ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940260 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高〜雲ノ平〜高天原〜赤牛岳〜黒部ダム

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月14日(日)
メンバー mondo20000
天候2日とも晴れのち曇り(1日目は霞んだ感じで雲も多い)
アクセス
利用交通機関
バス
行き:名鉄BC23:00→新穂高ロープウェイ4:23(名鉄バス、6200円)
帰り:黒部ダム16:35→扇沢16:51(トロリーバス、1540円)、扇沢17:00→信濃大町17:35(アルピコ交通バス、1360円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
10時間41分
休憩
2時間12分
合計
12時間53分
高天原山荘02:4803:02高天原温泉03:0304:05尾根取り付き05:10温泉沢ノ頭05:1206:26赤牛岳06:4309:18奥黒部ヒュッテ(東沢出合)09:4011:13平ノ渡場・仮設12:2212:22平ノ渡し船12:3412:34船着場15:01ロッジくろよん15:1015:30黒部湖駅15:37黒部ダム15:41黒部ダム駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムは、新穂高〜双六小屋は0.54、双六小屋〜三俣蓮華岳は0.67、三俣山荘〜雲ノ平は0.68、雲ノ平〜高天原山荘は0.65、高天原山荘〜温泉沢ノ頭は0.62、温泉沢ノ頭〜赤牛岳は0.62、赤牛岳〜奥黒部ヒュッテは0.52、奥黒部ヒュッテ〜平ノ渡場は0.78、船着場〜ロッジくろよんは0.7。トータルでは1日目は0.65。
コース状況/
危険箇所等
・温泉沢は、夜間だとマークを見つけにくく(特に渡渉する箇所)、ルート探しに苦戦しました。所々でルートを外れてしてしまった箇所があると思います。温泉沢から登山道に取り付く箇所では、沢にロープが張ってありました。
・読売新道は、意外と普通の登山道だと思いました。特に荒れておらず、歩きにくくもありませんでした。
・黒部湖畔の道は、ハシゴなど細かいアップダウンが結構あり、疲れた足には地味に堪えました。よく写真で見かけた断崖の木橋は、写真で見るほど怖くはありませんでした。
その他周辺情報携帯はずっと圏外でした。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

新穂高から長い林道歩きを経て小池新道登山口。
下界はあいにくの曇り空。
2016年08月13日 05:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高から長い林道歩きを経て小池新道登山口。
下界はあいにくの曇り空。
途中で槍の穂が見えました。
2016年08月13日 05:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で槍の穂が見えました。
1
笠ヶ岳
2016年08月13日 06:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳
1
鏡池。槍・穂高は霞んでいました。
2016年08月13日 06:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池。槍・穂高は霞んでいました。
1
鏡平から弓折乗越へ
2016年08月13日 07:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡平から弓折乗越へ
1
弓折乗越から、槍・穂高
2016年08月13日 07:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓折乗越から、槍・穂高
1
双六小屋が見えてきました。
2016年08月13日 07:56撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋が見えてきました。
1
双六小屋と背後の鷲羽岳
2016年08月13日 08:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋と背後の鷲羽岳
2
双六池と双六岳
2016年08月13日 08:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六池と双六岳
1
双六小屋。昨年とほぼ同じペースで到着しました。
2016年08月13日 08:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六小屋。昨年とほぼ同じペースで到着しました。
1
双六岳には昨年登ったのでパスして、中道を歩いてみました。
あの雪渓は双六小屋の水源だそうです。
2016年08月13日 08:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳には昨年登ったのでパスして、中道を歩いてみました。
あの雪渓は双六小屋の水源だそうです。
1
黒部五郎岳
2016年08月13日 09:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳
1
双六岳と笠ヶ岳
2016年08月13日 09:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双六岳と笠ヶ岳
1
三俣蓮華岳と鷲羽岳。中道から硫黄の臭いがしていましたが、どこが源なのでしょうか。
2016年08月13日 09:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳と鷲羽岳。中道から硫黄の臭いがしていましたが、どこが源なのでしょうか。
1
三俣蓮華岳山頂
2016年08月13日 09:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣蓮華岳山頂
1
槍・穂高には雲がかかってしまいました。
2016年08月13日 09:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高には雲がかかってしまいました。
鷲羽岳
2016年08月13日 09:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳
2
薬師岳。手前には雲ノ平が見えました。
2016年08月13日 09:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳。手前には雲ノ平が見えました。
1
三俣山荘で水を補給
2016年08月13日 10:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三俣山荘で水を補給
1
布団1枚で2名とのこと
2016年08月13日 10:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布団1枚で2名とのこと
1
コース状況
2016年08月13日 10:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース状況
一旦下ってから、登り返して雲ノ平へ
2016年08月13日 10:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下ってから、登り返して雲ノ平へ
下り切った辺りに黒部川水源地標
2016年08月13日 11:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り切った辺りに黒部川水源地標
黒部川の水源でしょうか。
2016年08月13日 11:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川の水源でしょうか。
渡渉して雲の平側へ
2016年08月13日 11:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉して雲の平側へ
結構きつい登り返し
2016年08月13日 11:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構きつい登り返し
1
振り返って三俣山荘方面。背後には槍ヶ岳。
2016年08月13日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って三俣山荘方面。背後には槍ヶ岳。
1
登り切ってしばらく歩くと白砂の道
2016年08月13日 11:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ってしばらく歩くと白砂の道
1
木道
2016年08月13日 12:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道
雲ノ平方面。背後の薬師岳には雲がかかっていました。
2016年08月13日 12:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平方面。背後の薬師岳には雲がかかっていました。
祖父岳分岐で休憩
2016年08月13日 12:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳分岐で休憩
祖父岳には登らずにスルーしました。
2016年08月13日 12:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳には登らずにスルーしました。
水晶岳
2016年08月13日 12:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳
1
雲ノ平へ
2016年08月13日 12:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平へ
1
祖父岳とキャンプ場
2016年08月13日 12:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖父岳とキャンプ場
1
スイス庭園?
背後には赤牛岳
2016年08月13日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スイス庭園?
背後には赤牛岳
木道を歩いて雲ノ平山荘へ
2016年08月13日 12:43撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を歩いて雲ノ平山荘へ
2
雲ノ平山荘
2016年08月13日 12:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲ノ平山荘
2
ここも布団1枚に2名とのこと
2016年08月13日 12:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも布団1枚に2名とのこと
1
高天原へ
2016年08月13日 13:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原へ
水晶岳と赤牛岳
2016年08月13日 13:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶岳と赤牛岳
1
薬師岳の手前の山は何?
2016年08月13日 13:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳の手前の山は何?
1
奥スイス庭園付近
2016年08月13日 13:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥スイス庭園付近
1
樹林帯
2016年08月13日 13:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯
再び開けた場所。赤牛岳が見えました。
2016年08月13日 13:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び開けた場所。赤牛岳が見えました。
1
再び樹林帯に入ると、連続で長いハシゴ。
2016年08月13日 13:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び樹林帯に入ると、連続で長いハシゴ。
高天原峠
2016年08月13日 14:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原峠
高天原山荘までは何度か川も渡るなだらかな道
2016年08月13日 14:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原山荘までは何度か川も渡るなだらかな道
木道
2016年08月13日 14:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道
1
高天原
2016年08月13日 14:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原
2
高天原山荘に到着!
結構混雑しており、3名のスペースに4名でした(布団は1人1枚)。
2016年08月13日 14:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原山荘に到着!
結構混雑しており、3名のスペースに4名でした(布団は1人1枚)。
3
翌日登る温泉沢ルートの説明
2016年08月13日 14:50撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日登る温泉沢ルートの説明
小屋前の水場
2016年08月13日 16:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前の水場
1
15分ほど歩いて温泉へ
2016年08月13日 14:58撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほど歩いて温泉へ
温泉沢沿いの高天原温泉
2016年08月13日 15:08撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉沢沿いの高天原温泉
左が女湯で右が男湯。
女湯は囲われていますが、男湯は立ち上がると丸見えでした。
2016年08月13日 15:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が女湯で右が男湯。
女湯は囲われていますが、男湯は立ち上がると丸見えでした。
1
対岸には混浴の露天風呂。
女性は水着で入っていました。
2016年08月13日 15:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸には混浴の露天風呂。
女性は水着で入っていました。
混浴風呂
2016年08月13日 15:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混浴風呂
5
翌日に備えて温泉沢ルートを少しだけ下見
2016年08月13日 15:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日に備えて温泉沢ルートを少しだけ下見
2
17:45から夕食(人数が多いため2回目でした。1回目は17:00)
2016年08月13日 17:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17:45から夕食(人数が多いため2回目でした。1回目は17:00)
2
高天原山荘
2016年08月13日 18:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高天原山荘
1
翌朝は、12:20発の平ノ渡船に乗らなければならないので、3時前に出発。夜明け前の薄暗い時間に出発したことはありますが、こんなに真っ暗な時間に歩くのは初めてです。
温泉沢では、赤いマークを探しながら進んだものの途中で見失い、しばらくルートを外れて何度も渡渉を繰り返してしまいましたが、この写真の標識を見つけてルートに復帰できました。
2016年08月14日 03:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝は、12:20発の平ノ渡船に乗らなければならないので、3時前に出発。夜明け前の薄暗い時間に出発したことはありますが、こんなに真っ暗な時間に歩くのは初めてです。
温泉沢では、赤いマークを探しながら進んだものの途中で見失い、しばらくルートを外れて何度も渡渉を繰り返してしまいましたが、この写真の標識を見つけてルートに復帰できました。
その後は概ね赤いマークを辿って歩けました。
2016年08月14日 03:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は概ね赤いマークを辿って歩けました。
沢にロープが渡してある場所の左手に尾根への取り付き。
高天原山荘で見た案内図には小屋から約1時間と書いてありましたが、かなり時間オーバー。
2016年08月14日 04:05撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢にロープが渡してある場所の左手に尾根への取り付き。
高天原山荘で見た案内図には小屋から約1時間と書いてありましたが、かなり時間オーバー。
樹林帯を抜けると、ザレて滑りやすい急登。下りだと大変そうです。
2016年08月14日 04:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けると、ザレて滑りやすい急登。下りだと大変そうです。
明るくなって稜線が見えてきました。
2016年08月14日 04:54撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなって稜線が見えてきました。
1
後立山方面の朝焼け
2016年08月14日 05:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面の朝焼け
1
稜線上に着く少し前に日の出を迎えてしまいました。
2016年08月14日 05:09撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上に着く少し前に日の出を迎えてしまいました。
1
温泉沢ノ頭に到着
2016年08月14日 05:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉沢ノ頭に到着
2
薬師岳
2016年08月14日 05:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳
1
野口五郎岳と日の出
2016年08月14日 05:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳と日の出
2
槍ヶ岳も見えました!
2016年08月14日 05:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳も見えました!
稜線上を歩いて赤牛岳へ。
稜線上は風が強くて少し寒い。
2016年08月14日 05:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上を歩いて赤牛岳へ。
稜線上は風が強くて少し寒い。
3
途中のピークは巻いて行く感じ
2016年08月14日 05:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のピークは巻いて行く感じ
1
ゴーロ帯も
2016年08月14日 05:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯も
振り返って水晶岳と槍ヶ岳
2016年08月14日 05:57撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って水晶岳と槍ヶ岳
2
赤牛岳山頂!
誰もいませんでした。
2016年08月14日 06:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤牛岳山頂!
誰もいませんでした。
4
南側には、(右から)黒部五郎岳、笠ヶ岳、水晶岳、槍ヶ岳
2016年08月14日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側には、(右から)黒部五郎岳、笠ヶ岳、水晶岳、槍ヶ岳
1
槍・穂高をズーム
2016年08月14日 06:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高をズーム
西側には、薬師岳
2016年08月14日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側には、薬師岳
北側には、剱・立山と後立山
2016年08月14日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側には、剱・立山と後立山
2
剱・立山をズーム
2016年08月14日 06:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱・立山をズーム
1
山頂で朝食の弁当を頂きました。
2016年08月14日 06:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で朝食の弁当を頂きました。
2
読売新道を歩いて黒部湖へ。
山頂直下で登山者4-5人とすれ違いました。
2016年08月14日 06:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
読売新道を歩いて黒部湖へ。
山頂直下で登山者4-5人とすれ違いました。
1
振り返って赤牛岳
2016年08月14日 07:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って赤牛岳
3
7/8の標識
2016年08月14日 07:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7/8の標識
剱・立山と黒部湖
2016年08月14日 07:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱・立山と黒部湖
2
先週歩いたスゴ乗越〜越中沢岳〜立山辺り
2016年08月14日 07:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週歩いたスゴ乗越〜越中沢岳〜立山辺り
樹林帯に入りました。
2016年08月14日 07:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に入りました。
見晴らしの良い景色も見納め
2016年08月14日 07:37撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い景色も見納め
木の根を登る箇所がいくつか
2016年08月14日 08:28撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根を登る箇所がいくつか
ロープのある急な下り
2016年08月14日 08:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのある急な下り
落差のある巨岩の下り
2016年08月14日 08:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落差のある巨岩の下り
奥黒部ヒュッテに到着。
計画より早く着いたので、しばし休憩しました。
2016年08月14日 09:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥黒部ヒュッテに到着。
計画より早く着いたので、しばし休憩しました。
1
平ノ渡し船の時刻表
2016年08月14日 09:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平ノ渡し船の時刻表
1
小屋前の水場
2016年08月14日 09:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前の水場
テント場
2016年08月14日 09:41撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場
沢を渡るために下って登り返す箇所がいくつか
2016年08月14日 09:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡るために下って登り返す箇所がいくつか
階段も多い
2016年08月14日 10:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段も多い
崖沿いの道
2016年08月14日 10:10撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖沿いの道
1
黒部川が綺麗
2016年08月14日 10:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川が綺麗
2
全体的にはこんな感じの道が多い
2016年08月14日 10:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体的にはこんな感じの道が多い
黒部川
2016年08月14日 10:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部川
1
写真でよく見た危なそうな場所
2016年08月14日 11:04撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でよく見た危なそうな場所
1
何の案内もありませんでしたが、この階段を下ったところが船着場と思われる場所でした。奥黒部ヒュッテからここまで誰にも会わなかったので、10時の船で渡ってきた人はいなかったと思われます。
2016年08月14日 11:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の案内もありませんでしたが、この階段を下ったところが船着場と思われる場所でした。奥黒部ヒュッテからここまで誰にも会わなかったので、10時の船で渡ってきた人はいなかったと思われます。
船の時刻まで1時間以上あったので、しばし周辺を散策。先ほどの場所が船着場と確認でき一安心。
2016年08月14日 11:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船の時刻まで1時間以上あったので、しばし周辺を散策。先ほどの場所が船着場と確認でき一安心。
避難小屋
2016年08月14日 11:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋
風雨をしのげる程度でした。
2016年08月14日 11:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風雨をしのげる程度でした。
1
船着場に戻ると、岸は日向になっていたので、日陰の階段で船を待ちました。船を待つ人は他に誰もいませんでした。
2016年08月14日 12:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船着場に戻ると、岸は日向になっていたので、日陰の階段で船を待ちました。船を待つ人は他に誰もいませんでした。
1
渡し船がやってきました。
2016年08月14日 12:20撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡し船がやってきました。
4人ほどの登山者が下船して行きました。
2016年08月14日 12:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4人ほどの登山者が下船して行きました。
船内。乗船時に住所、氏名等を記帳しました。
2016年08月14日 12:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船内。乗船時に住所、氏名等を記帳しました。
2
対岸に到着
2016年08月14日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸に到着
向こうに見える先が割れた山は何山でしょうか。
2016年08月14日 12:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうに見える先が割れた山は何山でしょうか。
渡し船
2016年08月14日 12:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡し船
1
対岸側もこんな感じの道が多い
2016年08月14日 12:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸側もこんな感じの道が多い
こちら側でも、下って沢を渡って登り返す箇所がいくつか
2016年08月14日 12:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側でも、下って沢を渡って登り返す箇所がいくつか
斜面の細い道
2016年08月14日 13:03撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面の細い道
黒部湖
2016年08月14日 13:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖
長いハシゴ
2016年08月14日 13:16撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長いハシゴ
黒部湖。先ほどの先が割れた山がまた見えました。
2016年08月14日 13:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖。先ほどの先が割れた山がまた見えました。
1
疲れた足にはゆるやかな登りが地味にきつい
2016年08月14日 13:53撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた足にはゆるやかな登りが地味にきつい
ロッジくろよんが見えました。
2016年08月14日 14:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジくろよんが見えました。
沢を渡る橋
2016年08月14日 14:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡る橋
ロッジくろよん
2016年08月14日 15:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジくろよん
ロッジくろよんのテント場。水場もありました。
2016年08月14日 15:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジくろよんのテント場。水場もありました。
黒部ダムまでは舗装路
2016年08月14日 15:15撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部ダムまでは舗装路
黒部ダムが見えてきました。
2016年08月14日 15:22撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部ダムが見えてきました。
1
針ノ木岳でしょうか。
2016年08月14日 15:23撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳でしょうか。
1
ロッジくろよんは空室ありとのこと
2016年08月14日 15:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジくろよんは空室ありとのこと
トンネルを通って
2016年08月14日 15:29撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルを通って
黒部湖駅
2016年08月14日 15:30撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部湖駅
1
黒部ダムから赤牛岳方面。残念ながら霞んでいました。
2016年08月14日 15:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部ダムから赤牛岳方面。残念ながら霞んでいました。
しばし展望台からダムを鑑賞して帰途につきました。
2016年08月14日 16:01撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし展望台からダムを鑑賞して帰途につきました。

感想/記録

当初は高天原から折立に下山する予定でしたが、1週間前に薬師岳から見た赤牛岳に登ってみたくなったことと、未踏のルートを歩きたかったことから、赤牛岳に登って読売新道経由で下山しました。
2日目は、12:20発の平ノ渡し船に乗らないと帰りのトロリーバスに間に合わないのて、多少の余裕を持って深夜に出発しました。
訪問者数:591人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ