ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940753 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

島々〜徳本峠〜大滝山〜蝶ヶ岳〜上高地

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月12日(金)
メンバー danyamakomemame
天候8月11日(木):快晴!
7月18日(金):快晴!
 
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
●行き
クルマ:島々第1ゲート駐車スペース(無料/20〜30台程度/先客なし)
※国道158号の安曇支所前から島々谷川沿いに500mほど進んだところにあります。
※途中に防獣ゲートあり(開けたら閉める)。

●帰り
路線バス:上高地〜安曇支所前(1900円)
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
S第1ゲート04:3705:23ゲート(小嵩沢出合)05:54二俣05:5506:57島々谷川南沢07:50岩魚留小屋08:0809:41力水09:5210:37徳本峠(徳本峠小屋)
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●島々〜二俣
第1ゲート駐車場から距離およそ5.7kmの林道歩き。島々谷川に沿って進みます。
3kmほど進んだところに砂防ダム、歩き始めと砂防ダムの先の2か所にゲートあり。
二俣にトイレあり。

●二俣〜徳本峠
二俣から登山道となり、南沢沿いに進んでいきます。
桟道や橋、ピンクテープなどがしっかりと付いていて非常に整備された登山道です。
木橋を何度も渡り、右岸と左岸を行き来しながら南沢を遡っていきます。
渡渉は支流が流れ込むところで数ヶ所ありました。
また、崩落箇所も数ヶ所ありましたが、新しいものではなく慎重に進めば問題ない程度。
二俣から距離5.2kmほどで岩魚留小屋(休業中)へと至ります。
岩魚留から徳本峠までは残り4.5km。
岩魚留小屋を過ぎると壊れかけた古い木橋が増えます。
標高1750m付近から登山道は川の本流から外れて北側に進路を変え、
ちから水を通過すると九十九折となり、高低差300mほど登ると徳本峠小屋へ到着です。

●徳本峠〜大滝山(中村新道)
徳本小屋の裏手から稜線に乗り、樹林帯の登山道をこまめに
アップダウンを繰り返しながら緩やかに標高を上げていきます。
明神見晴らし、丸太で組まれた櫓がある大滝槍見台が顕著な目印となります。
その後、湿地帯を通過し2491の西側を進み大滝山南峰との鞍部である2457を
通過すると登山道は斜度を上げ始め視界も開けてきます。
鞍部から高低差150mほど登ると徐々にハイマツ帯となり大滝山南峰に到着です。
南峰から池塘のある湿地帯と大滝山荘を経て北峰へと至ります。
大滝山荘は営業しているかどうかは不明。
また北峰の山頂がテン場とのことですがこの日はひと張りもありませんでした。

●大滝山〜蝶ヶ岳
2605ピークを通過すると蝶ヶ岳との鞍部まで途中2542ピークを経て、
高低差130mほど下ります。2542との鞍部には池塘があります。
蝶ヶ岳との鞍部から高低差およそ200m登り返すと蝶ヶ岳山頂です。
直下で三股からのルートで合流します。

●蝶ヶ岳〜徳沢(長塀尾根)
蝶ヶ岳山頂からハイマツ帯を緩やかに下るとほどなく妖精ノ池が見えてきます。
この付近で登山道は樹林帯に入りしばらく窪地を進むと長塀山へと至ります。
長塀山は眺望はありません。長塀山から高低差1000mを下ると徳沢園の裏手に出ます。
長塀尾根は無雪期はルートもわかりやすくクサリ・ハシゴ(短い階段は頻繁にある)
などもなく下りやすい尾根です。

●徳沢〜上高地バスターミナル
徳沢から上高地バスターミナルまでは距離およそ6kmの林道歩き。
お盆時期のため沢渡行きのバスは大行列でしたが、新島々&松本バスターミナル行きは、
行列ができることなくスムーズに乗ることできました。
 

写真

【前日】
動物除けのゲートを開けて第一ゲート手前までクルマで入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【前日】
動物除けのゲートを開けて第一ゲート手前までクルマで入ります
2
【8月11日 1日目】
島々谷川に沿って林道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【8月11日 1日目】
島々谷川に沿って林道を進みます
3
砂防ダムを過ぎた先のゲート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムを過ぎた先のゲート
1
第一ゲートから距離およそ5.7km進むと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一ゲートから距離およそ5.7km進むと…
いにしえの道
2016年08月11日 05:48撮影 by Canon EOS 5D Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いにしえの道
二俣から登山道に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣から登山道に入ります
1
雰囲気の良い沢筋の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気の良い沢筋の登山道
1
整備にも余念がありません。しっかりした桟道に…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備にも余念がありません。しっかりした桟道に…
1
南沢沿いに進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢沿いに進みます
橋の上は涼しくて気持ちがいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上は涼しくて気持ちがいい
炭焼窯跡に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼窯跡に到着
当時の生活が偲ばれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当時の生活が偲ばれます
1
崩落箇所も数ヶ所ありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落箇所も数ヶ所ありました
沢筋にも陽の光が入り始めました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋にも陽の光が入り始めました
2
光を浴びた南沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光を浴びた南沢
シダを照らす
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダを照らす
2
離れ岩の先の橋。この辺りは水量も豊富
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
離れ岩の先の橋。この辺りは水量も豊富
1
しっとりと…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっとりと…
落ち着いた雰囲気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いた雰囲気
またまた立派な橋というか桟道というか。登山者は少ないのにしっかりと整備されているなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた立派な橋というか桟道というか。登山者は少ないのにしっかりと整備されているなぁ
1
岩魚留橋。この橋を渡ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩魚留橋。この橋を渡ると…
1
岩魚留小屋(休業中)に到着します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩魚留小屋(休業中)に到着します
1
しばし休憩。足がむくみまくり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩。足がむくみまくり
3
さて出発です。引き続き沢沿いの道を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて出発です。引き続き沢沿いの道を進みます
岩魚留小屋を過ぎると橋はこんなのや…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩魚留小屋を過ぎると橋はこんなのや…
1
こんなので原始的になります(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなので原始的になります(笑)
1
サラシナショウマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ
2
唯一の鉄ハシゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一の鉄ハシゴ
1
あ〜カラダが重たい〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜カラダが重たい〜
1
標高1750m付近から登山道は川の本流から外れて北側に進路を変えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1750m付近から登山道は川の本流から外れて北側に進路を変えます
ちから水を過ぎると九十九折の登山道が始まり…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちから水を過ぎると九十九折の登山道が始まり…
高低差300mほど登ると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高低差300mほど登ると…
ようやく空が近づき…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく空が近づき…
1
徳本峠に到着。何気に島々より距離およそ17km、高低差1400mほどあるんです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳本峠に到着。何気に島々より距離およそ17km、高低差1400mほどあるんです
1
時間もたっぷりあるため、久しぶりに丁寧にテントを張りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間もたっぷりあるため、久しぶりに丁寧にテントを張りました
1
正面に穂高が見えるロケーション
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に穂高が見えるロケーション
2
10時半過ぎに到着し、この日は行動終了。飲むことしかやることがないという幸せ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時半過ぎに到着し、この日は行動終了。飲むことしかやることがないという幸せ
5
暇なので近所を散策
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暇なので近所を散策
1
徳本峠から45秒の展望台より。前穂〜明神〜奥穂〜ロバの耳〜ジャンダルム〜天狗のコル〜天狗の岳〜間ノ岳・西穂高岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳本峠から45秒の展望台より。前穂〜明神〜奥穂〜ロバの耳〜ジャンダルム〜天狗のコル〜天狗の岳〜間ノ岳・西穂高岳
5
前穂アップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂アップで(photo komemame)
4
奥穂〜ロバの耳〜ジャンダルムをアップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂〜ロバの耳〜ジャンダルムをアップで(photo komemame)
3
西穂アップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂アップで(photo komemame)
3
さて、夕ご飯です。まずはビールのつまみにぼんじりとさんまのアヒージョ。これ今日何本目のビールだろ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、夕ご飯です。まずはビールのつまみにぼんじりとさんまのアヒージョ。これ今日何本目のビールだろ?
1
キャベツ、タマネギ、ピーマン、ニンジン、コーンを炒めて…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャベツ、タマネギ、ピーマン、ニンジン、コーンを炒めて…
1
ご飯に敷いてその上からハンバーグをのせてハンバーグ丼のできあがり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯に敷いてその上からハンバーグをのせてハンバーグ丼のできあがり
1
見よ!この半熟タマゴのシズルを!(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見よ!この半熟タマゴのシズルを!(笑)
3
夕暮れの穂高連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの穂高連峰
2
【8月12日 2日目】
徳本小屋の裏手から樹林帯を進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【8月12日 2日目】
徳本小屋の裏手から樹林帯を進みます
1
樹林帯の間から日が昇ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の間から日が昇ってきました
3
赤く染まるkomemame
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く染まるkomemame
4
明神見晴らしより。明神が綺麗に見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神見晴らしより。明神が綺麗に見えました
4
ここち良い樹林帯を進みます1
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここち良い樹林帯を進みます1
2
ここち良い樹林帯を進みます2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここち良い樹林帯を進みます2
大滝槍見台が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝槍見台が見えてきました
大滝槍見台の櫓に登ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝槍見台の櫓に登ります
1
大滝槍見台より。明神
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝槍見台より。明神
2
北穂〜大キレット〜南岳〜中岳〜大喰〜槍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜大キレット〜南岳〜中岳〜大喰〜槍
3
赤沢〜西岳〜赤岩〜牛首〜大天井
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤沢〜西岳〜赤岩〜牛首〜大天井
2
大キレット〜南岳〜中岳〜大喰〜槍アップで(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレット〜南岳〜中岳〜大喰〜槍アップで(photo komemame)
5
奥には真砂と野口五郎(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には真砂と野口五郎(photo komemame)
4
引き続き樹林帯の緩やかなルートが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き続き樹林帯の緩やかなルートが続きます
1
2457を通過するといきなり視界が開けて眩しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2457を通過するといきなり視界が開けて眩しい
登山道は斜度を上げ始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は斜度を上げ始めます
振り返ると八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると八ヶ岳
2
左に御嶽と右に乗鞍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に御嶽と右に乗鞍
2
霞沢岳と焼岳が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳と焼岳が見えてきました
3
ずっと樹林帯の中だったの開放感がありますが暑い!奥が大滝山南峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと樹林帯の中だったの開放感がありますが暑い!奥が大滝山南峰
1
大滝山南峰の直下でハイマツ帯に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山南峰の直下でハイマツ帯に入ります
ハイマツの背が低くなると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの背が低くなると…
大滝山南峰に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山南峰に到着です
3
南峰から少し下り湿地帯を抜けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰から少し下り湿地帯を抜けます
1
こじんまりした池もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こじんまりした池もあります
1
大滝山荘。やっているのどうかわからない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山荘。やっているのどうかわからない
1
再び背丈よりも高いハイマツ帯を過ぎると…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び背丈よりも高いハイマツ帯を過ぎると…
大滝山北峰に到着。北峰の山頂がテン場らしいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山北峰に到着。北峰の山頂がテン場らしいです
4
山頂より。左から明神〜前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂。手前は長塀尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。左から明神〜前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂。手前は長塀尾根
5
山頂より。左から北穂〜大キレット〜南岳〜中岳〜大喰岳〜槍。手前は蝶ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。左から北穂〜大キレット〜南岳〜中岳〜大喰岳〜槍。手前は蝶ヶ岳
3
槍アップで。手前の蝶ヶ岳には人がたくさんいるのが見えます(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍アップで。手前の蝶ヶ岳には人がたくさんいるのが見えます(photo komemame)
5
山頂より。常念・前常念と奥に大天井
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。常念・前常念と奥に大天井
3
山頂より。霞沢岳と焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より。霞沢岳と焼岳
1
北峰からちょっと進んだところのほうが眺望は良い。北穂〜大キレット〜槍。ここから見ると蝶ヶ岳の山頂と槍の山頂が一直線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰からちょっと進んだところのほうが眺望は良い。北穂〜大キレット〜槍。ここから見ると蝶ヶ岳の山頂と槍の山頂が一直線
2
霞沢岳と焼岳もこっちのほうが良く見える。梓川と上高地も見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳と焼岳もこっちのほうが良く見える。梓川と上高地も見えています
1
手前に2605ピークとこれから歩く稜線。奥は常念と大天井岳。最奥は野口五郎
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に2605ピークとこれから歩く稜線。奥は常念と大天井岳。最奥は野口五郎
3
ここからはしばらくは稜線漫歩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはしばらくは稜線漫歩。
2
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
御嶽〜乗鞍〜霞沢岳〜焼岳をバックに(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽〜乗鞍〜霞沢岳〜焼岳をバックに(photo komemame)
4
こんなに眺望いいのに人はほとんどいない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに眺望いいのに人はほとんどいない
1
大滝山を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山を振り返ります
1
2605を過ぎると2542ピークを経て鞍部まで下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2605を過ぎると2542ピークを経て鞍部まで下ります
2542の手前は草原とお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2542の手前は草原とお花畑
イブキトラノオの群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオの群生
3
鞍部付近は緩やかなルートが続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部付近は緩やかなルートが続きます
2605と2542の鞍部には池塘があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2605と2542の鞍部には池塘があります
2
蝶ヶ岳との鞍部手前から蝶ヶ岳の山頂を見上げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳との鞍部手前から蝶ヶ岳の山頂を見上げます
1
鞍部から蝶ヶ岳まで高低差およそ200m登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から蝶ヶ岳まで高低差およそ200m登り返し
三股からのルートと合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股からのルートと合流
1
大滝山を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝山を振り返ります
蝶ヶ岳山荘の赤い屋根が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山荘の赤い屋根が見えてきました
1
常念山脈の稜線に乗った瞬間この景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念山脈の稜線に乗った瞬間この景色
2
蝶ヶ岳山荘で小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山荘で小休止
5
瞑想の丘より。やっぱりここからの穂高の眺望は一級品。左から明神〜前穂〜奥穂〜涸沢岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。やっぱりここからの穂高の眺望は一級品。左から明神〜前穂〜奥穂〜涸沢岳
4
瞑想の丘より。左から前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。左から前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂
3
瞑想の丘より。大キレット
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。大キレット
4
瞑想の丘より。槍と手前に赤沢岳〜西岳〜赤岩岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。槍と手前に赤沢岳〜西岳〜赤岩岳
3
瞑想の丘より。大天井岳と裏銀座方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。大天井岳と裏銀座方面
1
瞑想の丘より。北穂〜涸沢岳〜奥穂が取り囲む涸沢カールと眼下には梓川が流れいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。北穂〜涸沢岳〜奥穂が取り囲む涸沢カールと眼下には梓川が流れいます
2
瞑想の丘より。左側に霞沢岳。奥に焼岳。手前左に明神
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘より。左側に霞沢岳。奥に焼岳。手前左に明神
3
蝶ヶ岳の頂上標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の頂上標
2
さて長塀尾根に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて長塀尾根に向かいます
2
槍をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍をバックに
2
北穂〜大キレット〜槍の尾根と谷が手に取るようにわかります。眼下に横尾谷と梓川
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂〜大キレット〜槍の尾根と谷が手に取るようにわかります。眼下に横尾谷と梓川
3
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂。こちらも同様に地形がよくわかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂。こちらも同様に地形がよくわかります
5
絶景とはこのことだぁ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景とはこのことだぁ(photo komemame)
5
下り始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めます
少し下ると窪地となり…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると窪地となり…
妖精ノ池の脇を通過します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妖精ノ池の脇を通過します
1
長塀山で小休止。パン食べて栄養補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀山で小休止。パン食べて栄養補給
1
さて、一気に徳沢まで下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、一気に徳沢まで下ります
長塀尾根は下りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀尾根は下りやすい
1
徳沢園の裏手に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢園の裏手に出ました
1
徳沢でソフトとビール。ビールのほうが美味しいわ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢でソフトとビール。ビールのほうが美味しいわ
3
徳沢のテン場は大盛況
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢のテン場は大盛況
1
梓川と大天井岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川と大天井岳
1
野生もへったくれもない徳沢の猿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野生もへったくれもない徳沢の猿
1
徳沢から上高地バスターミナルまでは6kmの林道歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢から上高地バスターミナルまでは6kmの林道歩き
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
河童橋に到着。バスターミナルはすごい人でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋に到着。バスターミナルはすごい人でした
2
上高地からバスに乗り安曇支所前で下車。お疲れさまでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地からバスに乗り安曇支所前で下車。お疲れさまでした!
1
【今回の花たち】
標高が低いところは紫陽花だらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【今回の花たち】
標高が低いところは紫陽花だらけ
1
ハクサンシャジン(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン(photo komemame)
1
ミヤマママコナ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマママコナ(photo komemame)
1
どこもかしこも北アはトリカブトが最盛期(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこもかしこも北アはトリカブトが最盛期(photo komemame)
3
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
標高を上げると白いアジサイが目立っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を上げると白いアジサイが目立っていました
1
サラシナショウマ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ(photo komemame)
1
フシグロセンノウ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フシグロセンノウ(photo komemame)
1
(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(photo komemame)
1
センジュガンピ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
センジュガンピ(photo komemame)
1
ハクサンフウロ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ(photo komemame)
2
オトギリソウ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オトギリソウ(photo komemame)
1
タテヤマウツボグサ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ(photo komemame)
1
キンポウゲ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キンポウゲ(photo komemame)
1
イブキトラノオ(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブキトラノオ(photo komemame)
1
【おまけ】
下山後は飛騨高山に移動して夜は飛騨牛のステーキ。こちらはロース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【おまけ】
下山後は飛騨高山に移動して夜は飛騨牛のステーキ。こちらはロース
3
こっちはヒレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちはヒレ
3
翌朝。まずは高山ラーメンで腹ごしらえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。まずは高山ラーメンで腹ごしらえ
3
そして宮川朝市へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして宮川朝市へ
1
つきたてのお餅や…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つきたてのお餅や…
2
コーヒーを購入
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒーを購入
2
立派な建物だぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な建物だぁ
1
桜山八幡宮の参道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜山八幡宮の参道
1
トコトコ歩いて…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トコトコ歩いて…
1
古い町並みエリアへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い町並みエリアへ
1
暑くて思わず古民家の甘味処に入り、昔ながらのかき氷を食べます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くて思わず古民家の甘味処に入り、昔ながらのかき氷を食べます
2
高山は街自体がとてもコンパクト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高山は街自体がとてもコンパクト
2
街にいる人の半分くらいは外国人
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街にいる人の半分くらいは外国人
2
中橋でパチリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中橋でパチリ
2
ちょっとした街角もノスタルジック
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした街角もノスタルジック
1
ちょっとした路地もフォトジェニック
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした路地もフォトジェニック
1
ここから郡上八幡。水の街です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから郡上八幡。水の街です
1
民家の裏手を流れる用水。地元の人は小さい頃から水に親しんでいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民家の裏手を流れる用水。地元の人は小さい頃から水に親しんでいます
1
この日は日本三大祭の一つ郡上踊りのクライマックスである徹夜おどりの初日でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は日本三大祭の一つ郡上踊りのクライマックスである徹夜おどりの初日でした
1
街全体が盛り上がってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街全体が盛り上がってました
1
吉田川には水と戯れる人たちがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田川には水と戯れる人たちがたくさん
1
川にせり出すように建てられた3階建て、4階建ての家々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川にせり出すように建てられた3階建て、4階建ての家々
そして名物の子供たちの新橋からの飛びこみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして名物の子供たちの新橋からの飛びこみ
3
郡上八幡の子供たちの伝統文化
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡上八幡の子供たちの伝統文化
1
足を水に浸けて飛び込みを眺めます。むくんだ足に効く〜(photo komemame)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を水に浸けて飛び込みを眺めます。むくんだ足に効く〜(photo komemame)
4
komemameは痛めた足を冷やします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
komemameは痛めた足を冷やします
3
住んだこともないのに懐かしさを感じる不思議。さよなら夏の日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住んだこともないのに懐かしさを感じる不思議。さよなら夏の日
6
撮影機材:

感想/記録

前日の合戦尾根〜喜作新道〜東鎌尾根〜西鎌尾根〜大ノマ〜笠新道の記録はこちら
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-940752.html

わさび平小屋で余裕かましてテントを撤収してたら、
新穂高温泉発のバスに乗り遅れそうになり、林道をダッシュする羽目に。
さらにお盆時期の混雑でバスの到着が遅れ、松本BTから大糸線に乗るまでもダッシュ。
綱渡りで中房温泉までなんとか予定通りAM中に戻ることができましたが、
これは山登りよりも疲れたな。
その後、テント干して、コインランドリーで洗濯して、ご飯を食べて、
温泉に入って、スーパーで買い出しをして、島々へと向かいます。

島々から徳本峠までいにしえの道を辿るクラシックルートは
いつかチャンスがあれば歩きたいとずっと思っていて、
霞沢岳を絡めるのが一般的ですが、すでに登ったことがありピークにはこだわらず、
徳本峠から中村新道で大滝山〜蝶ヶ岳まで未踏の稜線を歩くルート取りを考えました。
1本目の山行がちょっときつめだったので、
徳本峠のテン場でゆっくりくつろいで疲れを癒すのにはちょうどいいプランかなと。

暗くなると同時に島々の駐車スペースに入り、車内で酒盛りしてから眠りに就きます。
翌日。起きるとカラダはオモイ、むくみもヒドイ。
でも、今日は徳本峠で行動終了だから大丈夫!という気持ちで出発。
先人たちに想いを馳せながら沢沿いのいにしえの道をゆっくり歩いていきます。
聞くところによると、明治時代には上高地で放牧する牛馬が通ってたとのことで、
そんなにキツイルートではないはずですが、とはいえ、
何気に島々より徳本峠までは距離およそ17km、高低差1400mほどあり、
最後の九十九折の登りは重〜いカラダに堪えたなぁ。

10時半過ぎに徳本峠に到着。
あぁ、昼前から飲むこと以外にやることがないという幸せ。

2日目。
中村新道は気持ちのよい樹林帯の中、緩やかな稜線を辿るルート。
時折、向かいの明神や槍穂を望める場所もありますが、基本は長い樹林帯歩き。
それが大滝山の直下から突然視界が開け、ドーンと間近に槍穂が見えるものだから、
否が応でもアガります。しかも、この北ア最盛期に出会った登山者は数組。
ホントここは北アルプス?って、蝶ヶ岳まで続く稜線をたどりました。

下山後、白山に近づいておくために飛騨高山に向かい、
翌日は休息を兼ねて高山と郡上八幡を観光。
長塀尾根の下りで痛めたkomemameの足の状態が気になりながらも、
飛騨牛や高山ラーメン、出店での買い食いを楽しみながら情緒あふれる街並みを散策。
「なんか夏休みらしいことしてるな〜」と言いながら、
翌日登る予定の白山の大白川の登山口へとクルマを走らせます。
夜ご飯は白川郷の近くのお店で食べようと思ってたのですが、
行ってみると飲食店は14時とか16時には閉店してしまっています。
そんな状況なので、この付近唯一のコンビニのお弁当やおにぎり、サンドイッチ
コーナーはガラーンガラン。
無理矢理食べられそうなものを見繕ってコンビニの軒先のベンチで買い食い。
「中学生かっ!」って感じです。

白山へと続く…。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-940754.html
 
 
 

感想/記録

1日あいだを置いての第二弾。
ぜんぜん疲れがとれていなくて、からだが鉛のように重かった。
むくんで、からだの表面にペタペタと肉をくっ付けられたみたいな。

徳本峠までの道は比較的穏やかな道のりで、
ひっそりとした歩きやすい良い登山道、、のはずですが、
それがずっと続くので、歩いても歩いても終わりが見えない感じで、
途方に暮れてしまい心が折れそうになりましたが…

そろそろ小屋かなーというあたりから
キャウキャウと賑やかな声がして、なんの声?
近くでサルでも遊んでるのかな?と思っていたら、
小屋に着いてみたら、サルではなく…笑
小さな子どもが元気いっぱい走り回っていました。
子どもは元気でいいっ!
いろんなルートでここにたどり着いた人たちも、大勢のんびりしていました。
まだ10時半すぎでしたが、すでにテントもいくつか張られていて
それはそれは大にぎわい。さすが山の日〜。
重いからだで、静かな道を修行僧のように歩いてきたので、
そのギャップに、なーんだか、とてもほっこりしたのでした。

この日の行動はこれにて終了。
テントを貼って、小屋前のベンチでビールを飲んだり、
ゴロゴロ寝転がってみたり、虫を観察したり、ストレッチしたり…
「僕だってそういつもハードなのはイヤだよ」と、
danyamaもぐーぐーむにゃむにゃzzz・・・・。
そんな姿をみて徳本峠小屋のお母さんたちは、
「あらら、おつかれね〜」と笑っていました。
こちらの小屋、泊まったわけではないのでちゃんとはわかりませんが、
シンプルで丁寧に手入れやお掃除をされている様子で、
外から見える台所とか、昔のおばあちゃん家を思い起こさせるような雰囲気で、
とても温かいところでした。

そして楽しみな夕飯。
まだまだ明るいし、寒さもないので、
がんばって担いで来たものをすべて外に出し、片っぱしから調理〜。
その間につまみを食べながらビールタイム。
缶詰あっためたり、ジュージュー野菜を炒めたり、
こういうのってほんと贅沢な時間。
まさにお金では買えない、美味しさでした。

昼間に寝てしまったせいか、夜はぐっすり眠れなかったけど、
起きてみたら、けっこうすっきり。
きょうはちゃんと歩けそうだー、、と思いましたが、
歩き出してみれば、最初だけでした。。
子どもじゃあるまいし、やっぱりそう簡単に疲れはぬけませんーー、泣
陽が昇ってくると、暑さも相まって、はぁぁしんどい。
それでも天気がいいだけ恵まれているんだと言い聞かせて、
少しの気力を小出しにしながら歩きました。

蝶ヶ岳に到着してようやく終わりが見えてきた感じ。
あとは降りて、徳沢でソフトクリーム食べながらのんびり歩き〜。
のはずでしたが、ここの下りで「おわりだ、おわりだー」って、
やけくそになって一目散に降りていたら、足が痛くなってしまいました。
今回の足の痛みの原因は歩きすぎの疲れもありますが、
どうやらここの下りでとどめを刺してしまったようです。

ところで徳沢のソフトクリーム、
おいしい、おいしいって聞いていたので、
とても楽しみにしていましたが、ふつうでした。
ビールのほうが何倍も美味しかった!
ソフトは「いいよ、あげる」「あと少し食べて」とか譲り合っていたのに、
ビールはすぐさまカラに。笑
きっと暑かったからですね。

翌日は暑さと足の状態を気にしつつも、観光をキメこみました。
川の流れる街、とても素敵でした。
飛騨高山よりも観光地っぽい感じがなくて、
ふつうの生活があるかんじ。朝市とか子どもの頃を思い出しました。
ちょうどこの日は郡上おどりというタイミングで、
人出が多いということでしたが、
それでも飛騨高山よりは落ち着いていました。

山、山、観光ときて、また翌日山、そして観光…
今回は盛りだくさんの夏休みでした。


おしまい


訪問者数:373人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/9
投稿数: 280
2016/8/27 8:46
 大滝山((≧艸≦*))
大滝山、去年その存在を知って、テント場も山荘もあるって言うので気になってました!
北峰の山頂がテント場ってすごいですね!
これは泊まりに行かなければ!
でも、徳本峠からの道は熊の巣窟だって聞いたことあります(´・ω・`)
気配はありませんでしたか?

徳本峠までのクラシックルート、標高差がそんなにあったとはびっくりです!
緩い道を延々と歩く感じかなと思ってました。
徳本峠のテント場も意外と景色があるのですね(*´ω`*)
展望台まで45秒って近くて素敵です♪

それにしもご飯が美味しそうだぁぁ
白米はどうやって作ってますか?アルファ米ですか?
ハンバーグはどこのだろ(*´ω`*)
湯煎してますか?
登録日: 2011/10/10
投稿数: 306
2016/8/28 12:54
 Re: 大滝山((≧艸≦*))
ruonickさん

わわっクマの巣窟だったんですか!?
しらなかったー!!!ぜんぜん気配なかったですよ〜。
でもたしかに人も少なくしんとしていて薄暗く、
今思うと、クマいてもおかしくない感じではあります。
大滝山のテント場、ruonickさんご夫婦はお好きかも!
そんなに広くないですが、日中はもちろん夜もすばらしい空が拝めそうでした。
ぜひぜひ大滝山、行ってきてください〜

徳本峠までは、実際に歩いた印象も標高差はあんまり感じなかったです。
ruonickさんの言うように、緩い道を延々とだらだら歩き続けるので、
結果、標高稼いでいた、ということなんでしょうね。

ごはんは、荷物ちょっとでも軽くしたいときはアルファ米にして、
それ以外は、メスティンで生米炊いています
この日は歩くのも自信ないくらいだったので、アルファ米となりましたー
ハンバーグどこのだったか・・・
前日に安曇野のイオンに寄って、仕入れました。
たしかPB商品で牛肉100%使用とかで、ボリュームもあって激ウマでしたぁ〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ