ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940968 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

大台周回(日出ヶ岳・加茂助谷ノ頭・地池高)

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー higaeri-nara
天候晴れのちガスガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R169から大台ドライブウェイ
大台ドライブウェイは所々落石あり注意
大台駐車場に駐車、到着時半分以上埋まっていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間49分
休憩
46分
合計
9時間35分
S大台ケ原駐車場04:3905:00展望台分岐05:0305:09大台ヶ原山05:1706:10大台ヶ原山07:25堂倉小屋07:2907:29加茂助谷ノ頭取り付き09:28加茂助谷ノ頭09:2911:39地池高12:0713:05堂倉山13:0713:47尾鷲辻14:13大台ケ原駐車場14:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場~日出ヶ岳
散策道につき危険個所なし。

日出ヶ岳〜大台林道
大杉谷に下るコースで、特に危険個所は有りませんが途中に鎖場があります。
慎重に下れば問題ないです。
日出ヶ岳直下の階段が朝露に濡れて良く滑ります。

大台林道〜加茂助谷ノ頭取り付き
林道を歩くので問題は有りません。
途中堂倉若水があり給水出来ます。

加茂助谷ノ頭取り付き〜加茂助谷ノ頭
林道を進むとテープの印が有るのでそこから上がります。
その手前にもテープの印が有り、シカ避けネットに沿ってテープが有りましたが、そこから取り付くと手前の尾根を登ることになるのでそこはパスしました。
取り付くと涸沢に沿って進むとシカよけネットが出てきます、そこから向かって左側の尾根に向かってシカよけネットに沿って進みます。
尾根に出ると尾根の中心にシカ避けネットが有りますので、ネットに沿って高度を上げていくと、道・テープが出てきますので、現在位置を確認しながら進むと加茂助ノ頭に着きます

加茂助谷ノ頭〜地池高
基本尾根の中心を進めば良いですが、広尾根・眺望が無いので道迷いに注意です。
ピークを超えるときは進む方向をしっかり確認してから進んで下さい。
ピークもピークらしく無いピークが有りますので、注意です。2回ほどルートミスをしています。
この間は絶えず位置確認が必要です。地図を読めない人は入ってはイケナイ所です。
地池高の手前に新しく鹿避けネットが設置されています。
ネットに当たると右に進むと開閉できるところが有ります。

地池高〜堂倉山
テープ踏み跡は有りますが、所々薄い所もありますので、位置確認は重要です。

堂倉山〜尾鷲辻
テープ・踏み跡しっかり有ります。
尾鷲道に出ると最近、整備されたみたいで障害となる倒木等排除されていて歩きやすくなっています。
ありがたいことです。

登山ポストは、大台ビジターセンターに有ります



その他周辺情報川上温泉・杉の湯 モンベルの会員証を提示すると100円割り引いてくれます。
中壮温泉 ホームページの割引券をプリントアウトするか、スマホの画面を見せると500円になります。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

日出ヶ岳から見た雲海です
2016年08月14日 05:15撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳から見た雲海です
2
太陽光のサーチライト
光の帯が伸びています
2016年08月14日 05:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽光のサーチライト
光の帯が伸びています
2
雲が邪魔をしてご来光が見えません
時間がないので、出発です
2016年08月14日 05:22撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が邪魔をしてご来光が見えません
時間がないので、出発です
1
テンネンコウシ高への取り付き
2016年08月14日 07:00撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンネンコウシ高への取り付き
1
左は堂倉小屋、右に進みます
2016年08月14日 07:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は堂倉小屋、右に進みます
堂倉避難小屋の注意書き
2016年08月14日 07:22撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉避難小屋の注意書き
1
林道に出ました
2016年08月14日 07:23撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました
ここから大杉谷に入ります
2016年08月14日 07:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大杉谷に入ります
1
レールのガードレール
2016年08月14日 07:45撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レールのガードレール
谷が深いです
2016年08月14日 07:52撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷が深いです
3
堂倉の若水、冷たくで美味しかったです
2016年08月14日 07:54撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉の若水、冷たくで美味しかったです
2
大台ブルー
2016年08月14日 08:03撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ブルー
手前の取り付き?
2016年08月14日 08:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の取り付き?
此処から取り付きました
2016年08月14日 08:18撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処から取り付きました
途中にテープテープも有ります
2016年08月14日 08:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にテープテープも有ります
鹿避けフェンスが出てきます。
2016年08月14日 08:36撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿避けフェンスが出てきます。
1
道が有ります
2016年08月14日 08:58撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が有ります
与八郎高、ここは眺望が有ります
2016年08月14日 09:18撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与八郎高、ここは眺望が有ります
2
加茂助谷ノ高
2016年08月14日 09:18撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加茂助谷ノ高
3
加茂助谷ノ高
2016年08月14日 09:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加茂助谷ノ高
2
加茂助谷ノ高、眺望が有りません
2016年08月14日 09:25撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加茂助谷ノ高、眺望が有りません
1
こんな感じの広尾根ヶ続きます
2016年08月14日 09:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの広尾根ヶ続きます
ガスってきました
2016年08月14日 10:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってきました
倒木が邪魔をします
2016年08月14日 11:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が邪魔をします
地池高手前のシカ避けフェンス
2016年08月14日 11:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高手前のシカ避けフェンス
開けて入りましょう
2016年08月14日 11:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けて入りましょう
地池高の山頂はこんな感じです
2016年08月14日 11:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地池高の山頂はこんな感じです
1
堂倉山に着きました
2016年08月14日 13:02撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉山に着きました
3
此処を、右に取ると直登コース、左に取ると尾鷲道で巻きながら行きます、もうヘロヘロなので左に進みます。
2016年08月14日 13:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処を、右に取ると直登コース、左に取ると尾鷲道で巻きながら行きます、もうヘロヘロなので左に進みます。
倒木を処理されていて歩きやすくなっています。
2016年08月14日 13:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を処理されていて歩きやすくなっています。
尾鷲道の看板、新調されています
2016年08月14日 13:32撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲道の看板、新調されています
1

感想/記録

以前から行きたいと思っていた加茂助谷ノ頭、ようやく行けました。
登山計画を考えて皆さんのレコを調べると、堂倉山から地池高そして加茂助谷ノ頭〜大台林道へのコースを歩いておられますが、初めての尾根を下るのは危険なので(特に台高は)逆回りで登山計画を作りました。
ご来光を見ようと、4時半に駐車場を出発しましたが、日出ヶ岳に着くと東に大きな積乱雲が太陽を阻んでいます。5時半前まで待っていましたが、太陽が出て来ないので残念ながら出発。
150mほど高度を下げた所で、落し物に気づき引き返し日出ヶ岳頂上近くで見つけ再出発です。
この後、堂倉の若水でまた落し物に気づきましたが、諦めて進みました。
今日は、2回も落し物をしているので注意しないと思い慎重に行動するようにしました。
加茂助谷ノ高に登り始めたら、ガスが出始め与八郎高ではガスで眺望を楽しむことは出来ませんでした。
加茂助谷ノ高から地池高の間は、尾根が広く視界が開けるところが無い所もあり、こまめに現在地を確認しながら進みました。
結構気を使うルートでした。
尾鷲辻に出るまで誰にも会うことなく静かな山歩きが楽しめました。
なおこのコースは、地図・コンパスは必携です。GPSもあればなお良いと思います。

登山計画を立てるのにmypaceさんのこちらのレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-538845.html

s_fujiwaraさんのこちらのレコを参考にさせていただきました
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-533593.html

訪問者数:410人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/23
投稿数: 1
2016/8/20 22:05
 GPSと山と高原地図アプリ&地図データ&予備電池必須と思われます
書いてくださったレコを参考に本日行ってまいりました
アプリがなかったら遭難していたかもしれません
これから行かれる方のために・・・
足跡だけで見ると割と普通に道や踏み跡があるのかと思いきや、そんなものはまったくありません(超重要)あたりまえですが携帯の電波も入らないので助けを呼ぶこともできません。

不安を覚えたポイント
GPS&アプリ必須な理由は全体を通していろんな箇所に様々なテープが巻かれていたりリボンがあり、あまりあてにならず方向を見失うこと。そして欲しいところにはそれがない。
感想にも書いて下さっているとおり尾根がはっきりしないところが多数あり道を誤りやすい。

林道から分け入るポイントとその登頂ルート
ここは鹿除けなのか土砂崩れのため危険指定されているためなのかわかりませんが、鉄柵ネットを見つけられるまでルートが合っているのかわからない。逆に柵さえ見つけてしまえば沿って歩くだけでいいので割と簡単です。ただし上に着いても説明の通り尾根がはっきりしていないので方向を見失いやすいです。

鹿除けの黄色いネット
ネットにたどり着いてからすぐにネット沿いにリボンを発見したので沿うように左に進んでいきましたが写真のような案内が付いている開閉式の場所を見つけられずネット沿いにあるテープ、リボンを頼りにネットの西端まで行き滑落の危険のある場所を進むことになりました。(地池高山頂を目指すようにネットを辿っていくと入り口があるのかな?)

体力的な問題
道がなく整備などほとんどされていないので、巨大な倒木が無数にあり、またぐ、くぐる、かきわけ進むが基本となります。そのため通常のトレッキングとは使う筋肉が異なってきます。距離だけを見て行くと確実に痛い目を見ます。

ご参考になればと思います

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ