ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939275 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳(黒部尾根〜八丁尾根)

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー katsuki123
天候1日目:ガス
2日目:晴れ時々ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白キャンプ場に駐車。
山の日ということもあってか、5時ごろには8割程度埋まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

・1日目
[5:30]尾白駐車場 発
[11:00]七丈小屋天場 着

・2日目
[4:20]七丈小屋天場 発
[6:30]甲斐駒ヶ岳
[12:15]大岩山
[17:00]尾白駐車場 下山
コース状況/
危険箇所等
GPSログ取り忘れのため、手書きです。
その他周辺情報道の駅はくしゅうで飲用水がくめる。コンビニで水を買ってきたのだが、その必要はなかった。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

神社横の橋を渡り、黒部尾根の登りが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社横の橋を渡り、黒部尾根の登りが始まる。
刃渡りは足場がしっかりしているので楽に行ける。落ちたらおしまいだが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りは足場がしっかりしているので楽に行ける。落ちたらおしまいだが。
登山道(下り)。小屋跡地にて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道(下り)。小屋跡地にて。
2つある天場のうち、小屋に近いほうは日陰がない。日中のテント内はまるでサウナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つある天場のうち、小屋に近いほうは日陰がない。日中のテント内はまるでサウナ。
翌朝、雲海に浮かぶ黒部半島。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、雲海に浮かぶ黒部半島。
遠くに見えるあの山は?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見えるあの山は?
1
山の景色は朝が一番きれいだと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の景色は朝が一番きれいだと思う。
1
ピークへ向けて鎖の岩場を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークへ向けて鎖の岩場を登る。
もうすぐ甲斐駒ヶ岳。
なぜか雪山が恋しくなった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ甲斐駒ヶ岳。
なぜか雪山が恋しくなった。
1
やっとこさ到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ到着。
このまま縦走したかった。どうにかして行けないか考えてみたが、地図も食料も日程もルートの情報もないので、どうにもならない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま縦走したかった。どうにかして行けないか考えてみたが、地図も食料も日程もルートの情報もないので、どうにもならない。
ここから下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから下っていく。
避難小屋コルへの下り後半は道がわかりづらいところもあるが、ケルンを伝って岩の上を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋コルへの下り後半は道がわかりづらいところもあるが、ケルンを伝って岩の上を行く。
20mくらい岩を下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20mくらい岩を下る。
避難小屋のコル。ここから下ったところに避難小屋があるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋のコル。ここから下ったところに避難小屋があるらしい。
烏帽子山。地図にはない大岩山への道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子山。地図にはない大岩山への道が続く。
岩と這松の稜線で踏み跡を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と這松の稜線で踏み跡を進む。
大岩山の急登は、はしごで始まり、急登の終わりまでロープがついている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩山の急登は、はしごで始まり、急登の終わりまでロープがついている。
急登後の小さいポコをピークと勘違いしそうになったが、本当のピークは少し奥にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登後の小さいポコをピークと勘違いしそうになったが、本当のピークは少し奥にある。
あとはひたすら土の夏道を歩く。だれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはひたすら土の夏道を歩く。だれる。
日向山は行かず、手前の分岐から林道に降りてきた。この道を林道というか夏道というかは人それぞれ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山は行かず、手前の分岐から林道に降りてきた。この道を林道というか夏道というかは人それぞれ。
林道から尾白駐車場への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から尾白駐車場への分岐。

感想/記録

・1日目
 道の駅はくしゅうで前日泊し、尾白駐車場に車を止めて出発。いろいろな人に追い抜かれたが、以前痛めたヒザの様子を見つつ、休憩を多めにとっていくことにした。刃渡りをサクッと超えて、七丈小屋へ向かう。
 小屋には「天場まで200m」という看板があるが、歩いた感じからしてそれくらいの距離はあるでしょう。天場と小屋の水場・トイレの往復は結構面倒だ。
 天場の申し込みを済ませてのんびりしていると、追い抜いて行った人たちが下ってきた。日帰りで下山するのだろう。南アルプスにはタフな人が多い。

・2日目
 夜明けちょっと前に天場を出発。もろい岩壁を登り、開けた場所に着いたところでちょうど日の出の頃合いとなった。雲海に浮かぶ長大な尾根が朝日に照らされ、思わずその光景に見とれてしまった。八合目御来迎場からははしごや鎖付きの岩をがっつり登り、甲斐駒ヶ岳Peakへ。南アルプスのスケールのデカさに圧倒された。
 甲斐駒からの下りは、下り口がわかりづらい。すこし先に道は見えるが、その道に入るまでのルートを探るため、行ったり来たりしながら進む。避難小屋のコルへの下りはケルンを伝っていき、三ツ頭分岐を経由して烏帽子岳へ。
 烏帽子岳から大岩山への道はほぼ尾根上についている。大岩山への急登はロープを頼りに登り、大岩山に到着。あとはだらだらと夏道を行き下山した。駐車場で荷物の整理をしていると警察に声をかけられた。事故があったためか見回りしているようだ。お疲れ様です。

 初めての南アルプスだったが、また来たい。今度は縦走で。問題は日程がとれるかどうかだが。
 
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ