山荘脇の登山口から、
楽しい3日間が始まります。
2
なかなかの天気。
昨夜は、素晴らしい星空だったそうです。
2016年08月08日 07:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの天気。
昨夜は、素晴らしい星空だったそうです。
2
目指す、北岳と八本歯のコル。
まだまだ、遠いなぁ〜。
2016年08月08日 08:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す、北岳と八本歯のコル。
まだまだ、遠いなぁ〜。
2
例年に比べると、
少ない雪渓だそうです。
2016年08月08日 09:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例年に比べると、
少ない雪渓だそうです。
振り返ると、
遠くに広河原。
2016年08月08日 09:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、
遠くに広河原。
八本歯のコルが近づくと、
丸太製の梯子や階段が出現。
コレがなかなか、辛い・・・。
2016年08月08日 10:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯のコルが近づくと、
丸太製の梯子や階段が出現。
コレがなかなか、辛い・・・。
1
そびえ立つ北岳
2016年08月08日 10:08撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そびえ立つ北岳
疲れ切った体には、梯子階段は拷問マシーンとなります。
2016年08月08日 10:48撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れ切った体には、梯子階段は拷問マシーンとなります。
1
近い様で、
まだまだ遠いよなぁ〜
2016年08月08日 10:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近い様で、
まだまだ遠いよなぁ〜
仙丈ヶ岳はよく見える
2016年08月08日 11:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳はよく見える
2
ヘトヘトで、北岳山頂到着
2016年08月08日 11:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘトヘトで、北岳山頂到着
1
テント装備で5時間半かけ、
登ってきた広河原から沢。
2016年08月08日 12:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント装備で5時間半かけ、
登ってきた広河原から沢。
息子が見つめるのは、テント泊の北岳山荘?
それとも、間ノ岳・農鳥?
2016年08月08日 12:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子が見つめるのは、テント泊の北岳山荘?
それとも、間ノ岳・農鳥?
4
足は上がり過ぎで違和感大あり、見つめる先は???。
手にはブランデーグラスがないので、
0点のポーズ。
2016年08月08日 12:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足は上がり過ぎで違和感大あり、見つめる先は???。
手にはブランデーグラスがないので、
0点のポーズ。
3
以外と山荘まで、道のり長い・・・。
2016年08月08日 12:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以外と山荘まで、道のり長い・・・。
山荘!!!待ってろやぁ〜
2016年08月08日 12:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘!!!待ってろやぁ〜
ふーうっ。北岳山荘到着・テント泊。
2016年08月08日 13:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふーうっ。北岳山荘到着・テント泊。
1
夕日に染まる北岳
2016年08月08日 18:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日に染まる北岳
2
二日目、山荘を出発。
20分ほど進んで、息子がトイレのため山荘へ引き返す。
2016年08月09日 05:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目、山荘を出発。
20分ほど進んで、息子がトイレのため山荘へ引き返す。
間ノ岳方面
2016年08月09日 05:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳方面
出すもの出してすっきりした為か、
この後息子は終始先行しながら、
自身を引き離す。
2016年08月09日 06:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出すもの出してすっきりした為か、
この後息子は終始先行しながら、
自身を引き離す。
息子は多分、
間ノ岳だという名も分からず見つめてると思う。
2016年08月09日 06:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子は多分、
間ノ岳だという名も分からず見つめてると思う。
1
迫力壮大
2016年08月09日 06:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力壮大
間ノ岳山頂
富士山もバッチリ
2016年08月09日 08:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳山頂
富士山もバッチリ
2
さぁ次は、農鳥小屋〜農鳥岳
2016年08月09日 08:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ次は、農鳥小屋〜農鳥岳
小屋のおやじさんの話しを息子にすると、
少し不安になったみたい。
2016年08月09日 08:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のおやじさんの話しを息子にすると、
少し不安になったみたい。
農鳥小屋到着・休憩
2016年08月09日 08:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥小屋到着・休憩
1
おやじさんは、いい人でしたよ。
赤いヘルメットの人が、おやじさん。
『わしは、評判良くないからなぁ〜』
『言うべきこと注意すべきこと言わんと、事故は防ぐこと出来んからのぉ〜』と、話されてました。
2016年08月09日 09:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おやじさんは、いい人でしたよ。
赤いヘルメットの人が、おやじさん。
『わしは、評判良くないからなぁ〜』
『言うべきこと注意すべきこと言わんと、事故は防ぐこと出来んからのぉ〜』と、話されてました。
6
小屋でのエネルギーチャージのもと、
西農鳥への急坂登りに挑む。
2016年08月09日 09:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋でのエネルギーチャージのもと、
西農鳥への急坂登りに挑む。
1
息子にドンドン離される。
2016年08月09日 09:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子にドンドン離される。
振り返ると、
農鳥小屋と間ノ岳、北岳
2016年08月09日 10:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、
農鳥小屋と間ノ岳、北岳
2
農鳥岳
2016年08月09日 10:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳
3
大門沢下降点へ
2016年08月09日 11:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢下降点へ
1
青空は続く
2016年08月09日 11:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空は続く
1
下降点
2016年08月09日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降点
1
大門沢小屋は、
遥か谷の先に。
2016年08月09日 11:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋は、
遥か谷の先に。
1
途中の橋は、
壊れてました。
2016年08月09日 13:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の橋は、
壊れてました。
1
大門沢小屋到着・テント泊
2016年08月10日 06:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋到着・テント泊
1
三日目、小屋出発
2016年08月10日 06:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三日目、小屋出発
1
本日も晴天
2016年08月10日 07:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日も晴天
バスの時間まで余裕あるので、
超ゆっくりペースで・・・。
2016年08月10日 08:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの時間まで余裕あるので、
超ゆっくりペースで・・・。
2
森山橋
2016年08月10日 09:13撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森山橋
1
コンクリート林道
2016年08月10日 09:29撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンクリート林道
1
農鳥岳登山口・第一発電所バス停到着。
自販機など何もないので、
奈良田へ
2016年08月10日 09:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳登山口・第一発電所バス停到着。
自販機など何もないので、
奈良田へ
1
奈良田の里温泉にて。
高台の施設で、心地よい風を受けながら日陰ベンチでバス待ち。
2016年08月10日 10:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田の里温泉にて。
高台の施設で、心地よい風を受けながら日陰ベンチでバス待ち。
4
直ぐ近くにバス停。
茶色の三角屋根の建物。
2016年08月10日 12:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 60, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐ近くにバス停。
茶色の三角屋根の建物。
1
撮影機材:

感想/記録




北岳・間ノ岳山頂から

7月海の日の連休に計画してましたが、当時は天候不良予報だったので延期してました。
息子は高校1年生となり、クラブ活動などで忙しくなり、
ここ最近山へ同行する機会が激減。
夏休み中のクラブ合宿が終わり、盆休みまでしばらく活動休暇ということで、
息子から山へのリクエスト。
それだったら、延期してた今計画を実行しようと言うことから、
2年振りの息子同伴で広河原〜北岳〜間ノ岳〜農鳥岳〜大門沢小屋〜奈良田という南アルプス北部王道計画の縦走してきました。

青空の下、広河原から大樺沢沿いを進み、下山選択される方が多いという八本歯のコルを経由。
この八本歯のコル付近には丸太作りの梯子と階段通過がありますが、
長時間登り続け疲れ切った体には、正直大変キツかった・・・。
階段のステップ部は浸食され、丸太のバーを何度も跨ぎそして越えていく障害物競走状態。
クラブで鍛え自身より体力ある息子も、かなりの体力消耗でうんざりしてはりました。
池山吊尾根分岐到着時は、もうヘロヘロMAX状態。

分岐にテント泊装備のザックをデポした後、北岳山頂目指しましたが、
ここまで5時間半登りっぱなしで結構なハードっぷり。
さすがに山頂到着時は、達成感と素晴らしい眺望に感激も一入。
大樺沢から出発地の広河原へと続く、ひたすら登り続けてきたルートを見ると、
尚達成感に溢れる思いでした。
八ヶ岳、甲斐駒、鳳凰三山、富士山はガスに包まれ見る事で来ませんでしたが、
なぜか仙丈ヶ岳だけは、その姿をハッキリ見せてくれてました。

二日目も天候に恵まれ、北岳山荘から間ノ岳〜農鳥岳の景色を楽しみながらの稜線歩き。
富士山や南アルプス南部へと続く塩見岳〜中岳、赤石岳などなど・・・。
大変良くその姿を見る事ができ、楽しませてもらいました。

大門沢下降点からの長い下りはと言いますと、
岩場とガレ・ザレ場の連続で、気を緩める事できない長丁場の激下りという印象。
浮き石も多く転倒の心配もあるので、注意が大変必要で慎重に下りました。

大門沢小屋・・・。
決して大きな小屋でなく、トイレの清潔感もそこそこに・・・。
トタン板壁が良い意味とてもチープで、これぞ!!山小屋って感じでした。
川の水で冷やされたビールが、とても冷たく美味しかった・・・。
男性的要素溢れる小屋として、印象深く記憶に刻まれました。

第一発電所からのバス乗車予定でしたが、予定より早くに到着。
時間潰しとビール欲しさに奈良田まで進み、バス時刻まで『奈良田の里温泉』で3時間ほどまったり。
高台にあるベンチでビールを飲み、心地よい風を受けながら、
少し離れ見下ろす先には青い水を蓄えた奈良田湖。

山頂や稜線歩きで見た素晴らしい風景・・・。
南アルプスの魅力に酔いしれる、長く感じさせない3時間のバス待ちとなりました。



訪問者数:264人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/28
投稿数: 1147
2016/8/17 0:52
 お疲れ様です。
印象を一言で言えば今回は「男の旅」ですね
登った、やり切ったっていう達成感が強かったじゃないでしょうか?
息子さんとの友情?愛情?も深まったじゃないでしょうか?

動画や写真を見るに登山者は男性ばかりのような・・・
北アは山ガールが多かったですよ
息子さんも山男になるのならトイレに小屋には戻らなくていい方法を
英才教育でpopoiさんが教えてあげてくださいな

登りの梯子階段は壊れそうな感じで、それは神経を遣いますよね・・・
体力的だけじゃなく、精神的にも疲れますね・・・
農鳥小屋の親父さんって、そうなんですか・・・ 調べてみようと
登録日: 2011/3/23
投稿数: 864
2016/8/17 12:33
 Re: お疲れ様です。
orisさん、こんちは〜

息子同行の縦走は2年ぶりでした。
登りで引き離す息子の体力と、テント内の窮屈具合から、
彼の成長を感じましたね。
ただパッキングの仕方やトイレのタイミング(山荘出発時から予兆あったらしい)には、
まだまだ問題ありで、もう少しそこは努力と成長して欲しいところです。

写真などたまたまかも知れませんが、
小学生の親子連れや若いカップルに学生さんも結構登ってましたよ。
もちろん、熟年ご夫婦も・・・。
山ガールの多さは北アと比べると、さすがに及ばないかも・・・、ですね。
登録日: 2011/1/18
投稿数: 819
2016/8/18 10:57
 popoi君の成長に目を細め
こんにちは

popoi君の成長ぶりにまずびっくり
popoiさんを置いていくとは
将来きっとpopoi君も悪の道へ進まれるでしょう
家族内の同伴者の出現にうらやましい限りです。

でも最近南アにすっかりはまってますね。
北とは違ったワイルド感がこのレコからも伝わってきましたよ。
登録日: 2011/3/23
投稿数: 864
2016/8/18 16:38
 Re: popoi君の成長に目を細め
metsさん、こんちは〜

今月連休って、取れましたぁ〜?遠征は?

popoi君・・・ガタイと体力は成長してますが、肝心なところがまだまだで、
手がかかりますわ!
もうちょい、しっかりして欲しいところです。

南アも魅力大ありで、なかなか面白い山域ですね。
間ノ岳山頂から、たくさんの稜線が見えワクワクしました。
来年は、南部方面を計画したいと思っております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ