ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939156 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

火打山(山の日に原点回帰)

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー w-charider, その他メンバー1人
天候11日 快晴
12日 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間43分
休憩
13分
合計
2時間56分
S笹ヶ峰登山口10:1911:00黒沢橋11:0412:23富士見平分岐12:3213:15高谷池ヒュッテ
2日目
山行
4時間16分
休憩
3時間6分
合計
7時間22分
高谷池ヒュッテ03:2403:45天狗の庭04:13ライチョウ平04:38火打山05:1705:38ライチョウ平05:4206:07天狗の庭06:22高谷池ヒュッテ08:4009:13富士見平分岐10:08黒沢橋10:1310:46笹ヶ峰登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天狗の庭〜雷鳥平
従来の崖伝いのコースが閉ざされ、笹ヤブの中を通る新ルートが開かれています。
刈り払われてはいますが、ネマガリタケの切り口に足をとられやすいので、道が落ち着くまで数年はかかると思います。
その他周辺情報苗名の湯
笹ヶ峰から25〜30分ほど。大人450円。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 登山靴 防寒着 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー バーナー・ガス缶 コッヘル トイレットペーパー シェラカップ 調理用水 細引 携帯電話バッテリー・ケーブル テント・ペグ・フライシート シュラフ サンダル ランタン 図鑑類

写真

いつもより遅めのスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもより遅めのスタート。
黒沢。
天気よすぎて暑い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒沢。
天気よすぎて暑い。
1
黒沢岳のトラバースから。
左から焼山・影火打・火打山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒沢岳のトラバースから。
左から焼山・影火打・火打山。
2
高谷池ヒュッテに到着。
お気に入りの角度から一枚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高谷池ヒュッテに到着。
お気に入りの角度から一枚。
2
テント場はほぼ満員。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場はほぼ満員。
1
夕暮れの焼山。
活動が活発なのと、気温が下がってきたのとで、水蒸気がかなり多めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの焼山。
活動が活発なのと、気温が下がってきたのとで、水蒸気がかなり多めです。
2
翌朝。
星座も流星群もバッチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。
星座も流星群もバッチリ。
2
雷鳥平付近から妙高市街方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥平付近から妙高市街方面。
2
山頂に到着。
夜のうちから出発していったパーティーが多かったわりに、山頂には誰もいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
夜のうちから出発していったパーティーが多かったわりに、山頂には誰もいませんでした。
3
ミヤマシシウドを逆光で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマシシウドを逆光で。
2
北アルプス朝日岳にかかる本来の「影」火打。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス朝日岳にかかる本来の「影」火打。
2
日が昇り、黄金色の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇り、黄金色の稜線。
1
天狗の庭から逆さ火打。
火打山はやはりここからの姿がいちばん映える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭から逆さ火打。
火打山はやはりここからの姿がいちばん映える。
5
高谷池に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高谷池に戻ってきました。

感想/記録

山歩きを始めた頃、本格的に山にのめりこむきっかけとなったのが、火打山でのテント泊でした。

今回、山の日にいくつかの偶然が重なって、同じ時期、同じテント泊で、しかも当時一緒に登ったメンバーのひとりと、またこの山に来ることができました。

第一回の山の日としては申し分ない快晴。
今まで幾度も火打には登ってきましたが、間違いなく最高の天気です。
夕焼け・星空・ペルセウス座流星群・御来光もバッチリ。

ほかの山と同じく、高山植物はかなり早咲きのようでしたが、山頂付近にはウサギギク・ミョウコウトリカブト・オヤマリンドウ・ミヤマシシウドなどが見られました。

今まで素人なりにいろんな山に登ってきましたが、火打山は間違いなく好きな山の上位に入っています。加えて今回の絶景の数々。

私が山から受け取っている恩恵はあまりにも大きいものです。

こんな景色が見られるならば、これから何年も何十年も、登れる限りの山に登っていきたいと思える山行となりました。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ