ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940999 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 平湯尾根往復

日程 2016年08月14日(日) [日帰り]
メンバー KOJIC, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
平湯の森キャンプ場から300mくらい離れた駐車帯に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間1分
休憩
59分
合計
14時間0分
S平湯野営場04:1607:39乗鞍権現社07:4108:37硫黄岳08:3808:53姫ヶ原09:31硫黄岳登山口09:3310:05大黒岳(乗鞍)10:0710:13県境ゲートバス停10:1510:21不消ヶ池分岐(自称)10:2310:29摩利支天分岐10:3010:38肩の小屋10:44「剣ヶ峰口」11:0311:11肩の小屋11:1211:44蚕玉岳11:4511:51乗鞍岳頂上小屋11:5212:16乗鞍岳12:2012:21乗鞍岳頂上小屋12:2212:27朝日岳(乗鞍)12:57「剣ヶ峰口」13:1113:13肩の小屋13:22摩利支天分岐13:26不消ヶ池13:28不消ヶ池分岐(自称)13:2913:34雷鳥の碑13:40乗鞍白雲荘14:05硫黄岳登山口14:0814:23姫ヶ原14:42硫黄岳15:37乗鞍権現社15:3918:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
おおむね危険箇所はありませんが、一部登山道が細かったり、草で隠れているが路肩が切れ落ちているところがあります。
その他周辺情報ひらゆの森。寄ろうと思いましたが、混雑しすぎていて断念・・・
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 虫除けを持っていったがあまり効き目を感じられず・・・ハッカ油の方が良かったかも。

写真

スキー場途中で明るくなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場途中で明るくなってきました
平湯スキー場中級コースを進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯スキー場中級コースを進みます
スキー場から登山道へ。ここにも羊の糞が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場から登山道へ。ここにも羊の糞が・・・
きのこがそこかしこに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのこがそこかしこに
ガスの中時折日が差します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中時折日が差します
水場まで来た。夏場でもう枯れていると思い、下まで降りていませんが水音はしなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場まで来た。夏場でもう枯れていると思い、下まで降りていませんが水音はしなかったです。
雲海の上から笠が顔を出しています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の上から笠が顔を出しています
このあたり、以外と道が狭く踏み外すと危険
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、以外と道が狭く踏み外すと危険
乗鞍権現社。前の広場には焚き火の跡が。祭礼をしたのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍権現社。前の広場には焚き火の跡が。祭礼をしたのかな?
権現社前の広場から。剣が峰から四つ岳まで良く見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現社前の広場から。剣が峰から四つ岳まで良く見えます。
チングルマはもう完全に穂になっています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマはもう完全に穂になっています
見えにくいですが、ブロッケン。こんなところで見られるとは意外。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えにくいですが、ブロッケン。こんなところで見られるとは意外。
ハイマツ帯を硫黄岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を硫黄岳へ
雲海に浮かぶ笠〜穂高連峰。視界がとてもクリアでした。焼岳も少し頭を出しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ笠〜穂高連峰。視界がとてもクリアでした。焼岳も少し頭を出しています。
斜面を登るガスがいい感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を登るガスがいい感じ
これから行く道がずっと縦走路のように見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから行く道がずっと縦走路のように見えています。
2
目で見るより実際の高低差は少なく感じました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目で見るより実際の高低差は少なく感じました
1
砂礫地にコマクサが。このあたりのは咲いてから少し時期がたっているようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫地にコマクサが。このあたりのは咲いてから少し時期がたっているようでした。
登山道脇のちょっとしたところに咲いているので、あまり腰を下ろしての休憩はできません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇のちょっとしたところに咲いているので、あまり腰を下ろしての休憩はできません。
ほんと気持ちいい夏の縦走路って感じですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんと気持ちいい夏の縦走路って感じですね。
2
四つ岳と鞍部の姫が原。姫が原までなら点線ルートで降りられるようですが、分岐は立入禁止でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四つ岳と鞍部の姫が原。姫が原までなら点線ルートで降りられるようですが、分岐は立入禁止でした。
シナノオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
ヨツバシオガマ。ぼけてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨツバシオガマ。ぼけてる
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
ハクサンボウフウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンボウフウ?
コウメバチソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コウメバチソウ
乗鞍スカイラインに出ました。空が蒼い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍スカイラインに出ました。空が蒼い。
桔梗が原は一面ハイマツの海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桔梗が原は一面ハイマツの海
車道脇にもいろいろ咲いていました。トウヤクリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道脇にもいろいろ咲いていました。トウヤクリンドウ
イワギキョウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
イワツメクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
大黒岳へ再び登山道になります。中心にわかりづらいですが白いコマクサが咲いています。教えてもらいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岳へ再び登山道になります。中心にわかりづらいですが白いコマクサが咲いています。教えてもらいました。
このあたりのコマクサはまだ元気
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりのコマクサはまだ元気
大黒岳へ伸びる道。付近はコマクサだらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒岳へ伸びる道。付近はコマクサだらけ
1
畳平を見下ろします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳平を見下ろします
ここから先は長野県、エコーライン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は長野県、エコーライン
富士見岳は巻くことにします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見岳は巻くことにします
このあたりはまだそんなに混雑していない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはまだそんなに混雑していない
肩の小屋内。きつねうどんで昼食。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋内。きつねうどんで昼食。
剣が峰へ。なんか斜面に行列が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰へ。なんか斜面に行列が・・・
行列の中剣が峰へ到着。摩利支天方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行列の中剣が峰へ到着。摩利支天方面
穂高方面は雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高方面は雲の中
何とか御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか御嶽山
山頂は写真撮影で混雑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は写真撮影で混雑
1
肩の小屋まで下山。コロナ観測所。雲がきれいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋まで下山。コロナ観測所。雲がきれいでした
位ヶ原。連なるバスが面白い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原。連なるバスが面白い
1
帰りは大黒岳はスルー、車道を戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは大黒岳はスルー、車道を戻ります
夏空に烏帽子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏空に烏帽子岳
白いコマクサをもう一度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いコマクサをもう一度
桔梗が原。冬は一面雪原でしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桔梗が原。冬は一面雪原でしょうね。
トウヤクリンドウの株。秋の花が多かったですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウの株。秋の花が多かったですね。
平湯尾根登山道入り口まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平湯尾根登山道入り口まで戻ってきました。
1
スキー場最上部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場最上部
羊がまだごはんを食べています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羊がまだごはんを食べています
1
お疲れ様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした

感想/記録
by KOJIC

積雪期に乗鞍高原スキー場から剣が峰へ行ったことはありましたが、今回は以前から気になっていた平湯尾根を使ってみました。距離が長いので時間切れなら帰りはバスにするつもりでトライ。

上り始めの平湯スキー場はまだ暗い時間。とりあえずゲレンデを登ろうとすると柵があります。放牧している羊の脱走防止用で、扉を開けて中に進みます。

ゲレンデは予想通りというか、羊のふんだらけでテンションが落ちつつも、単調な登り。日が差す時間帯は相当つらいでしょうね。ところどころに乗鞍岳登山道を示す看板が立っています。

スキー場トップからしばらく進むと登山道入り口。ここからようやく糞地獄から開放され、平湯尾根に入ります。ところどころ立派なきのこが生える歩きやすい道をしばらく進むと、白猿ヶ池が林の中にひっそりとたたずんでいます。さらに進むと水場の標識。標識は熊にかじられてぼろぼろで「夏場は枯れます」の文字。水音もしなかったのでスルーして、金山尾根へ入ります。

金山尾根に入ると斜度も増しますが、笹はちゃんと刈られていてきちんと整備されている印象です。途中草地斜面のトラバースの道がかなり細く、気を使いますがじきに乗鞍権現社。社の前は開けた広場で、乗鞍山上部が一望できます。これから進む硫黄岳も見えます。遠いですね・・・

乗鞍権現社から一度下り、尾根伝いに進みます。ガスを抜けたおかげで思いがけなくブロッケンも見たりしながらハイマツ帯に入ると、背後には十石山の背後に北アルプスが。笠〜穂高がくっきりと、焼岳も雲海から顔を出しています。硫黄岳に向けて高度を上げます。

このあたりになると雰囲気がまさしく北アルプスの縦走路という感じになって、テンションがあがります。ハイマツ帯にずっと続く道、桔梗が原から切れ落ちた断崖を流れ落ちる滝、雲海に浮かぶ北アルプス、そして青い空・・・想像していた以上の絶景でした。登山道脇にはコマクサも咲いていて、高山の雰囲気に満ち満ちています。しばらく展望の尾根道を楽しみます。

乗鞍スカイラインに出るとここからは車道歩きですが、ここも意外通るのはバスと関係者の車くらいなので、平坦な気持ちの良い道が続きます。自転車のヒルクライムの人も多いですね。

車道脇には秋の花々がたくさん咲いていて、トウヤクリンドウやイワギキョウは今が見ごろという感じでした。特に地元の関係者の方?から教えてもらった白いコマクサには驚きました。淵だけうっすらピンクでとても可愛らしい、高山の姫君とでも言ったら良いでしょうか。初めて見ました。

車道から分かれ、大黒岳への上りもコマクサ最盛期でたくさんの株が。乗鞍にここまでコマクサがたくさん咲いているとは知りませんでした。大黒岳を過ぎ、畳平から先は多くの観光客や登山客に混じり、途中肩の小屋で腹ごしらえして剣が峰往復です。登山道から山頂からどこも渋滞・混雑。さすが晴天のお盆ですね。

さて時間も余裕あるので予定通りピストンで平湯尾根を下ることにします。桔梗が原の一面のハイマツがきれい。帰りもヒルクライムの自転車とすれ違いましたが皆さん笑顔で「こんにちは」と挨拶されながら上っていきます。この天気の中爽快でしょうね。

再び車道から分かれ、登山道を下っていきます。暑い時間帯ですが、風が吹いていて心地よい。スキー場トップまで順調に下りますが、最後のスキー場は足場が悪いのと糞が気になるので消耗しました(笑)。

今まで乗鞍は夏季は畳平からしか行ったことがありませんでしたが、今回ここまで充実した山歩きが出来るとは思ってもみませんでした。そして何より人が少ないこと。平湯スキー場から乗鞍スカイライン合流点までですれ違った方は一人だけで、お盆の最盛期の晴天の中ほぼ絶景独占状態でした。

距離が長く、なかなか知られていない道かもしれませんが、とても良い登山道でした。また紅葉の時期にも行ってみたいです。難点としては羊の糞と、あと虫刺されがひどいことくらいです(笑)

訪問者数:309人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ