ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938912 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白山

白山(石徹白道)

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー hirohisaW
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白山中居神社から細い林道を通って、いとしろ大杉の駐車場へ。15台は停められる。トイレ有。登山届箱有。水場有。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間56分
休憩
2時間10分
合計
17時間6分
S石徹白登山口00:0501:06神鳩ノ宮避難小屋01:54銚子ヶ峰02:33一ノ峰03:40三ノ峰避難小屋03:47三ノ峰05:05別山05:1506:46南竜山荘07:0507:58白山室堂08:0508:34白山09:0010:05南竜山荘10:25赤谷渡渉点10:3212:18別山12:4513:42三ノ峰13:47三ノ峰避難小屋14:0215:24銚子ヶ峰15:53神鳩ノ宮避難小屋16:1217:11石徹白登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的に整備されていて歩き易い。銚子ヶ峰、一の峰、三の峰越えの下りは急で足元不安定な箇所あり注意。アップダウン激しいタフなコース。
その他周辺情報満天の湯(800円)
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 防寒着 雨具 日よけ帽子 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ
備考 夏は靴の中が汗で濡れるので替えの靴下は必携です。

写真

19km・・・・。
2016年08月11日 16:18撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19km・・・・。
別山山頂より御来光を拝む。
2016年08月12日 05:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山山頂より御来光を拝む。
2
別山平と三の峰
2016年08月12日 05:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山平と三の峰
別山神社と白山遠望
2016年08月12日 05:16撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山神社と白山遠望
御前峰と南竜荘
2016年08月12日 06:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰と南竜荘
1
別山と室堂
2016年08月12日 08:29撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山と室堂
大汝峰と剣ヶ峰
2016年08月12日 08:40撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝峰と剣ヶ峰
御前峰山頂
2016年08月12日 08:49撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前峰山頂
別山と室堂
2016年08月12日 09:01撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山と室堂
神社改修中
2016年08月12日 09:22撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社改修中
ハクサンフウロ
2016年08月12日 09:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
イブキトラノオ
2016年08月12日 09:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ
ハクサンフウロ
2016年08月12日 09:31撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
別山とトンビ岩
2016年08月12日 09:41撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山とトンビ岩
チングルマ
2016年08月12日 09:50撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ
トリカブト
2016年08月12日 11:30撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト
シモツケソウ
2016年08月12日 12:07撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ
タカネマツムシソウ
2016年08月12日 12:52撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネマツムシソウ
コウメバチソウ
2016年08月12日 13:11撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウメバチソウ
ヤマハハコ
2016年08月12日 13:13撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
いとしろ大杉
2016年08月12日 17:06撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いとしろ大杉

感想/記録

天気が良さそうなので前から気になっていた白山石徹白道を登ってきました。
今日中に登って下ってきたかったので夜中出発としました。
前半、体が調子が良かったのと気合が入っていたので結構いいペースで登ることが出来ました。夜の満天の星空は素晴らしく、天の川がはっきり見えました。
流れ星がやけに多いなぁと思いましたが、帰ってから調べてみると、ペルセウス座流星群の極大期ということですばらしい天体ショーでした。ナイトハイクもいいもんですね。
道中、ヘッデンの明かりにたくさん虫が寄ってきて、そのうちの一匹が左の目に飛び込んでしまって取り出そうにも取り出せず、下山までずっと目の中に入ったままでした。目がゴロゴロして登山に集中できませんでした。こういうときのために鏡は必要ですね。
別山山頂から御来光を拝みました。
今回、別山に登れたことは感無量です。白山から眺める別山は何か神々しさが漂うかっこよさで、白山本体より別山の方が好きです。
南竜山荘手前の油坂の激坂は帰りの登りを思うとゾッとする所です。
室堂に着くとさすがに人が多く、静かな山行が好きな私にとって、ちょっとなぁという感じだったのですが、ここから仰ぎ見る快晴の空にそびえる御前峰が素晴らしく、ほんと今日登って良かったと思いました。
山頂からの眺望も楽しみましたが、遠くは霞んでいて山名同定があまりできませんでした。
帰りは問題の油坂の激登り。まだ午前中なのに日差し強烈で、汗が噴き出します。
何とか気合いで油坂の頭まで登りきりましたが、体力がだいぶ消耗しました。
ここから別山までいくつかの小ピークを越えていかねばならず、縦走って大変だなと素直に思った次第です。
しかしその後、ガスッてきて日差しが和らぎ、登りやすくなったのは助かりました。
しかしここで問題が・・・。この暑さで登山靴の中が汗で濡れて、濡れた靴下と足の裏がこすれて大きなマメが出来てしまい、歩くのもやっとという状態になってしまいました。やはり替えの靴下は必携ですね。
別山まで戻ってきて後は下るだけと思うと気持ちが楽になりました。ガスがだいぶ濃くなってきたので急いで下ります。でも足裏が痛いのでスピードが上がりません。
気を散らすと転ぶので集中して下ります。
銚子ヶ峰も大きなピークで、急坂を喘ぎ喘ぎ登りました。山頂だと思っていた先に
本当のピークがあり、このときばかりはほんとに頭にきてザックを放り投げました。
にせピークめ許さんぞ!!(笑)
ここで体力使い果たし、あとは惰性で下って行きます。緩急織り交ぜての長い下りで、この1ピッチがとても長く感じる。ここを登ってきたなんて信じられないくらい。駐車場に着いた時は放心状態で座り込んだ。せんべいをむさぼり食った。
まあ、最後はみっともない形で終わりましたが、この長いコースを無事往復出来たことは自分にとっていい経験になって良かったです。
いろいろ反省させられた山行でしたが、この教訓を次の山行に活かしたいと思います。




訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ