ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938480 全員に公開 トレイルラン谷川・武尊

谷川岳馬蹄形縦走 反時計回り 蓬峠からエスケープ

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー tsuetate
天候曇り後晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土合駅前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間33分
休憩
1時間4分
合計
9時間37分
S土合駅05:3007:20白毛門07:2507:52笠ヶ岳07:2508:37朝日岳08:4809:45清水峠10:0010:35七ッ小屋山11:02蓬峠11:3513:12武能沢13:50巡視小屋14:40土合駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓬峠から白樺小屋まで道がわかりにくいということはありませんが、鬱蒼とした感じで夏場はあまり気持ちの良いルートとは言えないかも知れません。

写真

白毛門山手前の松ノ木沢ノ頭。この後、白毛門山山頂でも写真を撮ったはずでしたが、そこでカップルの登山者と話しがはずんで取り損ねたか?残念。
2016年08月12日 06:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門山手前の松ノ木沢ノ頭。この後、白毛門山山頂でも写真を撮ったはずでしたが、そこでカップルの登山者と話しがはずんで取り損ねたか?残念。
白毛門山を経て笠ヶ岳手前。この頃はまだ太陽を雲が遮り涼しく快適なトレイルでした。
2016年08月12日 07:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門山を経て笠ヶ岳手前。この頃はまだ太陽を雲が遮り涼しく快適なトレイルでした。
笠ヶ岳からは、晴れてきて日差しも強くなってきました。
2016年08月12日 07:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳からは、晴れてきて日差しも強くなってきました。
2
実に眺めのよいルートです。
2016年08月12日 07:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実に眺めのよいルートです。
サンダーバード2号で運ばれたコンテナ(笑)。笠ヶ岳直下の避難小屋です。
2016年08月12日 07:57撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンダーバード2号で運ばれたコンテナ(笑)。笠ヶ岳直下の避難小屋です。
眼前に広がる雄大な景色に思わず雄叫びを上げたくなる(実際には上げませんが・笑)。
2016年08月12日 08:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前に広がる雄大な景色に思わず雄叫びを上げたくなる(実際には上げませんが・笑)。
4
おっ、池塘が見える。しばし足をとめて思わずシャッターを押しました。
2016年08月12日 08:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、池塘が見える。しばし足をとめて思わずシャッターを押しました。
2
朝日岳山頂。この頃はまだ絶好調。気分も上々。
2016年08月12日 08:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂。この頃はまだ絶好調。気分も上々。
2
朝日岳山頂のお地蔵さん。
2016年08月12日 08:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂のお地蔵さん。
懐かしの清水峠が見えた。十数年前に自転車で越えました。ほとんど担いでですが。
2016年08月12日 09:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしの清水峠が見えた。十数年前に自転車で越えました。ほとんど担いでですが。
4
清水峠に自転車でやってきた人がいて、思わずうれしくなりしばし歓談。
2016年08月12日 09:56撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠に自転車でやってきた人がいて、思わずうれしくなりしばし歓談。
1
山上のオアシスのはずが・・・。
2016年08月12日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山上のオアシスのはずが・・・。
1
蓬峠を下りて最初の水場。
2016年08月12日 11:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬峠を下りて最初の水場。
鬱蒼としたルートを抜けて旧国道との合流地点へ。ここまで来るとひと安心。でも先はまだまだ長いですが。
2016年08月12日 12:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬱蒼としたルートを抜けて旧国道との合流地点へ。ここまで来るとひと安心。でも先はまだまだ長いですが。
ようやく湯桧曽川が見えました。ゴールまでもう少し。
2016年08月12日 13:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 910 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく湯桧曽川が見えました。ゴールまでもう少し。
撮影機材:

感想/記録

 人気の谷川岳馬蹄形縦走を日帰りトレイルランで試みましたが、諸々の事情で蓬峠からエスケープ。とはいえ、どこを通ってもそんなに簡単にはいかないこのルート。エスケープした時はどんな具合か、その状況をご参考までに公開します。

 家を早く出たつもりでしたが、諸々の事情でスタートしたのが5時30分。蓬峠に着いたのが11時。「ビール!といきたいけど、まあそこはがまんして、コーラでも思う存分飲もうかな〜♪」と期待をふくらませて辿り着いた蓬ヒュッテ。山上のオアシスは当人の期待とは裏腹に誰もいません。中には入れますが、勝手に・・というわけにもいきません。

 ここで水分補給をして後半に臨むつもりでしたが、このペースでいくとゴールはたぶん午後4時〜5時位か。「水も補給できないし、基本的に午後3時には山行を終了したい。今日は、お盆休みで息子達も帰ってくるし。それに久しぶりのトレイルランで残りの体力もきついしなあ〜」ということで、エスケープすることに決定。

 もっとやる気モードなら手前の清水峠の水場で補給していたかもしれませんが、スタートが遅れた時点で「エスケープするかどうかの判断は蓬峠で」という考えに至りました。蓬ヒュッテには「水場」の看板があり、それに導かれて登山道を少し降りてみましたが見当たらず「エスケープルートなら豊富に水はあるだろう」と、すぐに引き返しました。

 蓬峠から白樺小屋までは、道がわかりにくいということはありませんが、鬱蒼とした感じであまり気持ちの良いルートとは言えません。以前、自転車を担いで土合から清水峠を越えた時にこの近くで熊とニアミスしたことがあったので、なんとなくいや〜な雰囲気。気のせいなんですが、なんだか獣臭が漂う気がして、熊よけの鈴はもちろん「こっちに来るなよ」と定期的に熊除けの笛を吹いてました。

 白樺小屋から先は新道を湯桧曽川沿いのルートとなりますが、総じてあまり歩きやすいとも言えず、私の技量ではトレイルランも歩きもほとんど差はない状況です。車をとめた土合駅に14時40分着。予定通り午後3時前に無事帰還。エスケープは私にとって誠に正しい判断でした。

 水1.5リットル、お気に入りのソルティライチ0.5リットル、計2リットルの水分を持ちましたが、蓬峠に着いた時点で残り0.5リットル。真夏のこの時期は、途中で水の補給は必須です。時間的には、午後3時にゴールするには遅くても4時、できれば3時にスタートすべきでした。

 コースは雄大で実に気持ちが良く、今度はテント泊装備でゆっくりと楽しみたいと思います。
訪問者数:365人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ