ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939543 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走道南

大平山 〜暑さにやられたピーカン登山〜

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー i-tomo
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間14分
休憩
15分
合計
7時間29分
Sスタート地点06:1510:10大平山10:2513:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
薮漕ぎゾーンは注意が必要です。ロープもありますが踏み跡を見逃さない事。
その他周辺情報温泉は宮内温泉、日帰り500円。いいお湯です!
ご主人もフレンドリーです!
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハイドレーション2L お茶500ml×2 携帯食

写真

前日、羊蹄のわき水を汲む。
2016年08月12日 16:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日、羊蹄のわき水を汲む。
6
朝、泊川の奥に見える大平山。
2016年08月13日 05:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、泊川の奥に見える大平山。
今回はトンネルを行けました!
2016年08月13日 06:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はトンネルを行けました!
少し歩いて登山口。
2016年08月13日 06:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩いて登山口。
1
初めだけゆるい登山道。
2016年08月13日 06:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めだけゆるい登山道。
1
やがて沢が狭まりジャングルの中を行くような登りが続く。
2016年08月13日 06:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて沢が狭まりジャングルの中を行くような登りが続く。
2
うっそうとした登山道。
2016年08月13日 06:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっそうとした登山道。
1
急に明るくなり
2016年08月13日 06:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に明るくなり
ブナ林に入る。
2016年08月13日 07:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に入る。
そこを抜けると樹林帯から離れる。
2016年08月13日 07:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこを抜けると樹林帯から離れる。
1
第一ピークまで3カ所のロープ場がある。
2016年08月13日 07:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一ピークまで3カ所のロープ場がある。
2
810m第一ピーク。
2016年08月13日 07:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
810m第一ピーク。
1
目の前に第二ピークが迫る。
2016年08月13日 08:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に第二ピークが迫る。
9
石灰岩が出てくる。全体的に険しい山です。
2016年08月13日 08:03撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灰岩が出てくる。全体的に険しい山です。
2
途中館箇所か石灰岩のお花畑を通過。
2016年08月13日 08:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中館箇所か石灰岩のお花畑を通過。
2
危険な所にはロープが付いている。
2016年08月13日 08:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険な所にはロープが付いている。
1
オオヒラウスユキソウ
2016年08月13日 08:50撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヒラウスユキソウ
4
Leontopodium miyabeanum
2016年08月13日 08:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Leontopodium miyabeanum
2
ミヤマアキノキリンソウ
2016年08月13日 08:51撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
北海道固有種
2016年08月13日 08:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道固有種
3
アサギリソウ
2016年08月13日 09:05撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサギリソウ
崕山にそっくりな山容。奥は狩場山。
2016年08月13日 09:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崕山にそっくりな山容。奥は狩場山。
8
東側は雲海が広がっていたが、ここはずっとピーカンだった。
2016年08月13日 09:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側は雲海が広がっていたが、ここはずっとピーカンだった。
1
第二ピークからは薮漕ぎです。
2016年08月13日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二ピークからは薮漕ぎです。
1
ヤマハハコ
2016年08月13日 09:45撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
山頂だろうか。
2016年08月13日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂だろうか。
1
雲海の向こうに霞んだ羊蹄山。
2016年08月13日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の向こうに霞んだ羊蹄山。
1
オニシモツケ
2016年08月13日 10:07撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オニシモツケ
山頂着。
2016年08月13日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂着。
6
周りは薮だらけで休むような場所はない。
2016年08月13日 10:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りは薮だらけで休むような場所はない。
8
第三ピークから。
2016年08月13日 10:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三ピークから。
2
エゾシオガマ
2016年08月13日 10:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ
途中道を見失い焦る。
2016年08月13日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中道を見失い焦る。
なんとか突破。
2016年08月13日 11:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか突破。
2
花見をしながらのんびり下る。
2016年08月13日 11:30撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花見をしながらのんびり下る。
1
身体が火照る
2016年08月13日 11:42撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
身体が火照る
1
樹林帯に入り助かった。けっこう身体が熱を持っている。
2016年08月13日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入り助かった。けっこう身体が熱を持っている。
ブナ林を下り。
2016年08月13日 12:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林を下り。
ジャングルを抜け。
2016年08月13日 13:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャングルを抜け。
無事登山口着。
2016年08月13日 13:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事登山口着。
1
泊川の清流、ああザブンと飛び込みたい!
2016年08月13日 13:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泊川の清流、ああザブンと飛び込みたい!
5
車まではまだ少し歩く。
2016年08月13日 13:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車まではまだ少し歩く。
へろへろになりながらなんとか到着。
2016年08月13日 13:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へろへろになりながらなんとか到着。
3
本当に今日は暑いわ。
2016年08月13日 13:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に今日は暑いわ。
3
宮内温泉。スネもけっこうアザになっていた。
2016年08月13日 14:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮内温泉。スネもけっこうアザになっていた。
1
生き返りました(笑)宮内温泉のご主人がへろへろの僕を見て、氷持ってこようか?と優しい言葉をかけてくれた。
2016年08月13日 14:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生き返りました(笑)宮内温泉のご主人がへろへろの僕を見て、氷持ってこようか?と優しい言葉をかけてくれた。
7

感想/記録
by i-tomo

今年は崕山でホテイアツモリソウを見る事が出来たので、次は大平山でオオヒラウスユキソウも見たい、と考えていた。
以前大平山に行った時にはトンネルの前から通行止めで、長いトンネル歩きが一番嫌でインパクトがあった。
しかも天候が思わしくなく、第二ピークから走るように引き返したが、それでも土砂降りの雨に見舞われた。

そんな大平山だったが、今回は天候が良いので、逆に花の写真がきれいに撮れるかが心配だった。
お盆の土曜日で何組か入っていると思ったが、結局他には誰もいない独り占めの大平山になった。

最初ジャングルのような沢地を登り、ブナの森を歩き、樹林帯を抜ける。
お花畑の斜面に出て810mのピークに着くと向かう第二ピークが目の前に広がる。
お目当ての花畑はもうすぐ。

一旦少し下り、岩稜帯に向かうと次々とお花畑が現れる。
オオヒラウスユキソウは今が盛りで、その他にもイブキジャコウソウやヤマルリトラノオなど様々な花が咲き乱れ、まさに天上のお花畑という感じだった。

第二ピークから奥は薮漕ぎが待っていて、下が見えにくいのでスネを打ち痛い思いをした。
山頂も間違えて通り過ぎてしまった。

ずっとピーカンだったのでだんだん身体がだるくなり、少し熱中症気味になったのかもしれない。
帰りは薮漕ぎで道をロストしてしまい、強引に進んで登山道に出たが、注意して進まないと知らないうちに道から外れる可能性があるので注意が必要。

さえぎるものが何もないので、樹林帯に戻った時には正直ホッとした。
水は十分持っていったが、身体をクールダウンするような工夫が必要だと思う。

この暑い海水浴シーズンに登る山はキツいっすね(笑)

訪問者数:350人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ