ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940056 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北アルプス 槍〜裏銀座 母子で5日間縦走

日程 2016年08月09日(火) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー 子連れ登山zuotang, その他メンバー1人
天候すべて快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
入山は上高地から、下山はブナ立から。子供の体力を考慮し、朝発夜帰京できるような日程で組みました。ブナ立下山後は乗り合いタクシーで七倉まで2100円、そこから信濃大町までは車がないとタクシーで8000円なので、かなりの出費になります。今回は小屋で会った方が車に乗せてくださり大変助かりました。タクシーは4月中旬から11月の第一週の日曜までの夏山シーズン中は毎日運航しているそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間27分
休憩
1時間28分
合計
3時間55分
S河童橋12:1512:57明神館13:5214:37徳澤園14:5515:55横尾 (横尾山荘)
2日目
山行
9時間35分
休憩
1時間42分
合計
11時間17分
横尾 (横尾山荘)05:4306:33槍見河原06:4507:25槍沢ロッヂ07:351850M付近07:4508:50槍沢大曲手前08:50天狗原分岐手前09:40槍沢・天狗原分岐09:5010:502500M付近11:0012:40殺生ヒュッテ12:5513:35槍ヶ岳山荘14:0014:50槍ヶ岳山頂15:30槍ヶ岳山荘14:0014:30槍ヶ岳14:5015:30槍ヶ岳山荘
3日目
山行
8時間10分
休憩
1時間45分
合計
9時間55分
槍ヶ岳山荘06:0006:50千丈乗越手前07:0508:002648Mのピーク08:1509:13左俣岳09:2310:25樅沢岳10:3511:25双六小屋11:4012:25巻道途中3分の1地点12:3513:25巻道3分の2地点13:4014:45三俣峠15:00三俣蓮華岳15:1515:55三俣山荘
4日目
山行
7時間58分
休憩
2時間7分
合計
10時間5分
宿泊地05:1506:35鷲羽岳07:0007:25衣服調整07:3008:06ワリモ北分岐08:1509:02水晶小屋09:1509:50水晶岳10:0010:35水晶小屋11:0011:55東沢乗越12:1013:50真砂岳分岐14:0014:50野口五郎岳15:0515:20野口五郎小屋
5日目
山行
5時間35分
休憩
1時間25分
合計
7時間0分
野口五郎小屋05:1506:40三つ岳手前ピーク06:5007:55烏帽子小屋08:1509:0512分の4地点(2250M付近)09:1510:0012分の7地点10:1511:15ブナ立尾根取付11:4511:55高瀬ダム 天場12:15高瀬ダム濁沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
槍の穂先は子連れだと思いのほか緊張します。後ろの方にもだいぶ助けていただきました。今回は無風快晴という好条件のため、とりたてて大変な個所はありませんでしたが、水晶を越えて後立山に入ったあたりの尾根は短い区間ながら崩れやすく、すれ違いがやっとの個所があり、濡れていたり、風があるとかなり怖いと思います。黒部からの風が吹き抜けるエリアなので、悪条件では避けた方が無難かもしれません。また子供はスピードが出ないため、緩急つけるより毎日の日程を均等に組んだのは正解でした。
その他周辺情報親子二人での縦走は初めてなので、小屋泊まりを選択。ハイシーズンで小屋はにぎわっていました。それでも前半までは一人に布団一つと余裕がありましたが、最後の野口五郎は、布団を2名で1枚と、かなりの混雑でした。下山後葛温泉で日帰り入浴。良いお湯でした。横尾山荘も温泉があり、一瞬登るのをやめてずっといようか、と思うくらい快適な山小屋でした。

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ
備考 携帯の充電器は十分な量だったのですが、iphoneのケーブルが断線して充電ができなくなり(以前からカバーは破けていたが使えていたのが、最後本当に使えなくなった)ヒヤヒヤしました。今は携帯が唯一の連絡手段なので、見た目に壊れたケーブルは替えた方がよかったです。また、小屋によってはACで充電できるところもあり、そもそもアダプタも持っていけばよかったと思いました。また、小屋泊まりの縦走は初めてだったのですが、テントに比べると感覚的にだいぶ綺麗に過ごせるので、ウェットティッシュくらいはもっていけばよかったと思いました。

写真

おなじみ河童橋。春夏秋冬10回以上は来ているが、ここから先は山の世界、いつ来てもわくわくする場所。子供とは2回目。前回はまだ幼くて散策のみだったので、一緒に入山できるのは感慨深い。
2016年08月09日 12:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみ河童橋。春夏秋冬10回以上は来ているが、ここから先は山の世界、いつ来てもわくわくする場所。子供とは2回目。前回はまだ幼くて散策のみだったので、一緒に入山できるのは感慨深い。
徳沢以降の気持ちのよい小道をゆく
2016年08月09日 15:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢以降の気持ちのよい小道をゆく
おなじみの梓川沿いの道。
2016年08月09日 15:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの梓川沿いの道。
一泊目の横尾山荘に到着。温泉もあり、猛暑の関東から来た身には気温も快適で過ごしやすい。ずっとここにいたい誘惑にかられる。
2016年08月09日 16:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一泊目の横尾山荘に到着。温泉もあり、猛暑の関東から来た身には気温も快適で過ごしやすい。ずっとここにいたい誘惑にかられる。
1
翌朝、気を取り直して槍沢をのぼる。
2016年08月10日 06:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、気を取り直して槍沢をのぼる。
昔ながらの山岳部かワンゲル。がんばってね。
2016年08月10日 06:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔ながらの山岳部かワンゲル。がんばってね。
ここからは炎天下の登り。
2016年08月10日 09:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは炎天下の登り。
1
道端の花が癒してくれる。多分猛毒のトリカブトだけど。
2016年08月10日 07:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端の花が癒してくれる。多分猛毒のトリカブトだけど。
ナナカマドの実がもう色づいている。
2016年08月10日 10:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実がもう色づいている。
きれい。
2016年08月10日 13:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれい。
槍が見えてきた!
2016年08月10日 11:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍が見えてきた!
1
昔の行者が過ごしたという岩屋。ここで40日以上!その過酷さに身震い。でもちょっと憧れる。
2016年08月10日 11:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の行者が過ごしたという岩屋。ここで40日以上!その過酷さに身震い。でもちょっと憧れる。
肩からの槍。かっこいい。
2016年08月10日 15:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩からの槍。かっこいい。
いよいよ穂先の登り。
2016年08月10日 14:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ穂先の登り。
1
子連れだと思いの他緊張を強いられる。(この写真はくだり)
2016年08月10日 15:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子連れだと思いの他緊張を強いられる。(この写真はくだり)
1
最後のはしご。よいしょ。
2016年08月10日 14:31撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のはしご。よいしょ。
頂上に到着!
2016年08月10日 14:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着!
1
この日は素晴らしい夕景。
2016年08月10日 18:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は素晴らしい夕景。
5
雲海が幻想的。
2016年08月10日 18:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海が幻想的。
5
染まる小槍。登ってみたい。
2016年08月10日 18:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
染まる小槍。登ってみたい。
2
翌日、西鎌尾根を辿って黒部源流へ!
2016年08月11日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、西鎌尾根を辿って黒部源流へ!
槍がどんどん遠ざかる。
2016年08月11日 08:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍がどんどん遠ざかる。
この日も遅咲きの高山植物が癒してくれる。
2016年08月11日 08:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日も遅咲きの高山植物が癒してくれる。
双六小屋。いよいよ黒部源流域へ。
2016年08月11日 11:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋。いよいよ黒部源流域へ。
1
槍があんなに遠くに。よく歩いた。
2016年08月11日 14:40撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍があんなに遠くに。よく歩いた。
1
三俣蓮華山頂より。360度、北アルプスのど真ん中からの大展望!個人的にはここが日本一のピークだと思う。
2016年08月11日 14:47撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華山頂より。360度、北アルプスのど真ん中からの大展望!個人的にはここが日本一のピークだと思う。
2
三俣山荘へ下る。鷲羽岳が美しい。
2016年08月11日 15:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘へ下る。鷲羽岳が美しい。
2
三俣山荘のジビエシチュー。美味。
2016年08月11日 17:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘のジビエシチュー。美味。
2
槍を見ながらの食事。ぜいたく。
2016年08月11日 18:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍を見ながらの食事。ぜいたく。
2
翌日は、朝一から鷲羽の急登。息子、何とか休憩なしで登り切った。えらい!
2016年08月12日 05:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日は、朝一から鷲羽の急登。息子、何とか休憩なしで登り切った。えらい!
2
頂上からは大好きな黒部源流域が!次は沢を登りながら源流をゆっくり旅したい。
2016年08月12日 06:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上からは大好きな黒部源流域が!次は沢を登りながら源流をゆっくり旅したい。
1
来し方もくっきり。
2016年08月12日 06:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来し方もくっきり。
続いては水晶岳。
2016年08月12日 10:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いては水晶岳。
1
少し岩場もある。
2016年08月12日 09:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し岩場もある。
水晶岳山頂!
2016年08月12日 09:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳山頂!
1
ここからは赤牛岳がくっきり。
2016年08月12日 09:59撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは赤牛岳がくっきり。
1
そしていよいよ後立山の稜線へ。
2016年08月12日 09:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしていよいよ後立山の稜線へ。
1
左手に水晶を眺める。水と緑あふれる美しい山並み。
2016年08月12日 12:40撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に水晶を眺める。水と緑あふれる美しい山並み。
1
対する裏銀座縦走路は、真っ白な砂の斜面が続く。砂漠のような日差し。
2016年08月12日 14:19撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対する裏銀座縦走路は、真っ白な砂の斜面が続く。砂漠のような日差し。
1
まるで砂の惑星タイトゥーン。
2016年08月12日 14:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで砂の惑星タイトゥーン。
野口五郎岳山頂。ケルンが異界への道しるべのよう。
2016年08月12日 15:00撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳山頂。ケルンが異界への道しるべのよう。
野口五郎小屋。昔ながらの雰囲気のある山小屋。
2016年08月12日 15:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎小屋。昔ながらの雰囲気のある山小屋。
翌朝も晴れ。
2016年08月13日 05:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝も晴れ。
1
雲海の上の縦走路を行く。
2016年08月13日 05:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の上の縦走路を行く。
1
世界が染まる至福の時間。
2016年08月13日 05:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界が染まる至福の時間。
眼下には黒部峡谷。水音がはっきり聞こえる。
2016年08月13日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には黒部峡谷。水音がはっきり聞こえる。
先には日本昔ばなしのような山々。烏帽子〜爺ヶ岳は通ったことのない山域。いつか行ってみたい。
2016年08月13日 06:43撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先には日本昔ばなしのような山々。烏帽子〜爺ヶ岳は通ったことのない山域。いつか行ってみたい。
1
烏帽子手前にはコマクサの群落が続く。可憐な女王さま。
2016年08月13日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子手前にはコマクサの群落が続く。可憐な女王さま。
2
リンドウ越しの水晶岳。
2016年08月13日 08:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ越しの水晶岳。
1
さらば北アルプス!よく頑張った。また来ます。
2016年08月13日 08:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば北アルプス!よく頑張った。また来ます。
3

感想/記録

毎日、出発5時間後くらいに子供のペースが急に落ちる時間帯が。体力というより気力が持たない様子。全体的な行動時間はコースタイムの1・5倍くらいみなくてはならず、かなりのスローペース。槍が見えてから殺生ヒュッテまでは本当に身体が疲れたようで、子供を空身にしてダブルザックで行動する。2人分の荷物の合計は水を入れて18~19キロ。自分一人で担げる重量に抑えておいてよかった。小学2年生でも、軽く10時間コースをこなしている子や、一日で槍から笠まで行く小3・小5二人の家族連れ、母子のテント泊などもいて、圧倒された。子供たち、すごいなあ。もはや何が標準なのかよくわからなくなってきた。
訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ