ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 941686 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雲取山(鴨沢→鷹ノ巣山→奥多摩駅)

日程 2016年08月13日(土) [日帰り]
メンバー fg5, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
<電車>
5:10 西国分寺駅発
6:52 奥多摩駅着
<バス>
7:00 奥多摩駅発
7:35 鴨沢着

鴨沢に向かうバスは7:00の次は8:42なので、何としても7:00のバスに乗りたい。
しかし、自宅を始発で出ても間に合わないので、どこかに前泊する必要がある。
立川には手頃なホテルが無かったので、西国分寺駅近くのビジネスホテルに泊まった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間47分
休憩
18分
合計
8時間5分
S鴨沢バス停07:4509:00堂所09:40七ツ石小屋09:4309:47七ッ石小屋上分岐10:03七ツ石山10:0510:33奥多摩小屋10:3811:10雲取山避難小屋11:11雲取山11:15雲取山避難小屋12:05ブナ坂13:04鷹巣山避難小屋13:1013:28鷹ノ巣山13:3015:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雲取山から鷹ノ巣避難小屋までの石尾根はとても走り易く、余力もあり楽しかった。
鷹ノ巣山を過ぎると徐々に体力が無くなり、道も木の根や大きな石で走りづらくなった。
コースに迷うような個所は無かったが、六ッ石山に向かう上りで道を間違えたかと、少し不安になった。
その他周辺情報ラン後、奥多摩駅周辺の日帰り湯で汗を流す予定が、この日は夏祭りのため日帰り湯はお休み。さわらびの湯は大混雑で60分待ち。仕方なく奥多摩駅の水道で体を拭いた。事前に電話して確認すべきであった。

写真

鴨沢バス停。きれいなトイレがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢バス停。きれいなトイレがありました。
スタートから約2時間で七ッ石小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートから約2時間で七ッ石小屋に到着。
七ッ石小屋の奥にある見晴らし。残念ながら視界は悪い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋の奥にある見晴らし。残念ながら視界は悪い。
水場で給水。冷たくて美味しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場で給水。冷たくて美味しい。
七ッ石小屋の少し先の水場。こちらの方が水量が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋の少し先の水場。こちらの方が水量が多い。
七ッ石小屋上の分岐。
右の七ッ石山に向かったが、左に行っても良かったかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋上の分岐。
右の七ッ石山に向かったが、左に行っても良かったかな。
しばらくすると尾根に出て、少し行くと七ッ石山に到着。
この時間は1組いただけだが、帰りには大勢の人がいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくすると尾根に出て、少し行くと七ッ石山に到着。
この時間は1組いただけだが、帰りには大勢の人がいた。
七ッ石山を結構下ると解放感のあるブナ坂に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石山を結構下ると解放感のあるブナ坂に出た。
石尾根を進むと奥多摩小屋に到着。相変わらずの天気。
水場はこの下にあるらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根を進むと奥多摩小屋に到着。相変わらずの天気。
水場はこの下にあるらしい。
走り易い尾根。
青空も顔を出して気持ち良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
走り易い尾根。
青空も顔を出して気持ち良い。
避難小屋が見えてきた。
疲れも一気に吹き飛ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきた。
疲れも一気に吹き飛ぶ。
雲取山に到着。
富士山をもちろん、遠くの山は雲で見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山に到着。
富士山をもちろん、遠くの山は雲で見えない。
1
下山開始。
この尾根道を走りたくて上ったと言っても過言ではない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始。
この尾根道を走りたくて上ったと言っても過言ではない。
ブナ坂への下り。
群生する黄色い花は「マルバダケブキ」という毒草らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂への下り。
群生する黄色い花は「マルバダケブキ」という毒草らしい。
あっという間にブナ坂。
来た道を戻って七ッ石に上ったが、巻いても良かったかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にブナ坂。
来た道を戻って七ッ石に上ったが、巻いても良かったかも。
七ッ石山からはトレランにぴったりな石尾根を走り、鷹ノ巣山避難小屋に到着。
近くに水場が見当たらないので残念ながら給水はできず。(少し離れた所にあるらしい)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ石山からはトレランにぴったりな石尾根を走り、鷹ノ巣山避難小屋に到着。
近くに水場が見当たらないので残念ながら給水はできず。(少し離れた所にあるらしい)
避難小屋を出て結構上ると鷹ノ巣山に到着。
思ったよりキツイ上りだと感じたが、七ッ石山と標高は殆ど同じだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋を出て結構上ると鷹ノ巣山に到着。
思ったよりキツイ上りだと感じたが、七ッ石山と標高は殆ど同じだ。
鷹ノ巣山は晴れていれば最高の眺めのようだが、今日はここにも存在感のあり過ぎる雲。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山は晴れていれば最高の眺めのようだが、今日はここにも存在感のあり過ぎる雲。
三ノ木戸山分岐からは南側のコースを取った。
林道に出ると下界が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ木戸山分岐からは南側のコースを取った。
林道に出ると下界が見えた。

感想/記録
by fg5

前回は三峰往復で雲取山に上ったが、鴨沢の方が楽しいと聞き、更に奥多摩駅まで縦走するルートもあるとのことで、挑戦することにした。
通常は10時間近くかかるコースだが、積雪期に6時間弱で回る人もいるようだ。今回はその中間の8時間で走れ、予想よりも早かった。
着替えや食料、水など、沢山持って走ったが、他のトレラン者は軽装備で来ていた。鴨沢往復くらいならそれでも良いかと思った。
Runkeeperを動かしながら走ったら、スマホのバッテリーが6時間半くらいで無くなってしまった。
訪問者数:143人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ