ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 941430 全員に公開 ハイキング甲信越

弥彦山★山は634m・神社は新潟県内で屈指のパワースポット?

日程 2016年08月12日(金) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
JR弥彦駅
便数がとても少ないので近くのJR吉田駅からタクシー(2千数百円)という手もあるがこれでも本数少ない。ちょっと遠くなるが一番時間が有効活用できるのは燕三条からタクシー(4千数百円)
もちろん時間に余裕があれば弥彦駅までJRでその先は徒歩(弥彦神社まで15分)が格安。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間14分
休憩
26分
合計
2時間40分
S弥彦神社08:4309:25弥彦山五合目分岐09:56弥彦山九合目分岐点09:5810:13弥彦山10:2110:33弥彦山九合目分岐点10:4111:14弥彦駅11:2211:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山はロープウェイ使っています。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

弥彦神社からスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦神社からスタートです。
2
新潟県で1番のパワースポットらしですが、神社はもちろん後ろにある弥彦山も山全体もそうだとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟県で1番のパワースポットらしですが、神社はもちろん後ろにある弥彦山も山全体もそうだとか。
1
後に弥彦山が見えますね。それにしても電波塔が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後に弥彦山が見えますね。それにしても電波塔が多い。
1
境内の玉の橋 。別名「御神橋(ごしんきょう)」と呼ばれ、神様が渡る神聖な橋として作られたので人は渡ることができないそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内の玉の橋 。別名「御神橋(ごしんきょう)」と呼ばれ、神様が渡る神聖な橋として作られたので人は渡ることができないそうです。
1
神社から数分歩いて登山道。鳥居をくぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から数分歩いて登山道。鳥居をくぐります。
注意書き3連発、その1。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
注意書き3連発、その1。
1
その2.よく読むと、入山しても良いけど走らないで歩いてね・・と言いたいようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その2.よく読むと、入山しても良いけど走らないで歩いてね・・と言いたいようです。
1
その3。でも途中で犬連れに出会いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その3。でも途中で犬連れに出会いました。
1
表参道ルートで登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表参道ルートで登ります。
すぐに清水茶屋があって大きなケヤキの大木が見事です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに清水茶屋があって大きなケヤキの大木が見事です。
1
茶屋を過ぎると山頂までほぼずっと階段です。それにしても暑い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶屋を過ぎると山頂までほぼずっと階段です。それにしても暑い。
もう相当汗をかいていますがまだ一合目。まだ1/10か・・とこの先の暑さが気になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう相当汗をかいていますがまだ一合目。まだ1/10か・・とこの先の暑さが気になります。
1
容赦なく続く階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
容赦なく続く階段。
1と2の間が長く感じた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1と2の間が長く感じた。
1
3合目辺りから時々山頂方向が見え始める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目辺りから時々山頂方向が見え始める。
1
そして展望が広がると気持ちが良いが・・暑い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして展望が広がると気持ちが良いが・・暑い。
1
まだ半分きていない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ半分きていない。
5合目過ぎて岩場っぽいところを通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目過ぎて岩場っぽいところを通過。
そして木橋を渡ると・・6合目で・・そして・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして木橋を渡ると・・6合目で・・そして・・
やっと水場がある7合目到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと水場がある7合目到着。
御神水。とても冷たくて、手を冷やし喉を潤しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神水。とても冷たくて、手を冷やし喉を潤しました。
2
燕市方向の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕市方向の展望。
稜線に出ると9合目で・・空の青と海の碧。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出ると9合目で・・空の青と海の碧。
2
日本海がすぐ近くです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海がすぐ近くです。
2
さらに階段が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに階段が続きます。
まだアジサイが残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだアジサイが残っていた。
1
ついに空になるか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに空になるか・・・
2
と思ったらさらに鳥居が現れ・・その先が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったらさらに鳥居が現れ・・その先が
山頂でした。鉄塔が目障りですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂でした。鉄塔が目障りですが。
奥宮(彌彦神社御神廟:いやひこじんじゃごしんびょう)です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥宮(彌彦神社御神廟:いやひこじんじゃごしんびょう)です。
1
佐渡汽船乗り場がある港が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡汽船乗り場がある港が見えます。
3
山頂展望台は広い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂展望台は広い。
佐渡島が霞んで見えました。まだ行ったことありませんが金北山1172mがありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐渡島が霞んで見えました。まだ行ったことありませんが金北山1172mがありますね。
2
山座同定板。どの山も遠いので霞んでいなくても分かり難いかもしれませんね。今日は全く分からず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山座同定板。どの山も遠いので霞んでいなくても分かり難いかもしれませんね。今日は全く分からず。
初めての名前の花・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての名前の花・・
キツリフネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツリフネ。
1
多宝山634mの方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多宝山634mの方向。
1
ロープウェイ山頂駅まで下って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅まで下って来ました。
あの階段を暑い中下るのは止めて・・・いや電車の時間の都合で時間短縮しました。750円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの階段を暑い中下るのは止めて・・・いや電車の時間の都合で時間短縮しました。750円。
神社付近は自然歩道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社付近は自然歩道。
さて町中を15分ほど歩いて本日のゴール・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて町中を15分ほど歩いて本日のゴール・・
弥彦駅です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦駅です。
立派な靴洗い場。なんとシャワーヘッドまで完備。こんなの初めて見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な靴洗い場。なんとシャワーヘッドまで完備。こんなの初めて見ました。
2

感想/記録

8月13日に月山に登るために新潟経由で鶴岡市に移動。
その途中に新幹線を燕三条で下車し、弥彦村に寄りました。
地図を見ていて偶然見つけた山で、ヤマレコには登場しているようですが全く未知の山でした。

弥彦神社の標高が50mで山頂がスカイツリーと同じ634mなので標高差584m、距離は約3.6劼覆里播仍海箸靴討老擇なですが、なんといっても真夏の快晴、暑いです。
3泊4日分の荷物を全部背負っておるのでザックが結構重く、水をどんどん消費し、7合目に「冷たい水場」があったのは助かりました。

どうせ途中の寄り道のハイキングということ軽い気持ちで登り始めましたが、どんどん汗をかくうちに本格モードになり、山頂到着時には結構充実感がありました。

登山道を下から歩いている人は地元の方と思われる人が多く、荷物ほとんどなし(水だけ?)で軽装で歩いているので、比較的大きなザックを背負った私だけ浮いていました。特にロープウェイで上がってくる人とはかけ離れた姿でした。

12日は鶴岡市までの電車の移動だけにしないで寄り道して正解でした。



訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/15
投稿数: 891
2016/8/16 21:44
 Re;弥彦山★山は634m・神社は新潟県内で屈指のパワースポット?
神社の注意書きは
言いたいようです、、じゃなくって
トレイルランニングはご遠慮下さい。とはっきり書いてありますね
なにかの事件があったのでしょう。

丹沢あたりでは、トレランの人=空気読める的な人が多くなった感じがします
もちろん人気のバカ尾根とか大山は、KY(危険予知)できない人が多いです

> 3泊4日分の荷物を全部背負っておる
三泊縦走の一日目でしたか?
登録日: 2011/5/28
投稿数: 223
2016/8/17 10:52
 Re: Re;弥彦山★山は634m・神社は新潟県内で屈指のパワースポ...
こんにちは Honocaさん 

こういう張り紙があったのは初めて見ましたが、やっぱり事故があったか、苦情が多かったりしたのでしょうね。

荷物が多かったのは後日以降月山→西吾妻山と”はしご”するためで、麓で余分な荷物を預ける場所があったのかもしれませんが、探すの面倒だったので全部背負いました。おかげで大汗 かきましたが、距離が短いのでぎりぎり許容範囲でした。荷物ほとんどない若者もかなり汗かいていました。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 962
2016/8/17 15:31
 そりゃ、浮きまくっていたでしょうね〜
weeklyclimさん、こんにちは!
 三泊四日の荷物を背負って弥彦山登頂・・・、確かに、ボッカ訓練の地元の高校生ぐらいしか、そういう人はいないでしょうね
そりゃ、間違いなく浮きまくっていたでしょうね!
でも、ついに空になる・・・あのシルエット、とてもいいですよ〜。  ファイミリーハイキングの最後尾を重荷を担いで汗だくで登る姿(多分)、父親の家族愛溢れる構図で微笑ましかったです。

 ところで注意書き三連発、なかなか大胆な試みですね〜。
このどれも、「そうだよな〜」って大多数が共感する科学的根拠がイマイチ薄弱な気がするし、とりわけ法的な根拠はさらに薄弱なようだし、なかなか厄介ですよね。
 ストックのキャップ不使用がホントに環境影響大なら、これは徹底されてもいいルールな気がしますね。
ただ、この注意書きですが、誰が設置したか書いてないみたいですね。
登録日: 2011/5/28
投稿数: 223
2016/8/17 20:21
 Re: そりゃ、浮きまくっていたでしょうね〜
こんにちは f15eagle さん

台風去って神奈川も猛烈に暑くなりましたね。
家の中にいてもクーラー切っていると汗が流れて、これだと弥彦山を登っているときと変わらないです 。 

ところで、完全に浮いた雰囲気ですれ違う人の視線が大きなザックに向けられるのを感じましたが、そんなことを気にするより山頂まで暑さに耐えきれるか?の方が気になりました。

注意書きについては、登山道の状況・植生・管理形態等様々な要因が絡み合っていろいろな観点からの議論を目にしますが、意見が分かれる微妙な問題も含んでいることも確かですね。

それにしても、やっぱり登山は涼しい季節がいいなあ・・・と言いながらも汗をかきかき登るのは、上に行けばきっといいことが待っているという期待感のなせるわざ・・ですかね。(素晴らしい景色・充実感・自己満足・・・)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ