ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940126 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走鳥海山

鳥海山 また歩きたくなる山

日程 2016年08月12日(金) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー danbe, その他メンバー1人
天候二日間、晴れ 日差しギラギラ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
□鉾立の駐車場に駐車しました。
 ※登山者用駐車場は満車状態で、みなさんビジターセンター前に
  やむなく駐車してました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間46分
休憩
1時間39分
合計
6時間25分
S鉾立08:4010:07賽の河原10:0810:50御浜小屋10:5411:25御田ヶ原11:34御田ヶ原分岐12:00七五三掛12:0113:32御室15:0515:05御室
2日目
山行
3時間40分
休憩
3時間40分
合計
7時間20分
御室03:3804:12七高山07:1007:34行者岳07:42伏拝岳07:59文珠岳08:43七五三掛08:5709:14御田ヶ原分岐09:1510:08御浜小屋10:3510:58賽の河原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※GPSバッテリーが、下山途中で切れてました(^^ゞ
コース状況/
危険箇所等
□トイレは駐車場、御浜小屋、御室小屋に公衆トイレあります。

□登山ポストは、登山口右の小屋にあり。用紙等そろっています。

▲七五三掛(しめかけ)分岐までは、よく整備されていて問題ないです。
 千蛇谷コース分岐が二か所ありますが、下部の分岐から先は
 左側が切れて崩れやすく危険です。落石も起こしやすいので
 ここは通過しない方が良いかと。
 私は上部の分岐から谷へ下りましたが、ここも急斜面で右上部から
 落石の危険があるかと思いました。ヘルメットの着用も必要に感じました。

▲御室小屋から神山へは岩ゴロの急登。
 足元を確認しながら、三点確保で焦らず登りましょう。
 
▲七高山へは御室小屋から少し下って、外輪コース分岐点まで
 ガレ場の急登。浮石が多く落石の危険があります。
 浮石に手足を掛けないよう、確認しながら登りましょう。

▲外輪コースは、行者岳前後が急登下降、梯子もあります。
 伏拝岳先も急下降があります。足元をしっかり確認して
 進みました。

過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

鉾立登山口
登山開始にはちょっと遅いな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立登山口
登山開始にはちょっと遅いな・・・
2
展望台を過ぎると
一気に展墓が広がってきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台を過ぎると
一気に展墓が広がってきます
1
海岸線が見える山登り
久し振りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸線が見える山登り
久し振りです
2
淡々と登っていきます
しかし暑い(;´Д`)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と登っていきます
しかし暑い(;´Д`)
こんな感じの道が延々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道が延々
目立ったのがこれ
コバギボウシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立ったのがこれ
コバギボウシ
1
寄れるとこまで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄れるとこまで
3
色が濃かった・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色が濃かった・・・
3
ニッコウキスゲがちらほら
大分標高上がってきたけど
気温高過ぎ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲがちらほら
大分標高上がってきたけど
気温高過ぎ・・・
シロバナトウチソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロバナトウチソウ
キンコウカは終盤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンコウカは終盤
2
ここまで来て相方ダウン
小屋で休憩して下山しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来て相方ダウン
小屋で休憩して下山しました
御浜小屋から西方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御浜小屋から西方面
3
こちらは鳥海湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは鳥海湖
3
新山がガスで見え隠れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新山がガスで見え隠れ
1
相方と別れ、先を急ぎます
振り返って御浜小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方と別れ、先を急ぎます
振り返って御浜小屋
見応えある山並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見応えある山並み
1
ホソバイワベンケイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイ
1
オオバギボウシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバギボウシ
2
ハクサンシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
1
何気にお花畑点在
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何気にお花畑点在
2
オクキタアザミ・・・
でいいのかな?(^^ゞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オクキタアザミ・・・
でいいのかな?(^^ゞ
この分岐、左に少し行ってみると
こりゃ危険!!
この先の分岐で谷へ下りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この分岐、左に少し行ってみると
こりゃ危険!!
この先の分岐で谷へ下りました
千蛇谷の雪渓
いつもより小さいらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千蛇谷の雪渓
いつもより小さいらしい
6月ごろなら、雪渓を
直接御室まで登れるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6月ごろなら、雪渓を
直接御室まで登れるらしい
これは普通の?
ノアザミかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは普通の?
ノアザミかな?
ハクサンシャジン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン
1
チョウカイアザミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョウカイアザミ
1
ここ、暑くて暑くて
バテましたよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、暑くて暑くて
バテましたよ
2
御室小(頂上小屋)に
やっと着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御室小(頂上小屋)に
やっと着きました
2
空身で新山へ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空身で新山へ・・・
1
と、これは?
この時解らなかったのですが
どうやらチョウカイフスマ
のようです(^^ゞ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、これは?
この時解らなかったのですが
どうやらチョウカイフスマ
のようです(^^ゞ
6
急登なので一気に
小屋が小さく・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登なので一気に
小屋が小さく・・・
この裂け目を抜けていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この裂け目を抜けていきます
2
左の高いピークが
七高山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の高いピークが
七高山
1
ありがとうございました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございました
6
小屋は参拝者の為の
詰所でもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は参拝者の為の
詰所でもあります
これこれ
貴重な生ビールで乾杯!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これこれ
貴重な生ビールで乾杯!
4
夕食の後、サンセットを待ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食の後、サンセットを待ちます
3
その頃登山口では・・・
朝は見えなかった新山
見えてます〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その頃登山口では・・・
朝は見えなかった新山
見えてます〜
3
日本海に陽が沈みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海に陽が沈みます
4
ありがとう〜(^_^)v
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう〜(^_^)v
2
明けて翌朝
サンライズ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明けて翌朝
サンライズ
1
来ました!
朝陽〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来ました!
朝陽〜
6
少しタイミング外しました
赤く染まっていたと思われる
新山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しタイミング外しました
赤く染まっていたと思われる
新山
2
少し、影鳥海
見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し、影鳥海
見えました
2
染まる七高山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
染まる七高山
5
明るくなった新山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなった新山
1
小屋からは影鳥海が
見えてるでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からは影鳥海が
見えてるでしょうね
月山が見えてました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山が見えてました♪
1
残雪がニコちゃん( ◠‿◠ )
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪がニコちゃん( ◠‿◠ )
3
外輪山を歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪山を歩きます
昨日、苦しめられた
谷コース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、苦しめられた
谷コース
2
楽しい外輪コース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい外輪コース
1
海岸線を見ながら進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海岸線を見ながら進みます
ヤマハハコと新山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマハハコと新山
2
展望良いなあ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望良いなあ・・・
外輪最後のピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外輪最後のピーク
2
コバギボウシ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバギボウシ
2
ニッコウキスゲの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群落
3
少しだけど、青空に
映えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけど、青空に
映えます
1
鳥海湖を目指しながら
振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥海湖を目指しながら
振り返ります
快適な登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な登山道
1
ミヤマリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
2
おまけ
海岸線へ下ると
十六羅漢があるそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
海岸線へ下ると
十六羅漢があるそうです
1
おまけ
海岸の岩を削っての
羅漢像・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけ
海岸の岩を削っての
羅漢像・・・
2

感想/記録
by danbe

お盆休みは毎年近くで・・・のはずでしたが、今年は相方が
2連休取れたのでどこかに遠征したいと。
でも、北アルプスは激混み必至なので天気の良さそうな北へ・・・
鳥海山のリクエスト(・_・;)ま、長距離運転は慣れてますので行きますか。

片道約500km。やはり移動は大変なので前夜車中泊で、鉾立へ。
登山開始は9時近くと、遅すぎる出発。なので日差しガンガン!
暑さでペース上がらず、とうとう相方がダウン。
御浜小屋で休憩するも、持病も出始めてきてやむを得ず下山。

ココから単独となり、ペース上げてと思ったら谷コースは
風が通らず蒸し返す暑さにヘロヘロ。
なんとか小屋に着き、空身で新山へ。ガスが辺りを巻いていて
スッキリと展望は開けませんでしたが、それなりの眺めに満足。
小屋に入って明日の準備を済ませ、生ビールで独り乾杯。
日本海に沈む太陽は、なかなか見られないシーンなので
じっくり目に焼き付けました。

翌朝、七高山山頂でSNSのフォロワーさんと合流
色々と情報をいただき朝陽を待ちます。雲が全くないので
スクっと昇ってきて、ちょっと残念かな?でも、山頂で
久し振りに朝陽見られました。
外輪コースを歩きながら、相方が調子が良くなったのでそこまでと
文殊岳手前まで来てここで合流。その先まで行きたかったらしいけど
時間が無いので、次回と言う事で下山します。
時間が早いのはやはり快適で、昨日の暑さも無く良いペース?
で無事下山できました。

今回は、フォロワーさんに逢え予想以上の花達にも逢えたことが
大収穫でした。そして、たくさんのコースがあり、どのコースも
魅力たっぷりなので、また何度か足を運びたくなったそんな鳥海山でした。
訪問者数:323人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ