ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 939637 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬大池から栂海新道で親不知へ

日程 2016年08月09日(火) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー guchi999
天候8/9 曇り時々雨、のち晴れ
8/10 晴れ
8/11 曇りのち晴れ
8/12 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
往路:
中央道府中⇒(京王バス)白馬八方⇒(アルピコ交通)栂池高原→(ゴンドラ/ロープウェイ)栂池自然園
新宿を6:35か8:15に出るバスに乗れば、充分その日のうちに白馬大池まで行けます。

帰路:
親不知駅(えちごトキめき鉄道)
Suica等のICカードは使えません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間2分
休憩
4分
合計
3時間6分
S栂池パノラマウェイ 自然園駅13:1813:20栂池ヒュッテ13:21栂池山荘13:2414:28天狗原の祠14:33風吹大池方面分岐14:3415:59乗鞍岳16:24白馬大池山荘
2日目
山行
9時間22分
休憩
48分
合計
10時間10分
白馬大池山荘05:2806:15船越ノ頭06:1807:17小蓮華山07:2008:15三国境08:45鉱山道分岐09:30雪倉岳避難小屋09:4310:38雪倉岳11:0613:04小桜ヶ原13:0515:29水谷のコル15:38朝日小屋
3日目
山行
10時間41分
休憩
2時間46分
合計
13時間27分
朝日小屋04:5505:01水谷のコル05:56朝日岳06:0006:23吹上のコル06:44照葉ノ池06:4507:36アヤメ平09:03黒岩平09:0409:20黒岩山10:58サワガニ山11:2611:57北又の水場12:4613:31犬ヶ岳13:3313:38栂海山荘14:3815:20黄蓮山15:40黄蓮の水場15:5916:13菊石山16:51下駒ヶ岳16:5318:20白鳥山避難小屋18:22白鳥山
4日目
山行
6時間45分
休憩
52分
合計
7時間37分
白鳥山05:1506:16シキワリの水場06:1707:25坂田峠07:2608:02尻高山08:0309:04二本松峠09:0510:32親不知 栂海新道登山口10:4210:43親不知観光ホテル11:2111:22親不知 栂海新道登山口12:51親不知駅12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎栂池自然園〜白馬大池〜三国境
メジャーなコースなので歩いている人も多く、問題になるような所はありません。

◎三国境〜朝日小屋
三国境からは格段に人が減ります。
朝日岳を巻いて朝日小屋に行く水平道は、名称とは異なりアップダウンがかなりあります。累積標高差は300mくらいあると思われ、山頂を通るのとさほど差がないような気がします。標高差が多少多くなってもアップダウンを繰り返すより、連続して登って下降する山頂経由の方が楽かも知れません。

◎朝日小屋〜白鳥小屋
朝日岳へ登れば黒岩山までほぼ下りで、池塘が点在するアヤメ平や黒岩平があり、快適な道でした。
黒岩山から犬ヶ岳まではアップダウンが続き、標高が低いので気温が上がり、暑さとの戦いでした。サワガニ山の辺りは痩せ尾根で、灌木があるので高度感はないけど、新潟県側はかなりの絶壁です。
犬ヶ岳から白鳥山へは、さらにアップダウンが続きます、特に下駒ヶ岳の登りは急で疲れました。

◎白鳥小屋〜親不知
シキ割から坂田峠への下りは急です。それ以外は取り立てて問題はありませんが、標高が更に下がるので暑さが厳しくなります。


●テント場/小屋

・白馬大池:
幕営料1,000円。テントの張り綱を石で固定するのは禁止、ペグを使えとの事でした。水場は小屋の前の黒いタンクの水が蛇口から汲めます。塩素消毒済みとの事なので、多分、大池の水と思われます。トイレは男女兼用で洋式。

・朝日小屋:
幕営料1,000円。水は豊富で蛇口から汲めます。トイレは男女別、和式。男性用は大が1室なので、トイレ渋滞もあり。

・栂海山荘:
使用する際は事前にサワガニ山岳会へ連絡、との事です。テント場は小屋の前の一段下がった所が整地されています。水場はなし。

・白鳥小屋:
山頂にある2階建ての快適な小屋で、窓からの展望が良いです。水場はなし。トイレは山頂の西側にあります。


●水場
朝日小屋までは特に問題はないと思いますが、黒岩平以後は標高が下がって暑くなるので、水が補給できないと厳しいです。(特に北俣ノ水場と黄連ノ水場)
水は多めに持って行った方が良いです。

・ツバメ平:水量が少ないので、小桜ヶ原手前の水場を利用した方が良いです。
・小桜ヶ原手前の水場:赤男山トラバース道の木道が始まる手前の沢で、十分に出ていました。
・水谷コル手前の水場:沢で豊富に出ていますが、小屋に近いので有用性は低いです。
・黒岩平:休息ベンチの近くの沢で、水量は豊富です。
・北俣ノ水場:出ていました。
・黄連ノ水場:出ていました。
・白鳥山ノ水場:確認してません。
・シキ割ノ水場:細いけど出ていました。
その他周辺情報下山後の入浴は親不知ピアパーク交流センター「まるたん坊」で入れるようです。
(入浴しても、炎天の道を再び歩くので行きませんでした。)
糸魚川の駅周辺には入浴施設はなく、大糸線で一駅先の姫川にある「ひすいの湯」しかありません。

写真

栂池ゴンドラの山麓駅では晴れていました。
2016年08月09日 12:27撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂池ゴンドラの山麓駅では晴れていました。
1
ゴンドラの終着駅は曇り。
2016年08月09日 13:19撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラの終着駅は曇り。
1
ロープウェイを乗り継いで栂池ヒュッテまで来ると、小雨が降り始めました。
2016年08月09日 13:22撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイを乗り継いで栂池ヒュッテまで来ると、小雨が降り始めました。
1
天狗原までは、小雨が降ったり止んだりでした。
2016年08月09日 14:31撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原までは、小雨が降ったり止んだりでした。
1
途中で一時的に雨が強くなり傘を差して歩いていましたが、乗鞍岳の山頂まで来ると止みました。
2016年08月09日 16:00撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で一時的に雨が強くなり傘を差して歩いていましたが、乗鞍岳の山頂まで来ると止みました。
テントを張り終えて暫くすると晴れてきました。
2016年08月09日 17:11撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張り終えて暫くすると晴れてきました。
5
日没前には、完全に天気が回復しました。
2016年08月09日 17:18撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没前には、完全に天気が回復しました。
3
朝から最高の天気です。
2016年08月10日 05:21撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝から最高の天気です。
8
雪倉岳と朝日岳
2016年08月10日 05:41撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳と朝日岳
5
去年、ここを登った時はガスで何も見えませんでした。
2016年08月10日 06:12撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年、ここを登った時はガスで何も見えませんでした。
7
こうして見ると、大池のテン場は良い所に在ると改めて思います。
2016年08月10日 06:19撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして見ると、大池のテン場は良い所に在ると改めて思います。
6
焼山、火打山、妙高山、高妻山
2016年08月10日 06:20撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山、火打山、妙高山、高妻山
4
夏の縦走路らしい景色です。
2016年08月10日 06:20撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の縦走路らしい景色です。
5
小蓮華山
2016年08月10日 07:21撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山
3
白馬大池と焼山、火打山、妙高山、さらに高妻山。
2016年08月10日 07:22撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池と焼山、火打山、妙高山、さらに高妻山。
4
白馬と杓子岳、鑓ヶ岳の間に立山、左には五竜、鹿島槍、さらに槍、穂高まで見えます。
2016年08月10日 07:22撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬と杓子岳、鑓ヶ岳の間に立山、左には五竜、鹿島槍、さらに槍、穂高まで見えます。
8
鉢ヶ岳と雪倉岳
2016年08月10日 07:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢ヶ岳と雪倉岳
3
三国境の分岐
2016年08月10日 08:02撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境の分岐
3
混んでいる白馬山頂には行きません。
(そんな余力はない!)
2016年08月10日 08:15撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混んでいる白馬山頂には行きません。
(そんな余力はない!)
4
いよいよ雪倉岳へ。
そちらへ向かう人は、ほとんど居ません。
2016年08月10日 08:13撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ雪倉岳へ。
そちらへ向かう人は、ほとんど居ません。
4
チングルマは既に綿毛になっています。
(黄色いのや、白いのの名前は知りません)
2016年08月10日 08:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマは既に綿毛になっています。
(黄色いのや、白いのの名前は知りません)
4
写真ではよく判りませんが、先程まで歩いていた小蓮華山の稜線には沢山の人がいます。
2016年08月10日 08:28撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではよく判りませんが、先程まで歩いていた小蓮華山の稜線には沢山の人がいます。
1
旭岳
いずれは登りたい気がしています。
2016年08月10日 08:38撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳
いずれは登りたい気がしています。
4
鉢ヶ岳の山頂への踏み跡は在るような無いような・・・
積雪期以外は登ってはいけないようです。
2016年08月10日 08:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉢ヶ岳の山頂への踏み跡は在るような無いような・・・
積雪期以外は登ってはいけないようです。
3
鉱山道分岐
2016年08月10日 08:47撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱山道分岐
1
白馬岳と旭岳
2016年08月10日 08:54撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳と旭岳
2
ユリの群落がありました。
2016年08月10日 09:09撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユリの群落がありました。
3
雪倉岳
2016年08月10日 09:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳
4
雪倉岳避難小屋
2016年08月10日 09:31撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳避難小屋
3
避難小屋の内部
非常時以外は使用禁止との事だけど、ここに泊まれたら楽な行程が組めそうです。
でも、水が無いから、やっぱり緊急時以外は使わないか・・・
2016年08月10日 09:34撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋の内部
非常時以外は使用禁止との事だけど、ここに泊まれたら楽な行程が組めそうです。
でも、水が無いから、やっぱり緊急時以外は使わないか・・・
2
雪倉岳山頂
2016年08月10日 10:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳山頂
3
白馬岳と旭岳
2016年08月10日 10:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳と旭岳
4
剣、立山も綺麗に見えます。
2016年08月10日 10:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣、立山も綺麗に見えます。
4
白馬大池から、随分と歩いて来たという感じだけど、まだ、今日の行程の半分です。
2016年08月10日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池から、随分と歩いて来たという感じだけど、まだ、今日の行程の半分です。
1
雪倉池
2016年08月10日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉池
1
小桜ヶ原の木道が始まる前に沢(水場)を横切ります。
2016年08月10日 12:49撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小桜ヶ原の木道が始まる前に沢(水場)を横切ります。
1
小桜ヶ原
2016年08月10日 13:06撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小桜ヶ原
1
山頂と水平道の分岐
2016年08月10日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と水平道の分岐
水平道には、こんな池塘もあって良いのだけど、名前とは裏腹にアップダウンが多くて疲れます。
2016年08月10日 13:51撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道には、こんな池塘もあって良いのだけど、名前とは裏腹にアップダウンが多くて疲れます。
3
朝日小屋まではもう少し。
2016年08月10日 15:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋まではもう少し。
1
水谷のコル
2016年08月10日 15:32撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水谷のコル
1
朝日小屋のテント場
2016年08月10日 15:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋のテント場
2
雪倉岳、白馬岳、旭岳
2016年08月10日 15:45撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳、白馬岳、旭岳
4
テント場横の湿地にアヤメが咲いていました。
2016年08月10日 16:00撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場横の湿地にアヤメが咲いていました。
2
朝日岳と朝日小屋
2016年08月10日 16:02撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳と朝日小屋
3
雲海が無ければ日本海に沈むのでしょう。
2016年08月10日 18:52撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が無ければ日本海に沈むのでしょう。
8
朝のうちはガスっていました。大展望の山頂なのに残念です。
2016年08月11日 05:56撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のうちはガスっていました。大展望の山頂なのに残念です。
山頂を超えると雪渓がありました。
山と高原地図の水場マークは、この雪渓を指しているようです。
2016年08月11日 06:05撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を超えると雪渓がありました。
山と高原地図の水場マークは、この雪渓を指しているようです。
長栂山
2016年08月11日 06:13撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長栂山
吹上のコルの手前からは黒部川の河口が見えます。
2016年08月11日 06:23撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコルの手前からは黒部川の河口が見えます。
妙高山と火打、焼山
2016年08月11日 06:23撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高山と火打、焼山
3
吹上のコル
2016年08月11日 06:26撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹上のコル
照葉ノ池、背景は高妻山
2016年08月11日 06:43撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
照葉ノ池、背景は高妻山
3
キスゲの群落
2016年08月11日 06:45撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キスゲの群落
2
白馬岳が背景の照葉ノ池
2016年08月11日 06:48撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳が背景の照葉ノ池
1
湿原だけでなく、こんな所もあります。
2016年08月11日 07:01撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原だけでなく、こんな所もあります。
1
長栂山
2016年08月11日 07:03撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長栂山
1
アヤメ平へは少し急な下りもあります。
2016年08月11日 07:08撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平へは少し急な下りもあります。
2
犬ヶ岳までは、まだまだ遠い・・・
2016年08月11日 08:06撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬ヶ岳までは、まだまだ遠い・・・
3
中俣新道の分岐
2016年08月11日 09:21撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中俣新道の分岐
黒岩山
2016年08月11日 09:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩山
2
文子ノ池
2016年08月11日 10:12撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文子ノ池
2
サワガニ山
2016年08月11日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワガニ山
2
犬ヶ岳が近づてきたけど、まだまだあります。
2016年08月11日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬ヶ岳が近づてきたけど、まだまだあります。
2
このあたり、植生があるからさほど気にならないけど痩せ尾根で、新潟県側は絶壁です。
2016年08月11日 11:41撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、植生があるからさほど気にならないけど痩せ尾根で、新潟県側は絶壁です。
3
北股の水場
2016年08月11日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股の水場
1
なんとか犬ヶ岳の山頂に来ました。
2016年08月11日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか犬ヶ岳の山頂に来ました。
2
分り難いけど日本海と能登半島
2016年08月11日 13:34撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分り難いけど日本海と能登半島
5
歩いて来た、朝日岳に続く尾根を振り返ります。
2016年08月11日 13:34撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて来た、朝日岳に続く尾根を振り返ります。
1
栂海山荘
当初はここで泊まるつもりでした。しかし、最終日を楽にする為に白鳥小屋まで行く事にしました。
2016年08月11日 13:43撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海山荘
当初はここで泊まるつもりでした。しかし、最終日を楽にする為に白鳥小屋まで行く事にしました。
5
疲れていたので、下駒ヶ岳の急登は厳しかった!
2016年08月11日 16:55撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れていたので、下駒ヶ岳の急登は厳しかった!
3
何とか、日没前に白鳥小屋に到着。
2016年08月11日 18:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか、日没前に白鳥小屋に到着。
4
白鳥小屋の2階の窓から夕陽が見えました。
2016年08月11日 18:43撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鳥小屋の2階の窓から夕陽が見えました。
5
夕陽は能登半島に沈みました。
2016年08月11日 18:52撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽は能登半島に沈みました。
6
糸魚川の市街が見えます。
2016年08月12日 04:59撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
糸魚川の市街が見えます。
5
妙高山や焼山のシルエットが綺麗です。
2016年08月12日 05:00撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙高山や焼山のシルエットが綺麗です。
4
中央の山のどこから日が昇るのか、と思っていたら・・・
2016年08月12日 05:00撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の山のどこから日が昇るのか、と思っていたら・・・
3
予想より下の方から出ました。
2016年08月12日 05:05撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想より下の方から出ました。
7
犬ヶ岳と朝日岳
昨日は辛かったけど、ここまで来て良かった〜!
2016年08月12日 05:14撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬ヶ岳と朝日岳
昨日は辛かったけど、ここまで来て良かった〜!
4
山姥ノ洞への分岐
名前に魅かれます。でも、かなり下らなくてはいけないみたいです。
2016年08月12日 05:31撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山姥ノ洞への分岐
名前に魅かれます。でも、かなり下らなくてはいけないみたいです。
坂田峠
既に暑くなってきて、歩く気力が低下しています。
2016年08月12日 07:01撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂田峠
既に暑くなってきて、歩く気力が低下しています。
1
尻高山
もうここで止めたいけど、仕方ないのでグダグダ歩いています。
2016年08月12日 07:52撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尻高山
もうここで止めたいけど、仕方ないのでグダグダ歩いています。
1
栂海新道入口
何とか終了したと思ったら・・・
2016年08月12日 10:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道入口
何とか終了したと思ったら・・・
2
栂海新道の起点はこの下の海岸との事で、あと80mほど下らなくてはいけません。
気を取り直して、空身で往復する事にしました。
2016年08月12日 10:42撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道の起点はこの下の海岸との事で、あと80mほど下らなくてはいけません。
気を取り直して、空身で往復する事にしました。
1
昭和40年まで使われていた、北陸本線のトンネル。
トンネルから吹いてくる風が冷たくて、動きたくなくなりました。
2016年08月12日 10:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和40年まで使われていた、北陸本線のトンネル。
トンネルから吹いてくる風が冷たくて、動きたくなくなりました。
5
海まで、もう少し!
2016年08月12日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海まで、もう少し!
6
日本海に到着!
でも、また80m登り返して、親不知駅まで歩かなくてはいけません。
2016年08月12日 10:49撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に到着!
でも、また80m登り返して、親不知駅まで歩かなくてはいけません。
14

感想/記録

まず最初に端的な感想を述べると、暑くて疲れた!です。
今回、失敗だったのは水を2L強しか持って行かなかった事です。経験的に、2000mを超えるような山であれば、それで大丈夫なはずでした。しかし、宿泊地で十分な水が確保できず、標高も低くて気温が高かい今回のコースでは完全に判断誤りで、最終日はかなり脱水気味になり、最後の2時間は風もなく厳しい行程となりました。
後半の2日は標高が下がるので、暑さとの戦いになる事は当初から判っていたのですけどねぇ・・・
しかし、世の中には元気な人が多くて、炎天下のなか重そうなザックで登って行く何人もの人とすれ違いました。下りで参っている私とは大違いで、もう脱帽するしかありません。

暑さは辛かったものの天気はまずまずで、先週末の台風の影響が残っているのを懸念して出発を1日遅らせたのが功を奏したようです。毎晩、天の川が見られ、12日の未明にはペルセウス座流星群も見られたのは幸運でした。

今回のコースで、高山帯である白馬から朝日岳までと、池塘の連続する朝日岳から黒岩山までは気に入ったので、また行きたい気がします。
黒岩山から親不知までは、もう充分と言う感じはするものの、秋や春の涼しい時期には良いのかも知れません。それに白鳥山は小屋も快適で展望もあるから、坂田峠か山姥ノ洞まで車で行けば、手軽に楽しめるような気もします。
訪問者数:271人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/25
投稿数: 709
2016/8/16 13:02
 お疲れさまでした!
guchiさん、こんにちは!

小生もこのコース歩いてみたいんです。でも逆ルートで(^^;)
低い山は気温も高く、水も大量消費するので、確保が大変ですよね。初めて歩くコースは水場も信用できないところもあるし、なかなか難しいかと思います。
水は大変だったかもしれませんが、好天に恵まれて良かったですね。うらやましい限りです。
小生もいつになるかわかりませんが、guchiさんのレコを拝見し、親不知から白馬岳までの踏破したい想いがますます強くなりました。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 657
2016/8/16 17:38
 Re: お疲れさまでした!
mi88nさん、コメント有難うございます。

おお、このコースを考えておられましたか!
やっぱり、海から3000m級の山へのルートと言うのが気になりますよね。

逆コースの場合、アプローチが少し面倒ですね。
朝一から登り始めるには、前泊する必要がありますから。
あっ、俊足のmi88nさんだったら、少し遅く出発しても白鳥小屋まで余裕で行けるか

水に関しては、皆さん色々苦労しているようで、黒岩山とサワガニ山の間ですれ違った人は、7.5L持ってきたと言っていました。
盛夏を避けて気温の高くない時期に行けば、それ程多くなくても良いかも知れませんね。
ただ、秋の渇水期には涸れる水場もあるだろうから、やっぱり多めに持って行く必要なあるかも。

いずれにせよ、なかなか良いコースなので、ぜひ行かれてみてください。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 968
2016/8/17 15:49
 やりますね〜
guchiさん、こんにちは!
 またまた、玄人が行くルートは違いますな〜
白馬山頂など颯爽とパスして雪倉岳に向かう・・・さすが渋いです!
海からスタート、あるいは海へゴール、こういうの好きですよ。
もう20年も昔ですが、酒田の海からスタートして鳥海山に登ったことがありましたが、男のロマンというにはシンドすぎました。

 二言目には「衰えた」が出ますが、まだまだ、常人以上ですよ!
登録日: 2013/11/24
投稿数: 657
2016/8/17 18:15
 Re: やりますね〜
白馬の山頂へ行かなかったのは体力温存の為で「颯爽と」なんてものではありません。

海抜0mからというのは、確かに拘りたくなりますよね。
でも夏に栂海新道を登って白馬をゴールにするのは、考えたくもありません。
鳥海山も海からだと裾野が長いから大変ですね。
拘りがない私はブルーラインからで充分に満足してます。

今回、色々と凄い人に会いました。
朝日岳水平道の分岐で休んでいた時に会った若者は、夜通し歩いて海まで行くと言ってたし、白鳥山のシキ割で会ったトレランの人は、蓮華温泉の15時のバスに間に合うように頑張ると言ってました。他にも、剣から祖母谷へ降りて白馬へ登り返し、一度、蓮華温泉に下って朝日岳に戻り、親不知へ下るという大学の山岳部も居ました。

そういう人たちを見ると、14、5Kのザックに音を上げて、水を減らして脱水気味になっている自分が情けなくなります。
とは言っても、頑張ってもう一度、体を鍛えようという気はないのですけどね。
登録日: 2013/11/8
投稿数: 427
2016/8/19 18:49
 いいですね〜
guchi999さん、コメントありがとうございました。

海まで行かれたとは感無量でしょうね。
私も今回初めて白馬に行き、朝日岳の方もいつか行ってみたいなぁ〜と、三国境の分岐で特に思ってたので、疑似体験で拝見できました。
降りていくほどに暑そうですが、白鳥小屋辺りまでは海も間近に見えていい感じですね。私には海まで行く気力が出る自信ないですが。。。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 657
2016/8/20 10:16
 Re: いいですね〜
pewa-lakeさん、

海まで行けたのは良かったけど、実は、それほど感激はしていないのです。
海岸へ下りてゆく遊歩道は、以前、車で行った事がある観光地で、取り敢えず一区切りつけるか〜、という感じでした。
山道から直接海に出るのであれば、もっと違った感想になったのかも知れません。

朝日岳は、それほど期待していなかったけど、隣の雪倉岳と合わせて良い所でした、ぜひ行ってみてください。
海まで行く気力が出なくても、行ったら最後まで行かなくていけない気になります。
途中で下りるルートもいくつかあるけど、全部、下りてからの交通事情が悪く、長い林道や舗装路歩きが待っていますから。
登録日: 2011/5/29
投稿数: 2274
2016/8/20 10:52
 a!
お疲れ様です

歩いてみたいコースなんで、エエ勉強になりました!
詳細はまた今度教えて下さい!
夢は上高地〜日本海なんですが・・・
休みが取れんだろうな〜・・・
登録日: 2011/6/12
投稿数: 1864
2016/8/20 10:55
 おお!
いつか行きたい栂海新道!
めちゃめちゃ参考になります!そうか、やっぱり水が問題なんですね〜

初日少し降られたようですが、ええお天気だったようで、素敵な稜線歩きでしたね〜。
いつか私も日本海を目指します!
お疲れさまでした!
登録日: 2013/11/24
投稿数: 657
2016/8/20 13:08
 Re: a!
アッチさん、

上高地〜日本海ですか そりゃ大変だ!
日数もかかるから食料だけでも重いでしょうねぇ。
まっ、アッチさんなら可能だと思うけど、やはり休みが問題ですよね。
途中、天気の悪い日もあるだろうから、それも考慮するとテン泊だと半月くらいかかるのでは。

割り切って、全部小屋泊りにして荷物を軽く、トレランよろしく駆け抜ける、というのもあるかもしれません。
それでも、かなりの日数が必要ですね。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 657
2016/8/20 13:23
 Re: おお!
クニさん、

夏は、本当に水がキーになります。
黒岩平は多分涸れることはないと思うけど、北俣と黄連が枯れていると厳しいです。
コース自体は、アップダウンがキツイ所もあるけど、クニさんなら問題なしです。

雪倉岳から白馬岳に続く嫋やかな感じのする稜線や、もう沢山だ!というくらい池塘がある素敵な稜線歩きが楽しめるので、「いつかは」とは言わずに3、4日の休みが取れる時に、ぜひどうぞ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ