ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940327 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

南アdebutは、北端の雄 甲斐駒ケ岳から

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー ykh
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
市営芦安駐車場より広河原行きバスさらに北沢峠行きバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間26分
休憩
25分
合計
8時間51分
S北沢峠07:1007:11北沢峠 こもれび山荘08:36双児山南峰08:4108:51双児山09:52駒津峰10:27六方石10:3111:59甲斐駒ヶ岳12:1112:21駒ヶ岳神社本宮13:01六方石13:0213:39駒津峰13:4214:52仙水峠15:22仙水小屋15:52仙丈ヶ岳二合目登山口16:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
頂上直下は直登コースを通るとしばしば3点確保を強いられる岩稜帯、酷く危ない場所も無いがそれなりに危険。体力的にかなりつらい。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 コッヘル 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ストーブ クッカー

写真

広河原インフォメーション
2016年08月14日 06:15撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原インフォメーション
危うく日帰りできずに、此処のお世話になるところだった。
2016年08月14日 07:02撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危うく日帰りできずに、此処のお世話になるところだった。
いよいよ樹林帯を抜けハイマツ帯へ振り向けば仙丈ケ岳。
次の課題、今年中には何とか登っておきたい。
2016年08月14日 08:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ樹林帯を抜けハイマツ帯へ振り向けば仙丈ケ岳。
次の課題、今年中には何とか登っておきたい。
中央左手奥は鳳凰三山ちょこんと乗っているのは地蔵岳のオベリスク。これも次の次くらいの課題でも泊りがけで来ないとならないからなー。
2016年08月14日 08:49撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央左手奥は鳳凰三山ちょこんと乗っているのは地蔵岳のオベリスク。これも次の次くらいの課題でも泊りがけで来ないとならないからなー。
いざ、目指す甲斐駒の頂。
2016年08月14日 08:49撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、目指す甲斐駒の頂。
中央鳳凰三山の右手に富士の高嶺。
2016年08月14日 09:16撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央鳳凰三山の右手に富士の高嶺。
アップにしないと分からないけど人がいっぱい登っていく。
2016年08月14日 09:21撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップにしないと分からないけど人がいっぱい登っていく。
中央は白根三山とんがり帽子の北岳、間の間ノ岳、農鳥岳はちょっとだけ。いつかは縦走を北岳だけは早いうちにでも、これも泊りがけで来ないとならないからなー。
2016年08月14日 09:27撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央は白根三山とんがり帽子の北岳、間の間ノ岳、農鳥岳はちょっとだけ。いつかは縦走を北岳だけは早いうちにでも、これも泊りがけで来ないとならないからなー。
完全に雲の上だ。
2016年08月14日 09:28撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に雲の上だ。
仙丈ケ岳
2016年08月14日 09:32撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳
駒ヶ岳よ此処から先が辛かった。
2016年08月14日 09:52撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳よ此処から先が辛かった。
1
あんなとこまで登ってくのか
2016年08月14日 10:08撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんなとこまで登ってくのか
1
中央は鳳凰三山
2016年08月14日 10:30撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央は鳳凰三山
同じく
2016年08月14日 11:45撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく
完登
2016年08月14日 11:59撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完登
2
摩利支天
2016年08月14日 12:01撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天
1
下界は見えずしかしなかなかいい写真だ。
2016年08月14日 12:05撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は見えずしかしなかなかいい写真だ。
2
今日はバスの時間が覚束無くなってきたので山ラーメンは無し。
山行動食で我慢。
2016年08月14日 12:05撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はバスの時間が覚束無くなってきたので山ラーメンは無し。
山行動食で我慢。
摩利支天
2016年08月14日 12:33撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天
1
名も知らぬ可憐な花。
2016年08月14日 14:06撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名も知らぬ可憐な花。
鳳凰三山も花崗岩の山だというのが良く分かる。
2016年08月14日 14:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山も花崗岩の山だというのが良く分かる。
摩利支天 あの間のところを通ってきたんだよなー。よくもまああんな所を。
2016年08月14日 14:12撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天 あの間のところを通ってきたんだよなー。よくもまああんな所を。
1
撮影機材:

感想/記録
by ykh

頂上直下のルートを直登ルートを選んだところ大分タイムオーバーしてしまった。三点支持をたびたび要す急傾斜はみるみる体力を奪い気分が悪くなってき、尾籠ながら大便意さえ覚えてきた。一時敗退すら考えたがこの岩稜を下る勇気も無くゆっくりゆっくりなんとか完登することができた。それで時間を取られてしまい、いつものラーメンもなし、帰りのバスにもすべり込みセーフになってしまった。
 どんなコースでもコースタイム通りくらいには歩けるように体力をつけたいものだ。
訪問者数:430人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ