ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 938948 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳縦走

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー BBClunetteyym, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往路
スーパーあずさで茅野駅へ。路線バスで美濃戸口。
帰路
タクシーで小淵沢駅へ。スーパーあずさで乗換駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間39分
休憩
31分
合計
3時間10分
S八ヶ岳山荘10:2711:13やまのこ村11:17赤岳山荘11:2611:33美濃戸山荘12:17堰堤広場12:3913:37赤岳鉱泉
2日目
山行
8時間17分
休憩
3時間45分
合計
12時間2分
赤岳鉱泉05:0205:09大同心沢(大同心ルンゼ)分岐05:13ジョウゴ沢05:1706:31赤岩の頭06:3807:03硫黄岳07:3007:52硫黄岳山荘08:4009:04台座ノ頭09:18横岳(奥ノ院)09:3609:40無名峰09:4309:48横岳(三叉峰)09:5610:02石尊峰10:1310:15鉾岳10:2010:22日ノ岳10:2910:38二十三夜峰10:4110:50地蔵の頭10:53赤岳天望荘11:0211:33赤岳頂上山荘11:36赤岳12:0812:09竜頭峰12:1012:10赤岳12:2112:33文三郎尾根分岐12:3513:33行者小屋13:5414:37中ノ行者小屋跡14:4016:02美濃戸山荘16:0516:12赤岳山荘16:1416:16やまのこ村17:04八ヶ岳山荘17:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
横岳から二十三夜峰までは気が抜けません。
文三郎尾根の下りも躓き、転倒注意。
その他周辺情報八ヶ岳山荘で風呂にしました。
駅のホームで缶ビールで乾杯。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

なんかおしゃれなカフェが出来てた
2016年08月11日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんかおしゃれなカフェが出来てた
2
美濃戸口
2016年08月11日 10:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口
2
では、しゅっぱーつ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、しゅっぱーつ
3
美濃戸 赤岳山荘
2016年08月11日 11:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸 赤岳山荘
3
阿弥陀岳
2016年08月11日 11:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
2
北沢へ行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢へ行きます
2
前方に稜線が見えて、歓声が上がります
2016年08月11日 12:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に稜線が見えて、歓声が上がります
2
堰堤広場で休憩
2016年08月11日 12:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤広場で休憩
2
沢沿いは気持ちいいです
2016年08月11日 12:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いは気持ちいいです
3
赤岳鉱泉到着〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着〜
3
今日はここでまったりと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はここでまったりと
3
夕食のステーキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食のステーキ
4
とても美味しくいただきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても美味しくいただきました
3
みんなは小屋、私はテント
夜は結構冷えました。小屋は暑かったらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなは小屋、私はテント
夜は結構冷えました。小屋は暑かったらしい。
2
2日目早朝
今日はハードですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目早朝
今日はハードですよ
2
横岳、赤岳
「あそこまで行くんだよ」「え〜〜っ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳
「あそこまで行くんだよ」「え〜〜っ」
2
赤岳、阿弥陀岳
深緑ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、阿弥陀岳
深緑ですね
3
甲斐駒と仙丈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒と仙丈
3
きつい登り
朝ご飯食べてないから・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつい登り
朝ご飯食べてないから・・
2
何回見てもすごい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回見てもすごい
2
雲海もすごかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海もすごかった
2
端っこまで来てみました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端っこまで来てみました
2
硫黄岳小屋まで下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳小屋まで下ります
2
富士山が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えました
3
白いコマクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いコマクサ
3
ガスが上がってきてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが上がってきてます
2
コマクサ群生地
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ群生地
2
カニの横這い
混雑してました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニの横這い
混雑してました
5
クサリとハシゴを越えて・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリとハシゴを越えて・・
2
地蔵の頭
すっかり視界なくなりました・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
すっかり視界なくなりました・・
2
四つん這いになってます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四つん這いになってます
2
頂上山荘が見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘が見えた
2
ガスガスの登頂
お疲れさま!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスの登頂
お疲れさま!
3
文三郎尾根
怖いですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根
怖いですね〜
2
あとで写真見てどう思うでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとで写真見てどう思うでしょうね
2
行者小屋がみえました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋がみえました
3
中岳、阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳、阿弥陀岳
2
やっと下りた
長かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと下りた
長かった〜
2
お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!
2
また来たいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来たいですね
2
以前と道が違うような気が・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前と道が違うような気が・・
2
林道に出ました
もう足が限界・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました
もう足が限界・・
3
撮影機材:

感想/記録
by BBC

lunetteさんと女子ハイキングクラブの八ヶ岳山行に同行させてもらいました。
硫黄から赤岳までの縦走はやったことがありますが、春山でカニの横這いのところでクサリが使えず死ぬ思いをしました。今回1日で歩き切るという計画で、私も楽しみでした。

1日目は北沢から赤岳鉱泉に入ります。北沢を歩くのは久しぶり。橋が立派なものに架け替えられて、歩きやすくなってました。緑濃き原生林と沢の水音に癒されつつ、大同心と横岳の稜線を望みながら赤岳鉱泉に到着。早速乾杯。3時間のハイキングですが、白馬岳から日が経ってないせいか、眠くなってしまいました。
女子たちは小屋泊り、私はテントです。たまにしか使わなくなってしまったテントですが、中に入るとホッとします。2時間ほどうたた寝をして夕食の時間になりました。お楽しみのステーキは期待通りのおいしさ。明日の打ち合わせをして休みました。テントは静かでしたが、小屋は廊下の足音が響いて気になったそうです。

翌日もきれいに晴れて、元気よく出発します。硫黄岳までの急斜面に汗だく。朝食抜きだから休み休み行きます。爆裂火口の雄大さは相変わらずです。みんな写真を撮りまくっていました。眼下の雲海には金峰山、富士山、中央アルプス、北アルプスがほんのりと浮かんでいました。
硫黄岳山荘まで下ったら、朝食です。女子は小屋のお弁当、私はアルファ米弁当。ふりかけを加えてみましたが、効果薄。ドリップコーヒーとロールケーキで英気を養い、いよいよ縦走開始です。
台座の頭まで登り返すと、東西からガスが流れてきて展望が悪くなってきました。カニの横這いは高度感なく、クサリも使えて一安心でしたが、ちょうどグループ同士ですれ違わなくてはならず、相手に小さな子がいたのでクサリで渡りました。奥の院へのハシゴも夏用は別にあって驚きでした。
ここからは岩場の険しい道です。みんなこんな道は初めてでしょう。緊張していると思いますが、ガスで下が見えなかったのがよかったと思います。無事地蔵の頭までたどり着き、今度は赤岳への登り返しです。これはさすがにペースが落ちます。とんでもない急坂です。ガスガスの中やっとの思いで登頂しました。
ちょっと休憩したら出発。帰りのバスに間に合わなくなります。しかし、文三郎尾根の下りがまた大変です。通過は慎重に、すれ違いの待ちもあり、ザレた道では転倒もあり、足を痛めながらも行者小屋に下りてきました。
もうバスには間に合わないので、休憩してゆっくり下ります。南沢の道は勾配がきつめで、足が棒になってしまいました。林道に出てほっとしたのもつかの間、車が頻繁に通るので落ち着いて歩けませんでした。
八ヶ岳山荘でタクシーを予約し、風呂で汗を流します。風呂上がりの牛乳がうまかった〜。タクシーの運転手さんは鉄道マニアで、茅野駅より小淵沢駅に行ったほうが安いと教えてくれ、他にもいろいろな運賃裏技を教えてくれました。駅のホームで祝杯をあげ、ゆったり座って帰路につきました。

というわけで、女子ハイキングクラブ初の12時間行動は無事に終了しました。その頑張りには頭が下がります。今回赤岳山頂からの眺めがなかったのは残念でしたが、早朝の眺めを十分堪能できたと思います。また今度、絶景とおいしい食事とスリルを求めて山に入りましょう。
お疲れ様でした!
訪問者数:314人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/24
投稿数: 1556
2016/8/14 15:42
 BBCさん、lunetteさん、こんにちは。
八ヶ岳に行かれたんですね。八は冬にしか行った事が無く、夏の八ヶ岳に是非行きたくなりましたよ。

BBCさん、両手・両足に華ですね(^_^)/~

こんな贅沢な山行・・・私には一生ありません
BBC
登録日: 2008/10/18
投稿数: 848
2016/8/14 17:39
 Re: BBCさん、lunetteさん、こんにちは。
HIDENORI-Tさん、まいどです。
はい、贅沢させていただきましたよ♪ lunetteさまさまです。
でもやっぱり八ヶ岳は冬ですよ!
yym
登録日: 2016/5/3
投稿数: 3
2016/8/15 22:10
 お世話になりました。
中盤、必死すぎてあまり記憶がないのですが、こんな道を通ってきたんですね…
BBC
登録日: 2008/10/18
投稿数: 848
2016/8/16 18:39
 Re: お世話になりました。
すみません、yymさん。アカウントを忘れていました。
文三郎尾根の下りは、怖いですよね。でも、あのくらいは普通なので、これからもっと楽しめますよ〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ