ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939426 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

★鳳凰三山周回日帰り 青木鉱泉発★

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー momonga77, その他メンバー3人
天候快晴だが周辺は雲多い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
韮崎ICからR20を北上して上円井交差点を左折して青木鉱泉方面へ。 序盤はきちんとした舗装路ですが、途中からは未舗装路がところどころであり、エグレている所も結構多いので油断していると車にダメージを負います… 暗いとかなり分かり難いので、くれぐれもスピードの出し過ぎには注意が必要な道です!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間10分
休憩
2時間18分
合計
12時間28分
S青木鉱泉05:2007:05南精進ヶ滝08:2007:30鳳凰滝08:05白糸の滝08:2008:40五色の滝09:30鳳凰小屋10:20地蔵ヶ岳11:05アカヌケ沢の頭11:5311:30鳳凰小屋分岐11:55鳳凰山12:20薬師岳12:30薬師岳小屋13:25御座石15:50林道出合16:20中道ルート登山口16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▪青木鉱泉〜地蔵岳
他の方も書いていますが、ドンドコ沢コースは滝が沢山ありますが先が長い事もありゆっくり見ている余裕はありませんでした。 道も明瞭で特に危険箇所はありません。鳳凰小屋のスタッフは親切で感じのいい方ばっかりでした、水を補給し地蔵岳直下の砂地獄に挑みます。
他の方々のレコで地蔵岳直下の砂は大したことはなかったとありましたが、1500登ったあとの砂地獄はかなりきついかと……歩けど歩けど前に進まない感じで体力を消耗します。

▪地蔵岳〜観音岳
地蔵岳からすぐのピークに一旦登ってから下り、再度登り返すため疲れた身体には堪えると思いますが右手には北岳方面の展望が抜群なので疲れは吹き飛びます。
この日は生憎の雲で見えたり見えなかったりでした。

▪観音岳〜薬師岳
薬師岳へゆっくり下っていくだけなので楽チン、おもいっきりよそ見をしながら歩けます。

▪薬師岳〜青木鉱泉
ドンドコ沢コースと違い変化に乏しく全く面白味もない道、そして1700弱も下らなければいけないので苦行以外のなにものでもありません…道は明瞭で特に危険箇所などはないです。
その他周辺情報R20沿いは登り方面にかなりいかないと飲食店がありません…そして何故か豚骨ラーメン屋ばっかり。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドンドコ沢コースを登りに使う場合、沢や小屋があって水には困らないですが、薬師岳からの下りは給水ポイントは0なので空いたペットボトルなどに多めに給水しておく事をお勧めします。
後半は稜線歩きで暑くなってきたため、登りで給水した分をほとんど飲み切ってしまいました。

写真

青木鉱泉、無人なので少し怖い
2016年08月12日 05:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青木鉱泉、無人なので少し怖い
天気は良さそう!
2016年08月12日 05:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は良さそう!
ツリガネニンジンの一種
2016年08月12日 06:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジンの一種
1
キバナノホトトギス
2016年08月12日 06:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノホトトギス
1
マルバダケブキ
2016年08月12日 07:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マルバダケブキ
1
トゲだらけの凶悪植物。枝はもちろん葉脈にまで武装してました
2016年08月12日 07:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トゲだらけの凶悪植物。枝はもちろん葉脈にまで武装してました
1
トリカブトの一種
2016年08月12日 08:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトの一種
1
ホタルブクロ
2016年08月12日 08:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
1
ノウゴウイチゴ
美味しくはないですが、原種らしく香りはかなり濃厚です
2016年08月12日 08:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノウゴウイチゴ
美味しくはないですが、原種らしく香りはかなり濃厚です
1
目指す地蔵岳
2016年08月12日 09:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す地蔵岳
3
鳳凰小屋到着
南アルプスの天然水飲み放題
本当に美味しい水です
2016年08月12日 09:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋到着
南アルプスの天然水飲み放題
本当に美味しい水です
いよいよ白砂の急登
2016年08月12日 10:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ白砂の急登
青空にオベリスク、絵になります❗
2016年08月12日 10:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空にオベリスク、絵になります❗
3
オベリスクカッコイイ‼
2016年08月12日 10:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オベリスクカッコイイ‼
2
タカネビランジ
あちこちに咲いてます、余程この環境が合っているのでしょう
2016年08月12日 10:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネビランジ
あちこちに咲いてます、余程この環境が合っているのでしょう
2
次のターゲット、観音岳
2016年08月12日 10:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のターゲット、観音岳
1
うっとり〜
2016年08月12日 10:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっとり〜
2
お目当のホウオウシャジン
気品のある花、数は少なくかなり気を付けていないと発見できないかも
2016年08月12日 11:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当のホウオウシャジン
気品のある花、数は少なくかなり気を付けていないと発見できないかも
2
周囲は雲海状態。これはこれでいい感じ
2016年08月12日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲は雲海状態。これはこれでいい感じ
1
賽の河原のお地蔵さん
2016年08月12日 11:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原のお地蔵さん
1
歩いてきた稜線
2016年08月12日 12:20撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線
2
撮影機材:

感想/記録

鳳凰小屋まではひたすら森の中を歩いていくので滝以外は特に面白味はありません。
地蔵岳直下の砂地獄は斜度のキツイ砂浜歩きで、疲れた身体には堪えます。
ですが、大迫力のオベリスクを望みながらの登りなので気力は充実していました。
オベリスクの先端は登れるようですがかなり急で危険なためリスクのある行為はやめましょう( ;´Д`)

観音岳への登り返しに備え、地蔵岳でオベリスクを眺めながらゆっくり休みました。
この日は周囲が雲に覆われていたため、富士山、八ヶ岳、甲斐駒〜仙丈ヶ岳〜白根三山の展望がイマイチ…何故か鳳凰三山の稜線にかけては下山までほぼ快晴だったので結果オーライです^ ^

高山植物も稜線沿いにはタカネビランジがあちこちに、お目当のホウオウシャジンも数は少ないですが確認できました。 他の方のレコにもありましたが、かなりの高所(地蔵岳直下)にホタルブクロが自生しているのには少し驚き!別種でしょうか?

標高差もあり距離も長いコースですが、地蔵岳のオベリスクは大迫力で金峰山の五丈岩と双璧を成す奇岩かと!本当に自然の造形美にうっとりします。
歩きごたえもあり疲れましたが、本当に楽しく最高の時間を過ごす事ができしました。

※くれぐれも登山口までの道路は慎重に❗
訪問者数:362人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ