ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940220 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

立山三山

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー shajinn, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
●行き
八王子=(JR)=信濃大町=(バス)=扇沢=(アルペンルート)=室堂

●帰り
室堂=(アルペンルート)=扇沢=(バス)=信濃大町=(JR)=八王子
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

●行程
8/11(祝)
八王子=(JR)=信濃大町=(バス)=扇沢=(アルペンルート)=室堂〜みくりが池温泉(小屋泊)

8/12(金)
みくりが池温泉〜一ノ越〜立山三山(雄山〜大汝山〜富士ノ折立)〜真砂岳〜別山〜剱御前小舎(小屋泊)

8/13(土)
剱御前小舎〜新室堂乗越〜雷鳥沢〜室堂=(アルペンルート)=扇沢=(バス)=信濃大町=(JR)=八王子
コース状況/
危険箇所等
雄山への登りはガレ場の急登。
登山者数が物凄く、渋滞中、先行者が落石を引き起こすので、注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 携帯 時計 タオル カメラ

写真

立山黒部アルペンルートの起点「扇沢」
日中気温は24度で、下界の猛暑が嘘のような爽やかさです。
山の日だからか大変な賑わいで、室堂宿泊者以外は、チケット購入制限がかかり、手前の黒部ダムまでしか購入できないようになってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山黒部アルペンルートの起点「扇沢」
日中気温は24度で、下界の猛暑が嘘のような爽やかさです。
山の日だからか大変な賑わいで、室堂宿泊者以外は、チケット購入制限がかかり、手前の黒部ダムまでしか購入できないようになってました。
まずは、トロリーバスで関電トンネルを通って、黒部ダムへ。
電気モーターで走行するため、加速音は電車と同じで不思議な感じ。
ちなみに、トンネル内は涼しいため、車内に空調は搭載していないとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、トロリーバスで関電トンネルを通って、黒部ダムへ。
電気モーターで走行するため、加速音は電車と同じで不思議な感じ。
ちなみに、トンネル内は涼しいため、車内に空調は搭載していないとのこと。
黒部ダムに到着。
ここは、立山連峰と後立山連峰に囲まれた僻地。
良くぞこれほどのダムを造ったものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部ダムに到着。
ここは、立山連峰と後立山連峰に囲まれた僻地。
良くぞこれほどのダムを造ったものです。
大迫力の放水。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大迫力の放水。
谷底には虹が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷底には虹が
ダムを渡り、トンネルを抜けて、ケーブルカー乗り場へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムを渡り、トンネルを抜けて、ケーブルカー乗り場へ。
黒部平(1830m)へ標高差400mを稼ぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部平(1830m)へ標高差400mを稼ぎます。
黒部平から望む後立山連峰
左から、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部平から望む後立山連峰
左から、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳
五竜と鹿島槍も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜と鹿島槍も
黒部平から大観峰(2300m)へロープウェイで向かいます。
ロープウェイは80人乗りのため、ルート上のボトルネック。
整理券をもらって順番待ちが必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部平から大観峰(2300m)へロープウェイで向かいます。
ロープウェイは80人乗りのため、ルート上のボトルネック。
整理券をもらって順番待ちが必要。
大観峰に到着。
ここから、立山トンネルをトロリーバスで抜ければ室堂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大観峰に到着。
ここから、立山トンネルをトロリーバスで抜ければ室堂。
15:50室堂到着
7時前に八王子を出て9時間余り。長旅でした。(鈍行使ったせいもあるけど…)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:50室堂到着
7時前に八王子を出て9時間余り。長旅でした。(鈍行使ったせいもあるけど…)
みくりが池の美しいブルーに感動。
でも、池を三周泳ぐと池の底に吸い込まれてしまう(三繰ヶ池)という怖い伝説が…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みくりが池の美しいブルーに感動。
でも、池を三周泳ぐと池の底に吸い込まれてしまう(三繰ヶ池)という怖い伝説が…
本日の宿、みくりが池温泉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿、みくりが池温泉
完全予約制のため、ひとり1ベッドが確保されているのが嬉しいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全予約制のため、ひとり1ベッドが確保されているのが嬉しいです。
温泉で汗を流してから、夕景の撮影タイム♪
日没が18:50頃のため、夕食は2回目(19:00)にしてもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉で汗を流してから、夕景の撮影タイム♪
日没が18:50頃のため、夕食は2回目(19:00)にしてもらいました。
“立山ポークの山ぶどうソースがけ”を中心とした超豪華な夕食♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
“立山ポークの山ぶどうソースがけ”を中心とした超豪華な夕食♪
夜は満点の星空を堪能♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜は満点の星空を堪能♪
1
朝風呂に入ってから、バイキングの朝食(6:00〜)♪
なんと、カスピ海ヨーグルト付き!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝風呂に入ってから、バイキングの朝食(6:00〜)♪
なんと、カスピ海ヨーグルト付き!
そして、小屋からは奥大日岳と地獄谷が朝日を浴びて爽やか!
贅沢すぎる〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、小屋からは奥大日岳と地獄谷が朝日を浴びて爽やか!
贅沢すぎる〜
小屋前で、夜行バスで到着した同行者と待ちあわせし、雄山に向けて出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前で、夜行バスで到着した同行者と待ちあわせし、雄山に向けて出発です。
日本最古の山小屋、室堂山荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最古の山小屋、室堂山荘
一ノ越への登りから室堂を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越への登りから室堂を望む
一ノ越で、槍・穂高が登場し、テンションアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越で、槍・穂高が登場し、テンションアップ。
一ノ越からガレ場の急登を1時間で、立山三山の主峰・雄山に到着。
物凄い登山者数で渋滞している上に、初心者が落石を起こすので、結構危ない道でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ越からガレ場の急登を1時間で、立山三山の主峰・雄山に到着。
物凄い登山者数で渋滞している上に、初心者が落石を起こすので、結構危ない道でした。
登拝料(500円)を払って、雄山山頂へ。
山頂では、登山の安全祈願をしてくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登拝料(500円)を払って、雄山山頂へ。
山頂では、登山の安全祈願をしてくれます。
雄山から、これから向かう大汝山と別山主稜線の先に剱岳が聳えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄山から、これから向かう大汝山と別山主稜線の先に剱岳が聳えます。
大汝山から望む後立山のスター達
白馬三山、唐松、五竜に鹿島槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大汝山から望む後立山のスター達
白馬三山、唐松、五竜に鹿島槍
富士ノ折立を振り返る
だいぶ下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士ノ折立を振り返る
だいぶ下りました。
これから向かう真砂岳
また登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう真砂岳
また登りです。
真砂岳を過ぎ、再度、下って登り返すと別山。
頂上からは剱岳がドーン♪
剱沢のテント場にはテントの花が咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真砂岳を過ぎ、再度、下って登り返すと別山。
頂上からは剱岳がドーン♪
剱沢のテント場にはテントの花が咲いています。
小屋手前の小ピークで、しばし撮影タイム。
剱のこの姿が見たかった♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋手前の小ピークで、しばし撮影タイム。
剱のこの姿が見たかった♪
15:30剱御前小舎着。
夕食は何とか食べきったものの、高山病と熱中症が原因とみられる頭痛と食欲不振でダウン。
血中酸素濃度を測ったら85%と低めだったので、談話室で安静にすることに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:30剱御前小舎着。
夕食は何とか食べきったものの、高山病と熱中症が原因とみられる頭痛と食欲不振でダウン。
血中酸素濃度を測ったら85%と低めだったので、談話室で安静にすることに。
「剱きれい〜」との歓声が聞こえたので、窓の外を見ると、剱岳が雲海に聳えているではありませんか。
高山病にやられている場合じゃない!と、先ほどの小ピークへ登って撮影開始♪
素晴らしいシチュエーションに大興奮の撮影でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「剱きれい〜」との歓声が聞こえたので、窓の外を見ると、剱岳が雲海に聳えているではありませんか。
高山病にやられている場合じゃない!と、先ほどの小ピークへ登って撮影開始♪
素晴らしいシチュエーションに大興奮の撮影でした。
1
雲海に浮かぶ剱岳。
ガスに飲み込まれた剱沢のテント場から、「コンドルは飛んでいく」の演奏が聞こえます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ剱岳。
ガスに飲み込まれた剱沢のテント場から、「コンドルは飛んでいく」の演奏が聞こえます。
1
誰もいない稜線で迎える、最高の夕日。
剱沢のキャンプ場からは、今度はフォークソングの大合唱が聞こえてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない稜線で迎える、最高の夕日。
剱沢のキャンプ場からは、今度はフォークソングの大合唱が聞こえてきます。
1
室堂も雲海の下に。
今日縦走してきた立山三山が浮かびます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室堂も雲海の下に。
今日縦走してきた立山三山が浮かびます。
奥大日岳も雲海に浮かんでいました。

絶景を堪能して下山し、小屋前でまったりしていると、暗闇の中、剱沢方面から1パーティが登ってきました。
とよく見ると、なんと、イッテQでおなじみのイモトアヤコさん。
我々の部屋のふたつ隣に宿泊だったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥大日岳も雲海に浮かんでいました。

絶景を堪能して下山し、小屋前でまったりしていると、暗闇の中、剱沢方面から1パーティが登ってきました。
とよく見ると、なんと、イッテQでおなじみのイモトアヤコさん。
我々の部屋のふたつ隣に宿泊だったようです。
翌朝、今日も雲間から剱岳の登場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、今日も雲間から剱岳の登場です。
最後に小屋前から剣岳を拝んで出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に小屋前から剣岳を拝んで出発です。
雷鳥沢を目指して下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢を目指して下ります。
清らかな雷鳥沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清らかな雷鳥沢
雷鳥沢から室堂への登り返し
登山者で賑わっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢から室堂への登り返し
登山者で賑わっています。
白と緑のコントラストが綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白と緑のコントラストが綺麗
雷鳥沢キャンプ場を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場を振り返る
雷鳥温泉付近の火山ガス地帯。
立山が火山であることを実感させてくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥温泉付近の火山ガス地帯。
立山が火山であることを実感させてくれます。
地獄谷
各所に残る地名が、立山が信仰の山として、人々に恐れられていたことを物語っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷
各所に残る地名が、立山が信仰の山として、人々に恐れられていたことを物語っています。

感想/記録

山の日は、北アルプス・立山三山へ。
今回は、剱岳の眺望が素晴らしい別山稜線上の小屋に泊まり、朝夕のドラマチックな時間帯に剱岳と対峙できる撮影に重点を置いたプラン。

1日目(11日)は移動日。
朝7時前に、八王子から中央線普通電車に乗り込み、12時過ぎに信濃大町駅、そして、アルペンルートで黒部ダムを経由して、室堂へ。
黒部ダムの放水は大迫力で、人気があるのに納得です。

室堂到着後は、みくりが池のほとりに建つ「みくりが池温泉」に宿泊。
風呂は、なんとシャンプー備え付け、朝風呂もOK。
夕食は、立山ポークの山ぶどうソースがけという他の山小屋では出されない洒落乙なメニュー。朝食はバイキングで、カスピ海ヨーグルトまで付いていました。
また、完全予約制のため、ひとりに1ベット、しかもカーテンで区切られて空間が与えられ、至れり尽くせり。(ただ、宿泊者は登山者とは限らず、早出する場合は前日に荷造りしておくとか、深夜のドアの開け閉めは静かにするといった最低限のマナーを守らない輩もいたので、その点は残念。)
是非ともまた泊まってみたい小屋でした。

2日目(12日)は、立山三山、真砂岳、別山を経由して剱御前小舎へ向かいます。
まずは、5時に起きて朝風呂へ。
誰もいない風呂は最高で、北島康介以来の「超気持ちいい」が飛び出しました。
8時に、夜行バスで到着した同行者と合流して、まずは立山の主峰・雄山へ。
一ノ越までは整備された遊歩道。
槍・穂高、笠、水晶といった北アルプスの峰々がよく見えました。
一ノ越からは雄山へは、ガレ場の急登。
異常な数の登山者で、多くは家族連れ、小さい子供や山慣れていない人も多く、落石を起こしてしまうので、注意が必要な道でした。

雄山の山頂では登山の安全祈願をしてもらって、立山最高峰の大汝山(3015m)へ。大汝山の眺望は抜群で、白馬三山から連なる後立山連峰が壮観でした。
続く富士ノ折立は巻いて、ガレた急坂を一気に下り、登り返すと真砂岳。天気が良すぎて早くもバテ気味。
真砂岳から再度下って、登り返すと別山南峰、標高差100mくらいの登りでしたが、結構疲れました。
でも、展望は抜群。眼前に聳える剣岳の姿は圧巻でした。

別山からいくつかピーク越え、15時半頃、本日の宿の剱御前小舎に到着。
高山病か熱中症か、顔のほてりと頭痛と食欲不振でダウン。
夕食はなんとか食べられましたが、血中酸素濃度を測ると85%と低め。談話室で安静にしていることにしました。
・・・が、剱岳に雲海が湧きだしているのに気付いて、別山方面へ戻って撮影開始。
雲上に聳える岩の要塞は、正に絶景。刻一刻と姿を変える雲の表情に夢中になってシャッターを切り続けました。

夕景堪能して下山。
小屋の前でまったりしていると、剱沢方面から登ってくる一段が…
ずいぶん遅い到着だなと思ってよく見ると、なんと、イッテQでおなじみのイモトアヤコさん一行。イモトさんは疲れている様子ではありましたが、機材を運んだりと、周りへの気配りを欠かさず、その仕事への取組み方は凄いなと感じました。同学年として見習わねば…

3日目(13日)は、剱岳の朝景を堪能して、室堂へ下山。
新室堂乗越への道は、チングルマの果穂でいっぱいでびっくり。是非とも最盛期に訪れたいところです。
新室堂乗越から下りきった場所が雷鳥沢。水は清冽で、ずっといたい天国のような場所でした。
一方、雷鳥沢から室堂への登り返しの道では、火山ガスで呼吸が苦しくなる箇所もあり、地獄谷や血ノ池といった地名からも、立山は火山であり、人々に恐れられ、信仰された山なのだということを実感しました。

みくりが池温泉で日帰り入浴する同行者と別れ、10時半、室堂から再びアルペンルートで下山。
途中、大糸線内で急病人救護のため電車が止まり(無人駅のため、救急車が到着するまで運転手が待たなければならない)、乗り次ごうとしていた普通電車に間に合わない事態が発生。
どうしようかと思っていたところ、普通電車に追いつく茅野まで、特急券なしで、あずさに乗って構わないとのアナウンス♪
ラッキーとばかりに乗り込んだのですが、奇跡的に座れてしまったため、結局、八王子まで特急券を買ってしまいました。さすが、JR商法(笑)

今回は、2年ぶりの北アルプスでしたが、天気にも恵まれとても充実した山行となりました。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ