ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940030 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳、朝日岳

日程 2016年08月10日(水) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー muehara, その他メンバー1人
天候晴・ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
北陸自動車道、糸魚川ICから約40km、1時間程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間58分
休憩
5分
合計
2時間3分
S蓮華温泉15:3016:00兵馬の平16:0116:38カモシカ展望台16:4016:55滝見尾根分岐16:5617:26蓮華温泉キャンプ場17:2717:33蓮華温泉
2日目
山行
8時間32分
休憩
2時間31分
合計
11時間3分
蓮華温泉05:5007:15天狗ノ庭07:1708:42白馬大池山荘09:3210:33船越ノ頭10:4311:37小蓮華山11:3812:30三国境13:18白馬岳13:3314:08白馬山荘15:2015:58杓子岳16:43丸山16:4416:45白馬岳頂上宿舎16:53白馬山荘
3日目
山行
8時間31分
休憩
1時間25分
合計
9時間56分
白馬山荘04:3904:50白馬岳05:0905:39三国境07:05鉱山道分岐07:0607:56雪倉岳避難小屋08:1709:01雪倉岳09:1811:28小桜ヶ原13:16朝日岳13:4314:26水谷のコル14:35朝日小屋
4日目
山行
5時間47分
休憩
7分
合計
5時間54分
朝日小屋07:1207:17水谷のコル07:55朝日岳07:5608:28吹上のコル09:57五輪高原09:5811:01白高地沢橋11:0211:06ヒョウタン池11:0711:41瀬戸川橋11:4212:24兵馬の平12:2512:48蓮華の森分岐12:57蓮華温泉キャンプ場13:04蓮華温泉13:0513:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目、白馬山荘→杓子岳のスタート忘れ
コース状況/
危険箇所等
平均的な登山道。若干の岩場がある程度。
白馬岳・杓子岳の絶壁には注意。
その他周辺情報糸魚川ICから蓮華温泉までのコンビニは、大野のセブンイレブンのみ。
蓮華温泉でキャンプ・お風呂
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 帽子2種 サングラス Tシャツ 長袖アンダー トレッキングパンツ薄 タイツ薄 トレッキングソックス 軽登山靴 ザック45l インナーダウン ウインドブレーカー 着替え2日分 ジャージ下 パン カップ麺 ジェットボイル 行動食 水筒 ナルゲン 水ペット2l スポーツドリンク500ml お茶600ml ツェルト シュラフカバー スリング 非常食 ヘッデン 予備電池 コンパス 携帯 デジカメ 地図
備考 耳栓、小屋泊の必需品?

写真

蓮華温泉駐車場着。
2,3枠空いており、ぎりぎりのタイミングで停められた感じです。
2016年08月10日 08:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉駐車場着。
2,3枠空いており、ぎりぎりのタイミングで停められた感じです。
蓮華温泉ロッジで昼食をとり、キャンプ場の受付をします。
2016年08月10日 09:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉ロッジで昼食をとり、キャンプ場の受付をします。
初日は蓮華温泉キャンプ場で宿泊します。
食事は蓮華温泉ロッジ、お風呂は露天風呂。
2016年08月10日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初日は蓮華温泉キャンプ場で宿泊します。
食事は蓮華温泉ロッジ、お風呂は露天風呂。
露天風呂その1、三国一の湯。
登山道脇にあり、人の気配を気にしながら一気に脱いで入ります。相当ぬるめです。
2016年08月10日 10:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露天風呂その1、三国一の湯。
登山道脇にあり、人の気配を気にしながら一気に脱いで入ります。相当ぬるめです。
1
その2、仙気ノ湯。
ここはかなり熱いので、水を足してなんとか入れました。
2016年08月10日 10:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その2、仙気ノ湯。
ここはかなり熱いので、水を足してなんとか入れました。
1
その3、最上部の薬師の湯。適温で入りやすい温泉です。
2016年08月10日 10:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その3、最上部の薬師の湯。適温で入りやすい温泉です。
1
その4、大池への登山道からほど近い黄金湯。こちらも適温。
2016年08月10日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その4、大池への登山道からほど近い黄金湯。こちらも適温。
1
昼寝後、時間があるので蓮華の森自然遊歩道を回ってみました。
2016年08月10日 16:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼寝後、時間があるので蓮華の森自然遊歩道を回ってみました。
中盤の尾根道は木の根がびっしり。
2016年08月10日 16:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中盤の尾根道は木の根がびっしり。
1
カモシカ展望台に寄ってみましたが、ガスの中で眺望なしでした。
2016年08月10日 16:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ展望台に寄ってみましたが、ガスの中で眺望なしでした。
キャンプ場は3張。徹夜ドライブの疲れを癒します。
2016年08月10日 19:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場は3張。徹夜ドライブの疲れを癒します。
3
2日目。蓮華温泉から白馬岳へ向けて出発します。
しばらくは樹林帯の急傾斜です。
2016年08月11日 06:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。蓮華温泉から白馬岳へ向けて出発します。
しばらくは樹林帯の急傾斜です。
ハイマツがあらわれると天狗の庭です。登りがまだまだ続きます。
2016年08月11日 07:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツがあらわれると天狗の庭です。登りがまだまだ続きます。
朝日岳、五輪山方向。帰りはあちらからの予定です。
2016年08月11日 07:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳、五輪山方向。帰りはあちらからの予定です。
1
時々岩がありますが、普通の登山道です。
2016年08月11日 08:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々岩がありますが、普通の登山道です。
視界が開けて白馬大池に到着しました。
チングルマの種がお出迎え。
2016年08月11日 08:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けて白馬大池に到着しました。
チングルマの種がお出迎え。
大池で大休止の後、再スタート。
2016年08月11日 09:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大池で大休止の後、再スタート。
2
森林限界を越えて、視界の開けた稜線の道を登ります。
大池がどんどん下になっていきます。
2016年08月11日 10:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を越えて、視界の開けた稜線の道を登ります。
大池がどんどん下になっていきます。
2
今回行かない南方向に続く山々。
鑓ヶ岳、唐松岳や鹿島槍ヶ岳など、登りたい山がたくさん。
2016年08月11日 10:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回行かない南方向に続く山々。
鑓ヶ岳、唐松岳や鹿島槍ヶ岳など、登りたい山がたくさん。
1
小蓮華山へ向かい稜線をたどります。
2016年08月11日 10:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山へ向かい稜線をたどります。
3
気持ちいのいい稜線歩きですが、体力的にはしんどいところです。
2016年08月11日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいのいい稜線歩きですが、体力的にはしんどいところです。
小蓮華山山頂、2766m
2016年08月11日 11:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小蓮華山山頂、2766m
2
本日のゴールが見えてきました。
2016年08月11日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のゴールが見えてきました。
4
三国境。
雪倉岳、朝日岳、さらに富山湾と能登半島を望みます。
2016年08月11日 12:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境。
雪倉岳、朝日岳、さらに富山湾と能登半島を望みます。
1
白馬岳手前の急登。
2016年08月11日 12:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳手前の急登。
白馬岳山頂、2932m
2016年08月11日 13:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂、2932m
5
遠くには剱岳が見えます。
2016年08月11日 13:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには剱岳が見えます。
1
白馬山荘へ下ります。
正面の杓子岳、鑓ヶ岳がとても気になります。
2016年08月11日 13:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘へ下ります。
正面の杓子岳、鑓ヶ岳がとても気になります。
1
白馬山荘へ下ってきました。本日の宿です。
中途半端な時間なので、食事はやめてケーキにしました。
2016年08月11日 13:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘へ下ってきました。本日の宿です。
中途半端な時間なので、食事はやめてケーキにしました。
1
一息ついて、ソロで散歩に出ます。
鑓ヶ岳行きたいのですが、無理があるので杓子岳まででしょうか…
2016年08月11日 15:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一息ついて、ソロで散歩に出ます。
鑓ヶ岳行きたいのですが、無理があるので杓子岳まででしょうか…
頂上宿舎とテン場。テント泊も魅力的です。
2016年08月11日 15:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上宿舎とテン場。テント泊も魅力的です。
3
丸山から白馬岳を振り返ります。
2016年08月11日 15:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山から白馬岳を振り返ります。
2
杓子岳と鑓ヶ岳。
かなり距離がありそうです。夕食の時間が気になります。
2016年08月11日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳と鑓ヶ岳。
かなり距離がありそうです。夕食の時間が気になります。
杓子岳への急坂を登ります。かなりガレています。
2016年08月11日 15:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳への急坂を登ります。かなりガレています。
杓子岳山頂、2812m
向こうの崖が恐ろしく急で覗き込めません…
2016年08月11日 15:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳山頂、2812m
向こうの崖が恐ろしく急で覗き込めません…
2
そのうち崩れてしまうのではないかと心配してしまうほどの崖っぷりです。
2016年08月11日 16:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのうち崩れてしまうのではないかと心配してしまうほどの崖っぷりです。
1
鑓ヶ岳は少し遠かったようです。
2016年08月11日 16:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳は少し遠かったようです。
2
西側はコマクサが咲き乱れる斜面になっていました。
2016年08月11日 16:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側はコマクサが咲き乱れる斜面になっていました。
3
コマクサ
2016年08月11日 16:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ
2
杓子から西方向の深い山。
近くには誰もいません。夕食が待っているので急いで帰ります。
2016年08月11日 16:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子から西方向の深い山。
近くには誰もいません。夕食が待っているので急いで帰ります。
1
徐々に日が傾きます。
2016年08月11日 17:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に日が傾きます。
1
剱岳と雲海。
2016年08月11日 17:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳と雲海。
2
山荘前で遭対協係員がアドバイス中。
私は大抵高山病でダウンしますが、今回は元気です。
2016年08月11日 18:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘前で遭対協係員がアドバイス中。
私は大抵高山病でダウンしますが、今回は元気です。
2
旭岳に沈む夕日。
2016年08月11日 18:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳に沈む夕日。
丸山から先に進んだ鞍部で日没を待ちます。
2016年08月11日 18:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山から先に進んだ鞍部で日没を待ちます。
日本海に沈む夕日。
2016年08月11日 18:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に沈む夕日。
4
白馬山荘の夜。
照明が豊富なのでヘッデン不要でした。
2016年08月11日 22:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘の夜。
照明が豊富なのでヘッデン不要でした。
富山の街明かりと月。
2016年08月11日 22:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富山の街明かりと月。
1
3日目。ご来光を拝むため大勢が白馬山頂を目指します。
2016年08月12日 04:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目。ご来光を拝むため大勢が白馬山頂を目指します。
雲海が広がります。
2016年08月12日 04:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が広がります。
1
山頂の人々。
2016年08月12日 04:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の人々。
2
薄く、空が焼けます。
2016年08月12日 04:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄く、空が焼けます。
1
夜明け。
2016年08月12日 04:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け。
1
皆さん満足できたでしょうか。
2016年08月12日 05:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん満足できたでしょうか。
2
日の出を拝んだら朝日岳へ向けて出発です。
2016年08月12日 05:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出を拝んだら朝日岳へ向けて出発です。
1
まぶしい陽射しが降り注ぎます。
2016年08月12日 05:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぶしい陽射しが降り注ぎます。
朝日岳への縦走路。
まずは鉢ヶ岳ですが登山道は東を巻きます。
2016年08月12日 06:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳への縦走路。
まずは鉢ヶ岳ですが登山道は東を巻きます。
雪倉岳に向かいます。
2016年08月12日 07:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳に向かいます。
鞍部の雪倉岳避難小屋。トイレをお借りしました。
2016年08月12日 07:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部の雪倉岳避難小屋。トイレをお借りしました。
登りが堪えます。
振り返ると雄大な風景が癒してくれるようです。
2016年08月12日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りが堪えます。
振り返ると雄大な風景が癒してくれるようです。
1
雪倉岳山頂、2610m
2016年08月12日 09:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉岳山頂、2610m
3
雪倉から北へ向け標高を下げていきます。快晴の日差しが容赦なく降り注ぎます。
2016年08月12日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉から北へ向け標高を下げていきます。快晴の日差しが容赦なく降り注ぎます。
赤男山を巻いていく途中のツバメ岩。
ちょうど暑くて苦しいころです。
2016年08月12日 11:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤男山を巻いていく途中のツバメ岩。
ちょうど暑くて苦しいころです。
朝日岳への分岐。
先に小屋という選択肢もありましたが、登ることになりました。
2016年08月12日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳への分岐。
先に小屋という選択肢もありましたが、登ることになりました。
朝日岳南東斜面を登ります。
暑さと疲労でなかなか進みません。
2016年08月12日 12:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳南東斜面を登ります。
暑さと疲労でなかなか進みません。
朝日岳山頂、2418m
2016年08月12日 13:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳山頂、2418m
2
夏らしい雲が上がってきました。
朝日小屋へ下るだけです。
2016年08月12日 13:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏らしい雲が上がってきました。
朝日小屋へ下るだけです。
下る途中で雷鳥の親子に出会いました。ハイマツ帯以外でも生息しているのですね。
ヒナは草むらから出てくれませんでした。
2016年08月12日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る途中で雷鳥の親子に出会いました。ハイマツ帯以外でも生息しているのですね。
ヒナは草むらから出てくれませんでした。
2
朝日平が見えてきました。
2016年08月12日 14:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日平が見えてきました。
今回の目的地、朝日小屋に到着しました。
2016年08月12日 14:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的地、朝日小屋に到着しました。
2
朝日小屋フロント。
2016年08月12日 15:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日小屋フロント。
外ではビールなどの販売。
2016年08月12日 16:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外ではビールなどの販売。
2
カラフルなテン場と登れない前朝日。
2016年08月12日 17:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラフルなテン場と登れない前朝日。
2
日本海に沈む夕日。
このあと早々に眠りに落ちてしまいました。
2016年08月12日 18:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に沈む夕日。
このあと早々に眠りに落ちてしまいました。
3
早朝からどんどん出発していきます。
どこからも遠い朝日小屋ならではなのでしょうか。
2016年08月13日 04:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝からどんどん出発していきます。
どこからも遠い朝日小屋ならではなのでしょうか。
1
朝日岳はガスに包まれています。
2016年08月13日 05:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳はガスに包まれています。
次々と出発を見送ります。
2016年08月13日 05:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々と出発を見送ります。
小屋スタッフさん方とともにラジオ体操。
2016年08月13日 06:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋スタッフさん方とともにラジオ体操。
1
ミーティング。ガスが晴れてきました。
2016年08月13日 06:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミーティング。ガスが晴れてきました。
最後に出発します。素晴らしい山小屋を味わえました。
2016年08月13日 07:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に出発します。素晴らしい山小屋を味わえました。
2
暑くなりそうです。
2016年08月13日 07:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くなりそうです。
1
いいペースで朝日岳山頂。
2016年08月13日 07:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいペースで朝日岳山頂。
1
栂海新道の分岐。
2016年08月13日 08:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道の分岐。
雪倉、白馬、旭岳
2016年08月13日 08:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪倉、白馬、旭岳
1
五輪の森。ちょうど登りのラッシュ時間帯です。
2016年08月13日 09:33撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五輪の森。ちょうど登りのラッシュ時間帯です。
花園三角点。
五輪高原は木道が整備されてとても歩きやすところでした。
2016年08月13日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花園三角点。
五輪高原は木道が整備されてとても歩きやすところでした。
白高地沢に掛かる立派な橋を越えていきます。
地形図の登山道とは大部違ったコースになっています。
2016年08月13日 11:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白高地沢に掛かる立派な橋を越えていきます。
地形図の登山道とは大部違ったコースになっています。
瀬戸川を越えるとさらに急坂を登ります。
2016年08月13日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀬戸川を越えるとさらに急坂を登ります。
蓮華温泉に到着しました。
露天と内湯で汗を流して下山となりました。
2016年08月13日 13:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉に到着しました。
露天と内湯で汗を流して下山となりました。
1
詰め込み具合。
2016年08月13日 15:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰め込み具合。
1

感想/記録

今年は忙しくなり、山に行ける機会が激減しました。
なんとか夏に1回は遠出しようと検討していた時、同僚の親類が朝日小屋関係者ということが判明し、朝日小屋行く計画が発動しました。
単純にピストン程度と考えていましたが、白馬岳を絡めることになり、蓮華温泉からの周回コースに決定しました。

同僚は子供の頃に親に連れられ、北アルプスなどの山に登っていたようですが、ここ数十年は登っておらず、体力的技術的に能力が読めない部分がありました。
近場の山に一緒に登ったり、装備などの情報交換をして、当日を迎えました。

夜間移動で蓮華温泉に到着し、その日はキャンプだけでも十分でしたが、露天風呂めぐりと遊歩道散策で有意義に過ごせました。
翌日、いよいよ白馬岳を目指します。
ペースはゆっくり目で、問題なく登っていましたが、大池を越え雷鳥坂を登るころから、同僚のペースが落ちてきました。
脱水か高山病か、それでも耐えて無事山頂に到達できました。
途中ガスがかかることもありましたが、山頂では晴れ渡り、素晴らしい眺望が得られました。
登山道自体には危険な岩場などもなく、ときどき手を使いたくなる場所がある程度の、普通の登山道です。
行程中ほどに大池山荘があり、休憩、補給などに便利です。

白馬山荘宿泊となりますが、同僚が休憩している間に、杓子岳まで足を延ばしました。三山というくらいですから、できれば鑓ヶ岳までと考えましたが、時間的制約で杓子岳までにしました。
美しい山、楽しい登山道でこの付近は最高のロケーションでした。
この夜は大変ないびき地獄でした。去年眠られなかった教訓が生かされず、耳栓など用意していません。
なんとか明け方に1時間ほど眠ることができました。

翌日は朝日小屋までの移動です。今回は朝日小屋こそが目的地です。
人工物の少ない縦走路を朝日岳へ向かいます。
休憩適地は雪倉避難小屋程度のもので、途中で補給などはできません。
鉢ヶ岳や赤男山は巻いていくのですが、雪倉岳、朝日岳のアップダウンがそれなりにあって、程よく疲れました。
無事朝日小屋に到着しましたが、わずかなビールで完全に酔いが回って、すぐに寝てしまいました。

最終日は下山だけです。
小屋スタッフとともにラジオ体操やミーティングに参加し、最後発で出発しました。
白高地沢、瀬戸川を渡るたびに登り坂が待っており、しっかりと体力を奪われました。
その後無事に下山し、蓮華温泉で汗を流して糸魚川へ下りました。
さらに、糸魚川では山で知り合ったパーティーと飲み会で親交を深め、帰路についたのです。

今回は山初心者に割と過酷なコースを歩かせてしまい、反省点多数です。
ソロのほうが気楽ですが、感動を共有できることは本当に素晴らしいことです。
今回は同行してくれた同僚のおかげで、小屋関係者との親交を深めることもでき、ただの登山者ではわからないことも感じることができたと思います。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ