ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940567 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

天空のビーチ日向山 

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー ikeboo
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の駐車帯は狭く、10台ほどしか停めれません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間10分
休憩
36分
合計
3時間46分
S矢立石登山口09:2110:01錦滝11:00雁ヶ原・錦滝分岐11:3411:53錦滝分岐11:5412:04雁ヶ原12:11日向山(山頂標識)12:1212:17日向山13:07矢立石登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中まで間違って鞍掛山の方へ進んでいます。
コース状況/
危険箇所等
矢立石から日向山への道は問題なし。
矢立石から錦滝の道は荒れ気味です。
錦滝〜雁ヶ原・日向山への道は結構急です。
鞍掛山への八丁尾根コースの途中に穴が空いてました。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

9時18分、日向山スタート。
せっかくなので周回しようと思います。
2016年08月12日 09:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9時18分、日向山スタート。
せっかくなので周回しようと思います。
雁ヶ原→錦滝は通行禁止ですが、錦滝→雁ヶ原は注意してOKみたいです。不思議。
2016年08月12日 09:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁ヶ原→錦滝は通行禁止ですが、錦滝→雁ヶ原は注意してOKみたいです。不思議。
ということで先に錦滝へ向かいます。
2016年08月12日 09:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ということで先に錦滝へ向かいます。
本当にあってるか不安になるような道です。
2016年08月12日 09:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当にあってるか不安になるような道です。
かつては立派な林道だったんでしょうか。
2016年08月12日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かつては立派な林道だったんでしょうか。
ケルンが2つ。ドキッとします。
2016年08月12日 09:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンが2つ。ドキッとします。
水場?もあり。
2016年08月12日 09:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場?もあり。
1
ずっと道があってるか不安でしたが、40分程で錦滝へ着きました。
2016年08月12日 09:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと道があってるか不安でしたが、40分程で錦滝へ着きました。
滝はお見事です。
滝の横からいよいよ本格的な登山道です。
2016年08月12日 09:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝はお見事です。
滝の横からいよいよ本格的な登山道です。
1
めっちゃ急!
2016年08月12日 10:03撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
めっちゃ急!
岩の裂け目を通ったり。
2016年08月12日 10:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の裂け目を通ったり。
梯子もあります。とても急です。どのぐらい急かというと・・・
2016年08月12日 10:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子もあります。とても急です。どのぐらい急かというと・・・
登ると膝が段にぶつかるほどです。
2016年08月12日 10:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると膝が段にぶつかるほどです。
ハイキングコース!?うそでしょ?
2016年08月12日 10:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイキングコース!?うそでしょ?
こんな急なハイキングコースって・・・。
2016年08月12日 10:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな急なハイキングコースって・・・。
左に「鞍掛山」の標識が。この分岐は地図には載っていません。ここで右に行ったことで安心していました。これが後々響きます。
2016年08月12日 10:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に「鞍掛山」の標識が。この分岐は地図には載っていません。ここで右に行ったことで安心していました。これが後々響きます。
尾根っぽくなりました。
実はこの上あたりが本当の分岐です。
本当の分岐の所には看板はありません。
2016年08月12日 10:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根っぽくなりました。
実はこの上あたりが本当の分岐です。
本当の分岐の所には看板はありません。
ここが本当の分岐です。考え事をしていたのか、ここを左へ行ってしまいました。
(木々の奥をよく見ると、雁ヶ原の白い丘が右に見えてるんですが・・・。)
2016年08月12日 11:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが本当の分岐です。考え事をしていたのか、ここを左へ行ってしまいました。
(木々の奥をよく見ると、雁ヶ原の白い丘が右に見えてるんですが・・・。)
道に穴が空いています!
(注:すでに道を間違っています。この道は鞍掛山や甲斐駒に行く八丁尾根ルートです)
2016年08月12日 10:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に穴が空いています!
(注:すでに道を間違っています。この道は鞍掛山や甲斐駒に行く八丁尾根ルートです)
穴は下の崖まで空いています。落ちたら一巻の終わり・・・。こえ〜。
2016年08月12日 10:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴は下の崖まで空いています。落ちたら一巻の終わり・・・。こえ〜。
道が急に険しくなってきました。
(注:すでに道を間違っています。)
2016年08月12日 10:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が急に険しくなってきました。
(注:すでに道を間違っています。)
赤テープはありますが、かなりわかりにくい道です。
(注:すでに道を間違っています。)
2016年08月12日 10:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープはありますが、かなりわかりにくい道です。
(注:すでに道を間違っています。)
鞍掛山への表示が・・・。ここで初めて道を間違えていることに気づきました。
いっそ鞍掛山まで行こうかと思いましたが、時間に追われていたので引き返すことに。
2016年08月12日 11:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛山への表示が・・・。ここで初めて道を間違えていることに気づきました。
いっそ鞍掛山まで行こうかと思いましたが、時間に追われていたので引き返すことに。
引き返して分岐点から右側のルートを進んだらすぐにビーチに。
2016年08月12日 11:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して分岐点から右側のルートを進んだらすぐにビーチに。
不思議な光景です。
2016年08月12日 11:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な光景です。
本当の砂浜のようです。
登りにくいですがえっちらおっちら登ります。
2016年08月12日 11:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当の砂浜のようです。
登りにくいですがえっちらおっちら登ります。
登ってきた道を振り向くと。
2016年08月12日 11:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道を振り向くと。
面白い光景です。
2016年08月12日 12:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い光景です。
自然の作る芸術品。
2016年08月12日 12:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然の作る芸術品。
1
ここを滑り落ちたら果てしなく滑って行きそう。
2016年08月12日 12:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを滑り落ちたら果てしなく滑って行きそう。
何度見ても飽きません。
2016年08月12日 12:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見ても飽きません。
日向山に到着。
2016年08月12日 12:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向山に到着。
まさに天空のビーチ。
もうちょっと天気が良かったらなぁ〜。
2016年08月12日 12:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに天空のビーチ。
もうちょっと天気が良かったらなぁ〜。
帰りに一応三角点にタッチ。
2016年08月12日 12:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに一応三角点にタッチ。
一転してのどかな森の中を進みます。
2016年08月12日 12:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一転してのどかな森の中を進みます。
帰りの道はまさに「ハイキングコース」
2016年08月12日 12:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道はまさに「ハイキングコース」
不思議な穴もありました。
2016年08月12日 13:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な穴もありました。
矢立石登山口まで帰ってきました。
色々と疲れました・・・。
2016年08月12日 13:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢立石登山口まで帰ってきました。
色々と疲れました・・・。
撮影機材:

感想/記録
by ikeboo

八ヶ岳から下山して結構時間があったので、気になっていた日向山に行ってみました。
あまり有名でもないので、混雑も避けれるかな?とも考えていましたが、思った以上に人が多かったです。

せっかくなので、錦滝から周回コースを周って行くことに。
錦滝までの道は結構荒れてて、本当にあっているか不安になりました。
錦滝からの登りは想像以上に急で体力を消耗します。

途中、左に「鞍掛山」の表示と分岐があり、てっきり正式な分岐点と思っていましたが、その先に本当の分岐点があります。
地図を前もって見ていると逆に間違えやすいように思いました。

鞍掛山へ向かう人はほとんどいませんでした。
道もわかりにくく、穴が空いている場所も。
岩を乗り越えるような道もあり、そこで手に持っていたストックを折ってしまいました。ガーン・・・。

間違えに気づき、分岐点に戻って右に進むとすぐに白い砂浜のような雁ヶ原に付きます。
不思議な光景でした。
砂だらけなのでザックをおろしたら砂まみれになってしまいました。

帰りは普通のハイキングコースを下りました。
ハイキングコースは歩きやすく、ファミリーにお勧めです。

いろいろありましたが、個性の強い山で楽しかったです。こういう山好きだなぁ〜。

訪問者数:587人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ