ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938319 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

甲斐駒ケ岳

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー netsucaffe, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
駐車場:仙流荘前のバス停奥に無料駐車場。200台程度。
バス時間:北沢峠行き 一番6:05 二番8:05 三番10:05 四番12:10 五番14:20 
     仙流荘行き 一番7:20 二番10:00 三番13:10 四番15:00 五番16:00
バス料金:往復2,680円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
25分
合計
7時間5分
S北沢峠11:0011:00北沢峠 こもれび山荘12:30双児山12:4513:25駒津峰14:50甲斐駒ヶ岳15:0016:12駒津峰17:00双児山18:05北沢峠 こもれび山荘18:05北沢峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:仙流荘バス停に設置してあります。
道の状況:駒津峰〜山頂
 ハイマツで覆われた岩尾根が続き、巨岩の六方石を越え、直登コースを選択。直登コースは片側が切れ落ちている、高度感たっぷりの個所があり、すべて鎖が設置されていなく上級者コースでした。
     
その他周辺情報宿泊施設:こもれび山荘(要予約)
日帰り温泉&飲食:高遠さくらホテル(ランチはエレガンテランチ)こもれび山荘では素泊まりのため。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

8:40駐車場到着後、運行バスが10:05までないことがわかり、がっかりしました。本日の山行は最短コースで行くこととしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:40駐車場到着後、運行バスが10:05までないことがわかり、がっかりしました。本日の山行は最短コースで行くこととしました
仙流荘バス停待合室です。登山届を出し、乗車券を自販機で購入しました。別棟でトイレもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙流荘バス停待合室です。登山届を出し、乗車券を自販機で購入しました。別棟でトイレもあります。
道を挟んで反対側奥には、駐車場があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を挟んで反対側奥には、駐車場があります。
大変遅い11:00出発です。スタート直後から、根の張りだしている登山道を行きます。整備されている印象です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大変遅い11:00出発です。スタート直後から、根の張りだしている登山道を行きます。整備されている印象です。
1時間30分経過しましたが、まだまだ続きます。勾配がきつくなってきました。稜線手前では、バテてしまい、「そんな状態では山頂は無理。」との声を下山客にかけられました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間30分経過しましたが、まだまだ続きます。勾配がきつくなってきました。稜線手前では、バテてしまい、「そんな状態では山頂は無理。」との声を下山客にかけられました。
2
2時間ほどで、稜線にでました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間ほどで、稜線にでました。
目指す甲斐駒ヶ岳が見えてきました。登頂意欲を掻き立てられますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す甲斐駒ヶ岳が見えてきました。登頂意欲を掻き立てられますね。
2
12:30双児山到着。15分の飲食後、出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:30双児山到着。15分の飲食後、出発です。
日本第2位の北岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本第2位の北岳が見えます。
1
鳳凰三山も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山も見えます。
ハイマツの登山道を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの登山道を行きます。
スタートから3時間位。甲斐駒ヶ岳が近くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから3時間位。甲斐駒ヶ岳が近くなってきました。
1
1時25分、駒津峰到着です。ここからが、本番です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時25分、駒津峰到着です。ここからが、本番です。
周囲の山にガスがかかりはじめてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲の山にガスがかかりはじめてきました。
登山客は下山の方々ばかりです。「これからですか?キツイですネ」そんな言葉に励まされ(?)頂上を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山客は下山の方々ばかりです。「これからですか?キツイですネ」そんな言葉に励まされ(?)頂上を目指します。
ダイナミックなアルペンムード満点の甲斐駒が目前にせまります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイナミックなアルペンムード満点の甲斐駒が目前にせまります。
1
巨岩の登山道で様相が一変してきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩の登山道で様相が一変してきました。
花崗岩の岩場に取り付きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花崗岩の岩場に取り付きます。
空気もうすく、急こう配な斜面に、息もあがります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気もうすく、急こう配な斜面に、息もあがります。
気がかりなガスが立ち込め始め、先を急ぎました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気がかりなガスが立ち込め始め、先を急ぎました。
ようやく2時50分着です。「着いた。」おもわず雄たけびをあげてしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく2時50分着です。「着いた。」おもわず雄たけびをあげてしまいました。
2
頂上の外観です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の外観です。
2
しばし休憩後、15:00発です。宿には、午後6時お邪魔しますと伝えてあるので、まったりもできませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩後、15:00発です。宿には、午後6時お邪魔しますと伝えてあるので、まったりもできませんでした。
下山は周回コースを選択しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は周回コースを選択しました。
分岐を横目に先を急ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を横目に先を急ぎます。
砂礫の道のため、滑るのでジグザグに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫の道のため、滑るのでジグザグに。
4時12分、駒津峰到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時12分、駒津峰到着です。
樹林帯に入ります。日が傾いて、樹林帯はうす暗くなり始めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入ります。日が傾いて、樹林帯はうす暗くなり始めました。
振り返れば、甲斐駒が遠ざかってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば、甲斐駒が遠ざかってきました。
1
双児山5:00着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双児山5:00着です。
高山病の影響か、ばてばてでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山病の影響か、ばてばてでした。
樹林帯の薄暗闇を無事降りてきました。6時05分着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の薄暗闇を無事降りてきました。6時05分着。

感想/記録

7時間といえば、北アルプスではあたりまえですが、厳しい山行でした。
アクセスのバスが1日4本であり、8時05分発に乗り遅れたのは予想外でした。
こもれび山荘に受入(予約)ていただいたのは、ラッキーでした。
【北沢峠から双児山】
14年ぶりに訪れた南アルプスは整備された登山道で快適です。
【双児山から駒津峰】
アップダウンの登山道を行きます。西穂独標から西穂までの稜線と似ているような印象をもちました。
【駒津峰から山頂】
最短コースを選択し、山頂直下の上級者コースを登ることとしました。通常では、鎖があってもおかしくないところでも、なにもない状況です。3点確保など充分注意が必要です。
【山頂から駒津峰】
砂礫の道が続くので、滑りやすい。

バッジはこもれび山荘で購入できました。

※1番のバスで北沢峠に到着すれば、その後の日程に余裕がもてます。自宅の出発時間に気をつけましょう。反省しきりの山行でした。登山の鉄則、早出・早着。アルプスでは、午後からのガスでの道迷いや雷が危険のため、午前11時のピークハントが大切と痛感しました。
訪問者数:205人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ