ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940089 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

扇沢周回+鹿島槍ヶ岳

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー Yammut
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
扇沢第2駐車場に駐車!夜11:00すぎ空いていたスペースに停めれた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間9分
休憩
3時間36分
合計
9時間45分
Sスタート地点05:1105:24扇沢駅05:2605:42扇沢駅05:4306:52大沢小屋06:5309:35針ノ木小屋11:4812:44蓮華岳14:0314:56針ノ木小屋
2日目
山行
7時間43分
休憩
2時間50分
合計
10時間33分
針ノ木小屋04:0805:02針ノ木岳05:3906:10小スバリ岳06:15スバリ岳06:2607:54赤沢岳08:0508:50鳴沢岳09:2209:48新越山荘09:5910:41岩小屋沢岳10:4211:46種池山荘12:3113:12爺ヶ岳南峰13:1713:28爺ヶ岳中峰13:43爺ヶ岳北峰14:03冷乗越14:16冷池山荘14:3314:41冷池山荘テント場
3日目
山行
6時間32分
休憩
3時間49分
合計
10時間21分
冷池山荘テント場03:4704:26布引山04:3205:11鹿島槍ヶ岳06:2907:02布引山07:33冷池山荘テント場08:2908:35冷池山荘08:49冷乗越09:14爺ヶ岳北峰09:1509:32爺ヶ岳中峰09:4909:57爺ヶ岳南峰10:0310:32種池山荘11:3211:52富士見坂11:5412:14水平岬12:46駅見岬12:4912:55ケルン(柏原新道)13:59柏原新道登山口14:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

少し歩いて扇沢へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩いて扇沢へ
針ノ木岳遊歩道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳遊歩道
針ノ木登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木登山道
早くも針ノ木小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早くも針ノ木小屋到着
2
針ノ木テント場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木テント場
1
蓮華岳登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳登ります。
2

感想/記録
by Yammut

今回は、扇沢周回&鹿島槍ヶ岳!久しぶりの山行きに加え、テント泊で、日頃の運動不足、ザックの重さ24キロ、不安要素ばかりである。
今年から国民の休日になった山の日‼山に登る人が多いと思い、扇沢の駐車場に前泊をして、今回の山行きの始まりとした。PM11:00すぎ、扇沢第2駐車場に到着。就寝!朝方寒くて目覚めた。4:00すぎ出発準備を始める。
駐車場は満車だったが、駐車場を探している車の出入りがあった。
5:00すぎ、扇沢にはたくさんの人がチケット売り場に並んでいた。その脇を通りすぎ、針ノ木登山道へ。
山行き計画書を提出して、いざ出発‼
緩やかな坂道を歩きだし、1時間程すると、大沢小屋に到着した。急いでいないのだが通過する。樹林帯を抜け進むと、日本3大雪渓である針ノ木雪渓であろう場所にたどり着く。雪渓歩きをしたかったが、今年は雪が少ないらしく全て夏道を歩くことに。高度を上げて、最後の水場らしき場所に到着。本日の水を確保する。ザックが重くなった。のんびり歩き本日のお宿、針ノ木小屋到着。早速受け付けを済ませ、テント場にテントを張る。早い時間なので張る場所を悩む。一番高い眺望の良い所に張る。そして、のんびりランチ。
サブザックに替えて、今日のピーク蓮華岳に登る。
山頂からは、素晴らしい景色が見える。明日歩く稜線を眺めて遠くに見える冷池。大丈夫かなと頭をよぎる。
風が冷たく、岩陰に隠れてみる。今度は日差しが暑い。なんてことを繰り返し、山頂からの景色を堪能。名残惜しいが、降ることに。山の日、山で過ごす人が増えていた。
日が暮れると冷え込み、夜は寒かった。
3:00頃目覚める。テントを撤収して針ノ木岳に向かう。先行者のライトについていくと登山道を外す。道を戻って修正するが、タイムロス。山頂手前で日が昇り、歩みを止めた。全身で太陽を感じる。今日が始まりをつげた。
山頂には、すでにたくさんの山人が景色を眺めていた。ありがたい事に、富士山までもが雲海から顔を出し!挨拶してくれた。

訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ