ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940292 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳

日程 2016年08月03日(水) 〜 2016年08月05日(金)
メンバー komemushi, その他メンバー2人
天候曇り後、雨。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
12時間1分
休憩
1時間1分
合計
13時間2分
Sスタート地点03:4404:36蝙蝠岳登山口04:4505:30中部電力施設05:4109:10徳右衛門岳09:2110:55四郎作ノ頭11:25蝙蝠岳11:3813:20北俣岳13:37北俣岳分岐13:4614:24塩見岳東峰14:2714:29塩見岳15:16塩見小屋15:2116:46宿泊地
2日目
山行
3時間45分
休憩
22分
合計
4時間7分
宿泊地03:5804:50本谷山04:5505:48三伏山05:4906:02三伏峠小屋06:1006:20塩川・鳥倉ルート合流点06:2406:49水場06:5307:20豊口山のコル08:05鳥倉林道登山口
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録

長距離テント泊縦走で、晴れ→曇り→雷・大雨。
トレーニングのような登山でした。

塩見岳山頂手前で雨に続いて雷が鳴り出し、塩見岳小屋までは双耳峰を超え、稜線の道を、しかも岩場を45分歩かなければならない状況があり、肝を冷やしました。体力のある同行者は先に走って降りたのですが、僕は体力的に走るのは難しく、岩場では逆に滑落の危険があると思い、少し速足で向かいました。

雷が鳴った時、どうすればベストなのか?考えさせられました。
今回はまだ雷の音と光から、間近にに迫っているとは思いましたので、進みましたが、光・轟音が同時に来るようならすぐに稜線道から外れて、ハイマツの中でもかがんだ方がいいんでしょうね。
とはいえ雷が聞こえたらどこでも落雷の危険があるそうです・・進むか止まって隠れるか、判断は難しいですね。

雷の中歩いて思っていたことは、いくら素晴らしい山の中とはいえ、やっぱり死ぬのは嫌ですね。

大雨で登山道が川のようになり、体も冷え、寒かったです。
対策を打たなければ、簡単に低体温症で死んでしまうと思いました。
訪問者数:78人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ