ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938342 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

男体山

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー akuji
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
1時間51分
合計
6時間22分
S二荒山神社中宮祠08:3209:01三合目09:22四合目09:2310:15七合目10:3510:55八合目11:0211:43二荒山神社奥宮11:5511:57男体山12:4812:50二荒山神社奥宮13:0813:50七合目13:5214:26四合目14:39三合目14:54二荒山神社中宮祠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

登拝料500円を納めて登拝門を潜って出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登拝料500円を納めて登拝門を潜って出発。
始めは石段、次いで木と土の階段を登って、一合目遙拝所に到着。ゆっくり登ったつもりなんだけれど、なんか異常に息が切れる。あまり調子よくないのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは石段、次いで木と土の階段を登って、一合目遙拝所に到着。ゆっくり登ったつもりなんだけれど、なんか異常に息が切れる。あまり調子よくないのかな?
遙拝所を過ぎると山道になり、まだ特に急ではないけれど緩みのない上りを黙々と登る。ゆっくり登っているつもりなのにまだ息が切れる。遙拝所をほぼ同時に出発し10名弱の学生グループに引き離されて、三合目到着。ただ、時間を見ると上り始めから29分だから決して遅くはなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遙拝所を過ぎると山道になり、まだ特に急ではないけれど緩みのない上りを黙々と登る。ゆっくり登っているつもりなのにまだ息が切れる。遙拝所をほぼ同時に出発し10名弱の学生グループに引き離されて、三合目到着。ただ、時間を見ると上り始めから29分だから決して遅くはなかった。
三合目から四合目は車道歩き。ショートカットする道もあるようなんだけれど、おとなしく車道を押さえて歩く。バスを降りた頃は霧雨が降っていたほどでまだ日差しはなく暑くはない。息も収まってきて、ようやく調子が出てきたようだ。4合目の鳥居近くからは中禅寺湖が見下ろせる。山頂まで曇っていて山頂に着いたら雲が晴れてくれると最高。(^^)ゞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目から四合目は車道歩き。ショートカットする道もあるようなんだけれど、おとなしく車道を押さえて歩く。バスを降りた頃は霧雨が降っていたほどでまだ日差しはなく暑くはない。息も収まってきて、ようやく調子が出てきたようだ。4合目の鳥居近くからは中禅寺湖が見下ろせる。山頂まで曇っていて山頂に着いたら雲が晴れてくれると最高。(^^)ゞ
四合目の鳥居。ここを潜ると本格的な山道。さらに急になり足場も悪くなる。さっき引き離された学生グループはここで休んでいたので、抜いて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目の鳥居。ここを潜ると本格的な山道。さらに急になり足場も悪くなる。さっき引き離された学生グループはここで休んでいたので、抜いて行く。
五合目。この辺りは九十九折りで登って行く。昔は直登していたのだろう、その名残があるが、今は柵などで通るな、というメッセージが示されている。通って通れないことはないが、おとなしく九十九折りを登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目。この辺りは九十九折りで登って行く。昔は直登していたのだろう、その名残があるが、今は柵などで通るな、というメッセージが示されている。通って通れないことはないが、おとなしく九十九折りを登る。
六合目。岩が増えてくる。もうすぐ岩場の直登になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目。岩が増えてくる。もうすぐ岩場の直登になる。
滑り落ちそうな大岩をロープでつないである。もうすぐ七合目だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑り落ちそうな大岩をロープでつないである。もうすぐ七合目だ。
ここで後ろを振り返ると、こんな具合。岩場の直登。所々手も使わないとならない。こういうところは自然とペースが落ちるのでむしろ楽だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで後ろを振り返ると、こんな具合。岩場の直登。所々手も使わないとならない。こういうところは自然とペースが落ちるのでむしろ楽だ。
ヤマハハコ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ。
1
キオン。
なぜか、七合目では写真を撮り忘れた。というのも、湯元からのバスで一緒だった方と会いしばらくおしゃべりしていたから。その間に学生グループも追いついてきたが、七合目でまた大休止を取るようだ。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キオン。
なぜか、七合目では写真を撮り忘れた。というのも、湯元からのバスで一緒だった方と会いしばらくおしゃべりしていたから。その間に学生グループも追いついてきたが、七合目でまた大休止を取るようだ。(^^)(^^)
1
八合目手前の鳥居。もうすぐ八合目だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目手前の鳥居。もうすぐ八合目だ。
八合目の滝尾神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目の滝尾神社。
ここは休憩スポットで、ガスっていなければ絶景なんだけれど。チョコレートを食べてエネルギー補給。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは休憩スポットで、ガスっていなければ絶景なんだけれど。チョコレートを食べてエネルギー補給。
八合目を過ぎるとまもなく岩場の直登は終わり、緩い上りになるが、ここが結構難関。緩くなると自然ペースが上がるが、標高も上がって空気も薄くなっているので非常にきつく感じる。九合目でも団体さんが休んでいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目を過ぎるとまもなく岩場の直登は終わり、緩い上りになるが、ここが結構難関。緩くなると自然ペースが上がるが、標高も上がって空気も薄くなっているので非常にきつく感じる。九合目でも団体さんが休んでいた。
今回は、八合目以降も余裕で、しかし意識して抑えめで登れた。鳥居を潜ると奥宮。ほぼ山頂到着だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、八合目以降も余裕で、しかし意識して抑えめで登れた。鳥居を潜ると奥宮。ほぼ山頂到着だ。
その横に御神像。人が多い。中禅寺湖はまだ雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その横に御神像。人が多い。中禅寺湖はまだ雲の中。
山頂は、奥宮の右手をちょっと行ったところ。2012に新造された御神剣が立っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は、奥宮の右手をちょっと行ったところ。2012に新造された御神剣が立っている。
1
記念撮影。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影。(^^)(^^)
2
この先から、湯ノ湖は見下ろせた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先から、湯ノ湖は見下ろせた。
混雑している奥宮・山頂付近から志津方面に少し行くと眺めが良く人がほとんどいないポイントがある。そこで、お昼ご飯。写真の左端が御神剣、右端が太郎山神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混雑している奥宮・山頂付近から志津方面に少し行くと眺めが良く人がほとんどいないポイントがある。そこで、お昼ご飯。写真の左端が御神剣、右端が太郎山神社。
雲が大きく動いて、奥白根が頂を覗かせた。(^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が大きく動いて、奥白根が頂を覗かせた。(^^)(^^)
これは、錫ヶ岳。登りたいなぁ・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、錫ヶ岳。登りたいなぁ・・・。
食事を終えて御神像前まで戻ると雲が薄れて中禅寺湖が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事を終えて御神像前まで戻ると雲が薄れて中禅寺湖が見えてきた。
太郎山神社。この先は崖で行けない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎山神社。この先は崖で行けない。
崖の上に登ると、山越にちょっとだけ湯ノ湖が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖の上に登ると、山越にちょっとだけ湯ノ湖が見える。
中禅寺湖と、西ノ湖らしきところも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中禅寺湖と、西ノ湖らしきところも。
御神像に挨拶して下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神像に挨拶して下山開始。
足の調子は良いので順調に下山。七合目まで、42分。これは2年前と全く同じだ。写真は七合目の避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の調子は良いので順調に下山。七合目まで、42分。これは2年前と全く同じだ。写真は七合目の避難小屋。
そのちょっと上に七合目の道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのちょっと上に七合目の道標。
五合目避難小屋。ここまで、66分。2年前より早いぞ! (^^)(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目避難小屋。ここまで、66分。2年前より早いぞ! (^^)(^^)
四合目。ここまで78分。まだ足は軽い。ここで、ほぼ同時に出発した学生グループが休んでいた。挨拶して休みなしで進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目。ここまで78分。まだ足は軽い。ここで、ほぼ同時に出発した学生グループが休んでいた。挨拶して休みなしで進む。
車道。最後なので押さえずに何組も抜きながら歩く。最後はちょっとショートカット。三合目には91分で到着。ここで、朝バスで一緒だった方とまた出会った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道。最後なので押さえずに何組も抜きながら歩く。最後はちょっとショートカット。三合目には91分で到着。ここで、朝バスで一緒だった方とまた出会った。
最後の下り。足下もしっかりしている緩い下り。akujiの一番得意なところ。ただ、赤土でちょっと滑りやすいところがあるので、それだけ注意しなくてはいけない。実は、2年前は1回すってんころりんしてしまった。(^^)ゞ
一合目遙拝堂も素通り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の下り。足下もしっかりしている緩い下り。akujiの一番得意なところ。ただ、赤土でちょっと滑りやすいところがあるので、それだけ注意しなくてはいけない。実は、2年前は1回すってんころりんしてしまった。(^^)ゞ
一合目遙拝堂も素通り。
足洗い場到着は106分後。2年前は117分だったので、約1割削った。\(^o^)/
足を洗って登拝門を潜って、ゴール。(^^)(^^)
結局今回は、上りは191分と平凡だったけれど、下りは106分。特に3合目からは15分と、最後まで元気なまま歩き通せた。\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足洗い場到着は106分後。2年前は117分だったので、約1割削った。\(^o^)/
足を洗って登拝門を潜って、ゴール。(^^)(^^)
結局今回は、上りは191分と平凡だったけれど、下りは106分。特に3合目からは15分と、最後まで元気なまま歩き通せた。\(^o^)/

感想/記録
by akuji

9日「中山」、10日「白檜岳」に続いて3日連続の登山。今までは人のほとんど入らないコースだったが、今回は大混雑の「男体山」。もちろんバリルートもなし。とても急だけれどしっかりと整備されたコースを上り下りするだけ。まぁ、9日10日と苦労したので、最後は少し気楽に登りたい、という気分。朝一のバスで湯元温泉を出発。二荒山神社前で降りれば直ぐ登山口なのだけれど、お土産の羊羹など、登山には不要な荷物もあるので、それを中禅寺温泉まで行ってコインロッカーに預けて登山口に向かう。まだ早朝なのでメインストリートは閑散としているが、二荒山神社に入ると駐車している車の多さにびっくり。 11日は祝日、それも「山の日」だから、やはり登山客が多いようだ。
 男体山は今回で4回目。1回目は2012年で、上り212分、下り172分。上りは最後の勾配が緩くなったところでバテてしまった。2回目は2014年。この年は足の調子が良く、上り166分、下り117分。上りも下りも最後までバテることなく歩けた。3回目は2015年8月1日。登拝大祭の日で午前0時出発の夜間登山。上りは8合目で時間待ちをしたこともあり、211分。ただ、8合目までは調子よかったのだけれど、8合目で寒い中時間待ちをしていたらその後足が動かなくなり、最後で四苦八苦してしまった。下りは渋滞もあって131分。まぁ、気分良く下れた。今回は・・・。ちょっとだけど2日間の疲れも残っている感じだし、上りは押さえ気味で行くことにする。(続きはキャプションで)
訪問者数:202人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ