ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940832 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

快晴の七倉〜船窪〜烏帽子岳

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー shimata2, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七倉山荘前無料駐車スペース

コースタイム [注]

(8/11木)
9:25 七倉尾根を登山開始
12:55 鼻付八丁
14:09 天狗の庭
15:02 船窪小屋
15:37 七倉岳
16:00 船窪小屋(泊)
(8/12金)
5:30 出発
5:59 テン場
6:15 水場
6:30 テン場
7:06 船窪乗越
9:04 船窪第2ピーク
13:03 不動岳
15:37 南沢岳
17:00 烏帽子小屋(泊)
(8/13土)
6:30 出発
7:00 ニセ烏帽子, 分岐
7:50 烏帽子岳
8:50 烏帽子小屋
9:00 高瀬ダムに下山開始
10:15 三角点
12:46 高瀬ダム登山口
コース状況/
危険箇所等
・船窪小屋下テン場近くの水場はサブザック使用がお薦め
・船窪〜不動岳は気を使う箇所多数
・南沢岳手前の片側が切れた砂礫登りに注意
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

七倉尾根から登山開始
計画書を出しに立ち寄った登山相談所では、写真付きでルート上の注意点を教えてくれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉尾根から登山開始
計画書を出しに立ち寄った登山相談所では、写真付きでルート上の注意点を教えてくれます
急登だがよく整備され快適な道
標高差1,400mを10分割した目盛が表示されています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登だがよく整備され快適な道
標高差1,400mを10分割した目盛が表示されています
天狗の庭。槍!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭。槍!!
1
トンボが蟻を捕食中でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンボが蟻を捕食中でした
船窪小屋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋に到着
1
小休止の後、七倉岳まで足を延ばす
ここで、水場がちょっと危ないよの情報入手
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止の後、七倉岳まで足を延ばす
ここで、水場がちょっと危ないよの情報入手
手の込んだ素敵な夕食でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手の込んだ素敵な夕食でした
2
5時起きで朝食をいただきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時起きで朝食をいただきます
1
不動岳方面をめざし5時半に出発
テン場からの脇道を、水を汲みに降ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳方面をめざし5時半に出発
テン場からの脇道を、水を汲みに降ります
水場は知らずに行くとちょっとビックリするような場所にあります。Fixロープを頼りに降りるため、サブザックがあったほうがよいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は知らずに行くとちょっとビックリするような場所にあります。Fixロープを頼りに降りるため、サブザックがあったほうがよいです
2
船窪乗越
ここから第2ピークへきつい登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪乗越
ここから第2ピークへきつい登り返し
このあたりから気を使う箇所が連続します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから気を使う箇所が連続します
船窪第2ピーク到着、息も絶え絶え?のTさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪第2ピーク到着、息も絶え絶え?のTさん
不動岳直前の鎖場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳直前の鎖場
2
不動岳到着
針ノ木から来たというテント装備のハイカーが水を切らしたようで、水を分ける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳到着
針ノ木から来たというテント装備のハイカーが水を切らしたようで、水を分ける
1
これから向かう南沢へのルートを眼下に。奥は読売新道かな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう南沢へのルートを眼下に。奥は読売新道かな
南沢岳
ここに向かう砂礫の登りは片側が切れているので注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢岳
ここに向かう砂礫の登りは片側が切れているので注意
眼下に烏帽子と池塘を見下ろしほっと一息
この日は迷わず?左側の巻き道から小屋に向かい行動終了しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に烏帽子と池塘を見下ろしほっと一息
この日は迷わず?左側の巻き道から小屋に向かい行動終了しました
6時半に烏帽子小屋を出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半に烏帽子小屋を出発
最高の天気です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高の天気です
2
7時50分、烏帽子岳に立つ。貸切です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時50分、烏帽子岳に立つ。貸切です
1
昨日、苦労した縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、苦労した縦走路
1
去り難い快晴の稜線から帰路につきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去り難い快晴の稜線から帰路につきます
烏帽子小屋に戻り、9時に高瀬ダムに向け下山開始
三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋に戻り、9時に高瀬ダムに向け下山開始
三角点
高瀬ダム登山口に到着
ブナ立尾根も七倉と同じく急な下り、あっというまに到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬ダム登山口に到着
ブナ立尾根も七倉と同じく急な下り、あっというまに到着

感想/記録

一度泊まってみたいと思っていた船窪小屋と、静かな北アルプスを求めて船窪〜烏帽子間を歩いてみました。
七倉尾根は急登でしたが途中から眺望もあり気持ちの良い登りです。船窪小屋のお母さんには「行ってらっしゃーい」と鐘を鳴らして見送っていただきました。
船窪〜第2ピーク〜不動岳までは気を抜けない箇所が随所にあり、アップダウンを繰り返します。不動岳から先も、南沢岳に向かう手前の登りで、片側が切れた砂礫を登るため精神的に疲労します。同行のTさんに靴のアタリが発生したため、休憩を多くとりながらの長い稜線歩きとなりましたが、南沢岳を過ぎ、烏帽子と池塘が見えた時にようやく「長かった・・・」と安堵しました。
翌朝登った烏帽子の岩は貸切り。次の機会にはぜひ、稜線から見えていた読売新道まで足を延ばしたいです。
訪問者数:135人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ